何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

明和町 (三重県)

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
明和町 (三重県)

Default Banner.jpg

明和町(めいわちょう)は、三重県中勢部にある町である。古代には都にいる天皇に代わって伊勢神宮に仕えるため都から伊勢に派遣された斎王が住んだ斎宮が置かれ、江戸時代にはお伊勢参りに向かう人々の宿場町として賑わった歴史の古い町である。[1]


着く[編集]

飛行機で[編集]

中部国際空港または名古屋空港(小牧空港)から名古屋へ出て、鉄道を利用する。

列車で[編集]

  • 愛知県(名古屋)方面:近鉄名古屋駅から「近鉄特急」または「急行」等を利用し、近鉄松阪駅で宇治山田・賢島方面行きの普通電車に乗り換えて近鉄斎宮駅または近鉄明星駅で下車。JR利用の場合はJR名古屋駅よりJR関西本線「快速みえ号」にてJR松阪駅で下車、近鉄松阪駅から宇治山田・賢島方面行きの普通電車に乗り換えて近鉄斎宮駅または近鉄明星駅で下車。
  • 大阪府方面:近鉄難波駅から「近鉄特急」または「区間快速」等を利用し、近鉄松阪駅で宇治山田・賢島方面行きの普通電車に乗り換えて近鉄斎宮駅または近鉄明星駅で下車。
  • 京都府方面:近鉄京都駅から「近鉄特急」を利用し、近鉄松阪駅で宇治山田・賢島方面行きの普通電車に乗り換えて近鉄斎宮駅または近鉄明星駅で下車。
  • 関東方面:新幹線を利用し名古屋駅で下車、近鉄かJR関西本線に乗り換える。愛知県(名古屋)方面からの項を参照。

車で[編集]

高速道路を利用する場合、愛知県・大阪府・京都府方面からの所要時間はおよそ2時間30分~3時間である。

  • 愛知県(名古屋)方面:東名阪自動車道→伊勢自動車道→松阪ICで降り、県道59号線→国道42号線→国道23号線または県道37号線。または国道23号線。
  • 大阪府方面:名神高速道路→草津JCT→新名神高速道路→亀山JCT→東名阪自動車道→伊勢関→伊勢自動車道→松阪ICで降り、県道59号線→国道42号線→国道23号線または県道37号線。または西名阪自動車道→名阪国道→関JCT→伊勢自動車道→松阪ICで降り、県道59号線→国道42号線→国道23号線または県道37号線。
  • 京都府方面:名神高速道路→草津JCT→新名神高速道路→亀山JCT→東名阪自動車道→伊勢関→伊勢自動車道→松阪ICで降り、県道59号線→国道42号線→国道23号線または県道37号線。または国道1号線→国道23号線。

バスで[編集]

船で[編集]

動く[編集]

列車で[編集]

車で[編集]

町内には明和町民バスも走っているが、公共交通機関が未発達なため、町内を回るには自家用車が便利である。

タクシーで[編集]

斎宮駅・明星駅ともに駅前にタクシー乗り場がある。

バスで[編集]

明和町内には明和町民バスが周回している。斎宮駅、明星駅にも停まり、町内の主要な施設に行くことができる。

足で[編集]

国史跡斎宮跡周辺、斎宮歴史博物館、いつきのみや歴史体験館などは近鉄斎宮駅から近く1kmほどの範囲内にあり、徒歩で行くことができる。

観る[編集]

斎宮歴史博物館  
斎宮の歴史を映像・展示によって紹介している。
 所在  明和町竹川503。  電話  (0596) 52-3800  WEB  [2]
 開場時間  9:30~17:00、ただし入館は16:30まで。  料金  一般¥330、高・大学生¥220、小・中学生無料。


いつきのみや歴史体験館  
平安時代の生活を体験できる施設。十二単や直衣などの衣装の試着体験や年中行事の講座など様々な体験ができる。斎宮跡の1/10の全体模型がある。
 所在  明和町斎宮3046-25。  電話  (0596) 52-3890  WEB  [3]
 開場時間  9:30~17:00、ただし入館は16:30まで。  料金  無料、ただし体験には参加費が必要。


ふるさと会館  
1階は明和町立図書館があり、一般図書室、児童図書室、AVコーナー等がある。2階は明和町立歴史民俗資料館となっており、藍染めコーナー、農業資料展示コーナー、映像による文化紹介コーナー等がある。
 所在  明和町馬之上944-2。  電話  (0596) 52-7131  WEB  [4]
 開場時間  平日9:30~19:00、土日9:30~17:30。  料金  


