何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

河内長野市

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
河内長野市

Default Banner.jpg

観心寺の金堂(国宝)と建掛塔

河内長野市(かわちながのし)は、大阪府にある市である。 河内長野市ホームページ


分かる[編集]

観光案内所[編集]

  • 河内長野市観光協会 所在  河内長野市原町396-3(市役所商工観光課内観光協会事務局)。  電話  (0721) 53-1111  WEB  [1]
  • 河内長野市観光案内所 所在  河内長野市本町29-9、南海河内長野駅ビル1階。  電話  (0721) 55-0100  FAX  (0721) 55-0100  時間  8:45~15:00

着く[編集]

観心寺の楠木正成像

飛行機で[編集]

関西国際空港からは、リムジンバスSorae(ソラエ)で南海高野線河内長野駅へ。

大阪国際空港からは、南海ラピートあるいは空港急行で天下茶屋で高野線乗換え、または大阪空港交通のリムジンバスで難波へ。南海電鉄難波駅から高野山行に乗車し河内長野市の各駅、又はあべの橋行きリムジンバスに乗り、近鉄南大阪線阿部野橋駅から河内長野市の各駅へ。

列車で[編集]

南海電気鉄道 高野線:千代田駅 - 河内長野駅 - 三日市町駅 - 美加の台駅 - 千早口駅 - 天見駅

近畿日本鉄道 長野線:汐ノ宮駅 - 河内長野駅(終点)

車で[編集]

バスで[編集]

船で[編集]

動く[編集]

列車で[編集]

市内を巡る程の鉄道網はないので、「河内長野駅」を起点に南海バスでの移動が中心となる。また堺市南区の泉北高速鉄道「光明池駅」からのバス路線もある。

バスで[編集]

市内のバス路線は南海バス河内長野営業所の管轄で、堺市南区和泉市千早赤阪村に向かうこともできる。

  • 南海バス・大阪府下全線1日フリー乗車券 — 任意の1日間フリー乗車券。  料金  大人¥1,000、子供¥500  WEB  [2]

足で[編集]

観る[編集]

観心寺 (かんしんじ)  
大宝元年(701年)、役行者により開基。当寺は雲心寺と称していた。その後、大同3年(808年)、空海が、北斗七星を勧請(日本で唯一北斗七星を祀っている)。これに因んだ7つの「星塚」が現在も境内に残っており、星塚を一巡するとその年の厄が祓われると言われている。弘仁6年(815年)、空海が再度この地を訪れ、如意輪観音像を刻んで安置し、「観心寺」の寺号を与えたと伝わる。

大阪府屈指の名刹だけあって見所が多く、金堂は室町時代初期の建物で国宝。単層入母屋造で当時の代表的な折衷様式の建物である。慶長18年(1613年)に豊臣秀吉の子である秀頼が修理を行っており、その後、江戸、明治、昭和と度々修理が行われている。本尊の如意輪観音坐像も国宝。また所蔵の観心寺縁起資材帳は平安時代に作成された非常に貴重な文書で国宝に指定されている。縁起資材帳の内容は観心寺の由来と財産で、825年に実恵が伽藍を建立し、869年に定額寺となったことなどが書かれている。霊宝館には国の重要文化財が所蔵されているが拝観料無料で実に太っ腹である。

南朝・楠木正成ゆかりの地としても有名で駐車場に大楠公像があり、まず出迎えてくれる。楠木氏の菩提寺である「中院」は正成の首級が届けられた時に、嫡男の正行が切腹しようとした所と伝わっている。金堂東側にある茅葺きの「建掛塔」は三重塔建設予定であったが楠木正成戦死により未完成のままである。他に楠木正成首塚、鎮守堂(訶梨帝母天堂)などがある。南朝の史跡は山門をくぐってすぐ右手にある「旧惣持院跡」。ここは正平14年(1359年)に約十ヶ月間、後村上天皇の行在所となり日本の政治を執行していた。後村上天皇桧尾陵があるが、かなりの段数の石段を登る為、歩きやすい靴が最適

また当寺は関西花の寺25番霊場に数えられており、椿・梅・桜・躑躅・五月・百日紅・紅葉など、四季を通じて、花木が楽しめる。境内各所にはスロープが設置されている。参拝者用駐車場有り。

