何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

祭やイベント/sub/長洲饅頭祭 (香港)

提供: ウィキトラベル
祭やイベント : sub : 長洲饅頭祭
移動先: 案内検索
祭やイベント/sub/長洲饅頭祭 (香港)

Default Banner.jpg

このサブページは「祭やイベント」の月別サブページから呼び出されています。詳細は 祭やイベント/sub を参照して下さい。

毎年お釈迦様の誕生日(→「佛誕」の項目参照)とされる旧暦の4月8日から7日間開催される。2019年は5月12日~18日。香港の長洲島で疫病の蔓延や海賊の惨禍から村を守ることを祈念して100年ほど前から始まった祭。島の目抜き通りで獅子舞や龍の舞い、伝統衣装に身を包んだ女児が人々の担ぐ輿に乗せられて練り歩くパレードなどが催される。祭のクライマックスは、竹でできた約60フィート (18m) の塔に無数の饅頭(マントウ、蒸しパンのようなもので中国人の主食の一つ)を括りつけた「包山」に人がよじ登り、それを奪い合う「搶包山」と呼ばれる行事で、祭りの初日に行われる(1978年に塔が倒壊する事故が発生してからしばらく中止されていたが、2005年の祭から復活している)。また、祭の期間中の特定の3日間、村中で一切の肉食が禁止され、家庭内はもちろんのこと、外資系のファーストフード店も含め、島内のレストランも一斉にベジタリアンメニューに切り替わることでも知られている。