何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

差分

移動先: 案内検索

クルーズ

8,679 バイト追加, 2011年5月31日 (火) 08:41
編集の要約なし
* 船内には、プールやテニスコート、カジノ、シアターなど、たくさんの施設があり、乗っている間も退屈しない。
* メインダイニングやビュッフェなどの食事、一部のエンターテインメントは、クルーズ料金に含まれているので、支払いが楽。
=== クルーズの種類 ===* '''カジュアルクルーズ''':気軽に乗船できるファミリー向けのクルーズが多い。アメリカ系やイタリア系のクルーズに多い。* '''プレミアムクルーズ''':少し高級なクルーズだが、子供の乗船もOK。レストランではフォーマルが多かったりする。* '''ラグアジュリークルーズ''':かなり高級なクルーズ船が多い。日本のクルーズ船もそうで、場合によっては子供の乗船を禁止しているクルーズもある。世界一周クルーズなど、長めのクルーズが多い。
== クルーズ会社の一覧 ==
* 郵船クルーズ
** 飛鳥
* 日本クルーズ客船
** ぱしふぃっくびいなす
* 商船三井客船
** にっぽん丸
* カーニバルクルーズライン
** カーニバル・ドリーム
** カーニバル・マジック
** カーニバル・ブリーズ
** カーニバル・コンクェスト
** カーニバル・グローリー
** カーニバル・ヴァラー
** カーニバル・リバティ
** カーニバル・フリーダム
** カーニバル・スプレンダー
** カーニバル・デスティニー
** カーニバル・トライアンフ
** カーニバル・ヴィクトリー
** カーニバル・スピリッド
** カーニバル・プライド
** カーニバル・レジェンド
** カーニバル・ミラクル
** カーニバル・ファンタジー
** カーニバル・エクスタシー
** カーニバル・センセーション
** カーニバル・ファシネーション
** カーニバル・イマジネーション
** カーニバル・インスピレーション
** カーニバル・イレーション
** カーニバル・パラダイス
* MSCクルーズ
** MSCマニフィカ
** MSCスプレンディダ
** MSCファンタジア
** MSCポエジア
** MSCオーケストラ
** MSCムジカ
** MSCオペラ
** MSCリリカ
** MSCシンフォニア
** MSCアルモニア
** MSCメロディー
* スター・クルーズ
** スター・ヴァーゴ
** スター・アクエリアス
** スター・リブラ
** スター・パイセス
* セレブリティ・クルーズ
** セレブリティ・ソルスティス
** セレブリティ・イクノス
** セレブリティ・エクリプス
** セレブリティ・シルエット
** セレブリティ・リフレクション
** セレブリティ・ミレニアム
** セレブリティ・インフィニティ
** セレブリティ・サミット
** セレブリティ・コンステレーション
** セレブリティ・センチュリー
** セレブリティ・マーキュリー
* アザマラ・クルーズ
** アザマラ・ジャーニー
** アザマラ・クエスト
* ディズニー・クルーズライン
** ディズニー・ドリーム
** ディズニー・マジック
** ディズニー・ワンダー
* キュナード・ライン
** クイーン・メリー2
** クイーン・エリザベス
** クイーン・ヴィクトリア
== クルーズの楽しみ方 ==
* '''カフェ'''
:カフェでは、コーヒーやソフトドリンクなどが飲めるようになっている。また、軽食もある。
=== 娯楽施設 ===
* '''シアター'''
:ほとんどの船は、船首近くにある。大きな船では、3層あるところもあり、乗客をなるべく多く収容できるようになっている。ショーは、夜に行われることが多く、食事の時間に合わせて2回上演されることもある。内容は、アクロバット、手品、ミュージカル、コメディショーなどさまざま。尚、巨大客船では、子供用娯楽施設に小規模の劇があったりするので、ここでの上演は、どちらかというと大人向けである。コメディショーなどでは、英語がある程度分かった方がいいかもしれない。
