何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

日本の名物料理・郷土料理

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
日本の名物料理・郷土料理

Default Banner.jpg

これは「旅のテーマと主な目的地」の記事です。( → 世界の料理 へ戻る)

日本の名物料理・郷土料理では、日本国内で食べることができる料理の紹介や、食べ方などについて紹介する。 郷土料理やB級グルメ、ご当地グルメ等と呼ばれる地域独特の料理を見たり食べたりすることも、旅の醍醐味の一つである。

郷土料理百選」の記事も参照。

地元名物を宣伝する地元ゆかりのチェーン店企業

最初は小さい店でも、企業化してチェーン店になると問題点もでるものである。飲食店でも地元料理として微妙となった例も少なくない。例えばリンガーハットは長崎県発祥のチェーン店で、ちゃんぽんの文化を伝えているが、万人向けを求めたのか、砂糖を効かせる長崎の味とは言いがたい。佐世保市ではハンバーガーチェーンと佐世保バーガーは別物である。広島県のお好み焼きや名古屋市の名古屋めしも、地元と観光客は求めるものが違うため、店選びは店の対象が誰か気にする必要がある。「丸亀」を名乗る讃岐うどんの「丸亀製麺」は、四国にも出店しているが、関係者は丸亀市とは無関係である。

現地料理を選ぶとき、「本来の味」を求めるか、「万人向け」を求めるかで答えが違うものである。

(注)料理の画像については、スペースの関係で、各都道府県につき一枚程度に絞り込んで掲載している。その他の料理の画像については、各市区町村のページを参照のこと。


北海道[編集]

ジンギスカン鍋
  • ジンギスカン — 北海道を代表する郷土料理。マトンやラムと言った羊肉を用いた焼き肉料理。中心が凸型になっているジンギスカン鍋を用いるのが特徴である。  所在  北海道全域。
  • 石狩鍋 — 北海道を代表する郷土料理。鮭、豆腐、タマネギ・キャベツ・ダイコン等の野菜、昆布で出汁を取った味噌仕立ての汁で煮込んだ料理。山椒を振りかけて食べる。  所在  北海道。
  • 豚丼 所在  北海道帯広市等、十勝エリア。
  • ちゃんちゃん焼き — 北海道を代表する郷土料理。塩、胡椒を振った鮭、野菜をバターを塗った鉄板にのせ、酒、白味噌、みりん等で作った調味液で蒸し焼きにし、最後に鮭の身を崩し野菜と混ぜて食べる料理である。  所在  北海道。
  • エスカロップ — きのこ入りのバターライスの上に薄切りのトンカツを載せデミグラスソースをかけた料理。  所在  北海道根室市 WEB  [1]
  • 札幌ラーメン 所在  北海道札幌市
  • やきとうきび (焼きとうもろこし) — 春から秋にかけての、札幌市の名物の一つ。北海道の人の話では「とうもろこしは、収穫してから半日くらいの間に調理しないと、糖度が急速に落ちてしまう。だから、本当にうまいとうもろこしは、産地の北海道でしか味わえない」とか。値段も¥200程度と格安。  所在  札幌市内の大通公園などの出店で。
  • じゃがバター — 夏季、大通公園のとうきびワゴンで焼きとうきびと一緒に売っている、北海道の名産品の一つであるじゃがいもを蒸かしたもの。塩とバターが付いて¥200で売っている。  所在  札幌市内の大通公園の出店で。
  • 旭川ラーメン — トンコツや魚介類の両方でダシを取った中細の縮れ麺を使った醤油ラーメン。スープにラードで膜をつくり、冷めにくいようにしている。トンコツを使っているものの博多ラーメンのように豚の臭みはない。1杯あたり¥700前後。  所在  北海道旭川市
  • 函館ラーメン — 札幌、旭川、釧路と並ぶ北海道4大ラーメンに数えられる。あっさりとした塩味が特徴。  所在  北海道函館市
  • 松前漬け — 松前藩の郷土料理である。切り昆布とイカのするめ・数の子等を醤油や専用調味液で漬けた料理である。  所在  北海道松前町

東北[編集]

青森県[編集]

  • せんべい汁 — 青森県八戸市周辺の郷土料理である。南部せんべいを用いた醤油味の汁物である。  所在  青森県八戸市周辺。  WEB  [2]
  • いちご煮 — 青森県の三陸海岸周辺の郷土料理である。ウニとアワビの吸物。塩と僅かな醤油のみで味付けされており、ウニやアワビを贅沢に味わうことができる。  所在  青森県八戸市周辺。
  • バラ焼き — 青森県十和田市周辺のご当地グルメである。大量のタマネギとバラ肉を甘辛いタレで焼いた食べ物である。  所在  青森県十和田市三沢市周辺。  WEB  [3]
  • ねぶた漬け — 数の子、するめ、きゅうり、大根、昆布、といった海の幸・山の幸をしょうゆ漬けにした食べ物。お酒のつまみ、ご飯のおかずにもなる。  所在  青森県。

秋田県[編集]

