何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

日高

提供: ウィキトラベル
日高支庁から転送)
移動先: 案内検索
日高

Default Banner.jpg

日高地方(ひだかちほう)は北海道の道央南部にある地方。十勝地方上川地方胆振地方と接し、太平洋に面している。[1]



地域[編集]

市町村[編集]

その他の旅行先[編集]

分かる[編集]

日高地方の面積は4,811.9平方kmで、和歌山県・福岡県にほぼ等しい。

西を太平洋に面し、東に北海道の背骨に当る日高山脈が連なる細長い地域である。平野が少なくほぼ8割が山林を占める。管内は軽種馬生産数が国内総生産の約8割を占めており、牧場が多く、名馬を見に来たり乗馬を楽しむ観光客が多い。また、二風谷アイヌ資料館や静内二十間道路のエゾヤマザクラの並木などがあり、アポイ岳は4月から10月まで高山植物が花を開いている。山脈と襟裳岬は日高山脈襟裳国定公園に指定されている。

着く[編集]

日高地方内には空港が無い為、新千歳空港を利用することになる。なお、静内・浦河には直行バスがある。

鉄道路線は、日高本線が苫小牧から新冠町・新ひだか町・浦河町・様似町を結んでいる。

道路は、苫小牧から新冠町・新ひだか町・浦河町・様似町を国道235号が、広尾から山越えで浦河まで国道236号、海沿いに様似まで国道336号が、旭川から富良野市・日高町・平取町を経由して浦河町まで国道237号が結んでいる。

バスは、札幌から日高行きおよび浦河行き、新千歳空港から浦河行きの都市間バスがある。また、占冠村から日高まで、十勝の広尾町から襟裳岬を回って様似町までの路線バスがある。

動く[編集]

利用できる鉄道路線は、日高本線のみ。

バスは、富川駅から平取町経由で日高ターミナル行き、浦河・様似・えりもを結ぶ日勝線などがある。

観る[編集]

  • 日高ケンタッキーファーム(日高町)
  • 日勝峠(日高町)
  • 二風谷アイヌ資料館(平取町)
  • 優駿スタリオンステーション(新冠町)
  • 静内二十間道路(新ひだか町)
  • 競走馬のふるさと日高案内所(新ひだか町)
  • うらかわ優駿ビレッジAERU(浦河町)
  • 馬事資料館(浦河町)
  • アポイ岳高山植物群落(様似町)
  • 襟裳岬(えりも町)
  • 黄金道路(えりも町)

遊ぶ[編集]

  • 三石温泉(新ひだか町)

食べる[編集]

飲む[編集]

気を付ける[編集]

出かける[編集]

この記事「日高」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。