何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

神石高原町

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
神石高原町

Default Banner.jpg

神石高原町(じんせきこうげんちょう)は広島県東部にある町である。広島県の福山市庄原市府中市岡山県高梁市井原市に囲まれている。 [1]


分かる[編集]

神石高原町観光協会 所在  神石郡神石高原町油木乙1994-2。  電話  (0847) 82-0039  FAX  (0847) 82-0039  WEB  [2]  e-mail  [3]

着く[編集]

飛行機で[編集]

列車で[編集]

車で[編集]

  • 山陽自動車道福山東ICより国道182号線を北へ40km。
  • 中国自動車道東城ICより南方面へ。

バスで[編集]

中国バスを利用する。[4]

  • JR福山駅より油木行き(東回り、西回り)。
  • JR東城駅より油木行き。
  • JR福塩線上下駅より高蓋乗り換え、油木行き。

船で[編集]

動く[編集]

列車で[編集]

車で[編集]

町内の移動は車が非常に便利である。 町内の主な観光地向けにはおおむね道路が整備されている(例外あり)。

バスで[編集]

下記情報は中国バス時刻表(07年8月発行)によるものである。

  • 東回り路線(福山⇔東城別⇔井関⇔油木⇔東城)
  • 西回り路線(福山⇔新市⇔高蓋⇔小畠⇔神石三和病院⇔油木)
  • 上下⇔高蓋⇔小畠⇔神石三和病院⇔長者ヶ原・上井関⇔油木
  • 上下・呉ヶ峠⇔牧⇔上原⇔油木
  • 呉ヶ峠⇔八幡⇔牛ヶ原⇔神石三和病院(休診日運休)
  • 油木⇔豊松⇔笹尾・仁吾

尚、東回り線と西回り線を除いて便数はかなり少ない。特に休校日は非常に便数が少なくなるので注意。

自転車で[編集]

仙養ヶ原内に貸し自転車あり。高原風景内の中のサイクリングが楽しめる。

足で[編集]

  • 一般的には町内を歩いて移動するのはキツイと思われるが、思わぬ発見もあって楽しめるものと思われる。
  • 帝釈峡での観光は徒歩がお薦めである。

観る[編集]

帝釈峡 (たいしゃくきょう)  
南北約20kmにわたる峡谷で、国定公園に指定されている。県内でも有数の紅葉の名所。詳しくは帝釈峡の記事を参照。
 所在  神石郡神石高原町と庄原市東城町の境目辺りにまたがっている。  WEB  [5]


水仙の里 (水仙公園)  
沢山の種類の水仙が植えられている公園。見頃は、その年の気候によって異なるが、大体4月中旬から下旬である。
 所在  豊松地区追谷。豊松地区中心部より、「水仙の里」または「水仙公園」と書かれた案内標識あり。  電話    WEB  
 開場時間  終日、ただし照明等は無いので夜間は実質的に観光不可能。  料金  入園無料。
水仙の里


幸運仏  
地元の道路工事の際に見つかった五輪塔、それを地元の人が拝む事によって、6組の新婚カップルが出来たと言う。それにちなんで、現在では縁結びの神様として祭られている。
 所在  神石高原町豊松地区。国道182号線より案内標識あり。  電話    WEB  
 開場時間    料金  


光信寺  
三和地区にある寺。毎年夏、この寺で野外音楽ライブが開かれている。
 所在  神石高原町光信5500。  電話  (0847) 85-4100  WEB  
 開場時間    料金  

遊ぶ[編集]

とよまつ紙ヒコーキタワー (米見山山頂公園)  
折り紙ヒコーキを大自然の中に飛ばすために建てられたタワー。年に1回ほど、滞空時間を競う紙ヒコーキ大会(または紙ヒコーキ記録会)が開かれている。タワー1階にジュース等の販売あり。紙ヒコーキを飛ばすポイントからは周囲の山々の風景が美しい。条件の良い日には大山まで眺めることができる。もし1回目のフライトでうまくいかなくても、入館した当日であれば何回もタワーへの出入りができるので自分の紙ヒコーキを拾って調整してまた飛ばせばいい(そのために、自分の名前とか記号とか何か目印を紙ヒコーキに書いておくといい)。バリアフリーに関しては車椅子用トイレがある。エレベータは少し狭いので車椅子の移動が(不可能ではないけれども)難しい。
 所在  神石高原町下豊松318。豊松地区の中央にある米見山(よなみやま)の頂上にある。国道182号線から案内の標識あり。  電話  (0847) 84-2000(タワー開館時間のみ)  WEB  [6]
 営業時間  10:00~18:00(4月~9月)、10:00~17:00(3月・10月~11月)、冬季閉館。開館曜日:火・木・土・日・祝日(夏休み中は毎日)。  料金  入館料¥300(専用エコ折り紙5枚付き)。


