何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

甲州財閥の故地を訪ねる

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
甲州財閥の故地を訪ねる

Default Banner.jpg

これは「旅のテーマと主な目的地」の記事です。


甲州財閥は幕末期から大正期にかけ、鉄道や電力を中心に東京・横浜の財界を切りまわした山梨出身の資本家・経営者の総称である。 元々は幕末から明治の日本で数少ない輸出品である生糸が甲府盆地で多く生産されたことから、この商売で巨利を得てその基礎とした。 その後は「乗り物(鉄道)と灯り(電力)」の会社を株の買い占めなどで乗っ取り事業を発展させ、東京の鉄道・電力・ガスと言ったインフラを支配した。 最後は金融恐慌により没落するが、東武鉄道や松屋デパートあるいは富士急行のようにいまにつながるものもあり、 また資本は切り離されてもゆかりの企業は多い。



甲州財閥の概要[編集]

甲州財閥の歴史[編集]

甲州財閥に関連する人物[編集]

若尾逸平[編集]

南アルプス市の白根在家塚出身。幕末に天秤棒一本の商売から成りあがり、一代で若尾財閥を築いた大実業家。配下から多数の実業家を出す。弟を独立させ財産を分けて横浜若尾を作らせる。第十国立銀行に出資、東京馬車鉄道や東京電灯などの株を買い占め公共事業に乗り出した。後に初代甲府市長となる。義弟で養子の若尾民造が継ぐ。

雨宮敬次郎[編集]

甲州市の塩山牛奥出身。天下の雨敬・投機界の魔王と呼ばれ、若尾逸平と双璧をなす実業家である。 若尾と同様に生糸で財をなすが、相場師として浮き沈みを繰り返す。日本製粉を興し実業界に入る。全国各地に軽便鉄道を通して大日本軌道を設立し、さらにその車両を作る雨宮鉄工所も経営した。新宿から八王子までだった後に中央線となる甲武鉄道の経営に携わり甲府までの延長を図る。ここに中央線が勝沼から塩山方面に湾曲しているのは雨敬の政治力によるとの説もある。死後は婿養子の雨宮亘が後を継ぐ。

根津嘉一郎[編集]

山梨市出身。元は若尾逸平にとりたてられ若尾財閥の中で頭角を現す。保険会社の経営で資金を得て、鉄道・電力会社の買収を行う。企業の再建を得意とし、東武鉄道・東上鉄道・高野鉄道など鉄道会社24社の経営に携わり鉄道王と呼ばれ、若尾・雨宮の没後は甲州財閥の中心となる。

その他[編集]

  • 小佐野賢治 - 甲州市勝沼出身。自動車部品商から成り上がり、軍との取引で事業を拡大する。東急の五島慶太に見込まれ、ホテル事業・バス事業などに手を広げ、山梨交通乗っ取りや田中角栄との交友で名をはせる。ホテル王の異名を取った。
  • 小野金六 - 韮崎市の酒造業の家に生まれる。東京割引銀行を設立。富士製紙・東京ガス・東京電灯などの重役を歴任する。
  • 小池国三 - 甲府市出身。若尾逸平に見出され、株式仲買商として山一証券の元となる小池国三商店を開く。
  • 小林一三 - 韮崎市出身。三井財閥において頭角を現し、阪急東宝や宝塚を創業する。小野金六に資金援助を受けたものの甲州財閥と資本の関係が薄く、むしろ三井側で若尾財閥とは対立し甲州財閥に入れないことも多い。
  • 早川徳次 - 笛吹市一宮出身。東京地下鉄の創始者。渋澤栄一や根津嘉一郎の後押しで浅草・上野間に日本で初めての地下鉄を建設する。後に東急の五島慶太との争いに敗れ地下鉄から身を引く。
  • 堀内良平 - 笛吹市御坂出身。甲州財閥の後援を受けて富士身延鉄道の建設にまい進。さらに富士山麓に鉄道を通し、現在の富士急の基礎を築く。

各地の史跡・見どころ[編集]

山梨県[編集]

甲州市[編集]

  • 雨敬園 - 雨宮敬次郎の屋敷跡で遠縁が経営する観光果樹園。伊藤博文が雨敬を訪ねたとき、中央線がこの隣に臨時停車した。
  • 雨敬橋 - 雨宮敬次郎が塩山駅から勝沼方面に道路(雨敬通り)を作り、途中の重川に橋をかけた。すでにかけ替えられているが、この橋を雨敬橋と呼び、橋のたもとに顕彰碑が立てられている。

甲府市[編集]

  • 長禅寺 - 甲府五山の第一位とされ、若尾逸平の墓がある。
  • 身延線 - 堀内良平らが作った富士身延鉄道の後継で、南甲府駅舎はその元本社。また身延町の丸山公園には身延線創設五十周年記念塔が立てられ、功労者6名(小野金六、根津嘉一郎、堀内良平、河西豊太郎、小泉日慈、小野耕一)のブロンズの浮き彫りがある。
  • 山梨近代人物館 - 甲州財閥を含め、明治以降の山梨ゆかりの人物の展示がある。
  • 山梨中銀資料館 - 若尾ら甲州財閥が設立した第十国立銀行の流れをくみ、甲州財閥の展示がある。
  • 山梨大学工学部 - 根津嘉一郎・若尾謹之助をはじめとする甲州財閥の寄付により、元となる山梨高等工業が作られた。

韮崎市[編集]

  • 韮崎市民俗資料館 - 敷地内に韮崎宿豪商の蔵座敷として小野金六の生家である小野家富屋の一部が移築されている。NHKの朝ドラ『花子とアン』のロケが行われた。
  • 布屋中宿分家 - 小林一三の生家である布屋は上宿本家・中宿と下宿の分家があり、いずれも一三が住んだが、このうち中宿分家だけ残っている。

