何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

船旅のコツ

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
船旅のコツ

Default Banner.jpg

これは「お役立ち情報」の記事です。
船出のひととき。

この項目では、交通の手段として船を使う場合(従って、クルーズ船は含まない)のコツなどについて記述する。

概要[編集]

かつて船は海外渡航や日本国内の遠距離移動の交通手段として最も一般的なものであった。しかし、飛行機での海外渡航が一般的になった事により、海外への客船航路は激減し、日本の客船航路は国内の近距離路線など限定的なものにとどまっていった。しかし、現在でも空港のない離島への移動や、移動費を安く抑えたい旅行者には親しまれている。

最近は高速道路の割引制度により、利用率が下がって経営難の会社もあるが、夜行便などには一定の需要があり、固定客が多い。

乗船する前に[編集]

外国航路を利用する場合の注意

外国航路の場合、左に書かれている手続以外にも、出入国審査、税関検査などの手続きが乗船前に必要となる。また、乗船券の購入の際にパスポートの提示を求められたりといったように、国内航路とは違ったプロセスが加わることがある。当然、国内航路を利用する場合より、それら一つ一つの手続きに要する時間がかかるため、時間に余裕を見て港に行った方がよい。

また、非常口の位置もあらかじめ確認しておくこともおすすめしたい。船の規模にもよるが、左舷 (ポートサイド ( Port side )) と右舷 ( スターボードサイド ( Starboard side )) の両方とも必ず1つは非常口が備わっている。

乗船する前にやっておくべきことを内容および場面別に記す。

まずは予約しよう[編集]

乗船券の購入が必須である。当日空きがあれば乗船できるが、防犯上なるべく予約したほうが良い。予約にはネット、電話、旅行会社などがある。予約先は乗船港のほうへ連絡する。下船港のほうへ予約を入れたからといって、乗船港にて乗船できるわけではないので注意が必要。

なお、外国の航路で乗船券を購入する場合、国によっては比較的短距離の国内であっても購入に際してパスポートの提示が求められる場合もある(国内の利用者であっても乗船券を購入する際に身分証明書が必要となる場面が該当する)。

割引制度を活用しよう[編集]

すべての航路にあるとは限らないがインターネット予約割引、往復割引、学生割引、障害者割引、シルバー割引などがある。一部のフェリーには身体障害・知的障害割引のほか、精神障害割引もある。詳しくは時刻表やパンフレット、ネットなどを参照のこと。ネットからならば、ネットクーポン割引やネット上で会員登録することによる会員割引などが利用できる場合もある。

帰りも船を使うのであれば、往復割引を適用した上で乗船券を買うのが基本である。ただし、有効日に注意。

乗船手続は?[編集]

長距離航路では、指定された時間にクーポンを差し出し、備え付けの「乗船名簿」に記入の上乗船する必要がある。自動車の場合は「車検証」が必要である。自転車、その他の軽車両、手荷物以外の荷物(家電製品)なども手続き対象となる。

連絡バスを利用して楽々と[編集]

乗船者かつ徒歩者限定で、主要駅から出港する港まで無料または有料で結ぶ連絡バスに乗車出来るサービスを行っているフェリー会社がある。当然ながら、乗船予約をしたことが確認出来るよう印刷した紙を所持また画面の保存をしておいた方がいいだろう。また、そのバスの出発時刻の確認もしておいたほうが良い。フェリー会社のHPでバスの時刻や乗り方が紹介されていることもある。

台風による運休[編集]

台風による運休が見込まれるようであれば、船旅を続行するのは諦めるまたは日程をずらすことを強くお勧めしたい。運行の判断は出航前に船長が決めるのであって、それ自体が国際慣習なのだ。


船内[編集]

2等[編集]

いわゆる「雑魚寝」。硬い床に毛布と枕が備え付け。自動車輸送のときは2等1人分込みの場合が多い。一部夜間便であっても毛布、枕が備え付けでない船もある。

2等寝台・1等・特等[編集]

各社によって差があるが、基本的にベッドである。まれに和室もある。テレビなどが備え付けてある場合がある。

レストラン・バー[編集]

多少市価に比べて割高だが、「船旅の味付け…」と思えばそれなりに利用価値はある。基本的にセルフサービスで、冷凍食品を温めたものが多いが、「酒とつまみ」という考えではレベルが高い例が多い。

浴室[編集]

長距離フェリーでは銭湯のような浴室がある。

ラウンジ[編集]

多くの長距離フェリーにある。テレビや展望スペースがあり、気分転換に最適。 一部の長距離フェリーにはネットコーナーもあり、ネットができる環境もある。

自動販売機[編集]

ほとんどのフェリーにある。自販機は飲料の他、アイスクリームや軽食を販売していることもある。深夜にうどんやラーメンを食べることが出来る。

売店・軽食販売[編集]

こちらもほとんどのフェリーにある。土産物などを販売している。長距離航路や夜間便において深夜には閉鎖している事が多い。レストラン設備がないフェリーでは売店でのうどんやおにぎり・弁当などの手軽な軽食の販売がある。

ゲームコーナー[編集]

フェリー内にある場合が多い。暇つぶし程度にはなる。船によってはカラオケやミニシアター(DVD上映など)もある

利用のコツ[編集]

上級への変更[編集]

出港後、上級船室に空きがあれば、案内所で上級に変更できる。

夜行便で休憩[編集]

