何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

海士町

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
赤い奇岩とエメラルドグリーンの海が広がる明屋海岸

海士町(あまちょう)は、島根県にある隠岐諸島の島前(どうぜん)、中ノ島に位置する町である。隠岐郡海士町オフィシャルサイト


分かる[編集]

NPO法人「日本で最も美しい村」連合に2009年から加盟している。[1]

この町の特色は、以下のとおり。

  • 人口2400人弱のうちIターン者が、246世帯・361人(平成24年度末)。

海士町オフィシャルサイト・海士町への移住をお考えの皆さまへ

  • 島前唯一の高校である県立隠岐島前高校の生徒のうち2割弱が、島外からの「島留学」生。

島根県立隠岐島前高等学校

  • 豊かな自然が残されていることはもちろん、人々の交流や新しい産業の創出で活気のある離島である。


観光案内所[編集]

  • 海士町観光協会 — 菱浦港のキンニャモニャセンター1階。年中無休(4月~9月 7:30~19:00 10月~11月 7:30~18:30 12月~3月 8:00~18:00)。  電話  (08514) 2-0101  WEB  [2]

隠岐諸島は、なぜか主要な旅行ガイドブックではほとんど触れられていない。海士町の観光についても、下記のサイトにおける情報や菱浦港に備え付けてあるガイドが頼りとなる。

  • 海士の島旅 (海士町観光協会) —  WEB  [3]
  • 海士町HP 観光のトップページ WEB  [4]
  • 隠岐広域観光情報提供サイト E-OKI.NET WEB  [5]
  • とって隠岐!情報をあなたに WEB  [6]
  • 隠岐の観光パンフ ダウンロードページ (島根県HP) —  WEB  [7]

また、有料であるが下記の冊子・書籍も旅に役立つ。

  • 『AMAP』 隠岐海士町 詳細地図&ガイド — 海士町観光協会カウンターで販売、¥500。
  • 『海士人 隠岐の島・海士町 人々に出会う旅』 — 観光スポットではなく、海士の素敵な人びとのガイドブック。COMMUNITY TRAVEL GUIDE編集委員会著(英治出版)2012年発行、¥864。  WEB  [8]


着く[編集]

島の北西部に位置する菱浦港

飛行機で[編集]

  • 隠岐諸島で空港がある隠岐の島町の西郷港から、隠岐汽船のフェリーか高速艇、海上タクシーを利用。
  • 米子鬼太郎空港から七類港・境港港へ移動し、隠岐汽船のフェリーか高速艇、海上タクシーを利用。

船で[編集]

  • 隠岐汽船が、七類港(松江市美保関町)と境港港(鳥取県境港市)から、島前と島後にフェリーと高速艇を運航している。隠岐汽船株式会社
  • 隠岐観光が、島前の各港を結ぶ航路を運航している。隠岐観光株式会社
  • 定期航路以外で隠岐諸島内や本土への移動をする場合は、海上タクシーも利用できる。[9]
  • 船が発着する菱浦港(ひしうらこう)には、当地の民謡にちなんだ名前の「キンニャモニャセンター」があり、航路のチケット売り場のほか観光案内所、第三セクターが経営する土産店・レストランなどが入る。隠岐汽船と隠岐観光(島前の内航船を運航)とはチケット売り場が別なので注意。[10]


動く[編集]

バスで[編集]

  • 隠岐海士交通 島内巡回バス — 島民の通学・通院用ダイヤで運行。  電話  (08514) 2-0020  WEB  [11]

車で[編集]

主要な道は舗装され、ポイントごとに案内標識もあり分かりやすい。信号は島内に1カ所のみ。

  • 隠岐レンタ・リース 海士町 — Web予約可能。台数が少ないので予約がベター。  電話  (08514) 2-0500  WEB  [12]
  • 隠岐海士交通 タクシー 電話  (08514) 2-0020
  • 石塚タクシー 電話  (08514) 2-0727

足で[編集]

  • 海士町観光協会 レンタサイクル — 台数が少ないので、予約するのがベター。  電話  (08514) 2-0101  WEB  [13]


観る[編集]