 所在  河内長野市寺元475。河内長野駅から南海バスに乗車し「観心寺」バス停下車すぐ。  電話  (0721) 62-2134  WEB  [3]
 開場時間  9:00~17:00  料金  入山料¥300(毎年4月17、18日の本尊御開扉日は10:00~16:00まで、別途¥400必要)
観心寺


延命寺 (えんめいじ)  
弘仁年間(810~824年)、空海が自ら地蔵菩薩の尊像を刻んで安置し「宝憧寺」として創建と伝わる。後に廃寺となるが、寛永16年(1639年)に、この地で生まれた浄厳和尚が20余年間高野山にて修行の後に中興し、「延命寺」と改める。

紅葉の名所としても有名で、特に樹齢約1000年のカエデの巨木は、夕日に映えるその美しさから「夕照(ゆうばえ)もみじ」と呼ばれ、大阪府指定天然記念物で、大阪みどりの百選にも選定されている。紅葉の季節には多くの参拝者で賑わう。

 所在  河内長野市神ガ丘492。南海高野線三日市町駅より東へ徒歩40分、または高野線美加の台駅よりバスで神ケ丘口下車徒歩10分。  電話  (0721) 62-2772  WEB  
 開場時間  8:00~17:00  料金  
延命寺


興禅寺 (こうぜんじ)  
所蔵の阿弥陀如来座像は平安時代の作として国指定重要文化財。
 所在  河内長野市美加の台1-25-1。南海高野線美加の台駅下車、徒歩10分。  電話  (0721) 64-0466  WEB  
 開場時間    料金  


烏帽子形八幡神社 (えぼしがたはちまんじんじゃ)  
 所在  、河内長野市喜多町305。河内長野駅 より旧高野街道を南へ徒歩約15分。  電話  (0721) 62-3908  WEB  
 開場時間    料金  参拝自由
烏帽子形八幡神社


天野山金剛寺 (あまのさんこんごうじ)  
天平年間(729~748年)に聖武天皇の勅命により行基が開基し、後に空海が真言密教を広めるための霊地としてこの地を選び修行したと伝わる。その後、寺は衰退するが、永万元年(1165年)に高野山の阿観僧正が後白河法皇とその妹、八条女院の帰依を受け再興。高野山が女人禁制だったのに対し女性の参拝も許されていたので「女人高野」と呼ばれるようになった。

南北朝時代初期から南朝方の祈願所になり、後村上天皇が正平9年(1354年)から6年間行在所(楼門をくぐり、すぐ右側にある食堂がその場所)とされ、観心寺に移るまで大政を執行していた為、天野行宮と呼ばれていた。

観心寺と並ぶ名刹だけあって見所が多く、国の重要文化財目白押しである。特に鎌倉時代建立の食堂(じきどう)は非常に貴重で大阪府下では当寺と堺市の法道寺にしかない。また、緑豊かで「大阪みどりの百選」に選ばれており、境内を天野川が流れている。国宝や重要文化財が所蔵されている宝物殿(延喜式神名帳、延喜式第十二残巻、第十四、第十六、剣)、庭園などは別途拝観料が必要(¥400)。有料駐車場有り(¥500)。

 所在  河内長野市天野町996。河内長野駅から南海バスに乗車し「天野山」バス停下車すぐ。  電話  (0721) 52-2046  WEB  [4]
 開場時間  9:00~16:30  料金  入山料¥200
天野山金剛寺


河内長野市立ふれあい考古館  
市内の100箇所以上ある遺跡発掘成果の展示施設。
 所在  河内長野市高向2230-5。  電話  (0721) 64-1560  WEB  
 開場時間  9:00~17:00  料金  入館無料。


大阪府立花の文化園 (フルルガーデン)  
約10haもの広さの花をテーマにした施設。ピラミッド型の大温室では、ランをはじめ世界中の様々な花が1年中咲き誇る。また、ぼたん園、バラ園、うめ園など一年を通じて様々な花が楽しめる。イベントホールでは様々な催しが開催され、花の直売場もある。
 所在  河内長野市高向2292-1。  電話  (0721) 63-8739  WEB  [5]
 開場時間  9:00~17:00  料金  2~11月(12、1月)大人¥500(300)、高校生¥300(200)、中学生以下無料。年間パス¥1500。


河内長野市立郷土資料館  
かつて存在した全長約52mの前方後円墳の上に建つ資料館。出土した考古資料や民俗資料の展示、保管を行っている。
 所在  河内長野市日東町16-17。南海高野線三日市駅より、徒歩15分。  電話  (0721) 63-8410  WEB  
 開場時間  9:00~17:00  料金  入館無料