横手やきそば
  • きりたんぽ — 秋田県の郷土料理である。杉の棒につぶしたご飯を竹輪のように巻き付けて焼き、食べやすい大きさに切ったものである。鶏ガラスープの鍋で煮込んだり、味噌をつけて焼いて食べたりする。  所在  秋田県
  • いぶりがっこ — 秋田県内陸地方南部に伝わる漬物で、大根などを囲炉裏の上につるし、燻製にしてから、米糠と塩で漬けた漬け物である。  所在  秋田県湯沢市
  • 稲庭うどん 所在  秋田県
  • 横手やきそば — 秋田県横手市のご当地グルメである。味付けは甘めのソース。主な具材はキャベツと豚ひき肉、半熟の目玉焼きがトッピングされる。つけ合せに福神漬けがつく。  所在  秋田県横手市  WEB  [4]


岩手県[編集]

わんこそば
  • わんこそば — 食べ方に特徴のあるそばである。食べ方のスタイルとしては、「一口大のそばを客のお椀に入れ、客はそれを食べる。食べ終わるたびに、給仕がそのお椀に次々とそばを入れ続ける。満腹になった場合は、お椀のふたを閉める。」の様な形が一般的である。  所在  岩手県盛岡市花巻市など。
  • 盛岡冷麺 — 岩手県盛岡市周辺で食べられている郷土料理。小麦粉、片栗粉などを用いた強いコシの麺を用いた冷麺。キムチは主に大根、付け合わせにリンゴ、スイカ、梨等の果物が載せられているのが特徴である。  所在  岩手県盛岡市。
  • 盛岡じゃじゃ麺 — 岩手県盛岡市周辺で食べられている郷土料理。きしめんかうどんのように感じられるじゃじゃ麺独特の麺に、特製の肉味噌、キュウリ、ネギをかけ、好みでラー油、おろしショウガ、ニンニクで食べる。  所在  岩手県盛岡市。


山形県[編集]

  • 芋煮 所在  山形県
  • 玉こんにゃく 所在  山形県
  • だし — 山形県村山地方の郷土料理。夏野菜と香味野菜を細かくきざみ、醤油などで和えた料理。白飯に載せたり、豆腐の薬味として使用したりする。  所在  山形県山形市等、村山地方。

宮城県[編集]

  • ずんだ餅 所在  宮城県
  • 牛タン 所在  宮城県
  • 笹かまぼこ — 白身魚の淡泊な味の蒲鉾。特徴は笹の葉の様な形状である。生のままワサビ醤油で食べるのが一般的。  所在  宮城県仙台市等、沿岸部。
  • 白石温麺 (しろいしうーめん) — 油を使わず、小麦粉と塩水だけで作った麺。10cm程度の短い長さで売られているのが特徴。暖めても冷やしても食べられるが、名前の通り、暖かい方が人気がある。  所在  宮城県白石市

福島県[編集]

なみえ焼きそば
  • 凍みもち — 草餅を、水に浸し凍らせ、寒風に晒して乾燥させた保存食。  所在  福島県
  • 凍天 (しみてん) — 凍み餅を水でもどし、ドーナツ生地でくるんで油で揚げたおやつ。ドーナッツ生地と凍みもちの食感が独特。  所在  福島県南相馬市
  • なみえ焼きそば — 福島県浪江町で50年以上の続く地域の味。太めの麺に、具はモヤシと豚肉のみのソース味の焼きそば。現在、東日本大震災による福島第一原子力発電所事故の影響により避難先の福島県二本松市で製造・販売が続けられている。B-1グランプリin姫路では、投票の結果 4位に選ばれた。  所在  福島県浪江町 WEB  [5]
  • 貝焼き — 福島県いわき市の郷土料理。新鮮なムラサキウニをほっき貝の殻に山盛りに盛りつけ蒸し焼きにしたもの。そのまま食べることも出来るが、貝のまま火であぶったり、オーブンや電子レンジで暖めたりしてから食べると風味がよい。  所在  福島県いわき市
  • 紅葉漬け (こうようづけ) — 福島県中通地方北部の郷土料理である。鮭の身、卵を米麹でつけ込んだ発酵食品。出来上がりの色や製造する時期から紅葉漬けと名付けられたと言われている。  所在  福島県福島市等、中通り地方の北部。
  • いかにんじん — 福島県中通地方北部の郷土料理である。スルメイカと人参を細切りにし、醤油、日本酒、みりん等で味付けしたもの。冬場の料理であり、正月には欠かせないメニューである。時期になればスーパーなどで販売されたり、居酒屋で供されたりする。各家庭ごとの味があるため、食べ比べできる機会があれば試してみるのも面白い。  所在  福島県福島市等、中通り地方の北部。
  • ラヂウム玉子 — いわゆる温泉玉子であるが、福島県内では「ラヂウム玉子」もしくは「ラヂウム」と呼ばれ親しまれている。  所在  福島県福島市飯坂温泉。
  • カンニャボ — キセル貝の一種で昔から肝臓に効くと言われている。アルコールの友として錠剤で販売されているものもあるが、カンニャボのドリンクやカンニャボ粉末入りのお茶など、色々な形のカンニャボが売られている。  所在  福島県郡山市付近。
  • 白河ラーメン — 福島県白河市周辺で作られるご当地ラーメンである。麺は多加水の幅広縮れ麺、具はネギ、チャーシュー、メンマ、鳴門巻き、ホウレンソウ等。チャーシューは縁を食紅で赤く塗った特徴的なモノが使われる。とら食堂が発祥と言われている。  所在  福島県白河市等。
  • 円盤餃子 — 円形になるようにならべて焼いた餃子。多めの油で焼くので、焼いた面が揚げ餃子のようになる。  所在  福島県福島市付近。
  • こづゆ — 福島県会津地方の郷土料理。豆麩、ギンナン、一口大に刻んだ里芋、人参、シラタキ、シイタケ等を具に、ホタテの貝柱を使用したあっさりとした味付けの汁である。  所在  福島県会津若松市等、会津地方
  • にしんの山椒漬け 所在  福島県会津若松市等、会津地方。
  • ソースかつ丼 所在  福島県会津地方。
  • 馬刺し — 福島県会津地方には桜肉を食する文化がある。馬刺しは辛し味噌を醤油で溶いて付けて食べるスタイルである。会津全般で食されているが、特に会津坂下町が有名。  所在  福島県会津地方。