国史跡 斎宮跡  
昭和54年(1979年)に国史跡の指定を受けた東西2㎞、南北700m、面積137.1haに及ぶ全国屈指の大規模遺跡。7世紀後半から14世紀前半の約660年間、天照大神御杖代として天皇の代替わり毎に都から伊勢に遣わされた斎王の御所とその事務を取り扱う役所である斎宮寮の跡。
 所在  明和町斎宮。  電話  明和町斎宮跡課 (0596) 52-7126  WEB  
 開場時間    料金  


国史跡 水池土器製作遺跡  
昭和52年(1977年)に国史跡の指定を受けた、奈良時代の土師器を焼いた一連の製作過程がわかる全国でも珍しい遺跡。
 所在  明和町明星。  電話  明和町斎宮跡課 (0596) 52-7126  WEB  
 開場時間    料金  


竹神社  
元は竹川の古里といわれた旧櫛田川のほとりにあったが、明治時代に野々宮が祭られていた現在の場所に移転。祭神 は長白羽神、天照大御神、建速須佐之男命などを祀る式内社である。中世には斎宮城が置かれた所であり、当時の石垣が残されている。
 所在  明和町斎宮。  電話  (0596) 52-2935  WEB  
 開場時間    料金  


鳥墓神社  
古代、天照大神が五十鈴の川上にお鎮まりになったときから伊勢神宮神だちの置かれた所である。昭和12年(1937年)からこの地に神宮土器調整所が置かれ、神宮で使われる土器は全てここで作られている。
 所在  明和町蓑村。  電話    WEB  
 開場時間    料金  


斎王の森  
斎宮跡の中央部に位置し、斎王の御殿のあった場所として伝承されている。森の中には「斎王宮阯」の石碑や杉の木でできた黒木の鳥居があり、神宮司庁の管理地となっている。
 所在  明和町斎宮。  電話    WEB  
 開場時間    料金  


天然記念物 斎宮のハナショウブ群落  
ハナショウブの原種ノハナショウブ。地元では「どんど花」と呼ばれ、明和町の町花ともなっている。5月下旬~6月上旬に紫紺の花を咲かせる。
 所在  明和町斎宮。  電話    WEB  
 開場時間    料金  


隆子女王の墓  
天延二年(974年)にわずか3年の在位でした第四十三代斎王隆子女王(醍醐天皇の孫女)の墓。
 所在  明和町馬之上。  電話    WEB  
 開場時間    料金  


業平松  
その昔、斎王が伊勢へ狩りの使いに来た在原業平との別れに際し歌を詠み交わしたという伊勢物語のエピソードにちなんで植えられた松。現在の松は三代目で、周囲は業平公園となっている。
 所在  明和町大淀。  電話    WEB  
 開場時間    料金  

遊ぶ[編集]

大淀海水浴場・町営大淀海岸キャンプ場  
三重県下でも有数の海水浴場として知られる。町営大淀海岸キャンプ場は5月から8月31日までオープンしており、バンガローをはじめ各施設が完備されている。
 所在  明和町大淀。  電話  明和町観光協会 (0596) 52-0055  WEB  
 営業時間    料金  


斎王まつり  
ノハナショウブの開花する6月上旬、斎宮歴史博物館を主会場に開催される。斎王、女官、童、童女など総勢約200人による「斎王群行」をはじめ、斎王市などイベントが催される。
 所在  明和町竹川。  電話  斎王まつり実行委員会 (0596) 52-0054  WEB  [5]
 営業時間  6月第1土曜・日曜。  料金  


大淀の祇園祭  
江戸時代中期(1750年代)から受け継がれている祭。旧暦6月14日に近い土曜日(7月中旬~下旬)に行われる。山車を2隻の漁船に乗せ大淀漁港に浮かべる「海上渡御」が行われ、夜には花火大会が開かれる。
 所在  明和町大淀。  電話    WEB  
 営業時間  7月中旬~下旬。  料金  


大仏山公園  
明和町、玉城町、伊勢市にまたがる里山を活用した公園。テニスコート、野球場、ゲートボール場、中央広場、ちびっ子広場、多目的広場、芝生広場、自然散策路、展望台などがある。
 所在  伊勢市小俣町新村。  電話  (0596) 23-6565  WEB  [6]
 営業時間    料金  

買う[編集]

イオン明和ショッピングセンター  
国道23号線沿いにある、建物は地上2階建て+屋上駐車場で、ジャスコを核に67の専門店が入居しているショッピングセンター。明和町民バスの停留所もある。
 所在  明和町中村1223。  電話  (0596) 55-6200  WEB  [7]
 営業時間  9:00~23:00(店舗や売場により異なる)。  値段  


あざ ふるさと  
松阪商工会管内の明和町、松阪市、多気町、大台町、大紀町の特産品、主にひじきやワカメ、お茶、大内山のアイスクリーム、又、明和町内の授産施設で製作している炭商品などを販売している。斎宮歴史博物館駐車場の一角にある。
 所在  明和町竹川566  電話  (0596) 52-7295  WEB  
 営業時間  10:00~17:00。  値段  ¥100~。

