何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

立山・黒部アルペンルート

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
立山・黒部アルペンルート

Default Banner.jpg

これは「旅行プラン」の記事です。
黒部ダム

立山黒部アルペンルートは、富山県立山町の富山地方鉄道立山駅と長野県大町市の大糸線信濃大町駅の間、富山県最高峰で日本百名山の一つ立山を間近に見る室堂平や黒部ダムを通る山岳観光ルートである。1日で通り抜けることもできるが、室堂や阿弥陀が原で宿泊して立山登山やゆっくりと高原の散策をするものよい。立山黒部オフィシャルガイド TEL (076) 432-2819


分かる[編集]

立山・室堂の石碑

このルートは道路で1本につながっているわけではない。立山直下を縦断する立山トンネルのトロリーバスやケーブルカー・ロープウェイなど乗り物を乗り継いで進んでいくことになる。富山側から長野側へ抜けてもその逆でもよいし、途中から折り返してもかまわない。ここでは立山黒部の名称に沿って富山側から紹介する。

4月上旬に道路の除雪が終わった区間から開通し、全線開通は4月中頃になる。5月中旬までの室堂までの道は両側が雪の壁となっている。雪解けが終わると新緑が美しくなり、初夏にかけて高山植物が少しずつ花を開く。まれに特別天然記念物に指定されている雷鳥の姿を見ることもできる。黒部ダムの放水が6月下旬から10月中旬まで行われ、夏休みには大勢の観光客で乗り物の待ち時間が1時間を越えることが多い。9月下旬から山の紅葉が始まると、休日はや多くの人で賑わう。初雪が降り山が雪化粧をした11月末で乗り物は運行を終え、次の春まで眠りに入る。

立山駅・信濃大町駅間の大人普通運賃は¥9,390である。


歴史[編集]

1971年6月に全線開通した。

動植物[編集]

貴重な高山植物が多いほか、ライチョウの生息地として有名。運がよければその姿を見ることができる。

準備[編集]

乗り物を乗り継いでいかなくてはならないので荷物もすべて持って移動することになる。繁忙期は乗り物がかなり混雑するので、荷物はできるだけ小さくまとめておかなくてはならない。ホテルや駅から反対側のホテルや駅まで朝預けると夕方受け取れる有料の手荷物輸送サービスもあるが、それを利用する場合も観光中に必要な物を的確にまとめておく必要がある。 立山駅・扇沢駅間の自家用車輸送サービスもあるが運賃・通行料金・燃料費を合わせるとかなりの金額になる。

経路中の最高地点である室堂の標高は2,450m、夏でもひんやりとする気温の日が多い。長袖の上着が必要である。また、天候が変わりやすく風も強いので雨具は傘だけでなく合羽やポンチョがあるとよい。


着く[編集]

立山・黒部アルペンルートの入口は富山県側が立山駅、長野県側が扇沢駅である。

富山県(立山)側[編集]

アルペンルートの入口は立山駅である。JR富山駅に隣接する電鉄富山駅より富山地方鉄道の立山線に乗車して、終着駅の立山駅で下車。電鉄富山~立山までの所要時間は1時間であり、ほぼ1時間に1本が運行される。運賃は¥1,170である。富山地方鉄道 TEL (076) 432-3456。

