何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

差分

移動先: 案内検索

カザフスタン

2,091 バイト追加, 2017年2月3日 (金) 16:37
+都市 +ビザ情報 +国境情報 +会話集へのリンク +物価 +気を付ける など追加
* [[アクトベ]]
* [[セメイ]] - 旧名セミパラチンスク。かつて核実験場が存在した。
* [[シムケント]](チムケント) - ウズベキスタンの首都[[タシケント]]に近い街。カザフスタン第三の規模を誇る。* [[カラガンダ]]- アスタナ近くにある、カザフスタン第四の規模の街。* [[パブロダル]]- ロシア国境近く。[[オムスク]]、セメイ間にある。
{{Nofloat}}
== その他の旅行先 ==
*[[テュルキスタン]]
*[[バルハシ]]
*[[アテュラウ]]
*[[クズルオルダ]](キジルオルダ)
*バイコヌール宇宙基地 - モスクワから観光ツアーが出ている模様。ロシア租借地のため、カザフスタンから行く場合でもロシアビザが必要。
== 着く ==
2017年1月現在、日本人の観光目的の入国はビザ不要。2017年1月1日より滞在期限が14日から最大30日に延長された。
=== 飛行機で ===
=== バスで ===
キルギスの[[ビシュケク]]からアルマトイ行き国際マルシュルートカが出ている。
 
ウズベキスタン首都[[タシケント]]郊外にあるチョルナエフカ/ジベックジョリ国境を越え、国境ゲートから500mほど進むと、バスターミナルがあり、[[シムケント]]や[[クズルオルダ]]、[[アルマティ]]行きバスが出ている。夜行バスも沢山出ているので、国境ゲートに沢山居るタクシーの客引きは無視してよい。
=== 船で ===
* VladiGerTyr(カザフスタン国内にある旅行代理店)[http://www.northkazakhstan.com/]
 
カザフスタンは草原の国で山があまり多くないため、鉄道網や道路網が発達している。国内移動は夜行列車やバスを使えば、ほとんどの街へ行ける。
== 喋る ==
カザフ語、ロシア語が使われている。英語はほとんど通じない。[[カザフ語会話集|カザフ語]]、[[ロシア語会話集|ロシア語]]が使われている。英語はほとんど通じない。
== 買う ==
紙幣は2万、1万、5千、2千、1千、500、200テンゲ、硬貨は100、50、20、10、5、1テンゲが流通している。1テンゲ硬貨はとても小さく1円玉よりも小さい。2000、1000テンゲ紙幣は、2016年現在旧札も流通している。500、200は旧札のみ。
 
日本円の両替ができる所はほとんど無い。USドルやユーロ、ロシア・ルーブルはほぼ全土で両替可。旧首都アルマティや国境近くではキルギス・ソムやウズベク・スム、人民元の両替もできる。
=== 物価 ===
2015年8月にテンゲが対ドルで大幅な暴落を起こしたため、2016年現在、かつてのような物価の高い国というイメージはほとんどない。
*ドミトリー1泊2000~4000テンゲ
*アルマティ⇔アスタナ夜行列車3等寝台4100テンゲ前後
*カップラーメン300テンゲ
*スーパーのサンドイッチ300テンゲ
*1ℓペプシコーラ250テンゲ
 
など
== 食べる ==
中央アジア料理のラグマン(うどん)やプロフ(焼き飯)などが全土で食べられる。
== 飲む ==
== 気を付ける ==
警察の腐敗がひどく、旅行者相手に「ビザの期限が切れている」などと難癖を付け賄賂を要求したり、パスポートチェックや荷物検査などと言ってカバンから現金を盗るなどしているので、注意が必要。
== 健康を保つ ==
846
回編集

案内メニュー