何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

差分

移動先: 案内検索

熊谷市

92 バイト追加, 2013年5月19日 (日) 13:19
着く 分かる
== 分かる ==
 
[[File:[email protected]|thumb|140px|熊谷のご当地キャラの「ニャオざね」]]
{{Item|熊谷市観光協会||shozai=熊谷市宮町2-47-1、熊谷市役所商業観光課内。|tel=(048) 524-1111|fax=(048) 525-9335|web=http://www.kumagaya-kanko.jp/|[email protected]|jikan=|}}
:熊谷駅を利用する。
*JR 高崎線
:[[東京/新宿|新宿駅]]・[[東京/台東|上野駅]]~[[前橋市|前橋駅]]間を結ぶ 特急「あかぎ」、上野駅~[[嬬恋村|万座・鹿沢口駅]]間を結ぶ特急「草津」、上野駅~[[みなかみ町|水上駅]]・[[湯沢町|越後湯沢駅]]間を結ぶ特急「水上」、急行「能登」が熊谷駅に停車する。間を結ぶ特急「草津」が熊谷駅に停車する。:特急列車は本数が少ないので、普通列車または快速列車の利用が主になる。
=== 車で ===
== 観る ==
{{Miru|保安寺|alt=紫陽花寺|5月下旬~6月上旬には1300本の紫陽花が咲き誇る。|shozai=熊谷市箕輪180番地熊谷市箕輪180番地。|tel=(0493) 39-1439|web=http://www3.ocn.ne.jp/~hoanji/|jikan=日の出から日没まで|ryokin=無料無料。|}}
{{Miru2|歓喜院|alt=妻沼聖天山|治承3年(1179年)に齋藤別当実盛によって開創した、民衆の祈願所が起源となっている名刹で、日本三大聖天のうちの一つに数えられる。「埼玉日光」とも呼ばれ、(正直日光東照宮ほどの規模ではないものの)華麗な彫刻が本殿外壁に施されている。境内には数々の美しい建築物が点在しており、特に正門の「貴惣門」は国の重要文化財にも指定されている。古来より縁結びの神様として厚い信仰を集めていることでも有名。|shozai=熊谷市妻沼1627。JR熊谷駅よりバスで約25分、バス停「聖天前」下車徒歩約1分。|web=http://www.ksky.ne.jp/~shouden/index.html|Image:Kankiin Temple, Kumagaya, Saitama, Japan.JPG}} 
== 買う ==
{{Kau|道の駅めぬま|円形の施設が特徴的な道の駅。施設内のアグリパークでは、季節によって1,800株の色とりどりのバラの花を楽しむこともできる。妻沼産大和芋など、地元の野菜や他の地方の特産品を扱う物産センターなども併設されている。|shozai=熊谷市弥藤吾720熊谷市弥藤吾720。|tel=(048) 567-1212|web= http://www.ktr.mlit.go.jp/honkyoku/road/eki/station/sai_menuma/index.html|jikan=10:00~18:00。季節や構内の施設により、営業時間が多少異なる。|ryokin=|lat= 36.214813|long=139.369383|Image:Roadside Station Menuma, Kumagaya, Saitama, Japan.JPG}}
== 食べる ==
=== 安食堂 ===
{{Taberu|ゆうちゃんフライ(片山フライ)|「フライ」と焼きそばのお店。|shozai=熊谷市大原2-7-9。|tel=(048) 521-0343|web=|jikan=12:00~19:0000。|ryokin=フライ(中) ¥300¥300。|}}
{{Taberu|熊谷うどん 熊たまや|熊谷駅の橋上コンコースにある「熊谷うどん」のお店。|shozai=熊谷市桜木町1-202-1 熊谷駅秩父鉄道改札口前。|tel=(048) 521-8908|web=http://kumatamaya.blog.so-net.ne.jp/|jikan=11:00~23:0000。|ryokin=|}}
=== 中級 ===
5,278
回編集

案内メニュー