立山駅へは黒部峡谷への入り口宇奈月温泉駅から直通の特急も2往復走っている。アルペンルートと一緒に訪れる人が多い黒部峡谷についても最後に紹介する。

富山への交通機関

飛行機で
  • 富山空港へは全日空が東京から6便、札幌から1便を運行している。空港から富山駅までは連絡バスで約25分である。富山空港ターミナルビル TEL (076) 495-3101。
列車で
  • 東京方面からは上越新幹線で越後湯沢駅まで行き、特急「はくたか」に乗り換える。所要時間は約4時間、運賃・料金¥11,600。
  • 名古屋からは、特急「ワードビューひだ」が4往復あり、所要時間3時間40分~4時間、運賃・料金¥7,440。
  • 大阪方面からは、特急「サンダーバード」に乗車。大阪駅からの所要時間は約3時間30分、運賃・料金¥8,490。
バスで
  • 東京からは、東京駅八重洲口からの夜行金沢行きが富山駅前まで7時間20分、¥7,340.池袋駅東口からは4本(内1本夜行)あり、所要時間6時間25分、運賃¥7,340。
  • 名古屋からは、名古屋駅前から夜行が1本で5時間45分、運賃¥4,900。
  • 大阪方面からは大阪駅桜橋口から京都駅・金沢駅経由で夜行が1本、大阪からの所要時間8時間15分、運賃¥5,200。
    • 阪急梅田から新大阪・京都経由で2本(内1本夜行)、梅田から所要時刻5時間25分(夜行7時間40分)、運賃¥5,200。

長野県(扇沢)側[編集]

扇沢駅
列車で
  • 扇沢からは大町温泉郷・信濃大町駅経由で長野駅東口行きのバスがある。長野駅からは、東京方面は北陸新幹線で、名古屋・大阪方面は特急「ワイドビューしなの」を利用(大阪方面は名古屋駅から新幹線に乗り換え)する。
    • 長野駅まで、扇沢から1時間40分、運賃¥2,500。信濃大町から1時間10分、運賃¥2,000。
    • 長野駅から、東京までおよそ1時間50分、運賃・料金¥7,880、名古屋までおよそ2時間50分、運賃・料金¥7,130。大阪までおよそ3時間50分、運賃・料金¥11,670(新幹線はのぞみ利用)。
  • 信濃大町駅からは中央本線経由で新宿まで直通の特急が1本、名古屋まで季節運転の特急が1本あるほか、普通(快速)列車で松本まで行くと新宿行き、名古屋行きの特急がそれぞれほぼ1時間に1本運行されている。
    • 信濃大町から、新宿までおよそ3時間30分、運賃・料金¥7,440。名古屋までおよそ3時間20分、運賃・料金¥6,710。
    • 松本まで大糸線の普通列車が毎時1~2本運行、所要時間約1時間、運賃¥650。
バスで
  • 白馬八方から新宿行きのバスが信濃大町駅前を経由する。4往復、所要時間3時間55分、運賃¥4,100。
  • 長野駅から新宿まで14往復、所要時間3時間40分、運賃¥4,000。
  • 松本バスターミナルから
    • 新宿まで20往復、所要時間3時間12分、運賃¥3,400。
    • 名古屋の名鉄バスセンターまで6往復、所要時間3時間14分、運賃¥3,460。
    • 京都(名神深草)、新大阪経由で阪急梅田まで2往復、梅田までの所要時間5時間30分、運賃¥5,710。

動く[編集]

トロリーバス、ロープウェイ、ケーブルカーなどを乗り継いで移動する。交通機関への乗車時間は単純計算で2時間15分であるが、乗り継ぎ時間や散策時間を含めて6~8時間を取るような余裕のある移動計画を立てることが推奨されている。立山駅から信濃大町駅まで大人片道¥9,390

アルペンルート内の移動手段
駅名・バス停名 標高 移動手段 移動距離 所要時間 大人片道運賃
立山駅 475m ケーブルカー 1.3km 7分 ¥700
美女平駅 997m
高原バス 23km 50分 ¥1,660
弥陀ヶ原 1,930m
天狗平 2,300m
室堂駅 2,450m
トロリーバス 3.7km 10分 ¥2,100
大観峰駅 2,316m
ロープウェイ 1.7km 7分 ¥1,260
黒部平駅 1,828m
ケーブルカー 0.8km 5分 ¥840 
黒部湖駅 1,455m
徒歩 0.6km 15~20分 ---
黒部ダム駅 1,470m
トロリーバス 6.1km 16分 ¥1,500
扇沢駅 1,433m
バス 18km 40分 ¥1,330
信濃大町駅 713m

観る[編集]

立山エリア[編集]

立山駅

立山駅~美女平周辺[編集]

立山駅は山の斜面にある。富山地方鉄道のホームは1階にあり、2階に駅の出入り口、レストラン、売店と立山ケーブルの改札口・ホームがある。混雑時には2階のホールは人で埋まることもある。駅前には立山カルデラ砂防博物館がある。

