何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

海外で和食や和食調味料を買う

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
海外で和食や和食調味料を買う

Default Banner.jpg

これは「お役立ち情報」の記事です。

海外で和食や和食調味料を買う[編集]

食べ慣れない料理に、胃袋もお疲れになりがち。そこで、海外でも和食や和食調味料が食べたい!!という方のために、お役立ち情報を載せる。

入手のしやすさなら親日国![編集]

親日国では、比較的日本企業の和食調味料が現地スーパーに並んでいることが多く、従って入手がしやすい。

トルコ・ 台湾・ フィンランド・ マレーシア・ インドネシア・ チベット・ ブータン・ インド・・ ネパール・ パキスタン・ ラトビア・ リトアニア・ エストニア・ パラオ・ シンガポール・ ポーランド・ ペルー・ カメルーン・ ベトナム・ パラグアイ・

以上が、親日国である。

  • 都市名 -- 親日国の国で比較的入手しやすい都市名。現地スーパー名が分かればなおよろし。

あると便利なもの・旅のヒント[編集]

  • 割り箸 -- ホテルの室内で食べるときに重宝する。英訳すると、「Disposable wooden chopsticks ( ディスポウザブル・ゥドン・チャープスティクス ) 」と読む。
  • スプーン -- 手を使って食べることに抵抗がある方に。インド料理では手で掬うように食べるのが普通である。日本出国前に準備しておくことが望ましいだろう。英訳すると、「A spoon」。
  • ウェットテイッシュ -- 食事前のお手洗い代わりに。また、食べこぼしたときや、口元を拭きたいときに。

安全のために気を付けること[編集]

  • 食中毒に注意。 -- 熱帯地方では日本以上に、気温や湿気が高いという悪条件も相まって、食品にカビが生えやすい。

海外では入手が不可能に近い食品[編集]

海外ではとにかく現地入手が不可能に近い食品が存在する。それは、生食用の鶏卵。日本と違って衛生状態が悪い国が多いのと、生卵をそのまま食べる習慣が日本以外には無いからである。もちろん、アメリカ合衆国でも売られていない。台湾や韓国では生の卵を食べることもある。

それ以外に、ワカメも入手が不可能。というのも、外国人の腸にはワカメを消化する酵素が無いのだそうで、売っても現地日本人しか売れないのだとか。また、海産物の保護名目で、乾燥ワカメスープの持ち込みを不可能とする国が多い。当然見つかれば没収される。

この記事「海外で和食や和食調味料を買う」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。