帝釈峡スコラ高原  
神石コスモドーム、キャンプ場、体育施設、レストラン、ハーブ館がある。
 所在  神石高原町相渡2167(旧神石町内)。福山方面からは国道182号線から案内標識あり。東城ICからも案内標識あり。  電話  (0847) 86-0535
 FAX  (0847) 86-0353
 WEB  [7]
 営業時間  施設による。  料金  施設による。


仙養ヶ原 (仙養ヶ原ふれあいの里)  
広い高原風景の広がる場所。ゴルフ、グラウンドゴルフ、キャンプ、ローラースケート、天文台などが楽しめる。
 所在  神石高原町上豊松72-8、豊松地区と油木地区の境目にある。国道182号線から案内の標識あり。  電話  (0847) 82-2823  WEB  [8]
 営業時間  8:30~17:30、年末年始のみ休業。  料金  施設による。


星居山森林公園  
標高835.4mの山であり、周辺は国有林である。山頂には展望台がある。テニスコート、芝スキー場、宿泊用バンガロー等あり。
 所在  神石高原町阿下1091。町内中心部、国道182号線より小さな立て看板あり。  電話  (0847) 85-3927  WEB  
 営業時間  8:30~17:30、火曜定休。  料金  入園料13歳以上¥300、3歳~12歳¥200。

買う[編集]

道の駅さんわ182ステーション  
「やまびこローソン」併設。
 所在  神石高原町坂瀬川5146-2。国道182号線沿い。  電話  (0847) 85-2550
 FAX  (0847) 85-2043
 WEB  [9]
 営業時間    値段  


おいでんしゃあ油木百彩館  
 所在  神石高原町油木乙1983-2。国道182号線沿い。  電話  (0847) 82-2468
 FAX  (0847) 82-2470
 WEB  [10]
 営業時間    値段  


とよまつプラザ21  
 所在  神石高原町上豊松1767-1。広島県道106号布賀油木線沿い。  電話  店による。  WEB  
 営業時間  店による。  値段  店による。


神石高原町ふるさと産品直売所  
 所在  神石高原町永野57-1。  電話  (0847) 86-0521  WEB  [11]
 営業時間    値段  

食べる[編集]

お薦めは神石牛、こんにゃく、トマト(夏限定)、ピオーネなど。

安食堂[編集]

中級[編集]

(ラーメン・中華)  
ラーメンや中華料理などのおいしい店。
 所在  神石高原町坂瀬川5150-4。道の駅さんわ182ステーションの少し南。  電話  (0847) 85-4183  WEB  
 営業時間    予算  食べ物だけなら大体¥1,000以内に収まる。


お食事処 新菜苑  
 所在  神石高原町油木乙1983-2。おいでんしゃあ油木百彩館内。  電話  (0847) 89-0036  WEB  
 営業時間    予算  食べ物だけなら¥1,000以内に収まる。


かすが御食事処  
豊松地区の便利な所にある食堂。夏には、特選とよまつトマト料理フルコースがある(要予約)。
 所在  神石高原町上豊松1755-1。とよまつプラザ内。  電話  (0847) 84-2017  WEB  
 営業時間  毎週木曜日以外開店。仕出し等で忙しい時には臨時閉店する日もあるので、あらかじめ連絡してから行くのが吉。  予算  食べ物だけなら¥800以内に収まる(トマト料理フルコースの料金は要問い合わせ)。

高級[編集]

飲む[編集]

神雷 (三輪酒造)  
油木地区の三輪酒造で造られている地酒。町内の酒屋で容易に買うことが出来る。
 所在  神石高原町油木乙1930。  電話  (0847) 82-0630  WEB  [12]
 営業時間    料金  種類による。


神招 (田中酒造)  
三和地区小畠の田中酒造で造られている地酒。町内の酒屋で容易に買うことが出来る
 所在  神石高原町小畠1736-1。  電話  (0847) 85-2517  WEB  
 営業時間    料金  種類による。

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

高級[編集]

連絡する[編集]

  • 神石高原町の市外局番は0847(市内局番は80~99)である。庄原市東城町の08477(市内局番は2~9)とは市内通話扱いとなる。

出かける[編集]


この記事「神石高原町」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。