何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

差分

移動先: 案内検索

長崎市/大浦・東山手・南山手・オランダ坂

サイズ変更なし, 2018年9月30日 (日) 05:07
編集の要約なし
{{miru|グラバー園|長崎港が一望できる高台にある、幕末から明治にかけて市内各所に造られた洋館を移築して造った洋館群。最も有名なのは英国人実業家トーマス・グラバーが1863年に建てた、日本最古の木造洋館である'''旧グラバー邸'''である。グラバー邸は[[世界遺産]]「[[明治日本の産業革命遺産 製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業|明治日本の産業革命遺産]]」(全23資産)の一部である旧グラバー住宅として指定されている他にも、英国人貿易商フレデリック・リンガーが住んだ旧リンガー邸、1865年に造られ、国指定重要文化財となった旧オルト邸、日本初の西洋料理店として造られた旧自由亭、園内で最も高台にあり長崎港が一望できる旧三菱第2ドックハウスといった洋館がある。また、長崎を題材にしたプッチーニ作曲のオペラ「蝶々夫人」で生涯を通し主役の蝶々夫人を演じつづけた三浦環の銅像もある。園内2箇所にあるハート型の敷石「ハートストーン」を探す観光客の姿も。グラバー園は勾配上にあり、回り方は下の入口から入ってエスカレーターと動く歩道を乗り継いで頂上に行き、階段や坂を下りながら各施設を見る。また、頂上にも入口があり、電鉄石橋駅からエレベーター(無料)で上に上がって入ることもできる。車椅子でも観光できるが、階段が多いのでルートを工夫する必要がある。出口は長崎くんちのだしものが保管されている休憩所となっており、くんちの紹介のビデオが流れている。|shozai=長崎市南山手町8-1。長崎電気軌道5号系統大浦天主堂電停下車、徒歩7分。|tel=(095) 822-8223|web=http://www.glover-garden.jp/|jikan=8:00~18:00(ゴールデンウィークは21:30)、無休。|ryokin=入園料¥610。|lat=32.734068|long=129.869004|Image:Nagasaki glover 16835805 886671322b o d.jpg}}
{{miru|大浦天主堂|alt=おおうらてんしゅどう|1864年にフランス人神父ベルナール・プティジャンらによって建てられた日本最古の木造ゴシック教会で、1597年に豊臣秀吉によって処刑され、後に聖人となった26人のキリシタンの霊に捧げるために建てられた。江戸時代を通じキリスト教禁令に耐え信仰を守り抜いた隠れキリシタンの存在が初めて発見された場所でもあり、カトリック教会から「東洋の奇蹟」と称えられた。2018年6月に登録された世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を構成する資産のひとつ。正式名は日本二十六聖殉教者天守堂。1864年にフランス人神父ベルナール・プティジャンらによって建てられた日本最古の木造ゴシック教会で、1597年に豊臣秀吉によって処刑され、後に聖人となった26人のキリシタンの霊に捧げるために建てられた。江戸時代を通じキリスト教禁令に耐え信仰を守り抜いた隠れキリシタンの存在が初めて発見された場所でもあり、カトリック教会から「東洋の奇蹟」と称えられた。2018年6月に登録された世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を構成する資産のひとつ。正式名は日本二十六聖殉教者天主堂。|shozai=長崎市南山手町。長崎電気軌道5号系統大浦天主堂電停下車、徒歩5分。|tel=(095) 823-2628|web=http://www1.bbiq.jp/oourahp/|jikan=8:00~18:00、無休。|ryokin=入館¥600。|lat=32.734170|long=129.870133|Image:大浦天主堂.JPEG|}}
{{Miru2|オランダ坂|東山手は幕末の開国以降外国人(当時は「オランダさん」と呼ばれていた) の居住地域となっていた場所で、海岸に向かって下る坂道は「オランダ坂」と呼ばれるようになった。キリスト教系の私学である活水学院、海星学園などがあるため学生の姿が多い。付近には洋風建築物が点在しており、石畳に整備された坂道を散歩すると異国情緒に味わえる。|shozai=長崎電気軌道5号系統メディカルセンター電停下車、南へ徒歩3分。または石橋電停下車、北へ徒歩3分。|lat=32.738321|long=129.872948|Image:Oranda Zaka Nagasaki Japan04s5.jpg}}
289
回編集

案内メニュー