何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

琴平町

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
琴平町

Default Banner.jpg

金刀比羅宮境内の展望台からの眺め

琴平町(ことひらちょう)は香川県中西部にある町である。 琴平町役場オフィシャルページ


分かる[編集]

金刀比羅宮参道

古来より海上交通の守護神として尊敬を集める金刀比羅宮の門前町である。

琴平町役場 — 観光商工課  所在  琴平町榎井817-10。  電話  (0877) 75-6710  WEB  [1]  e-mail  [2]

観光案内所[編集]

琴平町観光協会 — 琴平観光会館内  所在  琴平町316番地。  電話  (0877) 75-3500  FAX  (0877) 75-3500  WEB  [3]  e-mail  [4]


着く[編集]

飛行機で[編集]

高松空港が最も近い。空港からは、連絡バスで琴平駅まで。

列車で[編集]

琴電琴平駅

町の中心部に土讃線の琴平駅がある。琴平駅には 岡山駅高松駅高知駅中村駅宿毛駅からの特急が停車する。

近接して高松琴平電気鉄道(ことでん)琴平線の琴電琴平駅がある。金刀比羅宮へは琴電琴平駅が、役場へは琴平駅がどちらかといえば近いがあまり差はない。

車で[編集]

国道319号が町の西部を縦断している。高松自動車道善通寺インターチェンジから約7km。

バスで[編集]

高松空港から琴空バス[5]、および琴平駅前まで丸亀駅前から琴平参宮電鉄バス[6]の琴平線、まんのう町川奥から美合線・広袖から炭所線がある。

東京・大阪などからの都市間ツアーバスが運行されている。

船で[編集]

動く[編集]

列車で[編集]

JR琴平駅

町内にJR 土讃線、高松琴平電気鉄道 琴平線が運行されている。 JR四国<四国旅客鉄道株式会社>

JR 土讃線[編集]

善通寺市 善通寺駅) ― 琴平駅 ― (まんのう町 塩入駅)

高松琴平電気鉄道 琴平線 [編集]

琴電琴平駅 ― 榎井駅 ― (まんのう町 羽間駅)

バスで[編集]

琴平参宮電鉄バスの路線バスが利用できる。

自転車で[編集]

  • 琴平町観光会館 — 観光協会で貸出を行っているレンタサイクルである。対象者は高校生以上で、身分証明書の提示ができる方。パンク等の修理、ケガなどの事故等は自己負担。  所在  琴平町316番地。JR琴平駅と琴電琴平駅の間。  電話  (0877) 75-3500  時間  10:00~17:30。雨天中止。  料金  1時間¥100、5時間から1日¥500。保証金¥1,000。

足で[編集]

金刀比羅宮へは参道入り口から先は徒歩のみである。

観る[編集]

金刀比羅宮  
全国のことひら神社の総本宮として、また海上交通の守り神古くから信仰を集めている神社。大物主命と崇徳天皇を御祭神とする。本宮まで785段、奥の宮まで行くと1,368段の石段を上る。本宮まで土讃線琴平駅から徒歩約20分、琴電琴平駅から徒歩約17分、高松空港から参道入り口まで車で50分。
 所在  琴平町892-1。  WEB  [7]
金刀比羅宮


金刀比羅宮書院  
江戸時代初期に建築された表書院には円山応挙の障壁画があり、建物とともに重要文化財に指定されている。また、椿書院では壁画の公開制作が見学できる。奥書院は特別な場合以外は非公開。
 所在    電話  (0877) 75-2121  WEB  
 開場時間  8:30~16:30。  料金  大人¥500、高校生・大学生¥200、中学生以下無料。


金刀比羅宮高橋由一館  
江戸時代末期から明治中期に活躍した、日本で始めて本格的な油絵技法を習得した洋画家「高橋由一」の作品26点を所蔵している。
 所在    電話  (0877) 75-2121  WEB  
 開場時間  8:30~16:30。  料金  大人¥800、高校生・大学生¥400、中学生以下無料。


金刀比羅宮宝物館  
1905年に建てられた入母屋造の二層建ての建物で、重要文化財指定の平安時代初期の作とされる十一面観音立像、三十六歌仙額、富岡鉄斎の扇絵などの彫刻や絵画、刀剣類などを見ることができる。
 所在    電話  (0877) 75-2121  WEB  
 開場時間  8:30~16:30。  料金  大人¥500、高校生・大学生¥200、中学生以下無料。


