何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

熊本県のドライブスポット

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
熊本県のドライブスポット

Default Banner.jpg

これは「旅のテーマと主な目的地」の記事です。( → ドライブスポット へ戻る)

熊本県のドライブスポットは、ウィキトラベル日本語版の中の、道路関連の記事を一覧にしたもの(ウィキトラベルでは現在カテゴリ機能の使用が制限されているので、それに代わるものとして作成されている)。

国道[編集]

国道57号線[編集]

景色の良い所は主に三角半島と阿蘇の2ヶ所がある。

宇土半島北側

宇土で国道3号線から分岐して西側へ進んでいくとJR三角線と併走する。JR住吉駅を過ぎたころから、進行方向右側に有明海が見えてくる。道の駅や駐車場、公園が有明海側に整備されており休憩できる。この区間にはポスターやカレンダーに採用されるような写真の名所が多数あり、特に夕日に有明海の干潟を入れた構図が有名である。三角西港は公園として整備されているため散策をしてみるとよい。ここまで来ると進行方向右側に三角ノ瀬戸にかかる天草一号橋が見えてくる。

三角西港手前のカーブ以外は比較的ゆるやかなカーブでありドライブが楽しめる。週末の夕方には渋滞が発生することが多いので追突事故に注意する必要がある。

阿蘇


国道266号線[編集]

宇土半島南側

不知火海沿いに走っていく。

天草五橋

三角にある五橋入口交差点から天草へ向かうと最初に天門橋(一号橋:502m)を渡る。渡り終わるとそこから大矢野島を走ることになる。一号橋周辺は海が良く見える反面、カーブが多い。上天草市の物産館である海の駅さんぱーるを過ぎてしばらくすると大矢野橋(二号橋:249m)、中の橋(三号橋:361m)、前島橋(四号橋:520m)、松島橋(五号橋178m)を連続して渡ることになる。橋を渡る際に見える景色は国道266号線の大きな見所である。

天草上島南側


国道324号線[編集]

天草上島北側

熊本から来た場合、松島橋を渡った後に松島有明道路(バイパス:有料)と旧道の2つに分かれる。道の駅有明の近くで合流する。これより本渡方面は海沿いに走るため景色を楽しめる。

天草下島北東側


国道325号線[編集]

南阿蘇

国道57号線の立野・阿蘇大橋交差点から高森町を通って宮崎県高千穂町へ続く道路。南阿蘇村では阿蘇山を眺めながら走っていくことができる。

国道389号線[編集]

天草下島の東側を通る国道で天草灘を望みながらドライブできる道路。サンセットラインという愛称もついており、海や夕焼けがきれいなルートである。バイパス工事が進められているが、今でも多数のカーブが残っている。1車線区間があり離合不可のトンネルもあるため、交通量は少ないながらも運転する際は注意が必要である。

県道[編集]

ミルクロード[編集]

県道339号線と県道12号線を合わせた呼び方で、大津町から阿蘇山の外輪山の北側を通ってやまなみハイウェイにいたる道路。かぶと岩展望所や大観峰など、景色が良いところがありドライブやツーリングでこの道を通っていく観光客が多い。

やまなみハイウェイ[編集]

県道11号線の別名で、阿蘇市宮地から由布院へ抜けていく道路。宮地から阿蘇外輪山にかけての勾配はカーブが多いが、城山展望所から北側は草原の中を走って行くことになり、景色がよい。

阿蘇パノラマライン[編集]

県道111号線の別名で国道57号線・道の駅阿蘇から阿蘇山へと上っていく景色のよい道路。道の駅阿蘇から上っていくと始めは林の中を通っていくが数キロほど進んだ頃に草原に出るため、視界が広がる。草原の中を阿蘇山や麓の町並みを眺めながらドライブができる。

玉名広域農道(オレンジロード)[編集]

荒尾市と玉名市を通る片側1車線の道路。玉名市天水町から南部は県道1号線が接続している。みかん畑の中を貫いている。なだらかな山なみの中をウェーブするように連なっている。玉名、横島、有明海、その向うの島原・雲仙をはるかに見渡すことができる。

県道1号線[編集]

玉名市天水町と熊本市河内町岳の間はみかんの段々畑の中を通っている。南越地区には天皇展望地と書かれた石碑があり、そこから有明海の干拓地とみかんの段々畑を望むことができる。げんやま展望公園付近にはループ橋と平成5年の景観大賞に選ばれた赤仁田・下有所地区がある。

県道4号線[編集]

和水町から福岡県八女市へ向かう道路。矢部谷峠の前後は勾配とカーブが続く1車線道路であるため、一部のファンからは道と言われている。

県道9号線[編集]

山鹿市来民から県境へ向かっていく道路。矢谷渓谷から県境にかけては勾配とカーブが連続する区間であり、一部のファンからは道と言われている。運転好きにはいいかもしれないが、山の中を進んでいくため景色がきれいな所は多くない。県境は宿ヶ峰尾峠であり標高は800mである。降雨時には通行規制がかかることがある。

県道28号線[編集]

西原村から俵山を通って南阿蘇村へ抜けていく道路。熊本市から南阿蘇へのバイパスの役割もある。南阿蘇の草原内を通っていくので景色を楽しみながらドライブができる。現在は俵山トンネルが開通してスムーズに移動できるが、眺めが良いのは旧道の方である。標高700mの俵山峠の前後は急勾配と急カーブが連続しており、扇坂(熊本側)や七曲(南阿蘇側)と呼ばれている。俵山峠展望所からは阿蘇山や南阿蘇を眺めることができ、天気が良い日には是非訪れたいところである。

有料道路[編集]

阿蘇山公園道路[編集]

歩行者は無料。また、自転車も無料で通してくれる。

その他道路[編集]

気をつける[編集]

阿蘇山や外輪山周辺では馬や牛が放牧されており、まれに馬や牛が道路を横断していることがある。あくまでも馬や牛が優先のため、ドライブする際には注意が必要である。

この記事「熊本県のドライブスポット」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。