  • 喜多方ラーメン — 福島県喜多方市周辺で作られるご当地ラーメンである。日本三大ラーメンの一つ。太めの平打ち縮れ麺、具はチャーシュー、ねぎ、メンマ、もやし。醤油味がベースの事が多い。  所在  福島県喜多方市 WEB  [6]
  • 高遠そば (たかとうそば) — 大内宿名物。コシの強い蕎麦、冷たいだしに大根おろし、鰹ぶしをかける。特徴は箸の代わりに長ネギを使用し、ネギをかじりながら食べる。  所在  福島県下郷町 大内宿。

関東[編集]

茨城県[編集]

  • 納豆 所在  茨城県水戸市
  • アンコウ鍋 所在  茨城県。
  • たらし — 緩く溶いた小麦粉に醤油やソースで味付けをし、鉄板で焼いたシンプルな料理。駄菓子屋などで提供される。  所在  茨城県大洗町

栃木県[編集]

関東・栃木 レモン。
  • レモン牛乳 — 牛乳に甘味料とレモン香料を加え黄色く着色した飲み物。レモンは原材料に含まれておらず無果汁の表記がされている。栃木県付近で愛飲されている乳飲料である。関連商品も作られており、レモン牛乳を使用したクッキーやアイスクリーム、クランチチョコ、クレープ、ウィンナーなども販売されている。近年は法律改正の影響で「牛乳」を名乗ることが出来なくなったことから、商品名は「関東・栃木レモン」の様に牛乳と表記しなくなっている。アイスクリームなどは爽やかな口当たりで結構いける。  所在  栃木県。
  • ゆば料理 — ゆばとは、豆乳を煮た際に表面にできる膜を引いたもの。精進料理には欠かせない食材である。日光で作られるゆばは厚みがあるのが特徴で、生のまま刺身として頂いたりする。  所在  栃木県日光市


群馬県[編集]

  • 煮ぼうとう 所在  群馬県伊勢崎市等。
  • 水沢うどん 所在  群馬県渋川市
  • ソースカツ丼 - 丼飯の上に味噌とソースをブレンドしたタレに潜らせた豚カツを載せた物。

埼玉県[編集]

ゼリーフライ
  • ゼリーフライ — 明治の後期頃から長らく市民のおやつとして親しまれてきたスナックで、フライと並び、当地を代表するB級グルメの一つ。名前からゼラチンゼリーを揚げたような食べ物を想像してしまうが、実際はおからとじゃがいもを練って小判型に揚げたもので(ゼリーフライの「ゼリー」とは「銭」が訛ったものだという説が定説化している)、ちょっとベシャっとしたコロッケといった感じの食感である。フライ同様、ソースを塗って食べる。値段は1個大体¥60ほど。水城公園をはじめ、市内の見どころの近くや街中に専門店が点在している。  所在  埼玉県行田市
  • 行田フライ — 昭和初期に行田の主要な産業であった足袋の工場で働く女工さんたちのおやつとして人気があったスナックで、現在行田を代表するB級グルメのメニューの一つになっている。お好み焼きとクレープの中間の様な、小麦粉を溶かして鉄板の上に薄く流して焼いた料理で、関東風お好み焼きに近い(名前から想像するような、魚に衣を付けて揚げたものではない)。これにソースや醤油を塗って食べる。店によって、イカ入り、豚肉入りなどのバリエーションがある。市内には、30店ほどフライを扱っている店があり、街中をあるけば比較的簡単に見つけることができる。店や具の内容によって異なるが、1枚¥300~¥500前後。  所在  埼玉県行田市
  • やきとん — 埼玉県東松山市のご当地グルメ。焼き鳥のように豚肉を串に刺し塩焼きし、唐辛子などをブレンドしたピリ辛味噌だれを塗って食べる。  所在  埼玉県東松山市
  • 加須うどん (かぞうどん) — 加須市の郷土料理。江戸中期、不動ヶ岡不動尊總願寺の門前で参拝客に持て成したのが始まりと言われている。コシが強いのが特徴であり、多くの場合、もりうどんで食べる。  所在  埼玉県加須市