いよいよ立山ケーブルで立山黒部アルペンルートに入っていく。標高差500m、最大斜度は29度ある。美女平まで1.3km、所要時間7分、運賃¥700(往復¥1,250)。運行は黒部湖まで立山黒部貫光

立山駅前から称名滝入り口までバスが運行されている。所要時間20分、運賃¥560(往復¥1,050)。駐車場のある称名平にはレストハウスがあり2階に称名滝の資料展示室があるので時間があれば見ておくと良い。称名滝は高原バスからも見ることができる。

7月下旬から10月上旬までの休日を中心に立山駅前から室堂までの直行バスが運転される。立山発8:00、室堂発15:20、所要時間1時間10分、運賃¥2,360(往復¥4,190)。問い合わせTEL (076) 481-1184、立山バスセンター。


立山カルデラ砂防博物館  
立山の自然・歴史と砂防をテーマとした博物館。
 所在  立山駅から徒歩1分  電話  (076) 481-1160  WEB  [1]
 開場時間  9:30~17:00  料金  ¥400(大¥320、高校生以下無料)


称名滝 (しょうみょうだき)  
落差350mは日本一といわれている。4段になっており、日本の滝百選にも選ばれている滝である。天然記念物と国の名勝に指定されている。雪解けの頃や降雨の後には、右にハンノキ滝という500mの滝が現れる。
 所在  バス停から散策路1.3km
称名滝


美女平駅  
売店・レストランがあるほか屋上テラスがあり立山山麓の風景を眺めることができる。

美女平・弥陀ヶ原[編集]

美女平駅

美女平でケーブルカーを降りると高原バスのターミナルがある。高原バスは標高973mの美女平から1,930mの弥陀ヶ原を通り、2,432mの室堂まで標高差が1,500m近くある高原道路を走る。定員制なので全員着席でき、車内では前方のテレビでアルペンルートの紹介ビデオが上映される。5月中旬まで弥陀ヶ原付近から室堂までは道路除雪によって積み上げられた雪の壁の間を走るため景色が見えない。室堂ターミナルまで23km、所要時間50分、運賃¥1,660(往復¥2,940)。

美女平から弥陀ヶ原まで高原バスで30分、運賃¥1,060。


立山カルデラ展望台  
立山噴火口が陥没してできたカルデラが一望でき、温泉の湯煙や砂防工事の様子などを見ることができる。
 所在  「弥陀ヶ原」から徒歩約10分

室堂高原[編集]

天狗平から室堂まで20分程度で歩ける散策路がある。


雪の大谷ウォーク  
春の開通から5月下旬まで室堂付近では除雪によってできた10mから16mもの雪の壁のある高原道路を歩くことができる。(10:00から15:00の間のみ通行可能)
 所在  室堂ターミナルから500mの間


みくりが池  
透明度の高い湖面には周りの山々が写し出される。
 所在  室堂ターミナルから徒歩10分
みくりが池


エンマ台  
噴煙を上げ荒涼とした地獄谷を望む展望台。
 所在  室堂ターミナルから徒歩15分


雷鳥沢  
夏は高山植物が美しく秋は紅葉が美しい。
 所在  室堂ターミナルから徒歩15分


立山室堂  
国の重要文化財に指定されている日本最古の山小屋。
 所在  室堂ターミナル付近


立山自然保護センター  
ライチョウや高山植物など立山の自然と人とのかかわりを紹介するとともに立山の総合的な情報を提供している。
 所在  室堂ターミナル隣接  電話  (076) 465-5213  WEB  [2]
 開場時間  8:30~17:00  料金  入館無料

大観峰[編集]

大観峰駅構内の中テラスからの眺め。

室堂ターミナルから立山直下に掘られた立山トンネルをトロリーバスで通り抜ける。トンネル内に立山直下の標識があり、ここで上り下りのバスがすれ違う。トロリーバスは軌道のない鉄道に分類されるため、2,450mの日本最高地点を走る鉄道である。3.7km、所要時間10分、運賃¥2,100(往復¥3,150)。


