何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

本宮市

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
本宮市

Default Banner.jpg

高木地区から望む本宮市と安達太良山。

本宮市(もとみやし)は福島県にある市。旧街道の宿場町として発展した歴史を持っている。奥州街道が縦断し、会津街道・奥州西街道・岩城道への分岐する交通の要所であった。そのため、旧街道の宿場町を思わせる史跡を見つけることが出来る。 福島県本宮市公式ウェブサイト


着く[編集]

飛行機で[編集]

福島空港[編集]

福島空港 (IATA: FKS) が最寄空港である。 札幌および伊丹からの便が就航している。 福島空港

福島空港から以下のような交通手段がある。

  • リムジンバス — 福島空港=郡山駅前を利用する。郡山駅前でJR東北本線に乗り継ぐ。  料金  リムジンバス 片道 大人 ¥1,080。
  • 福島空港乗合タクシー — 予約制ではあるが、乗り合いタクシーを利用することができる。一人から予約できる。  電話  (0248) 72-9009 福島空港構内タクシー協議会。  料金  本宮市まで 片道 ¥2,500/1人。

仙台空港[編集]

仙台空港 (IATA: SDF)も利用できる。

仙台空港から以下のような交通手段がある。

  • 鉄道 — 仙台空港駅より仙台空港線、仙台行きに乗車し1駅目の名取駅にてJR東北本線 福島行きに乗り換える。終点福島で乗り換え、上り郡山行き、もしくは黒磯行きなどに乗り換える。もしくは、仙台空港線にて終点の仙台駅まで向かい、仙台駅より東北新幹線で福島駅。JR東北本線 上り列車に乗り継ぐ方法もある。  時間  在来線を利用した場合は約2時間20分(快速利用)。新幹線利用時は約2時間。  料金  在来線利用時 ¥2,290、新幹線利用時 ¥4,910。
  • バス — バスを利用する場合は、仙台市発の高速バスを利用することとなる。高速バスに関しては、郡山仙台の便の利用となる。仙台駅までは仙台空港線、郡山よりはJR東北本線を利用することとなる。料金的には鉄道在来線よりも高額、新幹線利用よりも安価という位置付けとなっている。仙台駅前で買い物等をしたいなど、特に仙台市内での予定が無いのであれば、在来線利用の方が便利である。  料金  仙台空港線 ¥400、仙台=郡山 ¥2,100、JR東北本線 ¥230。

列車で[編集]

東北本線が通っている。東北新幹線を利用した場合、東京方面からは郡山駅で、仙台方面からは福島駅で東北本線へ乗り換える。 郡山駅~本宮駅間は約13分、¥230である。 福島駅~本宮駅間は約32分、¥570である。 列車の本数は多くはなく、1時間に1本から2本である。 寝台特急北斗星などの長距離列車が通過する時間帯は特に本数が少なくなる。新幹線等から乗り換える場合は、時刻表を活用して新幹線-在来線の接続を確認して利用したい。 接続が悪い場合、2~3本新幹線を遅らせても到着時間が変わらない場合もある。

Suicaの仙台エリアに属しているため、仙台エリアに属する駅からであれば乗車券としてSuicaが利用できる。

車で[編集]

  • 国道4号線 — 国道4号線が市内を縦断しており、福島二本松方面、郡山方面を繋いでいる。
  • 東北自動車道 — 東北自動車道が市内を縦断している。市内には本宮ICがあり利用できる。郡山JCTの最寄りICであり新潟方面・いわき方面のアクセスも容易である。本宮ICは市の南側に位置しており、市街地とは大きく離れている。福島方面よりアクセスする場合は二本松ICを利用し、国道4号線を南下する方が便利である。
  • 会津街道 — 会津街道が本宮市南部まで通じている。猪苗代磐梯熱海温泉方面からの移動にはこの道を利用するのが便利である。

バスで[編集]

市内に都市間バスの到着はない。郡山着・二本松着等のバスを利用し、そこから鉄道を利用する。

船で[編集]

動く[編集]

公共交通機関があまり発達していないため、車での移動が必要である。 駅周辺にレンタカー店等は存在しないため、レンタカーを借りる必要がある場合は注意が必要である。

列車で[編集]

市内には東北本線の五百川駅と本宮駅の2駅がある。

各駅でSuicaが使用できる。使用する場合は「簡易Suica改札機」を利用する。 入場(乗車時)は緑色、出場(下車時)は黄色の機械のSuicaマークの部分にしっかりとカードをタッチする。 タッチした際に、「ピッ」「ピピッ」となれば改札完了。「ピー」「ピピピピピ」という音が鳴った場合はうまくカードが読み取れていないので、その場合は液晶画面にエラー理由が表示されるので、表示を確認する。 乗降する場合は、忘れずにSuicaをタッチしよう。