  • 鳩ヶ谷ソース焼きうどん — 地元企業であるブルドックソースと共同開発した焼うどん専用のソースを用いた「ソース焼うどん」。旧鳩ヶ谷市内のうどん店や居酒屋などで楽しむことができる。一部の店舗では専用ソースの販売も行っており、自宅で手軽にソース焼うどんを楽しむこともできる。  所在  埼玉県川口市(旧:鳩ヶ谷市)。  WEB  [8]

千葉県[編集]

  • ゆでピーナッツ — 掘りたてのピーナッツを殻付きのまま塩ゆでにした料理。  所在  千葉県八街市等。
  • 瓜の鉄砲漬 — 中をくりぬいて塩漬けした瓜に紫蘇で巻いた唐辛子を詰め、醤油で漬けたもの。  所在  千葉県成田市
  • なめろう ― 鯵などを刺身にし、味噌やネギなどを混ぜてとろみが出るまでたたく。
  • 川魚料理 - 利根川沿いなどでは、鰻はもちろん鯉や鮒を食べる食文化が根付いている。鯉は甘露煮、鮒はスズメ焼きが有名。

東京都[編集]

  • からし焼き — 十条付近で食べられている料理。ニンニクやショウガなどで豚バラ肉や豆腐を炒め、上にキュウリの千切り、刻みネギを掛けた料理である。非常に甘辛い。  所在  東京都北区十条。
  • もんじゃ焼き 所在  東京都下町エリア。月島など。  WEB  [9]
  • 深川めし — アサリの味噌汁を、茶碗や丼にのせた飯にかけたもので、短気な江戸っ子が飯と汁物を一気に食べられるように考案されたと言われている。  所在  東京都江東区深川。
  • 武蔵野うどん — 多摩地域に伝わるうどん。一般的なうどんと比較すると、太く、茶色がかっており、腰が強いのが特徴。  所在  東京都東村山市等、東京多摩地域より埼玉県西部にかけてのエリア。
  • ねぎま鍋 — ネギとマグロを、醤油、日本酒や出汁で煮た料理。江戸の町で好まれた。当時は、脂が多くのったトロの部分は食べること無く肥料にされるか廃棄されるかであった。それらを工夫して食べられるようにした庶民の料理である。現在ではトロが高級になってしまったため、ねぎま鍋も高級料理となってしまった。  所在  東京都
  • どぜう鍋 — 東京下町の伝統料理。ドジョウを煮た鍋料理。  所在  東京都台東区浅草周辺。
  • 柳川鍋 (やながわなべ) — 開いたドジョウと笹掻きにしたゴボウを味醂と醤油で煮て卵でとじた鍋。江戸時代より食べられている郷土料理である。  所在  東京都中央区日本橋横山町等。
  • 佃煮 — 海産物を砂糖と醤油で甘辛く煮付けた保存食。  所在  東京都中央区佃島周辺。
  • くさや — 伊豆諸島の伝統料理。くさや液と呼ばれる独特の風味をもつ液に浸した後、天日干しに干物。発酵食品に分類されることもある。加熱すると強烈な臭いを発するため、調理する際には注意が必要である。  所在  東京都新島村等、伊豆諸島。

神奈川県[編集]

よこすか海軍カレー
  • よこすか海軍カレー — 「小麦粉を用いたルゥを用いる」「使う肉は牛肉、または鶏肉」「具はジャガイモ、タマネギ、ニンジン」「カレーライスには牛乳、サラダ、およびチャツネを添える」などの条件を満たしたカレーライスのこと。海軍隊員の曜日感覚を狂わせないように毎週食べさせていたカレーライスが横須賀に帰ってきた隊員から日本中に広まったと言われている。  所在  神奈川県横須賀市  WEB  [10]
  • ヨコスカネイビーバーガー — アメリカ海軍伝統のハンバーガーレシピをもとに作られたハンバーガー。「つなぎを使わない赤身100%の牛肉のパティ(ハンバーグ)」にオニオンやトマトを挟み、「自分でケチャップやマスタードをかける」アメリカン方式が取られている。  所在  神奈川県横須賀市  WEB  [11]
  • シラス丼 — 具材にシラスが盛られた丼料理。画像の右側が生シラスを使った生シラス丼、画像の左側が一度茹で上げた釜揚げシラス丼である2色丼。  所在  江の島  時間  禁漁により1~3月は生シラス丼は提供されない
  • かわさき餃子 — 特製の味噌ダレで作って食べる川崎市オリジナルの餃子。味噌ダレ:酢:ラー油 = 7:2:1の比率で作ったダレで食べるとよりおいしく食べれる。  所在  川崎市  WEB  [12]
  • 担々やきそば — 練りごまや豆板醤で味付けしているピリ辛のご当地焼きそば。地元のレモンやオレンジを添えたり隠し味に使った柑橘系や、温泉卵やゆで卵などをトッピングした玉子系の2系統がある。画像は担々やきそば発案店である「餃子ショップ」で出されている玉子系の担々やきそば。  所在  神奈川県湯河原町  WEB  [13]
  • 村岡マヨやきそば — 「マヨネーズで麺を炒める」「食べるラー油を添える」「隠し味にオイスターソースを使う」という3つの条件を満たしているご当地焼そば。  所在  神奈川県藤沢市  WEB  [14]
  • 厚木シロコロ・ホルモン — 本厚木駅周辺のホルモン屋のメニューとして食べられていたもの。豚の腸を開かずぶつ切りにし、下茹でせずに網焼きした料理で、丸まった形が特徴で中に脂が詰まっている。  所在  神奈川県厚木市  WEB  [15]