金毘羅大芝居(金丸座)  
1835年に建てられ、国内に現存する最古の芝居小屋である。戦後は映画館として使用されたが、その間に荒廃が進んだ。1970年に重要文化財に指定された後、1976年に現在地に移築復元されたものである。毎年春に歌舞伎公演が行われるが、公演がない開館日には、舞台や楽屋、舞台下の奈落、花道、客席などを見学することが出来る。琴平駅から徒歩10分。
 所在  琴平町川西。  電話  (0877) 73-3846  WEB  [8]
 開場時間    料金  見学料金 大人¥500、高校生・中学生¥300。


海の科学館  
海と船をテーマに映像と展示によって過去から現在、未来の人と海、船の関係を知ることができる。江戸時代の船着場に百石積の弁財船が復元されていたり、深海の様子が分かるコーナーや、船と人との関わりについての映像が見られる。また、ラジコン船や動くブリッジもある。琴平駅から徒歩10分。
 所在  琴平953。  電話  (0877) 73-3748  WEB  [9]
 開場時間  9:00~16:30。  料金  大人¥450、高校生¥350、中学生¥350、小学生¥250。


歴史民俗資料館  
移築前の旧金毘羅大芝居の跡地にあり、琴平の歴史・文化・民俗資料を展示、紹介している。こんぴら歌舞伎の資料が多く、金丸座の屋根にのっていた鬼瓦や芝居の看板、歌舞伎の衣装などがある。琴平駅から徒歩15分。
 所在  琴平町758-1。  電話  (0877) 73-5586  WEB  
 開場時間  9:00~17:00。  料金  ¥200。


金陵の郷  
1789年に建てられた白壁の酒蔵で、西野金陵の歴史や酒造りについて紹介、酒に関する文化の資料や酒器なども展示している。金刀比羅宮参道入り口付近、琴平駅から徒歩10分
 所在  琴平町623。  電話  (0877) 73-4133  WEB  [10]
 開場時間  9:00~17:00。  料金  大人¥310、中・高校生¥260、小学生以下無料。

四国曼荼羅霊場[編集]

象頭山 松尾寺  
四国曼荼羅霊場第十六番札所。高野山真言宗の寺院で本尊は阿弥陀如来。701年に役小角によって開基されたと伝えられている。明治の神仏分離まで金刀比羅宮は松尾寺という寺院であったが廃仏毀釈で廃寺とされ、後に一塔頭であった普門院が再興したものである。琴平駅から徒歩10分。第十七番札所は多度津町「仏母院」。
 所在  琴平町973番地。  電話  (087) 775-3612  WEB  [11]
 開場時間    料金  

遊ぶ[編集]

こんぴら温泉郷 琴参閣  
日帰り入浴ができる。泉質はナトリウム-塩化物泉。
 所在  琴平町685-11。  電話  (0877) 75-1000  WEB  [12]
 営業時間  11:30~16:00。  料金  中学生以上¥1,200、小学生¥630。

買う[編集]

五人百姓加美代飴  
金刀比羅宮の境内は商売が禁止されているが、古くから神社に功績がある五人百姓と呼ばれる5家の商人のみ営業を許されている。大門を入ると白い笠の下で売っているのが名物の加美代飴である。砂糖と水飴を煮詰めた手作りのべっこう飴で、ゆずの香りがほんのり漂う素朴な味がする。


にしきや  
しょうゆ豆が名物のみやげ物店。食堂とうどん店も営業している。琴平駅から徒歩10分。
 所在  琴平町696。  電話  (0877) 75-3264  WEB  [13]
 営業時間  9:00~17:00。  値段  


灸まん  
お灸の形をした饅頭。
 所在  琴平町798。  電話  (0877) 73-5678  WEB  [14]
 営業時間  7:30~19:00。  値段  5個¥350。


丸尾本店 地図  
銘酒「凱陣(がいじん)」の醸造元。史跡である長谷川佐太郎旧宅が直販所になっている。蔵見学は不可。
 所在  仲多度郡琴平町榎井93  電話  0877-75-2045  WEB  
 営業時間  8:00~18:00(不定休)。  値段  

食べる[編集]

