何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

明の十三陵

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
明の十三陵

Default Banner.jpg

明の十三陵とは、中国北京昌平区天寿山にある明代の皇帝、后妃の陵墓群である。

分かる[編集]

北京市郊外にあり、明朝の皇帝や皇后などの墳墓が一帯に固まって存在している。八達嶺からも近く、両者を抱き合わせて観光ツアーが組まれることが多い。ユネスコの世界遺産に登録される。

公開陵墓[編集]

  • 長陵
第3代皇帝永楽帝の陵墓
  • 昭陵
第13代皇帝隆慶帝の陵墓
  • 定陵
第14代皇帝万暦帝の陵墓

未公開陵墓[編集]

  • 献陵
第4代皇帝洪熙帝の陵墓
  • 景陵
第5代皇帝宣徳帝の陵墓
  • 裕陵
第6代皇帝英宗の陵墓
  • 茂陵
第9代皇帝成化帝の陵墓
  • 泰陵
第10代皇帝弘治帝の陵墓
  • 康陵
第11代皇帝正徳帝の陵墓
  • 永陵
第12代皇帝嘉靖帝の陵墓
  • 慶陵
第15代皇帝泰昌帝の陵墓
  • 徳陵
第16代皇帝天啓帝の陵墓
  • 思陵
第17代皇帝崇禎帝の陵墓

着く[編集]

バスで[編集]

定陵・長陵[編集]

北京前門から5路で徳勝門へ。徳勝門で345快に乗車。終点の昌平東関で314路に乗換える。神道の脇を通り定陵に停車して終点は長陵。運賃は5路、345快、314路ともに1元。

昭陵[編集]

前門から5路で徳勝門へ。徳勝門で345快に乗車。昌平西環南路にて22路に乗車。終点の昭陵下車。定陵からも徒歩で行ける。所要時間は約20分。運賃は5路、345快ともに1元。22路は2元。

神道[編集]

前門から5路で徳勝門へ。徳勝門で345快に乗車。終点の昌平東関で314路に乗換え大宮門下車。運賃は5路、345快、314路ともに1元。

車で[編集]

動く[編集]

列車で[編集]

バスで[編集]

足で[編集]

観る[編集]

長陵  
長陵は天寿山の主峰南麓に位置しており第三代皇帝永楽帝と徐皇后の陵墓である。明十三陵の中では最も建築規模が大きく造営された時期も最も早い。
 所在  北京市昌平区十三陵特区  電話  -  WEB  [1]
 開場時間  8:00~17:30(16:30入場券販売停止)  料金  45元
長陵
昭陵  
昭陵は大峪山東麓に位置しており第13代皇帝隆慶帝と皇后3人が埋葬されている。1985年6月から復元修繕工程が始まり、1987年4月に工事が開始され1990年8月に宰牲亭、神厨、神庫以外が完成。1990年9月1日に旅游景点として正式に対外開放される。1992年には宰牲亭、神厨、神庫の復元修繕工程が開始された。明十三陵の中では大規模に復元修復された陵園である。
 所在  北京市昌平区十三陵特区  電話  -  WEB  [2]
 開場時間  8:30~17:30  料金  4/1~10/31 30元 11/1~3/31 20元
昭陵
定陵  
定陵は第14代皇帝万暦帝と皇后2人が埋葬されている。定陵は前方後円形で古代中国の哲学概念”天圓地方”に象徴されている。定陵の造営は早く万暦12年(1584)に始まり6年後に完成する。費やされた銀は800万両にもなる。陵墓完成時、万暦帝はまだ28歳であった。1620年になりようやく定陵は使用されることになり陵墓が完成して30年が過ぎていた。定陵は明十三陵の中で3番以内に入る規模の大きさである。その規模は面積18万平方メートルになる。定陵は中国の統一王朝で唯一発掘され現在は地下宮殿が一般公開されている。
 所在  北京市昌平区十三陵特区  電話  -  WEB  [3]
 開場時間  8:30~18:00  料金  4/1~10/31 65元 11/1~3/31 45元
定陵
神道  
神道(神路とも呼ぶ)は明十三陵への入口になっており、ここから13の皇帝陵墓への道がつながっている。石牌坊、大紅門、碑楼、石像、龍鳳門などで構成されている。
 所在  北京市昌平区十三陵特区  電話  -  WEB  [4]
 開場時間  4/1~10/31 8:30~18:00 11/1~3/31 8:30~17:00  料金  4/1~10/31 30元 11/1~3/31 20元
神道


遊ぶ[編集]

買う[編集]

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

高級[編集]

出かける[編集]

外部リンク[編集]

この記事「明の十三陵」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。