何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

芸術作品の舞台を巡る

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
芸術作品の舞台を巡る

Default Banner.jpg

これは「旅のテーマと主な目的地」の記事です。

この記事では、映像や書籍、音楽といった芸術作品の舞台となったスポットについて取り扱う。記事の趣旨は、芸術作品を通じて作品の舞台となったスポットを、旅行ガイドの観点で紹介を行うというものである。

情報の掲載基準[編集]

以下の基準については暫定的なガイドラインであり、今後も議論の上で見直しされる可能性があります。

芸術作品の舞台として取り扱うに辺り、以下の基準のうち概ね3つ程度に該当するものを対象とする。掲載の可否について議論がある目的地については、直ちに削除せずノートページで議論し、一定の方向性が出てから情報の削除あるいは保存を決定すること。

なお編集を行なう際はウィキトラベルがトラベルガイドである事を理解した上で、旅行者がその土地を訪れるかどうかを決める指標として参考になるような情報である事、ボーダーラインを熟知の上作品の紹介と旅行先の紹介どちらかに偏らない構成をを心がける。

  1. それを目当てにツアーが組まれるなど、実際に作品のロケ地を見に訪れる人が多い。
  2. 現地に解説ロケ地であることを解説するボードや記念碑、歌碑、主人公を模した像などが残っている。
  3. ロケにつかわれたセットや実在の建造物などが現在でも残っている。
  4. 作中の風景と実際のそれを付け合せて楽しむことができる(フィクション、ノンフィクションの別を問わない)。その土地が作品の主なモチーフとして使われている。
  5. ロケ地として取り上げる以前に、そこが既によく知られた観光地である。
  6. レストラン、土産物屋、カフェ、ホテルなど、(良くも悪くも)その地区にロケ地巡りの観光客を目当てにした一定の関連産業が育っており、観光地化している(別に作品自体に興味がない人が訪れてもそこそこ楽しめて時間をつぶせる)
  7. ロケ地まで一定の交通手段が確保されており、誰でも比較的簡単にアクセスできる。
  8. 他のガイドブックで取り上げられている、ロケ地めぐり用のムック、ファンの手による紹介HPが出ているなど、既に何らかの形で他でもそのエリアが紹介されている。
  9. 公開当時、話題になったり作品に関連した社会現象が起きたりして、今でもその余韻が残っている。
  10. 地元の観光協会や役場などがキャンペーンとして作品を利用したり、まちおこしの一環として、街を挙げて作品をバックアップしたりしている。作品や作者と直接関係ない街であっても、テーマ館やブロンズ像など、一定の観光資源となるようなものを整備している。


注意: 現在連載・放映中の作品に関する情報を取り扱うに際して、'ネタバレ'とならないよう文章をよく吟味してから投稿するようお願いします。スポット情報が物語の要になっており、スポット紹介を行うこと自体がネタバラシにつながるような場合には、作品の連載や放映が終了するなど、掲載タイミングをよく考慮して記事の投稿を行うようお願いします。


テーマ[編集]

準備する[編集]

その作品にまずは触れてみる
作品の内容を知らないのに「周りの流行に流されて行ってみた」では、その感動も半減もしくはゼロなんてこともあるだろう。ある一部の作品マニアに「聖地」と呼ばれる何かが作品の中には存在するのだから、芸術作品の舞台を訪れる前にまずはその作品に触れ、感動と期待を持って訪れるのがよいだろう。
車や電車の移動時間など暇な空き時間を使って、訪れる街を舞台にした音楽を聞いたり、その小説を読むなどして、もう一度作品のおさらいをしておくのもよい。
移動手段の再確認
映画やドラマのロケ地など、得てして人が集まる様な場所よりも、少し郊外の人の少ない場所でロケが行なわれているケースがあり、電車やバスなどの公共交通機関を使って、目的地に来てはみたものの、そこからさらに移動に手間がかかるという事も十分あり得る事である。また自家用車を使ってきたとしても、周囲に駐車スポットが無いなんて事も。
訪れる前に、適切な移動手段と目的地にたどり着くまでの道筋を確認しておいた方が良い。

気をつける[編集]

作品中に登場する舞台を実際に訪れることで嬉しさや興奮のあまりに思いがけず迷惑をかけることがあるかもしれない。地元の人がその作品のことを知らない場合があるので、地元の方の迷惑にならないように以下のようなことに注意して、慎重に行動するように心がけたい。自分だけなら大丈夫だと思っても、それを現地に訪れたファンが何人も繰り返すと非常に迷惑になる。

  1. 私有地に入らない。
    • 私有地に勝手に入ること自体犯罪行為である。
  2. 騒がない
    • テレビやインターネットの画面上で見ていた風景を実際に自分の目で見れてテンションが上がって大声を出してしまうことがあるかもしれないが、住宅地があるような場所で大声をあげたり騒いだりすることは迷惑になる。
  3. 作品の舞台を荒らさない。
    • ゴミは持ち帰るか所定の場所に捨てる。作品の舞台に自分が訪れた証拠を残そうとして落書きをするなんてことはもってのほかである。
  4. 長時間同じ場所に居続けない
    • 不審者として近所の住人から通報される場合がある。職務質問を受けても作品の舞台を巡る旅の途中であることが分かるような資料やガイドブック的なものを見せて、警察官にわかりやすく状況の説明をすると比較的短時間で済む(らしい)。
  5. 写真撮影は慎重に
    • 作品に登場した場所で記念撮影をするのはいいが、自動車や歩行者の通行の妨げにならないように配慮すべきである。
    • 目的となる場所の多くは一般的に言う観光地などではない場所が殆どである。近隣住民から見れば、よく知らない人がカメラを振り回し自宅周辺等を撮影している姿は不審者以外の何者でもない。撮影する場合は、近隣住民の感情も考慮し、むやみに民家を撮影しない、了解を取っていない住民を撮影しない等、住民感情を刺激しないよう心がけるべきである。
  6. 自動車はできるだけ使わずに
    • 効率よく作品の舞台を巡りたい気持ちは分かるが、都合よく駐車場があるとは限らないので路上駐車する状況になってしまう。徒歩やレンタサイクル、タクシーや公共交通機関を利用して移動するように心がけたい。
  7. コスプレして歩かない
    • アニメ作品の場合、作品中に登場するキャラクターになりきって作品の舞台を巡りたいという気持ちは分かるが、秋葉原やコミケ会場のようにコスプレに理解を示す人ばかりではない。女装している場合、現地の住人から見たら不審者にしか見えないということが多々ある。個人の服装は自由ではあるが、トラブル回避のためにもコスプレは控えるべきである。ただし、地元で「なりきり○○」などと称して貸衣装を準備して役者になりきって歩くイベントなどは除く。

この記事「芸術作品の舞台を巡る」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。