何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

泉南市

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
泉南市

Default Banner.jpg

泉南市(せんなんし)は、大阪府の南西ある市である。関西国際空港の南部約3分の1は泉南市域となっている。 [1]


着く[編集]

飛行機で[編集]

列車で[編集]

  • 南海本線 岡田浦駅 - 樽井駅
  • JR阪和線 新家駅 - 和泉砂川駅

車で[編集]

バスで[編集]

船で[編集]

動く[編集]

列車で[編集]

バスで[編集]

足で[編集]

観る[編集]

林昌寺 (りんしょうじ)  
天平年間(729年~748年)行基により開基と伝わる泉南の古刹。織田信長の根来寺攻めにより焼失するが江戸時代に再建される。つつじの名所として有名。
 所在  泉南市信達岡中395。JR阪和線和泉砂川駅下車。  電話  (072) 483-2705  WEB  
 開場時間    料金  参拝自由。


往生院 (おうじょういん)  
白鳳8年(679年)天武天皇の勅旨により、三蔵法師の弟子で、法相宗の開祖である道昭によって開基。
 所在  泉南市信達牧野1248。JR阪和線和泉砂川駅下車。  電話    WEB  
 開場時間    料金  参拝自由。


長慶寺 (ちょうけいじ)  
神亀元年(724年)聖武天皇の勅旨により、行基が開基と伝わる。泉南市を一望できる小高い丘に位置しアジサイの名所としても知られている。
 所在  泉南市信達市場815。JR阪和線和泉砂川駅下車。  電話  (072) 83-2692  WEB  
 開場時間    料金  参拝自由。


海会寺跡 (かいえじあと)  
約1350年前の古代の巨大伽藍跡で国指定史跡。一岡神社の境内にあり周辺は史跡海会寺跡広場として整備されている。道路を挟んで泉南市埋蔵文化財センターが隣接している。
 所在  泉南市信達大苗代374-4。JR阪和線新家駅または南海本線岡田浦駅下車。  電話    WEB  
 開場時間    料金  無料。


古代史博物館・泉南市埋蔵文化財センター  
泉南市や海会寺跡で発掘された物が展示、保管されている。
 所在  泉南市信達大苗代374-4。JR阪和線新家駅または南海本線岡田浦駅下車。  電話  (072) 483-6789  WEB  
 開場時間  9:30~16:30  料金  無料。閉館日は日曜日、祝日、土曜日(第2と第4土曜日は開館)


金熊寺 (きんゆうじ)  
役行者が創建したと伝わる、真言宗の寺院。約2,000本の梅林が有名。隣接している信達神社と共に大阪みどりの百選に選ばれている。有料駐車場(¥500)
 所在  泉南市信達金熊寺798。JR阪和線和泉砂川駅より徒歩30分、南海本線樽井駅下車 南海ウィングバス「金熊寺」下車、徒歩5分。  電話  (072) 483-0159  WEB  [2]
 開場時間    料金  


信達神社 (しんだちじんじゃ)  
古くは金熊寺大権現宮と称し、金熊寺の鎮守社であった。大阪府内では最大のナギが府の天然記念物に指定されている。
 所在  泉南市信達金熊寺795。  電話    WEB  
 開場時間    料金  

遊ぶ[編集]

樽井サザンビーチ  
関西国際空港の見えるビーチ。
 所在  泉南市りんくう南浜。樽井駅下車 徒歩10分  電話  (072) 483-5583  WEB  [3]
 営業時間    料金  


買う[編集]

岡田浦漁協日曜青空市場  
穴子が名物。鮮魚販売だけでなく、タコ飯や天ぷらなどもある。
 所在  泉南市岡田りんくう南浜。南海本線 岡田浦駅下車徒歩10分。  電話  (072) 484-2121(9:00~17:00)  WEB  [4]
 営業時間  毎週日曜日6:30~12:00 。  値段  


イオンモールりんくう泉南  
ジャスコと170のテナント、ワーナーマイカルシネマズ。
 所在  泉南市りんくう南浜3-12。  電話  (072) 480-6000  WEB  [5]
 営業時間  。  値段  

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

高級[編集]

出かける[編集]

この記事「泉南市」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。