笛吹市[編集]

  • 石和小林公園 - 笛吹市石和町出身の小林中の寄付した邸宅跡に造られた公園。小さいが足湯がある。
  • 山梨県立博物館 - 甲州財閥の展示がある。

南アルプス市[編集]

  • 開国橋 - 若尾逸平が工費の3分の1を出し、出身地白根と甲府の間の釜無川にかけた橋。何度かかけ替えられ、先代の親柱が隆厳院に移されている。
  • 信玄橋 - 穴水要七が昭和7年に総工費12万円中5万円を負担してかけた橋。橋はかけ替えられ、元の橋の親柱が近くの八田児童館に移され、一般公開されている。
  • 隆厳院 - 若尾逸平生家前の寺で、若尾の銅像や若尾家にあった地蔵像などがある。

山梨市[編集]

  • 根津記念館 - 根津嘉一郎の生家。
  • 根津橋 - 根津嘉一郎によって寄付された山梨市駅北西の笛吹川にかかる橋。これもすでにかけ替えられている。元の橋の一部がこの橋のたもとと記念館に残っている。
  • 万力公園 - 根津嘉一郎生家に近く、根津の銅像がある。 

その他[編集]

  • 芦川発電所(市川三郷町) - 明治期に甲州財閥によってつくられ甲府に電力を供給した水力発電所で、いまも稼働している。
  • 駒橋発電所(大月市) - 若尾ら支配下の東京電灯により建設された水力発電所で、日本の長距離送電の草分けとなる。現在も更新して稼働しており、中央線や中央高速から南側に見える。
  • 身延山聖園(身延町) - 堀内良平の墓地と銅像がある。

東京都[編集]

  • 後楽園(文京区) - 田辺七六・宗英兄弟が小林一三らと後楽園球場設立に関わる。宗英は後に帝拳設立や後楽園スタヂアム建設にもはたらき、小林一三とともに野球殿堂の特別表彰を受けドーム内の博物館にレリーフ展示がある。
  • 西武国分寺線 - 雨宮敬次郎の経営する飯田町~八王子間の甲武鉄道の支線として国分寺と川越を結んだ川越鉄道を元としている。東村山駅(東村山市)に当時の停車場の碑が建っている。
  • 地下鉄博物館(江戸川区) - ここと銀座駅に地下鉄の父・早川徳次の銅像がある。
  • 日本製粉(江東区) - 雨敬は米国での見学から製粉事業に目覚め、相場師から実業家に転身し当時としては画期的な製粉工場を興した。現在は江東区営アパートとなっているが、民営機械製粉業発祥の地を示す記念碑が建っている。
  • 根津美術館(港区) - 多数の国宝・重文を含む根津嘉一郎のコレクションを保存する美術館。
  • 松屋銀座(中央区) - 北杜市白州町上教来石出身の古屋徳兵衛が横浜に呉服商鶴屋を開店し、後に神田の呉服商松屋を買収。二代目が銀座店を根津嘉一郎の後援を受けて開店した。
  • 武蔵大学・武蔵高校(練馬区) - 根津嘉一郎の寄付で根津育英会が作られ、その下に開校した。同学園の記念室において創立以前からの資料を一般公開している。
  • 青梅鉄道

その他[編集]

  • 熱海鉄道(静岡県熱海市) - 雨敬により元は人が押す鉄道として開通した。後に人件費の高さから軽便鉄道に代わる。国鉄開通により現在は廃止され、熱海駅前に機関車が保存されている。軽便鉄道への拡張工事が芥川龍之介の『トロッコ』の背景になっている。
  • 雨宮記念館(長野県軽井沢町) - 雨敬は軽井沢の開発を行った。現在は雨宮新田の地名と政財界の要人を招いた彼の邸宅が残り、邸宅は記念館として公開されている。またカラマツを大量に植林し、その後の植林も合わせてカラマツ林が見物になっている。
  • 江ノ島電鉄(神奈川県藤沢市) - 若尾逸平は鎌倉から鉄道を敷こうとしたが流れ、他者がこれを建設する。後に雨敬や横浜若尾が関わる横浜電気に買収され、さらに横浜電気が若尾支配下の東京電灯に買収される。
  • 製粉ミュージアム(群馬県館林市) - 根津嘉一郎が経営していた日清製粉を根津が援助していた正田貞一郎の館林製粉が吸収し、名前は日清製粉の名を残した。館林製粉時代の建物などが公開されている。
  • 總持寺(横浜市/鶴見区) - 明治時代の大火で石川の元の寺院が焼失した後、京浜電鉄社長だった雨敬の支援を受けてこの地に移転した。雨敬の顕彰碑がある。
  • 東武伊勢崎線利根川橋梁(埼玉県羽生市) - 東武鉄道は明治38年に経営不振で根津嘉一郎に立て直しを依頼した。利根川手前で止まり乗客が少ないことに対応するため、当時としては長大な橋(現在は更新済)をかけ立て直しを図った。このとき終点だった旧川俣駅は廃止となり周辺はさびれていったが、これを田山花袋が小説『再び草の野に』に書いた。
  • 半田赤レンガ建物(愛知県半田市) - カブトビール・丸三麦酒の旧工場。東洋のビール王・馬越恭平が買収を狙っていたところ、これに先んじて根津嘉一郎がこの会社を買収した。馬越と根津の30年にわたるビール戦争の幕開けとなった。
  • 洋紙製造発祥の地の碑(静岡県富士市) - 小野金六が設立に関わり、後の小野と甥の穴水要七が経営した富士製紙の第一製造所の近くにある。この製造所は現在も王子エフテックスの工場として稼働している。