甲信越[編集]

新潟県[編集]

  • へぎそば — つなぎに布海苔を使った緑かかった蕎麦を、ヘギといわれる器に盛り付けた蕎麦である。当地ではわさびが取れなかったことからからしを使用するのが特徴である。近年はわさびが普通に流通していることから、からしではなくワサビで提供する店も多い。  所在  新潟県十日町市等。
  • イタリアン — 新潟県中越地方・下越地方独自の麺料理。太めの中華麺とキャベツ、もやし等でソース焼きそばを作り、様々な具材が入ったトマトソースを掛たものがスタンダードな材料である。掛けるソースにはバリエーションがあり、トマトソース以外にも、カレーソースやホワイトソース、エビチリ、麻婆豆腐等を掛けたものもある。  所在  新潟県新潟市長岡市など。

長野県[編集]

  • 信州そば 所在  長野県長野市
  • おやき — 小麦粉・蕎麦粉で作った皮に、小豆、野菜などで作った餡を包み、焼いた料理である。餡の種類は豊富で、小豆餡、野沢菜、茄子、おから、きのこ、かぼちゃ、切り干し大根等が一般的である。  所在  長野県長野市を始めとする、北信地方・安曇野地方。
  • ざざむしの佃煮 — 天竜川やその支流に生息するざざむしと呼ばれる水生昆虫を、醤油・砂糖で煮た料理で、長野県伊那地方の郷土料理である。  所在  長野県伊那市周辺など。
  • 野沢菜漬 — 野沢菜を大きな木の桶で塩漬けにしたもの。  所在  長野県野沢温泉村等。
  • ローメン — マトンと蒸し麺をいためたもの。  所在  伊那市

山梨県[編集]

山梨県は米があまり取れなかったため、粉食料理が発達している。

  • ほうとう — 小麦粉生地の麺をかぼちゃなどの野菜とともに味噌味で煮込んだ料理。煮込みうどんと似ているが、生地に塩を入れず寝かさないなどの点が異なる。このため麺にはコシがなく、汁の中に粉が溶け出してとろみとなる。  所在  山梨県全般
  • 吉田のうどん 所在  山梨県富士吉田市
  • おつけだんご 所在  山梨県大月市
  • おやき 所在  。
  • 甲府鳥もつ煮 — ニワトリのモツを砂糖と醤油で煮込んだ郷土料理。  所在  山梨県甲府市

北陸[編集]

富山県[編集]

石川県[編集]

金沢カレー
  • 河豚の卵巣の糠漬け — 石川県の郷土料理。致死性の高い毒素を持つフグの卵巣を2年以上にもわたって塩漬けおよび糠漬けにし、毒素を消失させている。ふぐ毒が消失する原因は未だによく分かっていない。  所在  石川県白山市旧美川町地域、金沢市金石、大野地区。
  • かぶらずし — 塩漬けした鰤の切り身を塩漬けした蕪の輪切りではさみ、甘酒で発酵させたもの。
  • 金沢カレー — やや細長いステンレス製のトレーにご飯全部を隠すようにしてやや濃厚でどろりとした感じのルーをかけ、その上に千切りキャベツとカツをトッピングしたご当地カレー。これを先割れスプーンやフォークを使って食べる。また、トッピングされているカツは東京などで普段食べるカツカレーに乗っているカツに比べてかなり細目に切られており、あらかじめソースがかかってくるのも特徴。トッピングのカツはロースカツがスタンダードだが、これをチキンカツやソーセージ、エビフライなどのオプションに替えることもできるし、これらを追加でトッピングすることもできる。ローカルメニューという位置づけだが、「ゴーゴーカレー」などの人気店が金沢以外の地域にも店舗を積極的に展開しているため、最近では首都圏や関西圏をはじめとする全国でも知名度が上がりつつある。


福井県[編集]

