何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

空知

提供: ウィキトラベル
空知支庁から転送)
アジア : 東アジア : 日本 : 北海道 : 空知
移動先: 案内検索
空知

Default Banner.jpg

空知地方(そらちちほう)は北海道の道央東部にある地方。上川地方胆振地方石狩地方留萌地方と接している。 [1]


地域[編集]

  • 北空知
  • 中空知
  • 南空知

市町村[編集]

北空知

  • 深川市 - 北空知の中心的な市。「黒米」と呼ばれる文字通り黒い色の珍しい品種の米が生産されている。
  • 雨竜郡妹背牛町
  • 雨竜郡秩父別町 - 南空知の岩見沢市と肩を並べるバラの町で「ローズガーデンちっぷべつ」は北海道有数の規模のバラ園。また高級ブロッコリーの産地でもあり、それを使って作られる「緑のナポリタン」や「緑のアイス」といった新名物も生まれている。
  • 雨竜郡北竜町 - 日本一のヒマワリの作付面積を誇る町。夏に開かれる「ひまわりまつり」では広大なヒマワリ畑に巨大迷路が作られ好評を博している。
  • 雨竜郡沼田町
  • (雨竜郡幌加内町) - かつて空知地方に属していたが行政の管轄が変更され上川地方に移った。蕎麦の生産が盛んで生産量は日本一である。

中空知

  • 芦別市 - 炭鉱労働者が食していた中華風スープの郷土料理「ガタタン」がある。また星空の美しい町である事から「星の降る里」の異名を持つ。
  • 赤平市 - 石炭を模した銘菓「塊炭飴」が有名。かつての炭鉱の遺構が市内各地に当時のまま保存されている。また夏に開かれる「あかびら火まつり」では、燃えるたいまつを掲げて市内を駆け巡ったり炭鉱跡地に火文字を描いたりと、名前の通り「火」を使った熱く荒々しい催しが行われる。
  • 滝川市 - 中空知の中心的な市。北海道各地で食されている料理「ジンギスカン」の中でも、タレに漬け込んだ味付け式のジンギスカンはこの町が発祥と言われており、東京に進出した有名店もある。また日本で一二を争う作付面積の菜の花も名物であり、見頃を迎えた菜の花畑は黄色の絨毯を広げたような絶景となる。
  • 砂川市 - かつて周辺市町村から多くの炭鉱労働者が行き交っていた市。炭鉱労働者が疲れを癒すために甘い物を好んだ事から、菓子店が集中する地区があり、その一帯は「砂川スイートロード」と呼ばれている。
  • 歌志内市 - 馬のモツを煮込んだ炭鉱発祥の郷土料理「なんこ」が名物。市内にある神威岳【かもいだけ】(※)はスキー場や温泉宿が設けられているほか、雲が海のように広がる近年話題の自然現象「雲海」の穴場でもある。
    • ※同じ北海道内の日高地方にある神威岳【かむいだけ】とは別の山
  • 空知郡奈井江町
  • 空知郡上砂川町
  • 樺戸郡浦臼町 - ワインメーカーの直営農場があり、秋はワイン祭りが開かれる。
  • 樺戸郡新十津川町 - 明治期に奈良県十津川村からの移住者によって開墾された町。米の生産が盛んな空知地方の中でも酒造用の品種に秀でており、1906年創業の蔵元「金滴酒造」では様々な銘柄の地酒が醸造されている。
  • 雨竜郡雨竜町

南空知

  • 夕張市 — 「夕張メロン」「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」「マウントレースイスキー場」などで知られる元炭鉱の町。空知地方で最も有名な町だろう。
  • 岩見沢市 — 空知地方の行政拠点である総合振興局のある町。生産量が道内1位の米と道内2位のタマネギを軸とした農業地帯である一方、札幌圏と接している地の利から遊園地などのレジャー施設もあり、夏は大規模な野外音楽イベントが開催されるなど農村と都市の二面性を持つ。
  • 美唄市 - 鶏のモツを串焼きにした郷土料理「美唄焼き鳥」が人気。ラムサール条約登録湿地の「宮島沼」では春と秋にマガンやハクチョウなど様々な渡り鳥が飛来する。
  • 三笠市 - かつて豊富な石炭が採掘された事や、アンモナイトの化石が非常に多く産出する地域である事から、地質学的に高い価値がある地域(ジオパーク)と言われている。
  • 空知郡南幌町
  • 夕張郡由仁町 - コーヒーのような色の湯が特徴の温泉施設「ユンニの湯」のほか、町外れの田園地帯にある観光農園やファームレストランが人気。
  • 夕張郡長沼町
  • 夕張郡栗山町 - 日本酒の蔵元「小林酒造」があり、レンガ造り・石造りの酒蔵が国の登録有形文化財に指定されている。毎年春に開かれる「くりやま老舗まつり」の開催日にだけ一般公開され、新酒の試飲や限定銘柄の販売などの催しも相まって町外からも多くの人が訪れる。
  • 樺戸郡月形町 - 明治から大正にかけての開拓時代に、農地や道路の開墾を目的に囚人を収容する「集治監」が設けられていた町。現在も集治監の庁舎が博物館として保存されているほか、町内に囚人墓地や囚人が建築した寺院などが点在している。

その他の旅行先[編集]

分かる[編集]

空知地方の面積は6,558.22平方kmで、群馬県より200平方km広い面積である。

石狩平野の東と石狩川流域からなる地域である。かつては石狩炭田の多くの炭鉱で賑わったが、閉山後は人口流出が進んだことにより経済的に疲弊した町が多い。炭鉱閉山後の雇用対策を目的に様々な観光施設が作られてきたが、道外からの観光客の多くが寄せる自然を楽しみたいという北海道観光への期待に答えるものではなかったため、閉鎖されたものも少なくない。