食べる[編集]

パティスリー パパ  
国道23号線から近いフランス風のお菓子屋さん。カフェも併設しており、店内で食べることもできる。
 所在  明和町佐田391-9。  電話  (0596) 55-2099  WEB  [8]
 営業時間  10:00~19:30。  予算  シュークリーム¥157、モンブラン¥367、ジャルダンブルー¥420。

安食堂[編集]

食べくらべ  
おかずが選べる和食の店。地域の旬の素材を使用、米は地元明和町のブランド米「御絲米コシヒカリ」の中でも糖度7.5以上のものだけを使用するなど徹底したこだわりをみせる。
 所在  明和町行部153-1。  電話  0120-25-9221  WEB  
 営業時間  11:00~14:30、17:00~21:30。  予算  食べくらべ御膳(ご飯・味噌汁・漬物・コーヒーまたはぜんざい付)¥1,300。


とりみそ家  
焼肉形式の網焼きスタイルの焼鳥。隣には足湯施設もある。
 所在  明和町前野里中1320。  電話  (0596) 55-3202  WEB  [9]
 営業時間  10:30~18:30(ラストオーダー18:00)。  予算  焼鳥 若・ヒネともに¥410~。


Cafe&Store楽  
手作り感たっぷりのログハウス造りの店。パスタ、オムライス、カレーとケーキ、パフェなどがある。ランチセットもある。食器は信楽焼きの器を使うなどこだわりを持っている。
 所在  明和町斎宮946-9。  電話  (0596) 52-3992  WEB  [10]
 営業時間  11:30~21:00(ラストオーダー20:00)。  予算  


味の來々軒  
中華料理の店。2007年3月21日に新装オープンした。ランチメニューも豊富。出前も行っている。
 所在  明和町斎宮939-10。  電話  (0596) 52-6111  WEB  [11]
 営業時間  11:30~22:00。  予算  


天風  
お好み焼き、焼きそば、鉄板焼きの店。
 所在  明和町有爾中1427-3。  電話  (0596) 52-2100  WEB  
 営業時間  11:00~24:00。  予算  ランチ¥630~。


カフェレストラン La amato  
イタリアンテイストのレストラン。料理には明和・松阪などの地元の食材を使う。
 所在  明和町有爾中1320。  電話  (0596) 52-7870  WEB  [12]
 営業時間  11:00~14:30、17:30~22:00(ラストオーダー21:30)。  予算  スパゲッティ¥880、ランチセット¥1,200~。


ルンビニ  
カレーとナンの店。ナンが大きくてボリューム満点。ランチメニューも豊富。
 所在  明和町金剛坂816-53。  電話  (0596) 52-6770  WEB  
 営業時間  11:00~14:30、17:00~22:00。  予算  ¥700~、アジアンランチ¥1,260。

中級[編集]

イル・ドラマティコ  
本格イタリアンの店。
 所在  明和町佐田941-47。  電話  (0596) 52-7656  WEB  
 営業時間  11:00~15:00(ラストオーダー14:30、お昼は予約不可)、

17:30~22:00(ラストオーダー21:00)。

 予算  ¥1,000~。


大山  
和食中心のレストラン。ボックス席、座敷、個室、80人を収容できる宴会場もある。日替わりランチから宴会用コースまである。
 所在  明和町竹川33-5。  電話  (0596) 52-2333  WEB  [13]
 営業時間  11:00~22:30。  予算  日替わりランチ¥950、宴会¥3,150~。


レストランRyu  
フランス料理の店。明和町産の野菜類や、自家製生ハムや産地直送の魚等を使うなどこだわりを持っている。
 所在  明和町金剛坂776-21。  電話  (0596) 52-6440  WEB  [14]
 営業時間  11:30~13:30、18:00~20:30。  予算  お気軽ランチメニュー¥1,350、ランチコース¥2,700~。

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

ファミリーロッジ旅籠屋・松阪東店  
自動車旅行に最適なアメリカンスタイルの素泊まりの宿。
 所在  明和町行部八ツ川535-1。  電話  (0596) 55-4488
 FAX  (020) 4622-9523
 WEB  [15]
 e-mail  [16]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 11:00   料金  ¥5,250~。

中級[編集]

高級[編集]

出かける[編集]

伊勢神宮伊勢市) — 皇大神宮(内宮)と豊受大神宮(外宮)の総称。皇大神宮の祭神は天照大神、豊受大神宮の祭神は豊受大神である。20年に1度、御正殿をはじめ神宮すべての神殿や神宝を新しく作り替え、御神体を新宮に移す式年遷宮が行われる。明和町から20㎞。


Wikitravel Shared Logo 明和町に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「明和町 (三重県)」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。