ソースかつ丼
  • 越前おろしそば — 主に辛み大根をぶっかけて食べる、冷たいそば。  所在  嶺北各地
  • 鯖寿司 — 焼き鯖の寿司。  所在  嶺南から越前海岸沿い、若狭湾にかけて。
  • へしこ小浜市が発祥。京都に鯖を運ぶ際、米ぬかと塩にまぶしたところ発酵しアミノ酸と塩味がましたのが由来。  所在  丹後から能登まで
  • へしこなれずし — へしこの塩を再度水抜きし、麹にまぶし2年くらい熟成させたもの(冬季のみ)。  所在  小浜市
  • ソースかつ丼 — 豚カツを甘いソースにのせソース出汁のかつ丼。福井市敦賀市などで味わえる。ちなみに卵かつ丼を注文する時は「上かつ丼」「玉子カツ丼」と言わなければ、ソースかつ丼が出る店が多い。  所在  嶺北、敦賀市


東海[編集]

岐阜県[編集]

  • ほう葉味噌 — 味噌をホオの木の派に乗せ、炭火で焼いて食べる。  所在  高山市
  • 各務原キムチ — 各務原にんじんと松の実が入っているキムチ。各務原市は韓国春川市と有効都市である。  所在  各務原市

静岡県[編集]

  • 静岡おでん (しぞーかおでん) — 濃口醤油、鶏ガラで作った黒いつゆを使用しており、すべての具が竹串に刺されている。だし粉と呼ばれるイワシの削り節や鰹節、青海苔をかけて食べる。黒ハンペンが特徴的である。  所在  静岡県静岡市 WEB  [16]
  • 富士宮やきそば — 静岡県富士宮市で食べられてきた焼きそば。地域興しのために後に名称を付与された。ビーフンを目指して作られたという麺に、油かす、削り粉が入るのが特徴である。  所在  静岡県富士宮市 WEB  [17]
  • 鰻の蒲焼き — 三島市内には、ウナギの有名店が数件あり、決して安い食べ物ではないにもかかわらず、休日ともなると長蛇の列を作る。特に、三島市広小路町にある桜屋が有名。  所在  静岡県三島市
  • 小あじ寿司 — 西伊豆町宇久須の名物。新鮮なあじで作る小振りの寿司。宇久須には数件、小あじ寿司を出す店があるが、三共食堂が特に有名。小あじ寿司と食す場合はカサゴ汁をセットするのがおすすめ。三共食堂の場合、小あじ寿司 ¥1,260、カサゴ汁 ¥840と若干値段が高いのが難点である。  所在  静岡県西伊豆町
  • 田子寿司 — 西伊豆町田子の名物。干瓢と椎茸を使った押し寿司。  所在  静岡県西伊豆町田子。
  • 西伊豆しおかつおうどん — ゆでたてのうどんに、しおかつおの焼き身、ごま、海苔、若布、鰹節と刻みねぎ、隠し味に出汁醤油を少量入れかき混ぜて食べるうどん。西伊豆の伝統的な保存食である「しおかつお」つかった料理である。  所在  静岡県西伊豆町。  WEB  [18]
  • きびなご寿司 — きびなごを使用した寿司で、いわゆる握り寿司の体裁ではあるが、きびなごはサイズが小さい魚の為、一貫に3匹ほどを使用している。恋人岬近くで営業する「味千」が有名である。  所在  静岡県伊豆市
  • ところてん — 昔から良質な天草が取れることで有名な土肥地方の名産品。酢醤油食べるほか、黒蜜にきな粉で出す店もある。  所在  静岡県伊豆市、土肥温泉周辺。
  • 浜松餃子 — 浜松市で供されている餃子。焼いた餃子にボイルしたモヤシが提供されるのが特徴である。  所在  静岡県浜松市


  • つけナポリタン — 洋風のトマトベースのソースにもちもちした麺を付けて食べる。  所在  静岡県富士市。
  • たまごふわふわ — 江戸時代に袋井宿で食べられていた名物。煮立てただし汁に卵を溶かし込んだふわふわの食感を持つ食べ物。  所在  静岡県袋井市。
  • おかべ焼きそば — 玉露パウダーを練り込んだ麺が特徴の焼きそば。地場野菜を使用し、肉やソースは使用していない。  所在  静岡県藤枝市。
  • 清水もつカレー — カレーと土手焼きから考案された。  所在  静岡県清水市。

愛知県[編集]

きしめん
  • ひつまぶし — 愛知県名古屋市周辺の郷土料理。ウナギの蒲焼を細かく刻み、小ぶりなおひつに入れた飯に載せて提供される。出されたひつまぶしは4等分し、始めは、そのまま茶碗に取り食べ、次に薬味を載せて食べ、最後にお茶やだし汁を掛けお茶漬けのようにして頂く。残りはこれらの3種類の中から最も気に入った方法で食べるのが流儀である。  所在  愛知県名古屋市等。
  • きしめん — 幅の広い平打ちうどんで、尾張地方の郷土料理。  所在  愛知県名古屋市等、尾張地方全般。
  • 味噌煮込みうどん — 愛知県、特に名古屋圏の郷土料理。麺は太くて固く、八丁味噌などで仕立てた濃い汁が特徴。  所在  愛知県
  • 小倉トースト — 食パンをトーストし、マーガリンまたはバターを塗った後、小倉あんを乗せたもの。いわゆる名古屋めしの一つである。  所在  愛知県
  • みそかつ — とんかつに八丁味噌で作ったたれをかけたもの。


