何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

神津島村

提供: ウィキトラベル
神津島から転送)
移動先: 案内検索
神津島村

Default Banner.jpg

神津島村(こうづしまむら)は、伊豆諸島にある村。神津島全域が神津島村の村域である。神津島村役場神津島観光協会


着く[編集]

飛行機で[編集]

  • 調布飛行場から約45分。要事前予約。2015年下半期現在、大人片道¥15,300・往復¥27,800。問合せ先 : 新中央航空、Tel.0422(31)4191、現地ではTel.04992(8)1116。[1]

船で[編集]

  • 神津島の船着場は2箇所ある。内湾になく、太平洋に直接面しているため波の打ち付けが比較的強いので、海況に応じて使い分ける形を取っている。村落に近く、西を向いているのが「前浜(神津島)港(新島の前浜港<黒根港>と混同注意)」、村落から離れ、東を向いているのが「多幸湾(東海汽船グループとしては「三浦港」)」。風向き、潮の流れ、船体の大小などの要素で船の発着場所が変わるため、注意が必要。基本は前浜(神津島)港、天候が崩れた場合は多幸湾三浦港、多幸湾もダメなら欠航、というパターンのようだ。

大型客船で[編集]

東京方面から
  • 東京の竹芝旅客ターミナルから — 東海汽船の大型客船で約12時間。要予約。詳細については東海汽船ウェブサイト[2]を参照。
下田方面から
あぜりあ丸(先代)
  • 神新汽船のカーフェリー「フェリーあぜりあ」が下田から就航している。要電話予約。神新汽船のルートは朝、下田港を出航して夕方下田港に着く周航ルートになっており、月、木、土の便は9:20に下田港を出港後、神津島→式根島新島利島の順に寄港した後、16:20に下田港に戻る形となる。また、火、金、日はこの逆ルートとなる(出航及び帰港の時刻は同じ。このため、神津島までの所要時間も約2時間20分あるいは約4時間20分となる)。水曜日は運休日となっている(ただし、ゴールデンウィークなど、繁忙期には運行することもある)。新造カーフェリー就航に伴い、神奈川・静岡・山梨方面などから二輪車とともに旅することも可能となった(ドック期間などを除く)。到着時刻や料金(季節により、多少の変動がある)など詳細については、同社サイト[3]、親会社の東海汽船ウェブサイト[4]を参照。乗船予約は下田営業所Tel.0558(22)2626 または東海汽船まで。web予約、クレジットカード決済は受け付けていない。


高速ジェット船で[編集]

  • 東京の竹芝旅客ターミナルから — 東海汽船のジェット船で約4時間。要予約。
  • 竹芝、神津島、ともに問合せ先は東海汽船、Tel.03(5472)9999、現地ではTel.04992(8)1111。[5]

動く[編集]

バスで[編集]

島内は村営バスが運行されている。バスは船の発着にあわせて運行されるため、下船してからの移動はしやすいが、島内相互の移動はややしづらい。なお、公式サイトなどには小型車の画像(日野・リエッセ、トヨタ・ハイエース)のみ掲載されているが、シーズンには中型車(いすゞ・エルガミオ、富士重・7E)も運転されているので、積み残しなどの心配は少ない。 村営バス

足で[編集]

島内での徒歩での移動は、坂が多いし、小さいように見えても神津島は徒歩で移動するのには少し大きい。なので島内での移動はレンタルバイク、可能であれば下田からフェリーあぜりあによる二輪車の持ち込みを推奨する。なお前浜海岸周辺の中心地には貸し自転車店、レンタルバイク店が数軒ある。しかし自転車は前述の理由であまりお勧めできない。

観る[編集]

安土桃山時代に島流しとなった朝鮮人女性・ジュリアおたあの墓など、歴史的名所も存在する。


郷土資料館  
神津島港から徒歩15分。
 所在  神津島村118。  電話  神津島郷土資料館 (04992) 8-0947、神津島村教育委員会 04992(8)1222  WEB  [6]
 開場時間  月曜日を除く毎日(9:00~16:00)  料金  入館料 大人¥300 15才未満¥100(20人以上は、団体割引制度あり)


