何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

猿払村

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
猿払村

Default Banner.jpg

猿払村(さるふつむら)は、北海道北部にあり、宗谷地方に属する村。東岸をオホーツク海に面し、浜頓別町幌延町豊富町および稚内市に接する。猿払村役場:猿払村 鬼志別西町172番地1 TEL (01635) 2-3131。


分かる[編集]

総面積の8割が山林と原野で、オホーツク海に面していることもあり農林業、漁業が主な産業である。猿払原野では昔、映画「人間の条件」のロケが行われた。戦前、猿払沖を航行していたソ連船「インデンギルガ」の遭難から乗客らを救助したことが有名である。ホタテ漁が盛んで、国道沿いに並ぶホタテで儲けた漁師のエレベーター付きの立派な家々をホタテ御殿と呼んでいる。オホーツク海沿いの湿原や原野が北オホーツク道立自然公園に指定されている。村役場所在地は鬼志別にある。

着く[編集]

飛行機で[編集]

稚内空港が最も近い。空港連絡バスを声問で天北線(バス)に乗り換える。

旭川空港利用の場合は空港連絡バスで旭川駅前まで出て、宗谷本線または都市間バス「えさし号」を利用し音威子府で乗り換える。都市間バス「天北号」利用なら乗り換えなし。

新千歳空港を利用した場合、新千歳空港駅から快速「エアポート」で札幌駅へ、特急「スーパー宗谷」または「サロベツ」に音威子府まで乗車、バスに乗り換える。

列車で[編集]

町内に鉄道路線はない。音威子府駅または南稚内駅からバスを利用する。

車で[編集]

国道238号が稚内方面と網走方面を結び、国道275号が音威子府を結んで旭川・札幌方面から連絡している。

バスで[編集]

天北線:PDF」が稚内から6本、音威子府から6本の路線バスがある。運行は宗谷バス TEL (0162) 23-5510。

  • 稚内駅前発の時刻:5:50、9:08、11:30、13:30、16:25、18:15、鬼志別までの所要時間1時間29分
  • 音威子府発の時刻:6:56、11:45、14:50、16:18、18:05、20:58、鬼志別までの所要時間2時間19~23分

都市間バス「天北号」が旭川から1往復運行されている。旭川16:30発、鬼志別20:58着。

札幌・旭川・枝幸間の都市間バス「えさし号」を音威子府または小頓別で天北線に乗り換える。旭川11:30発、音威子府14:10着、札幌16:15発、音威子府20:20着

船で[編集]

村内に発着する旅客船航路はない。

動く[編集]

列車で[編集]

車で[編集]

観光地がそれぞれ離れているので通常は自家用車・レンタカーでの観光となる。最寄のレンタカー営業所は稚内市である。

バスで[編集]

浜鬼志別より南の国道238号および道道138号に路線バスがある。

足で[編集]

歩いての移動は現実的ではないが、廃止された線路跡が自転車専用道路として整備されている。

観る[編集]

さるふつ公園  
道の駅にもなっておりインデンギルガ号遭難慰霊碑、日ロ友好記念館、農業資料館などがある。
 所在  国道238号沿い。


猿払牧場  
410ヘクタールの広大な村営牧場。
 所在  国道238号沿い、さるふつ公園の周囲。


猿払湖沼群  
猿骨沼、キモマ沼、ポロ沼、カムイト沼、モケウ二沼などの沼の周囲には湿原や原生花園があり、野鳥や草花を観察することができる。


エサヌカ原生花園  
数十種の花々が咲き乱れる原生花園。
 所在  さるふつ公園から南へ約10km


村道エサヌカ線  
牧草地をひたすら走る直線道路。絶景。
 所在  猿払村浜鬼志別-浜頓別町智福

遊ぶ[編集]

猿払村サイクリングターミナル  
レンタサイクルとスノーモービルがある。
 所在  さるふつ公園内  電話  (01635) 2-2311  WEB  
 営業時間  9:00~17:00  料金  