隠岐神社 地図  
承久の乱(1221年)に敗れ配流された後鳥羽上皇を祭神とする神社。崩御700年にあたる1939年に創建され、4月14日と10月14日に例大祭が行なわれる。隣接地に、後鳥羽上皇の居所だった行在所跡と御火葬塚がある(遺骨である御神霊は、上皇の離宮があった大阪府島本町にある水無瀬神宮に遷されている)。春は桜の名所に。
 所在  隠岐郡海士町海士1784。  WEB  [14]
隠岐神社


後鳥羽院資料館 地図  
隠岐神社の向かいに建つ資料館。混雑していなければ、隠岐神社の禰宜の方による丁寧な解説がつくことも。
 所在  海士町海士1521-1。  電話  (08514)2-1470  WEB  
 開場時間  8:30~17:00。  料金  大人 ¥300。


村上家資料館 地図  
後鳥羽上皇のお世話をしたとされる、有力な豪族だった村上家の建物を町が買い取り資料館に整備。
 所在  海士町海士1700-2。  電話  (08514) 2-2228  WEB  
 開場時間    料金  大人 ¥300(後鳥羽院資料館とセットで\500)。


天川の水 (てんがわのみず) 地図  
清水寺(せいすいじ)の境内にある日量400tの湧水。環境庁選定「日本名水百選」。生活用水や農業用水として大事にされているほか、流れ込む保々見湾では美味しい養殖岩ガキを育てる源にも。
 所在  島根県隠岐郡海士町知々井772-2。  WEB  [15]
天川の水


あまんぼう  
ユニークなフォルムの海中展望船。陸上からは眺めることができない奇岩「三郎岩」や、エメラルドブルーの海中展望を楽しめる。
 所在  菱浦港から。  電話  (0851) 42-0101  WEB  [16]
 開場時間  運航期間:4/1~10/31。  料金  大人¥2,000、子供¥1,000。


木路ヶ埼灯台 (きろがさき) 地図  
中ノ島最南端に建つ小ぶりな灯台。四季折々の花が咲く高台からは隣の知夫島や青い海がのぞめ、放牧の牛たちが迎えてくれる。
木路ヶ埼灯台


遊ぶ[編集]

キンニャモニャ祭り  
海士町の民謡「キンニャモニャ」を踊る、町最大のイベント。夜に花火大会も開催。
 所在    電話    WEB  [17]
 営業時間  毎年8月最終週の土曜日。  料金  


明屋海岸 (あきやかいがん) 地図  
火山活動により形成された赤い岩礁と青い海が広がる。砂浜ではなく岩場の海岸。自炊施設もある無料のキャンプ場が併設で、トイレ・シャワー室もあり。「屏風岩」にあいたハート形の穴がチャームポイント。駐車場あり。菱浦港から車で15分。
 所在  海士町豊田。  WEB  [18]
明屋海岸


風呂屋海水浴場 地図  
夕景が美しい砂浜。駐車場、トイレ、シャワーあり。
 所在  海士町日須賀。


買う[編集]

大漁鮮魚直売店  
漁協直売所。
 所在  海士町大字福井776-17。  電話  (08514) 2-0709  WEB  [19]
 営業時間  9:00~17:00、定休日 土日祝。  値段  


島じゃ常識商店/しゃん山 地図  
菱浦港のキンニャモニャセンター1階にあるお土産店。海士町漁協直営で農漁産物を直売するのが「しゃん山」、その他の特産品を扱うのが「島じゃ常識商店」。フェリー出港の際に別れを惜しむ紙テープも販売。
 所在  隠岐郡海士町福井1365-5。  電話  (08514) 2-1006  WEB  [20]
 営業時間  7:00~18:30(島じゃ常識商店・年中無休)、9:00~18:00(しゃん山・正月休)。  値段  


食べる[編集]

島の名物・寒シマメ漬け丼
  • 島の名物料理は、冬の日本海で獲れたスルメイカ(当地では寒シマメと呼ばれる)を肝と醤油で漬け込み丼にした「寒シマメ漬け丼」。
  • 名産品は、春の岩ガキ、秋のシロイカ、島で生まれ肥育された「隠岐牛」、アイガモ農法の米、自生しているクロモジの枝や葉からつくる「ふくぎ茶」、天然塩など、海の幸と山の幸の両方に恵まれている。
  • 旬の季節がある海産物は、島に設けられた冷凍工場で特殊技術「CAS」により加工され、島内のレストランや土産店などで通年で楽しむことができる。[21]