トロッコの跡  
昭和17年頃から昭和30年代頃まで、神津島の神戸山では「コーガ石(抗火石)」を切り出していた。現在でも神戸山には関係施設の廃墟がいくつか残っている(後述)。この施設は神戸山で切り出したコーガ石を名組湾から輸送船に乗せるための運搬用トロッコの軌道跡である。岩場を縫うように作られたコンクリートはかなり風化しており、立入禁止となっている。また当時のものと思われる車輪が転がっていたようだが、場所柄錆によりもう原形はとどめていない。神津島港から路線バス有り。なお最寄りバス停名は「ドンタクハウス前」なので注意。
 所在  字神戸山  電話    WEB  
 開場時間  見学自由、ただし立入不可  料金  無料

遊ぶ[編集]

海水浴場[編集]

島内には海水浴場が点在しており、各海水浴場にそれぞれ特色があり目的・構成人数によって使い分けるのがよいと思う。


前浜海岸  
神津島の中心部から一番近くにある海水浴場。港からも近く、手軽に海水浴が楽しめる。また、海岸至近の商店には浮き輪やビーチボールも取りそろえているので、現地調達も可能だ。島の西側に位置していることから、晴れた日の夕日がとても綺麗。なお早朝は、漁民が名産品のテングサを干す場所となっていることがあるので注意。


沢尻湾  
神津島港から北へ1.5kmほど進むと、入り江が広がっている。そこが沢尻湾海水浴場だ。砂浜と岩場の海水浴場なので、磯遊びも出来る。また、シーズン中には海水浴場中央にいかだが浮かべられており、飛び込んだりしても楽しめる。そばには沢尻湾キャンプ場が併設されている。前浜海水浴場のように至近に商店等はないので、遊び道具は事前に用意しておくべきだろう。なお、飲み物の自動販売機とシャワールーム併設のトイレ、駐車場が併設されている。キャンプ場の使用申請は神津島港内のよっちゃーれセンターなので注意。前浜海水浴場同様、早朝はテングサを干す場所になっている場合があるので注意。神津島から路線バス有り。


長浜海岸  
沢尻湾海水浴場からさらに北へ2km程進むと砂浜の海岸が広がっている。海水プールもあり、親子連れでも安心して海水浴が楽しめる。また、沢尻湾海水浴場同様、長浜キャンプ場が併設されている。ここも沢尻湾キャンプ場同様、使用申請は神津島港内のよっちゃーれセンターなので注意。神津島港から路線バス有り。


多幸湾  
神津島港の反対側にある海水浴場。反対側だがシーズンには神津島港より路線バスが出ている。神津島のシンボルでもある天上山がよく見える。至近には都立多幸湾公園とファミリーキャンプ場もある。このキャンプ場は他のキャンプ場と異なり、よっちゃーれセンターで予約申請するわけでは無いので注意が必要。
 所在  字榎木が沢

温泉[編集]

温泉保養センター  
大露天風呂、小露天風呂、別館の室内温泉とに分かれる、レストランや休憩ラウンジが併設されており、設備は充実している。なおバスが通っており、アクセスはしやすいが、バスの最終便は神津島港発15時30分(平成23年5月1日現在)、少し早いので注意されたい。風呂の特色:男女別内風呂・混浴露天風呂、休憩施設:ラウンジ・休憩室 備付品 タオル(有料)・バスタオル(有料)、泉質:ナトリウム塩化物強塩泉、源泉 約57℃、効能 肩こり・神経痛・腰痛・五十肩・冷え性・慢性婦人病 etc
 所在  神津島村錆崎1-1  電話  04992(8)1376  WEB  
 営業時間  通年 10:00~21:00、休業日 水曜(夏期、GW、年末年始は無休)  料金  大人¥800、小人¥400

その他[編集]

