何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

猪苗代町

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
猪苗代町

Default Banner.jpg

猪苗代町(いなわしろまち)は、福島県会津地方。県のほぼ中央部にある町である。 町の南側は猪苗代湖、北西側には磐梯山と自然豊かである。 冷涼な気候であり、夏は避暑、冬はスキーが楽しめる。 また、この気候を利用した蕎麦畑があり、近年は蕎麦の街としても知られるようになってきている。 猪苗代町役場


着く[編集]

飛行機で[編集]

列車で[編集]

JR磐越西線が通っている。

車で[編集]

  • 磐越自動車道新潟いわき方面を結ぶ磐越自動車道が通っている。町内には猪苗代磐梯高原ICがあり利用可能である。ICは町中心に近い位置にあり、町中の各所、裏磐梯方面等への移動も便利である。
  • 国道49号線 — 町内を縦断しており、郡山市、会津若松市等からのアクセスが可能である。ただし、吹雪、霧などによる視界不良などにより通行止めになることも多い。その場合は、磐越自動車道・県道7号線等により迂回する。
  • 国道115号線 (土湯街道) — 福島市からのアクセスが可能である。冬場などは、途中の土湯峠は除雪がしっかりとされているが、降雪時は細心の中が必要である。安易な装備での通行はお勧めできない。
  • 県道7号線喜多方方面からのアクセスに便利である。国道49号線が通行止めになった場合などの迂回路としても利用できる。
  • 国道459号線 — 裏磐梯経由で喜多方方面と結ばれている。

バスで[編集]

船で[編集]

動く[編集]

列車で[編集]

町内には、上戸駅、猪苗代湖畔駅、関都駅、川桁駅、猪苗代駅、翁島駅の6駅が存在する。ただし、猪苗代湖畔駅は臨時駅である。 猪苗代湖畔駅は志田浜に近く湖水浴に便利であるが、その他の駅は特に観光地に隣接しているわけではない。猪苗代駅を利用し、そこからバス・タクシーなどの交通機関を利用することとなる。

バスで[編集]

足で[編集]

観る[編集]

野口英世記念館  
野口英世博士の遺品や関係資料が多数収蔵されている。また、生家も保存されている。
 所在  猪苗代駅間バス停より金の橋・会津レクリエーション公園・慧日寺行きバス乗車、野口英世記念館下車すぐ。  電話    WEB  [3]
 開場時間  8:30~17:00(11月~3月は9:00から16:45迄)。  料金  大人¥500、こども ¥200。


稲川酒造店 地図  
銘酒「稲川」「七重郎(しちじゅうろう)」を醸造。江戸時代創業で地元出身の蔵人だけで酒づくりをおこなう小さな蔵元。酒造期の10月中旬から4月を除き蔵見学が可能(要予約)。直販所あり。
 所在  猪苗代町字新町4916  電話  0242-62-2001  WEB  [4]
 開場時間  8:30~17:00。  料金  

遊ぶ[編集]

猪苗代湖  
町の南部にある、日本で4番目に大きな湖沼で、水質は日本一である。日本百景にも選ばれており、福島県を代表する観光スポットである。
 所在  町南部全域。


猪苗代湖 磐梯観光船  
猪苗代湖の遊覧船。
 所在  猪苗代町翁沢長浜。  電話  (0242) 65-2100  WEB  [5]
 営業時間  4月上旬~11月中旬  料金  ¥1,000。


猪苗代スキー場  
猪苗代湖を望む、展望豊かなスキー場。
 所在  猪苗代町字葉山7105。  電話  (0242) 62-5100  WEB  
 営業時間    料金  1日券 大人¥4,400、シニア ¥4,000、 子ども ¥3,600 等。