* '''エントランスホール'''
:船の中央部にあり、ここにチェックインカウンターやインフォメーションセンターなどがあることが多い。エレベーターもだいたいここで乗り降りできるようになっており、何層かの吹き抜けになっている。デザインは船のコンセプトにより異なるので、比べて見ると面白い。乗船するときや下船するときには、このホールから乗り降りすることも多く、船内に最初に足を踏み入れる場所である。
* '''カジノ'''
:ほとんどの船に、乗客が楽しめるように(少しでも金を巻き上げるために)カジノが用意されている。大きい船には、スロットマシンやルーレットなど、多くのゲーミングマシーンが用意されている。ここは、通常18歳以下(未成年)は立ち入り禁止。
* '''子供用娯楽施設'''
:子供も多く乗船するカジュアルクルーズでは、子供用の娯楽施設が用意されている船がほとんど。巨大客船では、この施設がさらに何部屋かに分かれており、子供でも退屈しないようにしてある。
* '''アクアシアター'''
:ロイヤルカリビアンのオアシスクラスに導入された洋上円形劇場。約600名を収容でき、噴水やダイビングショーなどが観覧できる。夜はイルミネーションが光り、かなりきれいだ。
=== 寄港地観光 ===
クルーズでは、いくつかの寄港地に立ち寄るものが多い。ここでは、船内に残ることも可能であるが、できれば寄港地を観光してみよう。行くところが分からなかったり、途中の交通手段が心配だったりした場合、クルーズ会社で用意されているオプショナルツアーを利用するのもいい。これは、現地のガイドが付き添い、町を案内するもので、たいていは英語で案内してくれるので、それぞれのスポットのエピソードなども聞けるので、面白い。港からスポットへは、ほとんどの場合クルーズ会社のバスが用意されているので、安心できる。それぞれの町の観光ハイライトだけを巡るものや、ハイキング、登山、電車での移動など、いろいろなユニークなツアーがある。これらは、ほとんどのクルーズ会社で難易度(必要な体力)、所要時間、金額などが発表されているので、自分に合ったツアーを選ぼう。オプショナルツアーは普通有料で、予約すれば追加料金を払わなければならない。予約は日本でもインターネットでできたり、船内で予約することもできるので、ぜひ申し込んでみよう。尚、英語が分からない人でも、アジア系クルーズ会社では、日本語のガイドツアーを用意していることもあるので、それに参加してもいい。
== 準備をする ==
クルーズは、個人旅行と違って、移動が少ないので、荷物も少なくて済む。クルーズ会社によっては、荷物の重さを制限しているところもある。
=== 服装 ===
服装は、クルーズの種類によって異なる。カジュアルクルーズは、普段着で乗船してもかまわないし、水着姿で船内を歩いてもそう目立たない。ただ、カジュアルでもメインダイニングではフォーマルもあり、きちんとした服装ではないといけない時もある。メインダイニングでも服装は、船内新聞で事前に知らされるので、それに合わせるようにしよう。プレミアムクルーズから上のランクになると、上品な服装ではないとダメなクルーズもある。メインダイニングでの服装も、毎日がフォーマルナイトだったりして、少々堅苦しいが、我慢しなければならない。
=== その他 ===
ほとんどのクルーズの場合、事前にクルーズガイドという小冊子が送られてくる。これには、船内施設、レストラン、バー、乗船の仕方、港の案内、注意事項、寄港地のオプショナルツアーなど、たくさんの情報が載っているので、クルーズに持って行くと便利だ。日本に代理店があるクルーズを予約すると、日本語のクルーズガイドをもらうことができる。船内の通貨は、アメリカ系クルーズではアメリカ・ドル、ヨーロッパ系クルーズ会社ではユーロを使用する。日本船だと、もちろん日本のお金でクルーズができる。しかし、他国に行くと、店などで使えるお金が違うので、両替をする必要がある。他にも、複数の国に寄港するクルーズでは、パスポートがいることも忘れずに!
{{stub}}
[[en:Cruise Ship]]
[[WikiPedia:クルーズ客船]]
匿名利用者

案内メニュー