赤崎遊歩道  
神津島港から道路を北進した行き止まり、名組湾の周辺に作られた木製遊歩道。入り江に架かった橋が途切れたような場所からは飛び込みが楽しめる。勇気を出して、ぜひとも体験してみよう! 海水はとても綺麗で、運がよければ熱帯魚の大群に囲まれることも。シュノーケルや水中メガネを持って行くと、より満ち足りた時間を過ごすことができるだろう。なお、シーズン中は監視員がいる。神津島港から路線バス有り。公衆トイレ、シャワー有り。
 所在  字神戸山1

また、神津島は釣りやダイビングも有名である。以下のサイトも参考にしていただきたい。神津島村役場ダイビング情報 神津島村役場つり情報

買う[編集]

中豊商店  
和菓子店。
 所在  神津島村986-2。  電話  (04992) 8-0102  WEB  [7]
 営業時間  7:00~21:00、定休日 第1、第3水曜  値段  

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

よっちゃーれセンター  
港近くにある海鮮食堂。
 所在  神津島村37-2。  電話  04992(8)1342  WEB  [8]
 営業時間  11:00~14:00、定休日 火曜(夏季・年末年始は無休)  予算  1,000円前後

高級[編集]

飲む[編集]

アニメイト  
居酒屋。夏はビアガーデンを開く。本土の同名チェーン店とは無関係。
 所在  神津島村668番地。  電話  04992(8)1866  WEB  [9]
 営業時間  17:00~26:00  料金  

泊まる[編集]

下欄に記した宿泊施設に直接連絡を入れるのでも構わないが、Web予約はあまり力を入れていないようだ。「神津島観光協会」Tel.04992(8)0321に予算や希望などを申し出て、あっせんしてもらうのがいちばん速いかもしれない。[神津島観光協会]

キャンプ場[編集]

都立多幸湾公園キャンプ場  
 所在  神津島村字榎木が沢2。  電話  04992( 8)0661  WEB  [10]
 時間    料金  


沢尻湾キャンプ場  
周辺の状況、施設については「遊ぶ」の項の「沢尻湾」を参照のこと。沢尻湾キャンプ場は無料のキャンプ場である。そのため、事前予約は受け付けていない。来島後によっちゃーれセンターの中にある観光協会にキャンプ場使用申込書を提出する必要がある。申込用紙は観光協会にてもらえる。テント、炊事用具、食器、食料品の備え付け、直売はなく、その他は持参及び村内で購入しなければならない。キャンプファイヤーは不可。通年開設。収容テント数20張。
 所在  東京都神津島沢尻  電話  04992(8)0011  WEB  [11]
 時間    料金  無料

安宿[編集]

中級[編集]

旅館 徳左  
村内の中心に位置するアットホームな宿。
 所在  神津島村644。  電話  04992(8)0264
 FAX  04992(8)1517
 WEB  [12]
 時間  チェックイン 11:00 チェックアウト 9:00   料金  


旅館 秀蒼  
天上山から一番近い宿。
 所在  神津島村鉄砲場54。  電話  04992(8)0883
 FAX  04992(8)0884
 WEB  [13]
 時間  チェックイン 10:00 チェックアウト 9:00   料金  


神津島 山下旅館 別館  
島唯一の温泉宿。
 所在  神津島村2番地。  電話  04992(8)0131
 FAX  04992(8)1335
 WEB  [14]
 時間    料金  

高級[編集]

だいじんこ  
前浜を見下ろす絶壁に建つ宿。カフェも営業。静寂さがモットー。
 所在  神津島村鴎穴32。  電話  04992(8)1763
 FAX  04992 (8)0884
 WEB  [15]
 時間    料金  


ホテル神津館  
島唯一のホテル。全室オーシャンビュー。
 所在  神津島村1593。  電話  04992(8)1321
 FAX  04992(8)1323
 WEB  [16]
 時間    料金  

出かける[編集]


Wikitravel Shared Logo 神津島村に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「神津島村」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。