何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

松本市/安曇

提供: ウィキトラベル
松本市 : 安曇
移動先: 案内検索
松本市/安曇

Default Banner.jpg

安曇(あづみ)は長野県の中央部にある松本市の西部に位置する地区である。2005年4月1日に松本市に合併し、旧安曇村は松本市安曇地区となった。

着く[編集]

飛行機で[編集]

列車で[編集]

車で[編集]

バスで[編集]

船で[編集]

観る[編集]

遊ぶ[編集]

白骨温泉  
北アルプスの奥深くに位置する温泉地。白濁する泉質は特に有名。
 所在  安曇、上高地線新島々駅よりバス(松本・新島々~乗鞍高原/白骨温泉線)で約1時間(1日3便)。  電話  (0263) 93-3251   WEB  [1]
 営業時間    料金  


沢渡温泉 (さわんど)  
松本市の安曇沢渡地区にある温泉地。市営第二駐車場近くには無料の足湯もある。
 所在  安曇沢渡。松本駅より、高山行きの特急バスにて「沢渡」下車。  電話    WEB  [2]
 営業時間    料金  


乗鞍高原いがやスキー場  
 所在  安曇3994-21  電話  (0263) 93-2875  WEB  [3]
 営業時間  8:30~17:00(土曜日、年末年始)、7:00~21:00(土曜日、年末年始)  料金  1日券 大人¥3,000。ナイター券 大人¥2,000


乗鞍高原温泉スキー場  
 所在  安曇乗鞍高原。  電話  (0263) 93-2645  WEB  [4]
 営業時間  8:30~16:30(土日祝日)  料金  1日券 大人¥4,000(乗鞍高原いがやスキー場共通利用可)


上高地  
詳細は上高地参照。

買う[編集]

道の駅風穴の里  
松本市街地より上高地へ向かう国道158号線沿いの道の駅(所要時間約40分)。
 所在  安曇3528-1  電話  (0263) 94-2200  WEB  
 営業時間  生産物直売所 9:00~17:00  値段  

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

CAFE GATO AZUL  
ジャズが流れる喫茶店。
 所在  松本市安曇216-1。  電話  0263-94-2169  WEB  
 営業時間  8:00~18:00 (金土日祝 ~19:00)、定休日 木曜  予算  

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

乗鞍高原温泉ユースホステル  
新島々駅から乗鞍高原方面行バスで1時間10分、鈴蘭スキー場前下車。徒歩10分。
 所在  安曇鈴蘭4275。  電話  (0263) 93-2748  WEB  [5]
 時間    料金  

中級[編集]

休暇村 乗鞍高原  
北アルプス乗鞍岳を望む高原の宿。
 所在  松本市安曇4307。  電話  (0263) 93-2304  WEB  [6]
 時間    料金  


山水館 信濃  
天空の湯宿。
 所在  松本市安曇乗鞍高原温泉4298-5。  電話  (0263) 93-2301  WEB  [7]
 時間    料金  


プチホテル アルム  
乗鞍高原にあるプチホテル。
 所在  松本市安曇4306−1。  電話  (0263) 93-2951  WEB  [8]
 時間    料金  


温泉宿 山栄荘  
源泉掛け流しの温泉が自慢。
 所在  松本市安曇4085-68。  電話  (0263) 93-2715  WEB  [9]
 時間    料金  


乗鞍ライジングサンホテル山百合  
木の温もり溢れる温泉宿。
 所在  松本市安曇4264。  電話  (0263) 93-21​​21  WEB  [10]
 時間    料金  

高級[編集]

白骨温泉風情 泡の湯  
乳白色の湯をたたえる露天風呂で有名な旅館。
 所在  松本市安曇4181。  電話  (0263) 93-2101  WEB  [11]
 時間    料金  


山水観 湯川荘  
乳白色の貸切露天風呂とつり橋の宿。
 所在  松本市安曇白骨温泉4196。  電話  (0263) 93-2226  WEB  [12]
 時間    料金  


白船荘 新宅旅館  
白骨温泉の高台に立地する。
 所在  松本市安曇4201。  電話  (0263) 93-2201  WEB  [13]
 時間    料金  


小梨の湯 笹屋  
白樺林の中に佇む秘湯の宿。
 所在  松本市安曇4182-1。  電話  (0263) 93-2132  WEB  [14]
 時間    料金  

山小屋[編集]

連絡する[編集]

この記事「松本市/安曇」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。