  • 本宮駅 — 街の中心地にある。本宮市を観光する場合、基点となる。駅前にはタクシーが常時待機しているため、タクシーの利用も可能である。
  • 五百川 — 無人駅であり、駅周辺はアサヒビール福島工場以外の施設は存在しない。タクシーの待機等も無いので、列車で移動した後の移動手段に注意が必要である。

バスで[編集]

市街地巡回バス、通勤・通学バス、市営バス、広域生活バスがある。バス・本宮市公式サイト

また、フリー乗降制となっている路線があるため、多少利用しづらい面があることは否定出来ないだろう。

  • 市街地巡回バスは、本宮駅から東西南北各4つの路線にて運行される路線である。ただ、3~4本しかない。全線フリー乗降制。
  • 通勤・通学バスは、朝夕のみの運行となっている。4本あるが、ダイヤ上は完全に市民の為の路線となっている。
  • 市営バスは、全線フリー乗降制となっている。6本ある。
  • 広域生活バスは、全線フリー乗降制となっているが、1日に3~5本しかない。

このように観光の足として使用するのには不適である。別の手段を検討したい。

タクシーで[編集]

市内には中央タクシー、増子タクシーの2社が営業している。

本宮駅前タクシープールには、どちらかのタクシーが常駐している。 基本的に流し営業はしていない。駅以外からタクシーを利用したい場合は電話で呼ぶ必要がある。基本的に迎車料金は無料である。


  • 増子タクシー 電話  (0120) 55-1616
  • 中央タクシー 電話  (0120) 55-3303

足で[編集]

歩いてアクセスできるほど、観光地が集中していないので、徒歩での移動は散歩程度とし、他の移動手段を検討すべきである。

観る[編集]

本宮エリア[編集]

安達太良神社 地図  
安達郡総鎮守として永年にわたり尊崇されている。毎年5月1日に春祭り、10月第4土曜日を中心とする3日間に秋祭りが実施される。春祭りには神楽の奉納、秋祭りには裸神輿が催行される。秋祭りには街の目抜き通りに露天などが出て華やかなお祭りを演出する。露天商を排除したお祭り(本宮方式秋祭り)として実行されており、露天は全て市民等により運営されている。車で訪れる場合は、安達太良神社の裏にある花山公園に数台の駐車スペースがあるので、そこを利用するのが便利である。
 所在  本宮市本宮字舘ノ越232。  電話  (0243) 34-2710  WEB  
 開場時間    料金  
安達太良神社


本宮本陣 地図  
安達太良神社下の北町本陣は、藩政時代の参勤交代や大名行列の際の宿舎として利用された場所である。明治期以降、天皇陛下の奥羽地方ご巡幸などの御在所にも当てられたため、暫く残っていたが、現在は明治天皇本宮行在所跡の石碑のみが残されている。
 所在    電話    WEB  
 開場時間    料金  無料。


歴史民俗資料館 地図  
大正13年に東北電力の本宮営業所として建てられた洋風建築である。現在は、内部を改装して歴史民俗資料館として、文化財、古文書等を保管している。
 所在  本宮市本宮字南町裡13。  電話  (0243) 33-2546  WEB  
 開場時間    料金  無料。


本宮映画劇場 地図  
1914年(大正3年)に開館した映画館。カーボン式と呼ばれる映写機が現役で使用されている。1963年(昭和38年)に一度閉館したが、近年になり復活。不定期に保管されていたフィルムなどの上映を行っている。
 所在  本宮市本宮中條。  電話    WEB  
 開場時間    料金  
本宮映画劇場


日輪寺  
人取り橋合戦を行った際、伊達政宗が陣を構えたといわれる場所に立つ寺。樹齢200年のエドヒガンの枝垂桜が有名。毎年4月中旬頃が見頃である。
 所在  本宮市本宮字山田36-2。  電話  (0243) 33-2768  WEB  
 開場時間    料金  


蛇の鼻遊楽園 地図  
豪農の別荘として明治末期に立てられた蛇の鼻御殿や、四季折々の花々を見ることが出来る。12月から3月までの冬季は御殿のみの見学となり、前日までの予約が必要となる。桜の名所としても知られており、桜の季節には多くの花見客が訪れる。
 所在  本宮市本宮字蛇ノ鼻38。  電話  (0243) 34-2036  WEB  [1]
 開場時間  9:00~16:00(4月1日から10月26日は17:00まで)。  料金  大人¥600(冬季¥400)、小人¥300(冬季¥200)。


