何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

明和町 (群馬県)

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
明和町 (群馬県)

Default Banner.jpg

明和町(めいわまち)は群馬県の南東部にある町である。 [1]


分かる[編集]

群馬県の玄関口で最も都心から近い。都心からは約65kmで、県都の前橋市との距離である約55kmと大差ない。面積は19.6Km²、人口は11,627人(2009年6月1日)。南に利根川、北に谷田川が流れる水と緑が豊富な地域である。

着く[編集]

飛行機で[編集]

成田国際空港または羽田空港から都心へ出て、鉄道を利用する。

列車で[編集]

  • 都心方面から

東武伊勢崎線の準急の場合、通勤時間帯以外は久喜駅で乗り換える必要がある。久喜駅からは約25分。

車で[編集]

高速道路

  • 東北自動車道 — 館林ICより約10分
  • 北関東自動車道 — 太田桐生ICより約50分
  • 関越自動車道 — 本庄児玉ICより約60分
  • 圏央道 — 川島ICより約60分

一般道路

  • 国道122号線

動く[編集]

列車で[編集]

バスで[編集]

館林駅からは路線バスが利用できる。運賃は全線¥200均一(学生・65歳以上は¥100、70歳以上は無料となる)。各路線当日1回の乗り継ぎは無料である。[2]

  • 館林・明和・板倉線(板倉東洋大学前駅・板倉町立南小学校・明和町営住宅・館林市立第四中学校・松原交番・館林駅・厚生病院)
  • 館林・明和・千代田線(厚生病院・館林駅・松原交番・美園町・水質管理センター・明和町役場・川俣駅・下中森・上五箇・赤岩・千代田町役場)

他、町内巡回バスも走っているが、町内を回るには自家用車が便利である。

足で[編集]

観る[編集]

桜並木路  
「ふるさとの広場」沿いの散歩道を中心に約3kmほどの並木路に咲く7種類321本の桜。明和に春の訪れを告げる風物詩として親しまれてきた。この中には全国的にも非常に珍しい"御衣黄"が1本あって、知る人ぞ知る明和町の珍品として注目されている。
 所在  明和町南大島~明和町上江黒  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  -
桜並木路


ふるさと産業文化館  
「ふるさとの広場」内に併設された、572席の多目的ホールや研修室、ギャラリーなどがある文化ホールで、様々な文化・芸術活動の舞台として活躍している。町の産業や歴史を紹介する郷土コーナーもある。
 所在  明和町南大島1073-1  電話  (0276) 84-5555  WEB  [3]
 開場時間  9:00~22:00  料金  -
ふるさと産業文化館


町立図書館  
「ふるさと産業文化館」に併設されている図書館。蔵書数約7万冊に加え音楽・映像などの視聴覚資料も充実している。郷土関連の資料を集めたコーナーもある。
 所在  明和町南大島1073-1  電話  (0276) 84-5555  WEB  [4]
 開場時間  9:30~18:15、月曜休館  料金  -
町立図書館


モニュメント  
「ふるさと産業文化館」の一角にあるモニュメント。明和町誕生を記念して創られた。毎年10月1日正午にループの影と地面に埋め込まれた方位板が重なり、町の紋章が現れる。
 所在  明和町南大島1073-1  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  -
モニュメント


川俣事件記念碑 (川俣事件衝突の地)  
渡良瀬川流域の田畑を荒廃させた足尾銅山から流出した鉱毒。この現状に立ち上がった被害農民たちと警官隊とが衝突した公害闘争事件。この事件を風化を防ぐ目的で、100年後の2000年(平成12年)2月13日に記念碑を建立した。
 所在  明和町川俣558  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  -
川俣事件記念碑

遊ぶ[編集]

ふるさとの広場  
役場庁舎の東に位置する。海洋センターやふるさと産業文化館、図書館なども広場内に併設している町の中心的存在。広場内にはテニスコートとパークゴルフ場、アスレチックも整備され、芝生広場などの憩いの空間には、ゆったりとした時間が流れている。広場の周囲をめぐる1,750mの散歩道も整備され、ウォーキングコースとして親しまれている。
 所在  明和町新里322-1  電話  テニスコート予約 (0276) 84-5511 / パークゴルフ予約 (0276) 84-4626  WEB  [-]
 営業時間  9:00~17:00  料金  
ふるさとの広場


B&G海洋センター  
ふるさとの広場に併設された温水プール。25mプールや幼児用プール、ジャグジープールと充実している。町内外の人たちから人気のあるスポットになっている。
 所在  明和町新里322-1  電話  (0276) 84-5511  WEB  [5]
 営業時間  10:00~12:00、13:00~16:00、17:00~21:00、月曜休館  料金  大人¥300、高校生¥200、中学生以下¥100、3歳未満児無料
B&G海洋センター


利根川総合運動場  
利根川沿いの広大な敷地に野球場、ソフトボール場、サッカー場など充実した設備が好評な総合運動場。
 所在  明和町大輪  電話  予約 (0276) 84-4626  WEB  [6]
 営業時間  6:00~19:00  料金  無料
利根川総合運動場


明和まつり  
8月上旬、ふるさとの広場を主会場として開催される。健康で文化的な生活が営めるようにと「町民相互の触れ合いを深め、活力ある町づくりを推進する」をスローガンに町づくりの一環として開催される。
 所在  明和町南大島1073-1  電話  -  WEB  [-]
 営業時間  8月第1日曜日(順延は翌週)  料金  -
明和まつり


産業祭  
11月上旬、役場庁舎を主会場として開催される。明和町で生産された各種物産を広く紹介し、町の産業振興の発展を目的として開催される。
 所在  明和町新里250-1  電話  -  WEB  [-]
 営業時間  11月第1日曜日  料金  -
産業祭

買う[編集]

食べる[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

出かける[編集]

北へ

  • 館林市 — 東武伊勢崎線で約10分。車なら国道122号線を利用して約15分。
    • 茂林寺 — 分福茶釜伝説の物語の舞台になった寺。車で5分。茂林寺前駅より徒歩5分。
    • 県立つつじが岡公園 — 数百年にわたり栽培されてきたツツジの名園。車で10分。館林駅から徒歩15分。
  • 邑楽町 — 国道122号線北上し。国道354号線を車で約20分。
    • シンボルタワー「未来MiRAi」— 約60mの高さを誇る、邑楽町のシンボル。

東へ

  • 板倉町 — 群馬県邑楽郡の町。群馬県の最東端に位置する。国道354号線を車で約25分。
    • コスモス畑 — 10月中旬開催。

南へ

  • 羽生市 — 羽生駅までは東武伊勢崎線で5分。国道122号線を車で約15分。
    • イオン羽生ショッピングセンター — 国道122号線を車で約15分。

西へ

  • 千代田町 — 利根川に接し、千代田工業団地がある。車で約15分。
    • 赤岩の渡し — 県道83号熊谷・館林線として現在も運用されている。
    • 利根大堰 — 12の水門で首都圏の水を調整している長さ500mの大堰で、ウォータスポーツスポットとして人気がある。



Wikitravel Shared Logo 明和町に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「明和町 (群馬県)」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。