大観峰展望台  
駅の屋上にあり、背後に後立山連峰を従えた黒部湖を一望できる展望台。
 所在  大観峰駅屋上

黒部エリア[編集]

黒部平・黒部ダム[編集]

立山ロープウェイ

大観峰から黒部平まではロープウェイである。標高差は488m、自然破壊を防ぐため黒部平まで1.7kmの間には支柱がない。所要時間7分、運賃は¥1,260(往復¥1,890)。

黒部ケーブルカー

黒部平から黒部湖までのケーブルカーは自然を壊さないように日本では珍しい地下ケーブルである。標高差373m、0.8km、所要時間5分、運賃¥840(往復¥1,260)

黒部湖・黒部ダム間は約0.6km、ダムの堰堤を徒歩で移動。

関電トロリーバス

黒部ダム~扇沢まではダム建設の資材運搬のために掘られたトンネルを活用してトロリーバスを運行している。6.1km、所要時間16分、運賃¥1,500(往復¥2,500)。扇沢から信濃大町駅まではバスで40分、¥1,330。途中の日向山高原、大町温泉郷に宿泊施設がある。


黒部平  
標高1,880mの平地にある駅。周りには小さな庭園が作られており、付近には高山植物観察園がある。駅にはそばコーナー、食堂と売店がある。
 所在  黒部平駅前  電話    WEB  
 開場時間    料金  
黒部平


黒部湖遊覧船ガルベ  
日本一標高の高い所を運航する遊覧船。6月から10月の間運行。
 所在  乗り場まで黒部湖駅から徒歩4分  電話  (0261) 22-0804  WEB  [3]
 開場時間  乗船時間30分  料金  ¥930


黒部ダム  
堤高186mは日本一、長さ492mの堰堤を歩くことができる。長野側の斜面をおよそ200段の階段で上っていくと展望台がありダムの全容や立山連峰の雄姿を眺めることができる。
 所在  黒部湖駅から徒歩3分・黒部ダム駅から徒歩4分  電話    WEB  [4]
 開場時間    料金  無料
黒部ダム


黒部ダムレストハウス  
食堂・売店・休憩所のほか3階には黒部ダム記念館がある。
 所在  黒部ダム駅から連絡通路で4分  電話  (0261) 22-3402 (ダム記念館 22-2526)  WEB  [5]
 開場時間  7:30~17:00(11月は8:30~16:00)  料金  黒部ダムカレー ¥1,080
黒部ダムレストハウス 黒部ダムレストハウス

遊ぶ[編集]

立山エリア[編集]

立山駅~美女平周辺[編集]

材木坂コース  
立山駅から美女平までケーブルカーに乗らずに奇岩材木岩が並ぶ材木坂を歩く登山道。登り2時間、下り1時間30分。


美女平探勝  
1時間の森林散策コースと2時間30分のブナ坂探勝コースがある。

美女平・弥陀ヶ原[編集]

弥陀ヶ原散策  
木道が整備され、高山植物や珍しい蝶・トンボなどを見ることができる。40分から2時間までいくつかのコースがある。

室堂高原[編集]

室堂高原散策  
みどり池、みくりが池、地獄谷などを巡ることが出きり散策路がある。コースによって30分から2時間程度。


立山登拝  
標高3,003mの雄山には雄山神社があり、信仰の山なので登山といわず登拝という。途中一ノ越までは約1時間、緩やかな石畳で歩きやすい。ここから急坂を1時間登ると雄山が、さらに起伏が少ない登山道を20分進むと最高峰大汝山3,015mに着く。東に黒部湖が横たわり、西に室堂平を見下ろす。
 所在  室堂から登り2時間20分、下り1時間50分

黒部エリア[編集]

扇沢・大町[編集]

扇沢駅  
2階に食堂と売店があるほか駅前には総合案内センターがありアルペンルートの情報を提供してくれる。
 所在  扇沢駅

買う[編集]

扇沢売店  
扇沢駅にある売店。販売員による軽妙なセールストークが名物に。
 所在  大町市平2117 中部山岳国立公園  電話  (0261) 22-3614  WEB  [6]
 営業時間  7:00~18:00  値段  