三重県[編集]

  • 伊勢うどん — 三重県伊勢市を中心に食べられているうどん。たまり醤油に鰹節等の出汁を加えた黒く濃厚なつゆを、軟らかく煮た極太の麺に絡めて食べる。まったくコシがない麺が特徴。  所在  三重県伊勢市
  • 天むす — 塩味を効かせた海老の天ぷらを具にしたおにぎり。津市の天ぷら定食の店「千寿」が発祥と言われている。  所在  三重県津市等を始め、愛知県名古屋市等、中京圏全般。
  • 真珠漬 — 真珠生産時に出る阿古屋貝を粕漬けにしたもの。  所在  鳥羽市
  • しぐれ蛤 — ハマグリを醤油で煮たもの。  所在  桑名市

近畿[編集]

滋賀県[編集]

  • 鮒寿司 — 滋賀県の郷土料理。琵琶湖の固有種であるニゴロブナを使用した熟れ鮨(なれずし)。発酵による乳酸の酸味と香りが強く、臭い食べ物としても知られている。  所在  滋賀県


京都府[編集]

  • おばんざい 所在  京都府
  • 千枚漬け — 蕪の薄切りを、昆布、唐辛子とともに酢漬けにした漬物で、京都の郷土料理である。京都の冬を代表する漬物でもある。  所在  京都府。
  • すぐき — カブの変種である酸茎菜(すぐきな)で作った漬け物。京都の伝統的な漬物である。  所在  京都府京都市北区
  • 柴漬け — 茄子を刻んだ赤紫蘇の葉で塩漬けにした漬け物。  所在  京都府。
  • 京都ラーメン - 京都のイメージとはかけ離れた濃厚こってりラーメン。一説には九州のトンコツラーメンの影響とも言われている。


奈良県[編集]

  • 奈良漬 — 塩漬けにした瓜類などを酒粕に漬けたもの。  所在  奈良市
  • 柿の葉寿司 — 塩鯖と酢めしを柿の葉で包んだ押しずし。
  • 三輪そうめん — 奈良県の三輪地方で生産が盛んになったそうめん。偽ものと見分けるには鳥居のマークが書いてあるものを選ぶこと  所在  桜井市


和歌山県[編集]

  • 梅干し — 和歌山県は紀州南高梅の産地である。  所在  和歌山県
  • めはりずし — ご飯を高菜漬で巻いたもの。目を見張るほど大きいことより名前がついている。  所在  和歌山県南部・奈良県南部。


大阪府[編集]

串カツ
  • バッテラ — しめさばを用いた押しずし。  所在  大阪市
  • 串カツ — 大阪の串カツは牛肉などに衣をつけて揚げたもの。大きな共用のソース容器に入れてソースをつけて食べる。  所在  大阪市/浪速区
  • どて焼き — 牛すじ肉を白味噌で煮込んだもの。  所在  大阪市/浪速区。
  • お好み焼き — 生地と野菜を混ぜて鉄板で焼いたもの。焼き蕎麦と一緒に焼くと「モダン焼き」と呼ばれる。  所在  大阪市。
  • ねぎ焼き — 生地を鉄板に薄く延ばし、大量のねぎとすじ肉を乗せて焼いたもの。  所在  大阪市
  • たこ焼き — くぼみのある鉄板に生地とたこを入れて焼いたもの。  所在  大阪市。
  • はりはり鍋 — 水菜と鯨肉を鍋で煮込んだもの。  所在  大阪府を中心とした関西圏全般。
  • てっさ・てっちり — ふぐ料理。てっさはふぐ刺し、てっちりはふぐ鍋。  所在  大阪市


兵庫県[編集]

イカナゴの釘煮
  • イカナゴの釘煮 — 瀬戸内海東部の郷土料理。イカナゴ(コウナゴ、シンコ)を平釜で醤油、みりん、砂糖、生姜などで水分がなくなるまで煮込んだ佃煮の一種。  所在  兵庫県淡路島神戸市等。
  • そばめし — 神戸市長田区のご当地グルメ。焼きそばと飯を鉄板で炒め、ソース味を付けた焼飯である。  所在  兵庫県神戸市長田区
  • ぼっかけ — 神戸市長田区のご当地グルメ。牛スジ肉とコンニャクを甘辛く味付けして煮込んだ料理。  所在  兵庫県神戸市長田区。
  • 出石そば (いずしそば) — 豊岡市出石町を中心に食されている郷土料理。手塩皿(てしょうざら)と呼ばれる皿に、1皿2~3口程度の蕎麦を盛り、通常1人前5皿程度で供される。多くの店は1皿単位での追加注文も受ける。  所在  兵庫県豊岡市出石町。
  • 明石焼き 所在  兵庫県明石市
  • 揖保乃糸 — 播州名物のそうめん。細くてのど越しがよいのが特徴。  所在  たつの市
  • 松葉ガニ — 日本海の冬の名物(雄のズワイガニ)。県内では豊岡市の津居山港、香美町の柴山港、新温泉町の浜坂港に水揚げされる。
  • 香住ガニ — 日本海の冬の名物(ベニズワイガニ)。関西では香美町の香住港にだけ水揚げされ、その中でも品質の良いものが「香住ガニ」と称される。一般にズワイガニよりも安い価格で取引されるが、甘みとみずみずしさで松葉ガニよりも高い評価をする人もいる。