安食堂[編集]

亀乃 (かめの) 地図  
人気のハンバーグは、特製デミグラスソースとともに鉄板で供される。道に面した看板の黄色いパトライトが回っていたら営業中。建物に面して左側に入口がある。
 所在  海士町大字海士1077。  電話  (08514) 2-1068  WEB  [22]
 営業時間  11:30~13:30・17:40~20:00(火曜休)。  予算  ハンバーグ定食 ¥800。

中級[編集]

隠岐牛店 地図  
隠岐牛を堪能できるお店。隠岐牛は、隠岐の島で生まれ肥育された未経産の雌牛のうち、肉質が5等級・4等級の黒毛和牛に冠されたブランドで、年間150頭弱しか出荷されない貴重なもの。精肉の販売も行なう(10:00~21:00)。メニューには、めかぶやシロイカなどの海鮮焼もある。菱浦港から徒歩すぐ。
 所在  海士町大字福井1368。  電話  (08514) 2-1522  WEB  [23]
 営業時間  11:00~13:30 17:00~22:00(LO21:00)、水曜定休。  予算  隠岐牛ランチ¥1,650、特選隠岐牛三点盛り¥2,800。
隠岐牛店


船渡来流亭 (せんとらるてい) 地図  
菱浦港のキンニャモニャセンター2階にある、海の幸・山の幸を用いたメニューが楽しめるレストラン。
 所在  海士町福井1365-5。  電話  (08514)2-1510  WEB  [24]
 営業時間  9:00~17:00(火曜休)。  予算  寒シマメ丼¥800、岩ガキ¥650、サザエカレー¥800。


八千代 地図  
隠岐の海鮮を楽しめる鮨店だが、ちゃんぽんなどの麺類や各種定食も人気。キンニャモニャセンターから徒歩10分。
 所在  海士町福井851-5。  電話  (08514) 2-0643  WEB  
 営業時間  11:00~13:30・18:00~20:30(月曜休)。  予算  上にぎり¥1,600、ちゃんぽん¥800。


Radice (ラディーチェ) 地図  
2013年オープンのイタリアン・カフェ。ゆとりのある店内のほか、港をのぞむテラスも。隠岐の素材を用いた食事は、コースメニューが基本。
 所在  海士町大字福井968-1。  電話  (08514) 2-1278  WEB  [25]
 営業時間  13:30~16:30・18:00~22:00(日月休み)。  予算  

高級[編集]

飲む[編集]

スナック ルーマー 地図  
明るいママに地元の常連客が集まるお店。海士町役場の近く。昼間は喫茶TRYとして営業。
 所在  中里地区。  電話  (08514) 2-0050  WEB  [26]
 営業時間  20:00~24:00(日曜休)。  料金  


泊まる[編集]

  • 島宿 (しまやど) — 島の郷土料理や島の営みと人情に触れられる、町の人びとが支える清潔な宿の愛称。  WEB  [27]
  • 海士町観光協会 (宿泊施設ページ) —  電話  (08514) 2-0500  WEB  [28]


安宿[編集]

中級[編集]

島宿 民宿但馬屋 (たじまや)  
超個性的な家族が経営する宿。
 所在  海士町大字海士4602-1。  電話  (08514) 2-0101  WEB  [29]
 時間  チェックイン 13:00 チェックアウト 12:00   料金  


お泊り処 なかむら 地図  
海士町役場や隠岐神社に近い民宿。1階はご主人が営む居酒屋(不定期営業)。周囲に各種商品を販売する商店やバーあり。無線LAN使用可能。釣り体験(有料)や自転車貸出しのサービスも。
 所在  隠岐郡海士町海士1456-5。  電話  (08514) 2-1717  WEB  [30]
 時間    料金  1泊2食¥8,400~。

高級[編集]

マリンポートホテル海士 地図  
海を見下ろす丘の上に立つホテル。隠岐で唯一の天然温泉の大浴場あり。菱浦港からゆるい上り坂を徒歩数分。
 所在  海士町福井1375-1。  電話  (08514) 2-1000  WEB  [31]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00(15:00~10:00が基本。プランにより設定があり、要確認。)   料金  
マリンポートホテル海士


出かける[編集]


Wikitravel Shared Logo 海士町に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「海士町」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。