何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

湯河原町

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
湯河原町

Default Banner.jpg

万葉公園にたたずむ湯かけ地蔵。

湯河原町(ゆがわらまち)は神奈川県の足柄下郡にある町である。 [1]


分かる[編集]

当地を拠点に源頼朝を助け鎌倉幕府成立に貢献した土肥実平の像(湯河原駅前)

名前に「湯」がつく通り、有名な温泉地である。万葉集にも出てくる。夏目漱石などの文人も数多く訪れている。温泉というとすぐ近くの熱海温泉も思い浮かぶが、雰囲気は全く異なる。熱海はビーチに面してドデカいホテルが並んでいて、歓楽的である。それとは対照的に、湯河原温泉の温泉街は、清流、藤木川に沿って広がり風光明媚である。文人たちが愛したこの温泉地は、今もなお、多くの人に親しまれている。

観光案内所[編集]

  • 湯河原町駅前案内所 所在  JR湯河原駅前。  電話  (0465)63-5599‎

着く[編集]

飛行機で[編集]

列車で[編集]

湯河原駅

JR東海道線湯河原駅を利用する。

東京、横浜と伊豆地方を結ぶ、特急列車「踊り子」全てと「スーパービュー踊り子」の一部が停車する。遠方から行く場合は、熱海まで東海道新幹線を利用し、そこから普通列車でひと駅だけ乗ると湯河原駅だ。普通列車は日中、上下線共に1時間に3、4本の運行。

車で[編集]

  • 小田原、熱海方面から

国道135号線を利用。有料道路は東方向へは真鶴道路、西方向へは熱海海岸自動車道がある。

  • 箱根から

湯河原パークウェイ(有料)や神奈川県道75号線を使って山を降りる。どちらの道もカーブが多いので注意。

バスで[編集]

元箱根からバスで約1時間、¥1,250。伊豆箱根バス[2]と箱根登山バス[3]が運行。 熱海駅からもバスがあるが、こちらからは、電車のほうが早いし、安い。

船で[編集]

動く[編集]

列車で[編集]

町内にある駅は湯河原駅のみ。

バスで[編集]

町内での移動はバスが中心になる。メインルートは湯河原駅2番のりばから湯河原温泉場を経由し不動滝、奥湯河原温泉まで行く路線。湯河原駅から不動滝にかけては、だいたい10分に1本くらいバスが運行されており、時間を気にせず利用できる。伊豆箱根バスと箱根登山バスが共同運行している。温泉街には短い間隔でバス停が設置されているので便利である。

  • 落合橋バス停 - 観光会館、万葉公園、独歩の湯などへの最寄りバス停。湯河原駅から¥200。
  • 公園入口バス停 - こごめの湯への最寄りバス停。湯河原駅から¥220。

自転車で[編集]

速くスポットを廻りたい人は自転車が便利。しかし、湯河原は坂が多い。

  • レンタサイクル(電動アシスト付き自転車) 所在  湯河原観光会館(不動滝行きバス「落合橋」下車すぐ。)  電話  (0465)64-1234  時間  9:00~17:00。  料金  3時間¥1,000/1日¥2,000/1泊2日¥3,000  WEB  [4]

観る[編集]

万葉公園  
森と川、自然に囲まれた公園。せせらぎを聞きながら、ゆっくりと散歩できる。園内には万葉集の歌碑がある。6月下旬ごろは蛍も見られる。
 所在  「落合橋」、「公園入口」バス停下車、案内板に沿って歩く。  電話  (0465)62-3761  WEB  [5]
 開場時間  入園自由。  料金  無料。


不動滝  
藤木川の支流にある落差15mの滝。新緑の時期はとても美しい。
 所在  「不動滝」バス停下車すぐ。


西村京太郎記念館  
推理作家・西村京太郎に関する博物館。建物1階の喫茶店「茶房にしむら」では不在の場合を除き日曜の午後、西村京太郎本人が姿を見せる。
 所在  湯河原町宮上42-29。  電話  (0465) 63-1599  WEB  [6]
 開場時間  9:00~16:30、休館日 水 (祝日となる場合はその翌日)  料金  

遊ぶ[編集]

こごめの湯 地図  
万葉公園の隣にある町営の日帰り温泉施設。無料休憩所と食堂がある。webや観光案内所に1割引きのクーポン券あり。
 所在  湯河原町宮上562-6、公園入口バス停から徒歩2分。  電話  (0465) 63-6944  WEB  [7]
 営業時間  9:00~21:00、毎週月曜休館(祝日の場合は翌日)。  料金  大人¥1,000、子供¥500。コインロッカー¥100。
こごめの湯


