何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

浜通り

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
浜通り

Default Banner.jpg

注意:2011年3月11日、東北地方関東地方北部は、M9.0の大地震と、それに伴う大津波と数多くの余震、そして原発事故に見舞われました。2020年3月14日にJR常磐線が全線復旧に至りましたが、現在でもいくつかの市町村で避難指示区域が設定されたままとなっており、一部道路で通行証が必要であるなどの措置がとられています。(「避難指示区域」に関する最新情報は、経済産業省HPを参照ください。 経済産業省HP(避難指示関係)

浜通り(はまどおり)は、福島県の東部、阿武隈高地と太平洋の間にある地方で、中通りと接している。


地域・地方[編集]

  • 相馬地域 — 相馬市を中心とする地域。
  • 双葉地域 — 双葉郡を中心とする地域。

市町村[編集]

その他の旅行先[編集]

分かる[編集]

着く[編集]

動く[編集]

観る[編集]

遊ぶ[編集]

食べる[編集]

凍天 (しみてん)  
福島名産の凍み餅を水でもどし、ドーナツ生地でくるんで油で揚げたおやつ。ドーナッツ生地と凍みもちの食感が独特。南相馬市が本拠地だった株式会社木乃幡が商標登録している。東日本大震災の影響によって現在は同社の宮城県名取市にある工場が稼動し、福島県・宮城県に展開する11店舗で商品が販売されている(餅は各店舗で蒸しあげ作られている)。
 所在  福島県南相馬市
凍天


なみえ焼きそば  
福島県浪江町で50年以上続く地域の味。太めの麺に、具はモヤシと豚肉のみのソース味の焼きそば。B-1グランプリin豊川(2013年)では、投票の結果1位に選ばれた。現在、東日本大震災による福島第一原子力発電所事故の影響により、有名店「杉乃家」は避難先の福島県二本松市で営業を続けている。またB-1グランプリに出場する団体・浪江焼麺太国が公認するなみえ焼きそばが、南相馬市にある商業施設「セデッテかしま」で味わえる。
 所在  福島県浪江町 WEB  [1]
なみえ焼きそば


貝焼き  
福島県いわき市の郷土料理。新鮮なムラサキウニをほっき貝の殻に山盛りに盛りつけ蒸し焼きにしたもの。そのまま食べることも出来るが、貝のまま火であぶったり、オーブンや電子レンジで暖めたりしてから食べると風味がよい。
 所在  福島県いわき市

飲む[編集]

気を付ける[編集]

浜通りのほぼ中央部分にある福島第一原子力発電所で発生した2011年3月の事故により、原発周辺の自治体は立ち入りや宿泊が制限される状況が続いている。

交通に関しては、JR常磐線で一部不通区間が残るが、常磐道および国道6号線は相馬市からいわき市にかけて全線通行が可能となっている。ただし、「帰還困難区域」に指定されているエリアでは、主要幹線道路を除いて市町村長が発行する通行証が必要なので要注意。また、二輪車については自動車よりも乗員の被爆線量が高くなるため、双葉町内と大熊町内の国道6号線~県道36号線ならびに国道288号線~県道35号線が通行不可となっている。

出かける[編集]

Create category

この記事「浜通り」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。