食べる[編集]

立山エリア[編集]

室堂高原[編集]

レストランみくり  
 所在  みくりが池温泉、室堂から徒歩12分  電話  (076) 465-4595  WEB  [7]
 営業時間  11:00~14:00  予算  そば・ラーメン・カレー¥700など


レストラン立山  
ホテル立山のレストラン、1階にはそばコーナーもある。
 所在  室堂ターミナル2階・1階  電話    WEB  [8]
 営業時間  レストラン10:00~14:00、そばコーナー8:30~14:50  予算  

飲む[編集]

泊まる[編集]

立山駅周辺[編集]

立山国際ホテル  
立山の山麓にあるリゾートホテル。富山地方鉄道立山駅から送迎あり。
 所在  原45  電話  (076) 481-1111
 FAX  (076) 481-1118
 WEB  [9]
 e-mail  [10]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  2食付¥9,000~


グランドサンピア立山  
天然温泉美肌の湯と和洋会席料理が自慢のホテル。富山地方鉄道立山駅から送迎あり。
 所在  富山市原3-6。  電話  (076) 481-1126  WEB  [11]
 時間    料金  


千寿荘  
立山駅より徒歩1分。
 所在  立山町千寿ケ原28。  電話  (076) 482-1138  WEB  [12]
 時間    料金  

弥陀ヶ原[編集]

弥陀ヶ原ホテル  
標高1,930mの弥陀ヶ原高原に位置する、人と自然との調和を大切にした国際山岳リゾートホテル(客室数52室・収容人員200名)
 所在  立山町芦峅寺弥陀ヶ原  電話  (076) 442-2222
 FAX  (076) 442-2242
 WEB  [13]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 10:00   料金  【スタッフ同行!!】雪の大谷ウォーク案内つきプラン1泊2食付¥12,000~18,000。


国民宿舎 天望立山荘  
 所在  立山町弥陀ケ原。  電話  (076) 442-3535
 FAX  (076) 442-3535
 WEB  [14]
 時間    料金  

室堂[編集]

ホテル立山  
室堂バスターミナルビルに直結。
 所在  中新川郡立山町芦峅寺室堂。  電話  (076) 465-3333
 FAX  (076) 465-3336
 WEB  [15]
 e-mail  [16]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00 営業期間4月10日~11月29日(予定)。  料金  2名1室の場合、1人1泊2食付¥19,950より。休前日料金¥3,150が加算される期間有り。
ホテル立山


立山高原ホテル  
 所在  天狗平  電話  (076) 465-3001  WEB  [17]
 e-mail  [18]
 時間    料金  ¥13,650~37,800


みくりが池温泉  
標高2,410mの日本一高所にある温泉。泉質は単純硫黄泉。
 所在  「室堂ターミナル」から徒歩12分  電話  (076) 465-4595
 FAX  (076) 465-3303
 WEB  [19]
 時間    料金  2食付相部屋¥8,550
みくりが池温泉


らいちょう温泉「雷鳥荘」  
室堂ターミナルより遊歩道を徒歩で30分。
 所在  立山町芦峅寺。  電話  (076) 463-1664  WEB  [20]
 時間    料金  


立山室堂山荘  
室堂ターミナルより徒歩で10分程。
 所在  立山町芦峅寺室堂。  電話  (076) 463-1228  WEB  [21]
 時間    料金  

黒部エリア[編集]

くろよんロイヤルホテル  
 所在  日向山高原(扇沢からバス12分)  電話  (0261) 22-1530
 FAX  (0261) 23-2098
 WEB  [22]
 e-mail  [23]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 11:00   料金  ¥16,500~


大町温泉郷  
アルペンルートの入口・出口となる大町温泉郷には15軒の旅館・ホテルがある。以下は大町温泉観光協会の情報
 所在  扇沢からバス15分、信濃大町駅からバス25分  電話  (0261) 22-3038
 FAX  (0261) 23-5100
 WEB  [24]
 時間    料金  

気を付ける[編集]

中部山岳国立公園に指定されており、動物の捕獲、植物の採取のほか、ペットの連れ込みは禁止されている。