何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

真庭市

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
真庭市

Default Banner.jpg

真庭市(まにわし)は岡山県北部にある市である。 岡山県真庭市


分かる[編集]

面積は岡山県の自治体の中で最大であり、多くの観光地を擁している。

概要[編集]

主に湯原温泉蒜山(ひるぜん)高原が代表的な観光地としてあげられる。自然が豊富で、蒜山高原付近は大山隠岐国立公園に指定されている。

観光案内所[編集]

  • 真庭市商工観光課 所在  久世2928。  電話  (0867) 42-1033  WEB  [1]
  • (社)真庭観光連盟 所在  勝山420-2。  電話  (0867) 44-4111  WEB  [2]
  • 蒜山観光協会 所在  蒜山富山根303-1。  電話  (0867) 66-3220  WEB  [3]  e-mail  [4]

着く[編集]

飛行機で[編集]

岡山市の岡山桃太郎空港から岡山自動車道などを利用。また、空港から予約制乗合タクシー(4往復、津山駅前で乗り換え)が運行されており、真庭市役所(久世)まで1時間50分・¥4,000。

列車で[編集]

姫新線が市内を通行しているが、通行する優等列車はなく鉄道網はあまり発達していない。

車で[編集]

市内を米子自動車道、中国自動車道、岡山自動車道が通行しており、近畿・岡山・山陰・四国方面からの行き来が可能。湯原地区へは米子道湯原IC、蒜山方面へは同道蒜山ICを利用。他、中国道落合ICや北房IC、米子道久世ICも存在する。

バスで[編集]

東京から(新宿)
ルミナス号 (東京(新宿) - 津山・真庭・岡山・倉敷) — 夜行1往復の運行。小田急シティバス・下電バスによる運行である。中国自動車道の落合ICに停車する。また、WILLER TRAVEL楽天トラベルでも取り扱っている。  電話  小田急バス (03) 5438-8511・下電バス (086) 231-4333  時間  8時間55分  料金  ¥10,100  WEB  [5]
大阪から(梅田・新大阪)
大阪 - 新見・三次線 (大阪(梅田・新大阪) - 津山・真庭・新見・庄原・三次) — 昼行4往復の運行。阪急バス・阪急観光バス・備北バスによる運行である。中国自動車道の美作追分PA、落合IC、呰部BS、一般道の落合サンプラザ前に停車する。  電話  阪急バス (06) 6866-3147・備北バス (0867) 72-0624  時間  2時間50分~2時間58分(新大阪~落合IC)・3時間~3時間7分(梅田~落合IC)・3時間9分~3時間10分(新大阪~呰部BS)・3時間19分(梅田~呰部BS)  料金  ¥3,400~¥4,300(梅田・新大阪~落合IC)・¥3,600~¥4,500(梅田・新大阪~呰部BS)(いずれも時期により異なる)  WEB  [6]
大阪から(なんば)
山陰特急バス (大阪(なんば) - 真庭・倉吉) — 昼行1往復の運行。日交バスによる運行である。米子自動車道の久世IC、一般道の湯原温泉口(はんざき橋)、蒜山犬挟に停車する。  電話  日交バス (06) 6576-1181・(0858) 26-2526・蒜山なごみの温泉 津黒高原荘 (0867) 67-2221  時間  2時間35分(久世IC)・2時間48分(はんざき橋)・3時間5分(蒜山犬挟)  料金  ¥3,600(久世IC)・¥3,800(はんざき橋)・¥4,000(蒜山犬挟)  WEB  [7]
山陰特急バス (大阪(なんば)・大阪国際空港 - 真庭・米子) —  電話  日交バス (06) 6576-1181・(0859) 35-0811・蒜山なごみの温泉 津黒高原荘 (0867) 67-2221  時間  2時間51分~2時間56分  料金  ¥4,100  WEB  [8]
岡山から
ロマンチックロード (岡山 - 真庭(勝山)) — 昼行4往復の運行(天満屋バスステーション・岡山駅東口発着)。中鉄北部バスによる運行である。予約なしで乗車できる。岡山自動車道の北房水田BS、中国自動車道の落合IC、一般道の真庭市役所(久世)、久世駅前、中国勝山駅等に停車する。中国勝山駅から先は真庭市コミュニティバスの湯原温泉・蒜山高原方面行き、美甘・新庄村役場・梨瀬行きに乗り換えとなる。  電話  中鉄北部バス (0868) 27-2827・中鉄美作バス (0867) 44-2621  時間  1時間4分(岡山駅東口~北房水田BS)・1時間27分(岡山駅東口~落合IC)・1時間39分(岡山駅東口~真庭市役所)・1時間49分(岡山駅東口~中国勝山駅)  料金  ¥1,540(北房水田BS)・¥2,000(落合IC)・¥2,210(真庭市役所)・¥2,220(中国勝山駅)  WEB  [9]
新倉吉街道エクスプレス (岡山 - 真庭・倉吉) — 昼行1往復の運行(岡山駅西口発着)。日ノ丸バスによる運行である。一般道の湯原温泉口(はんざき橋)、蒜山犬挟に停車する。  電話  両備バス (086) 232-6688・中鉄バス (086) 223-0616・中国JRバス (0570) 666-012・日ノ丸バス (0858) 26-4114  時間  1時間29分~1時間34分(はんざき橋)・1時間46分~1時間51分(蒜山犬挟)  料金  ¥2,600(はんざき橋)・¥2,900(蒜山犬挟)  WEB  [10]
高梁から
備北バスの呰部(真庭市北房地域)行きの路線バスを利用。呰部から先は真庭市コミュニティバスの美作落合駅・真庭市役所(久世)方面行きに乗り換えとなる。
倉吉から
日本交通の関金温泉方面行きの路線バスを利用し、関金温泉で真庭市コミュニティバスの蒜山高原・中曽方面行き(3往復・全便休日運休)に乗り換え。
広島から
メリーバード号 (広島 - 真庭・倉吉・鳥取) — 昼行2往復の運行。日ノ丸バスによる運行である。中国自動車道の呰部BS、一般道の湯原温泉口(はんざき橋)に停車する。  電話  広電バス (082) 207-1073・日交バス (0858) 26-2533  時間  2時間50分(呰部BS)・3時間39分(はんざき橋)  料金  ¥3,550(呰部BS)・¥3,650(はんざき橋)  WEB  [11]

