何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

漢中

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
漢中

Default Banner.jpg

漢中(かんちゅう)は、中国陝西省南西部にある都市である。


着く[編集]

飛行機で[編集]

列車で[編集]

広州や成都などから発着しており、西安から1日2往復運行しており、朝と夜の各1往復である。運賃は西安→漢中の硬座が67元。

2007/4/18現在

N353/356次 漢中19:06発 西安05:53着

N355/354次 西安21:05発 漢中08:38着

N358/359次 漢中09:15発 西安16:43着

N360/357次 西安10:40発 漢中18:30着

船で[編集]

バスで[編集]

市内にはバスターミナルが3箇所あり、漢中駅の西に長征集団中心客運站、市中心部に漢中市快速客運汽車站と漢中汽車站があり、陝西省各地や周辺の省からも発着している。

車で[編集]

動く[編集]

列車で[編集]

バスで[編集]

武侯墓や馬超墓などの三国志関連の遺跡がある勉県には長征集団中心客運站と漢中汽車站からバスが随時発着している。運賃は6.5元。

足で[編集]

観る[編集]

石門風景区  
石門風景区に孔明が北伐時に使用した蜀桟道の一部が復元されている。大部分は石門ダム建設時に水没しているがダム周辺の桟道を歩くことができる。
 所在  漢中市河東店鎮  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  30元
石門風景区


古虎頭橋  
魏延が馬岱に斬られたとされる場所
 所在  漢中市  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  -
古虎頭橋


古漢台  
劉邦の宮殿址。現在は博物館となっている。
 所在  漢中市  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  -
古漢台


拝将壇  
韓信像のある公園。
 所在  漢中市  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  -
拝将壇


武侯祠  
勉県県城の西3kmに位置している。勉県武侯祠は蜀の景耀6年(263)に造営された。所在地は諸葛孔明が北伐時に行轅府を置いていた場所である。最も古い武侯祠であり唯一皇帝の詔勅により修復された武侯祠である。故に「天下第一武侯祠」と称されている。
 所在  漢中市勉県武侯鎮武侯村  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  3月-11月 25元 12月-2月 20元
武侯祠


武侯墓  
勉県県城の南3kmの定軍山の麓にある孔明の墓。しっかり整備されているのだが観光客は少ない。案内の標識には日本語もあるのだが説明に「魏との五回目の戦いの最中に疲れがたまり、ようやく体調を崩し、五丈原の軍中に陣没した。」とある。
 所在  漢中市勉県定軍山鎮諸葛村  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  3月-11月 8:00-18:00 12月-2月 8:30-17:30  料金  3月-11月 30元 12月-2月 25元
武侯墓


馬超墓  
馬超が陽平関を守備していたのでこの場所に墓があるようだ。手前に馬超を祀った祠があり、その奥に馬超墓がある。
 所在  漢中市勉県武侯鎮継光村  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  10元
馬超墓


漢征西将軍馬超墓  
何故か馬超墓の対面に清の乾隆年間に建立された墓碑がある。馬超墓の対面にあるにもかかわらずゴミ捨て場と化している。
 所在  漢中市勉県武侯鎮継光村  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  -
漢征西将軍馬超墓


古陽平関  
馬超が守備していた陽平関が復元されている。勉県人民政府が投資を募っており将来的には有料化される可能性大。
 所在  漢中市勉県武侯鎮蓮水村水磨湾  電話  -  WEB  [ー]
 開場時間  -  料金  -
古陽平関


張魯城遺址  
古陽平関から略陽方面への道を進むと山の中に張魯城遺址がある。勉県人民政府が投資を募っているので存在は確実。但し、古陽平関からの交通手段が徒歩かバイクタクシーになる。
 所在  漢中市勉県  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  -


漢丞相諸葛武侯墓  
何故か馬超墓の近くに武侯墓がある。道路脇にあるが地元住民からも忘れ去られている感じである。
 所在  漢中市勉県武侯鎮継光村  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  -
漢丞相諸葛武侯墓


定軍山  
勉県城の南3kmに位置している。
 所在  漢中市勉県定軍山鎮諸葛村および定軍村  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  -
定軍山


張魯女墓  
バスで約1時間ほど勉県の南東へ行くと張魯女墓のある光明村に到着。丘の上には張魯の娘である琪瑛の墓があります。
 所在  漢中市勉県温泉鎮光明村  電話    WEB  [-]
 開場時間  -  料金  -
張魯女墓


諸葛亮読書台  
諸葛亮が読書をしたといわれる場所。
 所在  漢中市勉県武侯鎮蓮水村  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  -
諸葛亮読書台


天蕩山  
劉備軍と曹操軍が布陣したとされる場所
 所在  漢中市勉県  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  -


劉備称漢中王設壇処  
劉備が漢中王と称した場所。
 所在  漢中市勉県  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  -


諸葛亮製木牛流馬処  
勉県県城の東にある孔明が木牛流馬を製作した場所
 所在  漢中市勉県黄沙鎮  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  -

遊ぶ[編集]

買う[編集]

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

高級[編集]

出かける[編集]

この記事「漢中」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。