讃岐うどんについては「讃岐うどん食べ歩き」の記事も参照。


本家 とらや 地図  
金刀比羅宮へ通じる参道沿いにある、約400年前の創業という歴史ある宿「虎屋旅館」の建物を利用した店。2階の欄干の彫刻が見事。店内には、昔の虎の彫刻などが見られる。メニューはうどんとそばのどちらかを選べるようになっている。
 所在  琴平町814。  電話  (0877) 75-3131
 FAX  (0877) 75-3134
 WEB  
 営業時間  8:30~17:00、不定休  予算  かけうどん・そば¥300、きつねうどん・そば¥500など。
本家 とらや


浪花堂餅店  
1866年創業で5代続いている老舗の餅店。五色餅が名物だがおはぎや赤飯、あん餅パイ、ロールケーキもある。
 所在  琴平町586-4。  電話  (0877) 75-5199  WEB  [15]
 営業時間  8:30~売切れまで  予算  5色餅5個入り¥600。

安食堂[編集]

四国こんぴら喫茶ヤオ  
金刀比羅宮表参道にある喫茶と軽食のお店。
 所在  琴平町940。  電話  (0877) 75-3854  WEB  
 営業時間  定休日 第2・第4水曜。  予算  


こんぴらうどん 本店  
こんぴらさん参道沿いにあるうどん店。
 所在  琴平町810-3。  電話  (0877) 75-3854  WEB  [16]
 営業時間  8:00~17:00  予算  しょうゆうどん ¥500。

中級[編集]

春日鮨  
町のにしにある寿司店。琴平駅から徒歩15分、榎井駅から徒歩8分。
 所在  琴平町榎井457-3。  電話  (0877) 73-3591  WEB  [17]
 営業時間  11:30~14:00 /17:00~22:00。  予算  昼定食¥1,050、夜定食¥1,995~。


神椿  
金刀比羅宮内にあるカフェとレストラン。レストランの夜の部は予約制。
 所在  琴平町892-1 金刀比羅宮内。  電話  (0877) 73-0202  WEB  [18]
 営業時間  [カフェ] 9:00~17:00、[レストラン] 11:30~14:30 17:00~21:00、定休日 レストラン夜の部は月曜  予算  

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

ホテルサンウェルコトヒラ  
琴平駅に南にある格安のビジネスホテル。琴平駅から徒歩5分。
 所在  琴平町162-1。  電話  (0877) 75-3730
 FAX  (0877) 75-3730
 WEB  [19]
 e-mail  [20]
 時間  チェックイン 15:00~18:00 チェックアウト 10:00   料金  シングル¥3,500。


琴平パークホテル  
町の東部にあるビジネスホテル。琴平駅から徒歩15分、榎井駅から徒歩8分。
 所在  琴平町榎井706-7。  電話  (0877) 73-3939
 FAX  0877-73-5888
 WEB  [21]
 e-mail  [22]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  シングル¥4,200。

中級[編集]

こんぴら温泉 琴参閣  
金刀比羅宮の裏参道入り口にあるホテル。琴平駅から徒歩5分。
 所在  琴平町685-11。  電話  (0877) 75-1000
 FAX  (0877) 75-0600
 WEB  [23]
 e-mail  [24]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  2食付¥10,800~


旅館 一心館  
金刀比羅宮表参道の入り口にある日本旅館。琴平駅から徒歩5分。
 所在  琴平町291。  電話  (0877) 75-2526
 FAX  (0877) 75-2526
 WEB  [25]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 9:30   料金  2食付¥7,000~¥9,000。


橋本屋旅館  
金刀比羅宮表参道の金倉川沿いの、風情のある小さな日本旅館。琴平駅から徒歩8分。
 所在  琴平町618。  電話  (0877) 75-2031
 FAX  (0877)-75-2031
 WEB  
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 10:00   料金  2食付¥6,500~。

高級[編集]

こんぴら温泉 華の湯 紅梅亭  
琴平駅の北にある高級温泉旅館。琴平駅から徒歩8分。
 所在  琴平町556-1。  電話  (0877) 75-1111
 FAX  (0877) 75-5188
 WEB  [26]
 e-mail  [27]
 時間    料金  2食付¥13,800~。


こんぴら温泉 琴平花壇  
1627年創業の老舗旅館。2008年にリニューアルオープンした。琴平駅から徒歩15分。送迎あり。
 所在  琴平町1241-5。  電話  (0877) 75-3232
 FAX  (0877) 75-3235
 WEB  [28]
 e-mail  [29]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  2食付¥17,800~。

出かける[編集]


Wikitravel Shared Logo 琴平町に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。