動く[編集]

列車で[編集]

市内には姫新線の駅が数駅あるが、上述の通り利便性は高くなく、また蒜山等の観光地へ鉄道で移動する事はできない。

JR 姫新線[編集]

津山市 坪井駅) ― 美作追分駅 ― 美作落合駅 ― 古見駅 ― 久世駅 ― 中国勝山駅 ― 月田駅 ― 富原駅 ― (新見市 刑部駅)

バスで[編集]

市内には真庭市コミュニティバス・旭川さくらバス・備北バス(北房地域のみ)等の路線があるが、鉄道と同じく利便性は高くない。また、一部路線は予約制になっているので事前の確認が必要である。真庭市コミュニティバス 美咲町営バスなど(旭川さくらバス)

  • 真庭市役所(久世)・久世駅前・中国勝山駅から真庭市コミュニティバス(大人¥200、子ども¥100均一)の湯原温泉・蒜山高原方面へのバスが運行されている。ただし、本数は6往復しかない。

足で[編集]

観る[編集]

蒜山 (ひるぜん)  
標高1,202m。日本二百名山の一つで、上蒜山、中蒜山、下蒜山などに分かれている。
 所在  蒜山付近。


蒜山高原 (ひるぜんこうげん)  
蒜山の麓にある高原地域。真庭市で最大の観光スポットである。
 所在  蒜山付近(JR 久世駅前・JR 中国勝山駅から真庭市コミュニティバスを利用)。


神庭の滝 地図  
日本の滝百選に選ばれている。西日本一の落差を誇り、涼を感じさせる。
 所在  星山付近(JR中国勝山駅からタクシーを利用)。


湯原ダム  
ダムの下には露天風呂番付で西の横綱とされた「砂湯」がある。
 所在  湯原温泉3。  WEB  [12]
湯原ダム


醍醐桜  
後醍醐天皇も称えたという一本桜。
 所在  真庭市別所2277。  WEB  [13]


勝山・町並み保存地区  
映画「男はつらいよ 寅次郎紅の花」のロケ地にもなった古い町並みが残る地区。
 所在  真庭市勝山。中国勝山駅から徒歩5分。  WEB  [14]

遊ぶ[編集]

湯原温泉街  
主に旭川沿いに旅館や昭和の風情を伺わせる射的店などが立ち並んでいる。温泉街の規模自体はそれほど大きくないが、名の知られた温泉である。美作市の湯郷温泉、鏡野町の奥津温泉と並び「美作三湯」とも言われる。
 所在  湯原温泉(JR 久世駅前・JR 中国勝山駅から真庭市コミュニティバスを利用)。  WEB  [15]
湯原温泉街


砂湯  
上記、湯原温泉街にある旭川の砂から噴き出た温泉の露天風呂。全国の露天風呂を評価した「露天風呂番付」において西の横綱とされた。混浴で、消毒等は行われておらず、また古くから入湯のルールが伝わっており、利用者のマナーが求められる。
 所在  湯原温泉(湯原温泉内)。


ヒルゼン高原センター  
蒜山高原の中核となる施設の一つ。遊園地「ジョイフルパーク」など。
 所在  蒜山上福田1205-197(JR 久世駅前・JR 中国勝山駅から真庭市コミュニティバスを利用)。  電話  (0867) 66-3600
 FAX  (0867) 66-2562
 WEB  [16]
 営業時間    料金  施設により異なる。


真賀温泉館  
風情のある木造の共同浴場。
 所在  真庭市仲間181。  電話  (0867) 62-2953  WEB  
 営業時間  7:00~22:00  料金  

買う[編集]