岩井の清水 地図  
源義家が弓矢で岩を突き立てたところ、そこから清水が湧きでたという伝説をもつ。「ふくしまの水の30選・ふるさとの泉」。蛇の鼻遊楽園からは林の中を抜ける道が伸びており、比較的近い。森林浴をしながら岩井の清水まで散歩するのもよいだろう。
 所在  本宮市青田字岩井64。  電話    WEB  
 開場時間    料金  
岩井の清水


人取橋合戦跡  
1585年11月17日、常陸の佐竹、会津の芦名などの連合軍と伊達政宗軍が死闘を展開した合戦場跡。 現在は一面の田んぼの中に史跡を表す石が立つのみである。
 所在  本宮市青田字茂庭。  電話    WEB  
 開場時間    料金  無料。


白沢エリア[編集]

岩角山岩角寺  
花崗岩の侵食風景が広がり、奇岩奇石が点在していおり、福島県指定名勝及び天然記念物に指定されている。1月3日に行われる大梵天祭が良く知られている。大梵天祭では、信者に投げ込まれた12本の大梵天を、無病息災を願って奪い合い、裂いて引きちぎりそれを持ち帰るという、梵天争奪戦が行われる。
 所在  本宮市和田東屋口84。  電話  (0243) 44-3354(岩角山観光協会)  WEB  
 開場時間    料金  無料。
岩角山岩角寺


高松山観音寺 地図  
旧暦元日から数えて最初の寅の日に行われる初寅大祭が有名。特に、燃えさかる護摩壇の周りを、勇壮な裸みこしが駆け回る姿は一見の価値がある。また、見通しの良い山に位置しているため、アマチュア無線の移動運用の好適地として無線家に知られている。安達三十三観音三十一番礼所。
 所在  本宮市糠沢字高松27。  電話  (0243) 44-3822  WEB  
 開場時間    料金  無料。

遊ぶ[編集]

本宮エリア[編集]

みずいろ公園  
安達太良川、阿武隈川の合流地帯を整備し、水に親しむことをテーマとして造られた公園。子どもたちが安心して遊べるよう配慮されており、近隣地域から遠足等で訪れる団体も多い。平成6年に都市景観大賞を受賞している。公園脇に駐車場は完備されているが駐車スペースは限られているため、公共交通機関を利用したい。JR本宮駅からであれば、徒歩10分ほどである。
 所在  本宮市本宮字馬場。  電話    WEB  
 営業時間  終日。  料金  無料。


本宮秋祭り  
安達郡総鎮守として永年にわたり尊崇されている安達太良神社の例大祭。見所は裸神輿など。街の目抜き通りに露天などが出て華やかなお祭りを演出する。露天商を排除したお祭り(本宮方式秋祭り)として実行されており、露天は全て市民等により運営されている。
 所在  本宮市。  電話    WEB  
 営業時間  10月第4土曜日を中心とする3日間。  料金  
本宮秋祭り



アサヒビール福島工場  
アサヒビールの製造過程を見学することが出来る。工場ではできたてのビールを試飲することが出来る。ドライバーの方にはノンアルコール飲料が提供される。車で訪問した際は決して飲酒運転をしてはいけない。JR五百川駅至近であるから、出来るだけ鉄道で訪問するのが良いだろう。
 所在  本宮市荒井字上前畑1-1。五百川駅すぐそば。  電話  (0243) 34-1170  WEB  [2]
 営業時間  9:30~15:00。  料金  無料。工場見学は予約制。

白沢エリア[編集]

買う[編集]

本宮納豆  
地元で愛され、創業から130年以上続く伝統の味。近年では珍しくなった粒の大きい納豆で、香り良く、豆本来の味も感じることが出来る様に仕上げられている。赤ラベルは中粒、金ラベルは大粒である。赤ラベルの中粒であっても、他の納豆と比較してかなり粒が大きめである。赤 1パック ¥50前後、金 1パック ¥100前後が相場。
 所在  本宮市内のスーパー等で購入することができる。
本宮納豆


清酒 大天狗  
キリッと引き締まった飲み飽きない味の日本酒。駅前にある大天狗酒造で醸している。
 所在  JR本宮駅近くにある大天狗酒造の他、市内の酒屋で購入できる。