猿払村牛乳と肉の館  
バターやアイスクリーム、ハム、ソーセージ作りが体験できる。2週間前の予約が必要。
 所在  さるふつ公園に隣接  電話  (01635) 2-3288  WEB  
 営業時間  9:00~17:00  料金  


いこいの湯(旧さるふつ温泉)  
以前は泉質がナトリウム-塩化物泉、Ph9.9の温泉が湧出していたが、源泉枯渇により廃湯となった。現在は公衆浴場として入浴可能。
 所在  さるふつ公園内  電話  (01635) 2-2180  WEB  
 営業時間  10:00~21:00  料金  ¥500


サイクリングロード  
猿払牧場を1周する4.8kmのコースから線路跡を活用した浜頓別までの「北オホーツクサイクリングロード」21.5km(さるふつ公園からは32.5km)がある。


王子の森  
王子製紙の社有林で、この地域を保存するとともに一般に開放している。浅芽野台地からオホーツク海岸にかけた湿原を中心とする学術的価値が高い自然地域で、ミズゴケ群落 アカエゾマツ湿地林などがあり遊歩道が整備されている。
 所在  さるふつ公園から南へ約10km

買う[編集]

道の駅さるふつ公園売店  
生ホタテやソフトホタテなどのホタテ加工品が猿払村の特産品を買うことができる。
 所在  道の駅さるふつ  電話  (01635) 2-3433  WEB  
 営業時間    値段  


猿払漁協ホタテ直売所  
猿払漁協の直売所。帆立の貝柱、干貝柱のほか、横浜崎陽軒のシウマイ、中華粥などを買うことができる。「崎陽軒」の看板が目印。
 所在  ホタテ加工場(国道238号沿い)  電話  (01635) 6-2130  WEB  
 営業時間  3月下旬~12月下旬9:00~17:00  値段  乾燥貝柱S200g:¥1,950~


さるふつバター  
猿払産生乳でつくったプレミアムバター。限定生産のため、予め電話で予約しておいた方がよい。
 所在  牛乳と肉の館  電話  (01635) 2-3288  WEB  [1]
 営業時間    値段  180g×2で¥1800

食べる[編集]

レストラン風雪  
道の駅さるふつにあるレストラン。特産のホタテを使った料理を食べることができる。
 所在  道の駅さるふつ  電話  (01635) 3-4314  WEB  
 営業時間  11:00~14:00 17:00~20:00  予算  ¥1,000程度

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

さるふつ牛乳  
低温殺菌で製造されているので生乳に近い。さるふつ公園の売店などで購入できる。

泊まる[編集]

安宿[編集]

ライダーハウス やませ  
国道沿いにあるライダーハウス、4月15日から11月末まで営業。
 所在  猿払村芦野。  電話  (01635) 4-5010  WEB  [2]
 e-mail  [3]
 時間    料金  ¥1,000~。


笠井旅館  
 所在  鬼志別バスターミナルからすぐ  電話  (01635) 2-3628
 FAX  (01635) 2-3762
 WEB  [4]
 e-mail  [5]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 11:00   料金  ¥5,800~

中級[編集]

ホテルさるふつ ふるさとの家  
ホタテ料理と天然温泉の宿。公共の宿。
 所在  さるふつ公園隣接。  電話  (01635) 3-4314  WEB  
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  ¥7,500~9,500。

高級[編集]

出かける[編集]

  • 稚内市 — 村役場付近から稚内市街地までは1時間30分ほど。
  • 浜頓別町 — 白鳥の越冬地として有名なクッチャロ湖までは1時間ほど。
  • 豊富町 — サロベツ原野にある酪農の町。豊富牛乳やチーズなどの乳製品が有名。南西部には最北の温泉郷である豊富温泉がある。ルートは道道138号。


Wikitravel Shared Logo 猿払村に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「猿払村」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。