これだけを聞くと特にめぼしい観光要素がない土地と思われがちだが、近年は炭鉱の遺産を観光資源として活用する動きが進められており、自然に還りゆく炭鉱跡に立坑櫓などの人工物が佇む独特な光景や、炭鉱労働者が食していた郷土料理といったものが再評価されつつある。かつて炭鉱が栄えた地区は総じて山間部であるため紅葉の美しい場所が多く、平野部は米・蕎麦・小麦などの穀物農業が盛んで各地に田園風景が広がり、豊かな自然環境そのものは道内他地域に決して見劣りしない。また、ほとんどの市町村に温泉施設があるため道内からの日帰り客が多く訪れる。

また近年脚光を浴びている北竜町の広大なひまわり畑を筆頭に、滝川市の菜の花畑、深川市の丸山公園のカタクリ群生地、岩見沢市と秩父別町のバラ園、リナリアやコスモスで彩られた由仁町のゆにガーデンなど天然・人工を問わず花の名所が多い。中でも雨竜町の雨竜沼湿原は暑寒別天売焼尻国定公園に指定されており、北海道の尾瀬と称されるほど多種多様な水棲植物が生息している。

このほか、近年では岩見沢市・三笠市・長沼町などの南部でブドウ栽培・ワイン醸造が盛んに行われており、北海道内のワイナリー(ワイン専門の醸造所、農園を併設する場合もある)・ヴィンヤード(ワイン用ブドウ専門の農園)の軒数の約3割を占める。全体的に小規模なワイナリー・ヴィンヤードが多くを占めるので生産量の少なく比較的貴重な銘柄が多い。むしろ日本のワインの場合、生産量の多い産地は安価に提供する事を目的に地域一帯、時には他産地のブドウまで集めてブレンドし大量に醸造する工業的な側面を持つケースが少なくない。これに対し、空知地方のワインは価格の安さよりも、そのワイナリー、そのヴィンヤードだけの味(テロワール:土地の気候や土壌、栽培技術などが風味にもたらす特徴)を追求するためそうした手法をなるべく用いない所が多く、これがワイナリー・ヴィンヤードの規模が小さく、軒数に対して生産量が少ない要因となっている。 この事から空知地方では、複数のワイナリー、ヴィンヤードでワインの飲み比べや醸造施設の見学をしたり、ワインを楽しめる飲食店を巡ったりするワインツーリズムの動きが始まっている。

着く[編集]

飛行機は、北空知・中空知は東神楽町の旭川空港が近く、南空知は新千歳空港が近い。

列車で[編集]

  • 函館本線
    • 岩見沢市、美唄市、奈井江町、砂川市、滝川市、深川市
  • 室蘭本線
    • 由仁町、栗山町、岩見沢市
  • 根室本線
    • 滝川市、赤平市、芦別市
  • 留萌本線
    • 深川市、秩父別町、沼田町
  • 石勝線
    • 夕張市
  • 札沼線
    • 月形町、浦臼町、新十川町

車で[編集]

  • 道央自動車道・国道12号線(札幌方面または旭川方面から)
    • 岩見沢市、美唄市、奈井江町、砂川市、滝川市、深川市
  • 国道38号線(札幌方面または釧路方面から)
    • 赤平市、芦別市
  • 国道233号(深川方面または留萌方面から)
    • (深川市)、秩父別町、沼田町
  • 国道234号(岩見沢方面または苫小牧方面から)
    • (岩見沢市)、栗山町、由仁町
  • 国道239号(網走方面または留萌方面から)
    • 幌加内町
  • 国道274号(札幌方面または標茶方面から)
    • 由仁町、夕張市
  • 国道275号(札幌方面または浜頓別方面から)
    • 月形町、浦臼町、新十川町、雨竜町、北竜町、沼田町、深川市、幌加内町
  • 国道451号(石狩方面または滝川方面から)
    • 新十津川町、(滝川市)
  • 国道452号(夕張方面または旭川方面から)
    • (夕張市)、三笠市、芦別市

バスで[編集]

都市間バス

  • 札幌-岩見沢-三笠
    • 高速いわみざわ号、高速みかさ号(岩見沢経由)
  • 札幌-栗山-夕張
    • 高速くりやま号(南幌・岩見沢市栗沢町経由)、高速ゆうばり号(南幌・長沼町北長沼・栗山経由)
  • 札幌-芦別(-富良野)
    • 高速ふらの号(赤平・芦別経由)
  • 札幌-滝川-新十津川、札幌-留萌
    • 高速たきかわ号(直行便または砂川経由)、高速しんとつかわ号(滝川経由)、高速るもい号(滝川経由または深川経由)

一般路線バス

札幌市厚別区-長沼、札幌市厚別区-夕張(南幌・栗山経由または由仁経由)、留萌-深川-旭川、幌加内-名寄などがある。

動く[編集]

列車は、函館本線、室蘭本線、根室本線、留萌本線、石勝線、札沼線を利用できる。

バスは、市内線が岩見沢、三笠、夕張、美唄、滝川、深川、芦別にあるほか、各町同士を結ぶ路線バスが多数ある。

観る[編集]

  • 石炭博物館(夕張市)

遊ぶ[編集]

  • マウントレースイスキー場(夕張市)
  • 北海道グリーンランド(岩見沢市)

食べる[編集]

  • 砂川スイートロード(砂川市)

飲む[編集]

気を付ける[編集]

出かける[編集]

この記事「空知」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

Create category