本宮烏骨鶏を使った食品類  
品種改良して誕生した、高たんぱく・低脂肪・低カロリーな鳥骨鶏。餌にはビール酵母を使用をしている。あっさりしているのに独特な濃厚な旨を持ち、評判もよい。
 所在  市内ラーメン店や菓子店にて、本宮烏骨鶏の肉、卵を使用した商品が造られている。


白沢とろろ芋  
本宮市(旧白沢村)の特産品。

食べる[編集]

ガトーかしわや  
昔から営業している洋菓子店。ショートケーキやチーズケーキの評判がよい。
 所在  本宮市本宮字上町3。JR本宮駅から徒歩10分。  電話  (0243) 33-2277  WEB  
 営業時間    予算  ¥1,000前後。
ガトーかしわや

安食堂[編集]

柏屋食堂  
本宮市でカツ丼といったらここと言われる名店である。煮込みカツ丼が主流の地域にありながら、名物はソースカツ丼である。
 所在  本宮市仲町33。本宮駅から徒歩10分。  電話  (0243) 34-2129  WEB  
 営業時間  11:00~15:30、16:30~20:00。  予算  ¥1,000前後。
柏屋食堂


菊の家  
名物は「からし焼肉そば」。真っ赤に染まった辛そうなスープだが、ただ辛いだけではなく玉葱などの甘みも加わり奥深い味。辛さは好みで選ぶことができる。辛い物が苦手な場合は辛さ控えめで注文するのが良いだろう。郡山市にある「菊乃家」の姉妹店ではあるが、味はだいぶ異なっている。
 所在  本宮市本宮字上町12。  電話  (0243) 34-4204  WEB  
 営業時間  11:00~15:30、16:30~20:00。  予算  ¥1,000前後。
菊の家


金丸食堂本店  
鶏料理の専門店であり、親子丼なども十分美味しいのだが、最も評判がよいのは鶏を使ったラーメンである。非常にあっさりとしていて長年食べても食べ飽きない旨さである。昼時になると近所の人たちなどで混雑する。商店街にあるため駐車場の数が少ないので、車で訪れる場合は注意が必要である。
 所在  本宮市本宮中條68。  電話  (0243) 34-2014  WEB  
 営業時間  11:00~19:30 月曜定休  予算  ¥1,000前後。


cafe' 蔵  
蔵を移設、改装して作られたカフェ。落ち着いた内装で雰囲気良く飲食することが出来る。夜の部ではBar営業しており、お酒を嗜むことも出来る。
 所在  本宮市本宮字中條1-2。本宮郵便局となり。  電話  (0243) 34-4456  WEB  
 営業時間  11:00~25:00  予算  ¥1,000前後。
cafe' 蔵


一二三食堂 (ひふみしょくどう)  
典型的な街の食堂。
 所在  本宮市本宮字上町35-3。  電話  (0243) 33-2373  WEB  
 営業時間  11:00~20:00 火曜定休  予算  ¥1,000前後。

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

アサヒビール園 福島本宮店  
アサヒビール福島工場に併設するビール園。出来立ての新鮮なビールを呑みながらラム肉のジンギスカンやしゃぶしゃぶを楽しめる。
 所在  本宮市荒井字上前畑1。  電話  (0243) 33-1661  WEB  [3]
 営業時間  11:00~21:00(ラストオーダー20:30)。  料金  ¥2,000~3,000。


ひょうたん  
駅前の大衆酒場。地元の常連が集う店。居酒屋であるがラーメンが旨く、シメの一軒として最適である。駅からも非常に近いので、電車待ちの間に一杯という事も可能である。
 所在  本宮市本宮字南町裡72。  電話  (0243) 34-2801  WEB  
 営業時間    料金  ¥1,000より

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

HOTEL Four C'S  
JR本宮駅すぐ。駅から徒歩1分程度とアクセスが良いビジネスホテル。
 所在  本宮市本宮字南町裡28。  電話  (0243)34-2833
 FAX  (0243)34-2841
 WEB  
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  シングル¥6,300。ツイン¥12,600より。

高級[編集]

出かける[編集]

  • 二本松市 — 城下町であり、歴史を感じさせる観光地が多い。岳温泉を始めとする多数の温泉場を抱えている。
  • 郡山市 — 福島県下の最大の経済の要衝地であり、各地への移動の拠点、買い物等に便利である。磐梯熱海を始めとする多数の温泉場を抱えている。
  • 猪苗代町 — 福島で最も大きな湖である猪苗代湖や磐梯山等を擁しており、すばらしい自然を体感できる。野口英世のの出生地としても有名であり、記念館なども設置されている。




Wikitravel Shared Logo 本宮市に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「本宮市」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。