沼尻温泉  
安達太良山の裾野にある温泉地。付近には、安達太良山登山や、スキー場、ゴルフ場等の観光資源があり、観光の宿として利用しやすい。源泉近くには温泉が滝となって流れる白糸の滝がある。温泉の滝は珍しい国内でも存在だが、あまり広報されておらず穴場的スポットとなっている。
 所在  猪苗代市街地より車で約30分ほど山奥に入った位置にある。直接訪れる場合は以下のルートでアクセスするのが便利である。
* 東京・いわき方面:磐越自動車道 磐梯熱海ICより、母成グリーンラインで30分。
* 新潟方面:磐越自動車道 猪苗代磐梯高原ICより国道115号線で30分。
* 福島・仙台方面:東北自動車道 福島西ICより、国道115号線で40分。
  • 岩瀬屋旅館 所在  猪苗代町大字蚕養字沼尻山甲2855-7。  電話  (0242) 64-3206  料金  入浴 ¥500等。
  • 田村屋旅館 所在  猪苗代町大字蚕養字沼尻山甲2855。  電話  (0242) 64-3421  料金  日帰り入浴 ¥800等。  WEB  [6]
  • 磐梯沼尻高原ロッジ — 源泉かけ流し方式の温泉。露天風呂、内風呂がある。  所在  猪苗代町蚕養字沼尻山甲2855。  電話  (0242) 64-3722  料金  日帰り入浴 ¥500等。  WEB  [7]



中ノ沢温泉  
泉質は酸化水素含有酸性明礬緑泉。酸性度はPH2とかなり高めである。
  • 花見屋 — 大きな庭園露天風呂が目玉。  電話  (0242) 64-3621  料金  日帰り入浴 ¥500等。
  • 扇屋旅館 所在  猪苗代町大字蚕養字沼尻山甲2855-143。  電話  (0242) 64-3221  料金  日帰り入浴 ¥500等。
  • いろり湯の宿大阪屋 電話  (0242) 64-3016  WEB  [8]
  • 旅館白城屋 — 露天風呂や打たせ湯や寝湯のある大浴場がある。  所在  猪苗代町蚕養字沼尻山甲2855-104。  電話  (0242) 64-3214  料金  日帰り入浴 ¥500等。  WEB  [9]
  • 平澤屋旅館 所在  猪苗代町蚕養沼尻山甲2855-133。  電話  (0242) 64-3821  料金  入浴 ¥525等。
  • 御宿万葉亭 — 100%掛け流しの湯。入浴は宿泊者に限られ、日帰り入浴等は行っていない。  電話  (0242) 64-3789  WEB  [10]

買う[編集]

リカーショップうかわ  
見た目は普通のYショップだが、専用の雪室を持つ酒販店である。新酒を雪室の中で熟成させ、雪中貯蔵酒として販売している。以前は春高楼を雪中貯蔵していたが、廃業となってしまったため、現在は稲川の酒を貯蔵している。それ以外にも、会津の銘酒をおいており、酒好きにはたまらない店である。
 所在  猪苗代町磐根字中西野2432-1。  電話  (0242) 65-2226  WEB  [11]
 営業時間    値段  


中原直売所 アキ子の店  
115号国道沿いにある農産物直売所。
 所在  猪苗代町大字若宮字中ノ原甲地内。  電話    WEB  
 営業時間    値段  

食べる[編集]

おすすめ[編集]

天ぷら饅頭  
この地域では、茶まんじゅうを揚げた「天ぷら饅頭」が食べられている。特に、強清水(こわしみず)が有名。


安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中の湯旅館  
素泊まりのみの湯治宿。
 所在  猪苗代町大字若宮字中ノ湯甲2975。  電話  (0242) 64-3341  WEB  
 時間    料金  自炊一泊 ¥3,000

中級[編集]

滝川旅館  
1日限定1組~2組程度(要相談)の宿。温泉評論家郡司勇が「足元湧出自墳温泉」と名付けた5つ星の宿で、日帰り入浴は要相談。
 所在  猪苗代町若宮。横向温泉下の湯  電話  (0242) 64-3211  WEB  [12]
 時間  チェックイン 随意 チェックアウト 10:00連泊あり要相談   料金  ¥18,500~。
滝川旅館

高級[編集]

猪苗代リゾートホテル&スキー場  
猪苗代湖一望のロケーションが自慢のリゾートホテル。
 所在  猪苗代町綿場7126。  電話  (0242) 65-2131  WEB  [13]
 時間    料金  

出かける[編集]

  • 会津若松市 — 歴史と伝統の街であり、特に戊辰戦争の悲話で知られる。
  • 喜多方市 — 蔵の街として有名。喜多方ラーメンの街でもあり、多くのラーメン店が軒を連ねている。
  • 郡山市 — 福島県経済の中心地。交通の要所で各方面への移動の拠点となる。


Wikitravel Shared Logo 猪苗代町に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「猪苗代町」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。