万葉公園 足湯施設 独歩の湯 地図  
異なる足つぼが刺激できる足湯が9か所作られている。足湯を利用するときは、更衣室にあるコインロッカー(100円玉返却式)の中にに入っているスリッパに履き替えて利用する。屋根が付いていないので雨天時は注意。観光案内所などにあるチラシに大人50円割引券がついている。
 所在  湯河原町宮上704  電話  (0465) 64-2326  WEB  
 営業時間  10:00~18:00(11月1日~2月末は17:00まで)  料金  大人¥300、小中学生¥200。
万葉公園 足湯施設 独歩の湯

買う[編集]

ブレッド&サーカス (BREAD&CIRCUS)  
人気ベーカリー。湯河原駅から徒歩8分。
 所在  湯河原町土肥4-2-16。  電話  (0465) 62-6789  WEB  [8]
 営業時間  11:00~17:00、定休日 水曜・木曜  値段  

食べる[編集]

担々やきそば  
練りごまや豆板醤で味付けしているピリ辛のご当地焼きそば。地元のレモンやオレンジを添えたり隠し味に使った柑橘系や、温泉卵やゆで卵などをトッピングした玉子系の2系統がある。画像は担々やきそば発案店である「餃子ショップ」で出されている玉子系の担々やきそば。問い合わせ先は湯河原町商工会、(0465) 63-0111。
 WEB  [9]
担々やきそば

安食堂[編集]

中華料理 餃子ショップ 地図  
担々やきそば発祥のお店。焼そば用の麺よりも高価なラーメン用の麺が使われており、桜エビがたくさん入っている玉子系の担々やきそばを提供している。担々やきそばを注文したら自家育成の四葉のクローバーを使った記念のしおりが、冬季にはみかんがおまけでもらえる。
 所在  湯河原町土肥2-7-20、湯河原駅から徒歩5分。  電話  (0465) 62-4758  WEB  [10]
 営業時間  10:00~20:00  予算  担々やきそば¥650、担々餃子¥400、チャーハン¥700。
中華料理 餃子ショップ


高松食堂  
湯河原名物の「担々やきそば」を出すお店。
 所在  湯河原町中央4-10-2。  電話  (0465) 62-5730  WEB  
 営業時間  11:30~15:00 17:00~20:00、定休日 日曜  予算  


らぁ麺屋 飯田商店  
行列必至の人気ラーメン店。湯河原駅より徒歩 9分。
 所在  湯河原町土肥2-12-14。  電話  (0465) 62-4147  WEB  [11]
 営業時間  11:00~15:00頃、定休日 月曜(祝日の場合は翌日)  予算  

中級[編集]

一福庵  
湯河原駅正面にある食事処。
 所在  湯河原町土肥1-3-10。  電話  (0465) 63-2290  WEB  
 営業時間  9:00~17:00  予算  担々焼きそば ¥980

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

湯河原温泉ホテル四季彩  
湯河原駅よりタクシー5分。
 所在  湯河原町宮上235。  電話  (0465) 60-3334  WEB  [12]
 時間    料金  バイキングプラン 1泊2食 ¥7,800 (365日同一料金)


生粋の源泉宿 大観荘  
一人旅からファミリー・麻雀プラン・季節限定プラン等、多彩なプランを用意している。
 所在  湯河原町宮上 542。  電話  (0465) 62-3785  WEB  [13]
 時間    料金  

高級[編集]

旅館 阿しか里 祝宴の宿  
天然温泉露天風呂、季節の会席料理が楽しめる宿。
 所在  湯河原町宮上734。  電話  (0465) 62-4151  WEB  [14]
 時間    料金  


テルマーレ湯河原  
梅の宴の春、吉浜海岸の夏、紅葉の郷の秋、みかん狩りの冬など四季を感じる宿。
 所在  湯河原町宮上32-8。  電話  (0465) 62-6700  WEB  [15]
 時間    料金  


オーベルジュ湯楽‎  
イタリアンと和食を融合させたメニューを提供するおオーベルジュ。
 所在  湯河原町宮上528。  電話  (0465) 62-4126  WEB  [16]
 時間    料金  

出かける[編集]


この記事「湯河原町」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。