何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

花粉症から逃れる・避粉地の一覧

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
花粉症から逃れる・避粉地の一覧

Default Banner.jpg

これは「旅のテーマと主な目的地」の記事です。

花粉症持ちの人にとって、毎年3月からゴールデンウィーク前後にかけた花粉のシーズンは目のかゆみや鼻水に悩まされるので、外に出歩くのも嫌になるくらい憂鬱な時期である。

花粉症に効果のある薬や食べ物の話などは別のサイトに任せるとして、ここではトラベルガイドの観点で、花粉症の人が花粉のシーズンに出かけるのにちょうどよい花粉が避けられる場所(避粉地)についての情報を取り扱う。

この記事では医学的事象について取り扱われているが、記述した内容に対して効果や効能を保証できないので、鵜呑みにせず参考程度の情報として取り扱う事が求められる。また、医師の診断や治療の代用にはなりえず、正確な治療や診断が必要であるならば、目的に応じた医療機関にて適切な診療を受ける事が求められる。そして、記載事項の実行等によって発生した損害・損失は、全て自己責任において対応および解決が求められる。


総論[編集]

花粉から逃れる[編集]

花粉症とは、植物の花粉が目や耳などの粘膜に接触する事で目のかゆみや、鼻づまり、くしゃみなどのアレルギー症状を引き起こすもの。原因となる植物には、春先になると花粉を大量に放出するスギやヒノキ、北海道に多く生息するカバノキ科のシラカバ、夏に花粉を飛ばすイネ科の植物(カモガヤ、ススキ、稲など)、秋に花粉を飛ばすキク科の植物(ブタクサ、ヨモギなど)がある。

花粉症によって引き起こされる症状が風邪と類似しているので、最初は「風邪かな」と思ってしまうだろうが、花粉症は花粉が飛んでいる2~3か月はずっと続き、1週間ほど経っても症状が緩和されなければ花粉症の可能性があるので病院で診察してもらうのがよい。もし花粉症と診断されたのであればアレルギー検査をしておくと、自分が何の植物に対してアレルギーがあるのか(花粉症に掛かる時期はいつなのか)を把握する事ができる。

花粉症の予防・対策として「外ではマスクをつける」とか「屋内に入った時には上着を玄関ではたいて花粉を落とす」など挙げられるが、その辺の詳細は別のサイトに詳しい情報が掲載されていると思うので、ここではウィキトラベルらしく、花粉症の人が「花粉のない場所に逃れる」という事をテーマに旅行先の紹介をおこなう。

花粉から逃れる手段として、以下の方法が考えられる。これに該当する場所がいわゆる「避粉地」という事になる。

  1. 海外に渡航する
  2. 花粉症のもとになる植物が存在しない北海道・沖縄に行く
  3. 花粉が飛び始めていない地域(北国方面)に一時避難する
    • 花粉はある程度、気温が高くなったところで飛散し始めるようになる。
    • 北陸地方や東北地方は、他の地域より花粉の飛散開始時期が遅いので、その時間差を利用して花粉から一時避難する。
  4. 周囲が海で囲まれている島に行く
    • スギやヒノキが植林されていない島であれば、原因物質の花粉が存在しないので花粉症の症状が出難い。
    • 都心部は花粉が地表がアスファルトに覆われているので吸収されにくく、風が吹く度に地表に落ちた花粉が舞い上がるので症状が重くなりやすい。
    • 周囲に河川や水田が多いと、地表に落ちた花粉が水に流されて飛散しにくくなるので、多少なりとも症状が軽くなる。
  5. 花粉症の元となる植物が生息できない高地に行く
    • 春先の花粉症の原因であるスギ・ヒノキは標高1,000m以下で植生されているので、1,000mよりも高地に行くと花粉の飛散量が少なくなる傾向にある。

避粉地を訪れる効果[編集]

花粉症のシーズンは2~3か月ほどずっと続くので、その間、ずっと症状に悩まされ続けることになる。これが身体にとって大変なストレスであり、症状が重いと「眠れない」とか「頭がボーっとする」といった症状にもつながり、ひと月近くもの間、苦痛が続くことになる。

生活習慣の見直しや漢方などの対処療法など、いろいろな情報が様々な媒体を通じて紹介されているが、一番有効なのは「花粉が飛ばない地域に移動する」事である。花粉の無い地域に移動する事で、アレルギーの原因となる物質(花粉)が身体に入ってこなくなることから、一瞬で目のかゆみや鼻水が止まったりと症状が緩和される事になる。

花粉のシーズンになったら、花粉の無い場所に引っ越しする事ができれば一番良いがそのようなことはまず現実的でない。とはいってもシーズンの真っただ中で、数日でも花粉から避難できれば身体を休める事になるので、シーズン中、ぶっ続けで花粉に身をさらしているよりかは、大分楽になると思われる。


避粉地・花粉のメッカ[編集]

ここでは、代表的かつオーソドックスなスギ・ヒノキ花粉症をメインに、避粉地と花粉のメッカを紹介する。

  • 避粉地は花粉がほとんど飛散しない場所で「花粉症の人にとって過ごしやすい環境」を示す。
  • 花粉のメッカは花粉の発生源で、花粉が多く飛散する場所で「花粉症の人にとってしんどい、NGな環境」を示す。