夜行便で早朝に到着する場合、下船をせずに休憩することもできる。

船内で電話したい場合は?[編集]

携帯電話はバッテリーの消耗が激しくなる。また陸地が近くにない場合は携帯はほぼ圏外になる。船の中には公衆電話があるが、テレホンカード式は廃止され、コイン専用である。

携帯の充電をしたい場合でも、コンセントは使用可の船と不可の船があるので注意。ベッドの場合はコンセント使用可の例が多い。

気をつけること[編集]

  • 港は分かりづらいことが多い。暗い道を歩くときは安全に注意。地図を持ったほうがよい。
  • 時間にゆとりを持つこと。駆け込みでは乗船できないこともある。
  • 携帯電話は通じるところとそうでないところがある。
  • 防犯には注意。現金を財布から抜かれた後財布を海に棄てられたら最悪である。枕の下に入れるのもひとつの手。一部のフェリーには案内所で貴重品を預かったり、ロッカーがあったりする。
  • 高速道路の割引により、突然撤退する路線もある。HPや時刻表を確認のこと。

主な航路[編集]

日本[編集]

国内航路[編集]

主な港への交通[編集]

  • 小樽港 - 小樽築港駅からバス10分。
  • 苫小牧港 - 苫小牧駅から道南バス「フェリー線」17分。
  • 仙台港 - 仙石線・多賀城駅/中野栄駅からバス10分。
  • 東京港 - りんかい線・国際展示場駅から送迎6分。
  • 大洗港 - 鹿島臨海鉄道・大洗駅(水戸駅から15分)からバス15分または徒歩20分。
  • 名古屋港 - あおなみ線・野跡駅からバス12分。
  • 大阪南港
    • フェリー埠頭 - 大阪市交通局の電車「ニュートラム」の「フェリーターミナル駅」下車。ニュートラムへはJR弁天町駅から地下鉄中央線でコスモスクエア駅のりかえ、またはなんばから地下鉄四つ橋線で住之江公園駅のりかえ。
    • かもめ埠頭へはフェリーターミナル駅から連絡バス。
  • 大阪港(コスモフェリーターミナル) - 「ニュートラム」の「トレードセンター前」下車。
  • 東神戸港 - JR住吉駅・阪神魚崎駅から六甲ライナーでアイランド北口駅下車、神戸フェリーバス(無料)にのりかえ。
  • 神戸三宮港 - 三宮駅すぐのミント神戸から神戸フェリーバス10分。
  • 宇野港 - 宇野駅から徒歩5分
  • 高松東港 - 高松駅から連絡バス
  • 高松築港 - 高松駅から徒歩10分
  • 広島港 - 広島電鉄・広島港駅に直結
  • 柳井港 - 山陽本線・柳井港駅徒歩3分
  • 八幡浜港 - JR四国の八幡浜駅からタクシーで約5分。徒歩だと約30分かかる。
  • 松山港(松山観光港) - 伊予鉄道高浜線・高浜駅から徒歩10分。
  • 松山市・三津浜港 - 伊予鉄道高浜線・三津駅から徒歩15分
  • 宿毛港 - 土佐くろしお鉄道宿毛駅から片島ゆきバス。
  • 新門司港 - 門司駅・小倉駅新幹線口から無料送迎バス。
  • 小倉港 - 小倉駅北口から動く歩道でAIMビルに入り、西日本総合展示場横を抜ける。徒歩10~15分。
  • 博多港 - 博多駅からバス15分程度(博多埠頭と中央埠頭は全く別の場所。乗るバスも違う)。博多港博多埠頭は博多駅前Eのりばから99番系統。中央埠頭は博多駅前E乗り場から88番系統。博多駅・天神~中央ふ頭には連接バスの西鉄バスBRTがある。
  • 別府港 - JR九州の別府駅から亀の井バス・大分交通バスで約10分。徒歩の場合は別府大学駅から20分ぐらいかかる。
  • 大分港 - JR西大分駅から徒歩10分
  • 臼杵港 - 臼杵駅徒歩10分
  • 佐伯港 - 佐伯駅徒歩5分
  • 佐世保港 - 佐世保駅徒歩10分
  • 長崎港 - 長崎駅より路面電車「大波止」より徒歩5分
  • 鹿児島港
    • 桜島フェリー - 市電「水族館口」徒歩8分
    • 北埠頭(奄美海運) - 市電「水族館口」徒歩14分
    • 南埠頭(十島村三島村・フェリー屋久島)
    • 南埠頭高速船のりば(種子島・屋久島)
      • 市電「いづろ通」徒歩15分(上記ターミナルは別)
    • 谷山港 - 五位野駅から徒歩33分

外国航路[編集]

世界の各地[編集]

アジア[編集]

韓国・中国
中国
  • 大連煙台(何社か運航されている)
  • 上海~ジョウ泗列島(ジョウ山島) - カーフェリーは上海市芦潮港から、高速船は洋山島から出ている。
香港・マカオ
台湾
  • 基隆南竿 - 台湾北部の港町基隆と馬祖島の南竿とを結ぶ航路。途中、行きか帰りのいずれかに東引島を経由する、三角航路となっている(偶数月か奇数月かによって、行きに寄港するか、帰りに寄港するかが決まっている)。

ヨーロッパ[編集]


中近東[編集]

アフリカ[編集]

北米[編集]

中南米[編集]

オーストラリア・南太平洋[編集]

ニュージーランド

この記事「船旅のコツ」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。