ベンダーショップもみぢの里  
昔懐かしの自販機コーナー。
 所在  真庭市上中津井3422-3。  電話  (0866) 52-2987  WEB  
 営業時間  24時間営業  値段  


LOMA  
蒜山高原にある自家製酵母のパン屋。
 所在  真庭市蒜山湯船8-28。  電話  (0867) 66-5510  WEB  [17]
 営業時間  9:00~17:00、定休日 月曜~金曜  値段  

食べる[編集]

地域限定食品[編集]

ひるぜん焼そば  
ジンギスカンのタレや味噌だれを使い、蒜山高原のキャベツと味わい深い親鶏のかしわ肉を用いたご当地焼きそば。第6回B-1グランプリで全国第1位となった。市内10店舗が味を競っている。ネーミングにちなんで、こだわりの目玉焼きが乗った「あさぜん焼きそば」、お酒のお供になるスパイシーな「よるぜん焼きそば」も新メニューとしてアピールされている。
 WEB  「ひるぜん焼そば好いとん会」事務局
ひるぜん焼そば

安食堂[編集]

中級[編集]

ひるぜんジャージーランド  
チーズフォンデュ、ジャージー牛のステーキなど、蒜山ならではの料理を味わう事が出来る。
 所在  蒜山中福田956-222。  電話  ( 0867 ) 66-7011  WEB  ひるぜんジャージーランド
 営業時間    予算  ひるぜん焼そばセット ¥1,000


いち福 地図  
ひるぜん焼きそばのルーツとされるますや食堂(閉店)の常連客だったという当店の主人が、その味を引き継いで供する味。あさぜん焼きそば、よるぜん焼きそばもメニューにある。
 所在  真庭市蒜山中福田207-5  電話  0867-66-5366  WEB  [18]
 営業時間  11:00~14:00/17:00~20:30(月曜定休)。  予算  ひるぜん焼きそば ¥600。


悠悠 (ゆうゆう) 地図  
こだわりの味噌ダレを用いた「ひるぜんの焼きそば」のほか、「からあげグランプリ」の西日本しょうゆダレ部門で金賞を受賞したボリュームたっぷりの「鶏の唐揚げ」も人気の有名店。
 所在  真庭市蒜山下福田438   電話  0867-66-2642  WEB  [19]
 営業時間  11:00~16:00(月曜定休、祝日の場合は翌日休)。  予算  ひるぜんの焼きそば ¥610、とりの唐揚げ(4切れ) ¥560。

高級[編集]

飲む[編集]

ジャージー牛乳  
コクのあるジャージー牛の牛乳。
 所在  土産物屋、道の駅等各所。


御前酒蔵元 辻本店  
文化元年の老舗蔵元。
 所在  真庭市勝山116。  電話  (0867) 44-3155  WEB  [20]
 営業時間  10:00~17:00  料金  

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

郷緑温泉 郷緑館  
郷緑温泉の一軒宿。
 所在  真庭市本庄712。  電話  (0867) 62-2261  WEB  
 時間    料金  


休暇村 蒜山高原  
天然ラドン温泉が自慢。
 所在  真庭市蒜山上福田。  電話  (0867) 66-2501  WEB  [21]
 時間    料金  

高級[編集]

元禄旅籠 油屋  
老舗の旅館。「食湯館」は「千と千尋の神隠し」に出て来る同名の旅館の参考とされた建物の一つで、風情が有る。他に2つ新館がある。
 所在  湯原温泉27。  電話  (0867) 62-2006
 FAX  (0867) 62-3185
 WEB  [22]
 e-mail  [23]
 時間    料金  プランにより異なる。
元禄旅籠 油屋


湯の蔵 つるや  
施設は新しく、サービスが行き届いている旅館。露天風呂付き客室、別館もある。
 所在  湯原温泉144。  電話  (0867) 62-2016
 FAX  (0867) 62-2298
 WEB  [24]
 e-mail  [25]
 時間  チェックイン 15:00~19:30 チェックアウト 11:00   料金  客室、プランにより異なる。


真庭リバーサイドホテル  
阪急阪神第一ホテルグループ。JR姫新線「美作落合駅」からタクシーで約5分。
 所在  開田620。  電話  (0867) 52-1521  WEB  [26]
 時間    料金  

連絡する[編集]

  • 真庭市の市外局番は次の2つに分かれている。
    • 旧・北房町の地域は0866(市内局番は20~29、40~59)である。
    • その他の地域は0867(市内局番は40~69)である。

出かける[編集]

  • 津山市 - 岡山県北部の中心都市で、津山城などがある。自家用車、姫新線などを利用。
  • 鏡野町 - 美作三湯の一つである奥津温泉や、ウラン鉱の採掘で知られる人形峠がある。
  • 大山(鳥取県) - 蒜山に近接する中国地方の最高峰。観光道路の「蒜山大山スカイライン」が利用できる。
  • 倉吉市(鳥取県) - 真庭市コミュニティバスの27系統を利用する事で、倉吉市にある関金温泉にまで行く事が出来る。



この記事「真庭市」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。