この記事は「花粉症の人が症状を緩和するのに最適な場所」という観点でおすすめの場所を紹介している。すなわち「避粉地は旅行先として面白い・最適である」あるいは「花粉のメッカは旅行先としてつまらない・行く価値がない」のように旅行先の適否を示しているのではない。旅行先としての適否はその街の記事を参照した上で各々判断をしてほしい。

北海道[編集]

北海道ではスギやヒノキの植生が行われていないので、スギ・ヒノキ花粉症は発症しない。なので、北海道全域がスギ・ヒノキ花粉症の避粉地と言える。しかし、4月上旬あたりからシラカバの花粉が飛び始めてシラカバ花粉症が発症する。シラカバ花粉のピークは6月一杯である。

避粉地
  • 上士幌町-上士幌町とNPO団体で企画された「スギ花粉症リトリートツアー(スギ花粉疎開ツアー)」が話題になった。

東北[編集]

東北地方の花粉の飛散時期は、東北南部が2月下旬、東北北部が3月に入ってからスギ花粉が飛び始め、4月中旬までがピークである。

関東甲信[編集]

関東地方の花粉のシーズンは2月上旬~4月下旬までがスギ花粉、3月上旬~5月中旬までがヒノキ花粉が飛散しており、花粉のピーク時期は2月中旬~4月GW開けくらいまでである。関東平野は四方がスギ・ヒノキ林に囲まれた地形で、風向き問わずに花粉が飛散する事から、他地域と比較しても花粉の飛散が多い地域となっている。

避粉地
  • 八丈島東京都)‐周辺は海に囲まれていて本土の花粉も八丈島までは飛んでこず、島には花粉症の原因になる植物が生息していない。なお八丈島と同じく、伊豆諸島に属する大島や三宅島辺りは本土から近いため、風に乗って花粉が飛んでくる恐れがある。
  • 小笠原諸島(東京都)‐小笠原にはスギやヒノキ林はなく本土の花粉が到達する事もないので、小笠原諸島も避粉地の一つである。小笠原諸島に一度行くと1週間は滞在する事になるので、少なくともその期間は花粉とは無縁の生活が送れる。
  • 草津温泉群馬県)‐スギやヒノキが生息できない1,200mの高地にある街なので、花粉の影響が少ない。
花粉のメッカ
  • 八王子市および奥多摩地域東京都)‐都内の花粉の発生源。都内から多摩川、浅川と越えて八王子に近づく毎に花粉の量が増してくる。
  • 房総半島南部(千葉県)‐千葉県南部の山林ではスギの植生が行われているので花粉の量が多い。ちなみに千葉県下でスギと言えば、山武市の名産である山武杉が思い当たるが、山武杉は花粉をあまり飛ばさない品種である。
  • 丹沢山地神奈川県)‐神奈川県北西部に広がる山岳地帯で、スギやヒノキが多く植生している地域である。
  • 山梨県‐山梨県は花粉症の疾患率が日本で最も高い都道府県である。

北陸[編集]

北陸地方の花粉のシーズンは2月下旬~3月下旬のひと月程度と短く、ピークは3月上旬に訪れる。ただし、その時期は北陸では雪が残っており、さほど多く花粉が飛散しない。

東海[編集]

東海地方の花粉のシーズンは2月中旬~4月までである。

花粉のメッカ
  • 伊豆半島静岡県)-伊豆半島の天城山はスギとヒノキが多く植生している。

関西[編集]

関西地方の花粉のシーズンは2月中旬~4月中旬くらいで、花粉飛散のピークは2月下旬~3月下旬くらいまでである。

九州[編集]

九州地方の花粉のシーズンは2月上旬~3月下旬くらいで、スギ花粉のピークは2月下旬頃までである。九州地方でスギというと、鹿児島県屋久島の縄文杉が有名だが、屋久島も都会と比べれば花粉の飛散量は少ないものの、花粉症になる可能性はあるので注意が必要である。

避粉地
  • 的山大島長崎県)‐的山大島(あづちおおしま)島内にはスギがほとんどなく、近年では「避粉地ツアー」が行われるなどの観光PRが行われている。
  • 奄美群島鹿児島県)‐スギやヒノキが自生しておらず、鹿児島の行政でも避粉地としてアピールが行われている。
花粉のメッカ

沖縄[編集]

亜熱帯に属する沖縄県は本土と植生が大きく異なり、アレルギーの発生源となるスギやヒノキはほとんど存在しない事から、本土の人間にしてみれば沖縄一帯が避粉地という事になる。

避粉地
  • 宮古島宮古島市)-宮古島市と観光協会とで「スギ花粉疎開ツアー」が企画されている。

海外渡航[編集]

海外では、日本のようにスギの数が多くないので花粉もほとんど飛んでおらず、また日本のスギとは種類が異なるので、スギ花粉症に悩まされていた人が渡航した途端、花粉の症状が治まったという話もある。日本から近場に当たる香港台湾グアムなどでも花粉症が一時的でも治める効果が期待できる。

但し、海外では全く花粉症は存在しないのかというとそうでもなく、北米地域ではブタクサ、欧州ではカモガヤやハルガヤなどのイネ科の植物が花粉症の症状を引き起こす植物として知られている。アレルギー検査でこれらの植物に陽性反応が見られた場合は、渡航先で季節外れの花粉症で悩まされないように対策が必要である。

外部サイト[編集]

この記事「花粉症から逃れる・避粉地の一覧」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。