遊ぶ[編集]

関西サイクルスポーツセンター  
自転車を中心としたテーマパーク。キャンプ場もある。
 所在  河内長野市天野町1304。  電話  (072) 154-3101  WEB  [6]
 営業時間  平日10:00~17:00、休日9:30~17:30、火曜定休日。  料金  中学生以上¥800、3歳以上¥500、60歳以上¥400。


寺ヶ池公園 (てらがいけこうえん)  
寺ヶ池周辺を公園として整備した市営の総合公園。園内には噴水や広場、野球場、プールなどがある。PL花火芸術当日は多くの人で賑わう。駐車場有り。
 所在  河内長野市小山田町674-5(管理事務所)。南海高野線千代田駅下車。  電話  (0721) 53-1111  WEB  
 営業時間    料金  入園無料
寺ヶ池公園


烏帽子形公園 (えぼしがたこうえん)  
烏帽子山の豊かな自然を残した自然公園。古墳や楠木正成の山城だったこともあり、歴史と自然散策が楽しめる。公園の一角には烏帽子形八幡神社がある。駐車場有り。
 所在  河内長野市喜多町。南海高野線三日市町駅から徒歩15分。  電話  (0721) 53-1111  WEB  [7]
 営業時間    料金  入園無料
烏帽子形公園


長野公園  
自然を満喫できる個性豊かな、市内の5つのエリアに分かれた大阪府営公園。全ての公園に駐車場なし
 所在    電話  (0721) 62-2772(公園事務所)  WEB  [8]
 営業時間    料金  


緑のふる里 小深の里  
石見川の渓流を利用して作られた川に放流されたニジマスやアマゴの釣りやつかみ取りが楽しめる。
 所在  河内長野市小深603  電話  (0725) 56-2400  WEB  
 営業時間    料金  

買う[編集]

食べる[編集]

安食堂[編集]

甘味茶屋 阿修羅窟 (かんみちゃや あしゅらくつ)  
観心寺の門前にある、古民家を利用した山里の甘味茶屋。
 所在  河内長野市寺元499。  電話  (0721) 63-6585  WEB  
 営業時間  11:00~15:00(土・日・祝のみ営業)  予算  わらびもち¥500
甘味茶屋 阿修羅窟



麺坊 蕎麦博  
昭和51年創業「拘らないのが拘り」のそば屋。店主は麺料理技能国家試験検定士など多くの審査員・指導員の肩書きを持っている。
 所在  河内長野市南貴望ヶ丘1-19。南海高野線千代田駅下車。  電話  (0721) 54-1139  WEB  [9]
 営業時間  11:00~21:30  予算  

中級[編集]

観心寺KU-RI  
観心寺による精進料理店。完全予約制。
 所在  河内長野市寺元475。  電話  050-3746-8600  WEB  [10]
 営業時間  11:00~15:00、定休日 木〜日、祝日  予算  

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

河内長野ユースホステル  
南海電鉄「河内長野駅」からサイクルスポーツセンター行バスで20分、奥天野下車 徒歩1分。バリアフリーにも力を入れている。ロビーにてWi-Fi使用可。
 所在  河内長野市天野町1305-2。  電話  (0721) 53-1010  WEB  [11]
 時間    料金  大人一般・・・¥3,960、ユースホステル大人会員・・・¥3,360

中級[編集]

高級[編集]

暮らす[編集]

コインランドリー情報
  • スエヒロ原店 所在  河内長野市原町2丁目6-8
  • 株式会社ノムラクリーニング上田店 所在  河内長野市上田町16-1


出かける[編集]

富田林寺内町 - 杉山家住宅

大阪府

  • 堺市 — 堺市中心市街地まで電車で約18分。南区と隣接している。
  • 千早赤阪村 — 河内長野駅が金剛山の最寄り駅となっている。
  • 富田林市 — 富田林寺内町の最寄り駅まで約15分。
  • 和泉市 — 和泉市随一の観光名所「施福寺(せふくじ)」が近い。

和歌山県

  • 橋本市 — 隣接している。高野山への観光列車「天空(てんくう)」の乗り換え駅がある。
  • 九度山町
  • 高野町 — 南海高野線「河内長野駅」は高野山への特急停車駅。高野山まで約55分。



Wikitravel Shared Logo 河内長野市に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。