中国[編集]

鳥取[編集]

  • カレー鳥取市は世帯あたりカレールー消費量で日本一。
  • らっきょう — カレーのお供、水分の少ない砂丘地でも栽培できるらっきょうづくりが盛ん。  所在  鳥取市、北栄町など。
  • 二十世紀梨 — 農業が盛んな倉吉市には、全国で唯一のナシのテーマパーク「鳥取二十世紀梨記念館 なしっこ館」がある。
  • 砂丘ながいも — まっすぐ長く成長したサクサクの長芋。  所在  鳥取市、北栄町など。
  • 松葉ガニ — 日本海の冬の名物(雄のズワイガニ)。県内では鳥取市の賀露(かろ)港、岩美町の田後(たじり)漁港と網代(あじろ)漁港、境港市の境港港に水揚げされる。
  • モサエビ — “幻のエビ”とされるクロザコエビの鳥取での名称。9~5月が漁期。刺身はもちろん、味噌汁の具や塩焼きなどで供される。「もさえび煎餅」も特産品。
  • とうふちくわ — 魚肉だけでなく木綿豆腐を混ぜて蒸した竹輪。


島根[編集]

出雲の割子そば。
  • 出雲蕎麦 — 島根県で食べられている蕎麦。丸型の容器「割子」に入れられ、上から汁を注ぐ。奥出雲町の亀嵩駅では駅舎内に店があり、列車に持ち込むための蕎麦がある。  所在  島根県全域。
  • 宍道湖のシジミ — 全国のヤマトシジミ漁獲量のおよそ4割が、汽水湖である宍道湖産。  所在  松江市など。


岡山[編集]

  • カキオコ — お好み焼きの一種。焼いた牡蠣を入れるのは一緒だが、店によってベースが広島風、関西風、その他様々ある。夏場は牡蠣の変わりに海老を入れた「エビオコ」を出す店もある。  所在  備前市日生駅周辺。
  • 岡山ばらずし — 岡山県の郷土料理。季節の海鮮や山菜をふんだんに使ったちらし寿しである。具をお重の下に敷き詰めてから飯を詰めており、お重をひっくり返した時に、きれいに魚や山菜が現れるという工夫がされているのが特徴。
  • 蒜山おこわ (ひるぜんおこわ) — 蒜山に伝わる郷土料理。もち米に鶏肉、油揚げ、椎茸、フキ、ゴボウ、人参、栗などの材料で作るおこわ。  所在  岡山県真庭市蒜山。
  • しのうどん — 岡山県倉敷市の玉島にある曹洞宗の名刹・円通寺の修行僧が江戸時代に食していたといううどん。麺は帯状で長く1本でお椀1杯分程の長さがあるのが特徴。  所在  岡山県倉敷市
  • ドミカツ丼 — 岡山市の料理店が開発したカツ丼。卵とじでなく、キャベツを敷いた上にとんかつを乗せ、ドミグラスソースをかけたもの。  所在  岡山市
  • えびめし — ピラフをドミグラスソースで味付けしたもの。  所在  岡山市
  • ぶっかけうどん — うどんに具を乗せ、上から甘めのつゆをかけて食べるうどん。  所在  倉敷市


広島[編集]

広島風お好み焼き。
  • 広島風お好み焼き — キャベツなどの具と小麦粉を水で溶いた生地を混ぜずに重ねて焼くスタイルのお好み焼き。キャベツの量が多いこと、また、ソバ(中華麺)やうどんが入るのが特徴。広島では、単にお好み焼き、もしくは広島風お好み焼きと呼ばれ、広島焼き等とは呼ばない。  所在  広島県広島市等。
  • 広島風つけ麺 所在  広島県広島市等。
  • あなご飯 — 広島県の郷土料理。瀬戸内産のあなごを蒲焼きにし、うな丼のように盛りつけて頂く料理である。  所在  広島県廿日市市、広島市等。
  • 牡蠣料理 — 広島県は牡蠣の生産日本一。生牡蠣、蒸し牡蠣、焼き牡蠣や牡蠣を具材とした料理が多い。  所在  特に広島湾沿岸
  • 美酒鍋 (びしょなべ) — 広島県東広島市西条地域で作られる、日本酒を使った郷土料理。味付けは日本酒と塩・胡椒だけというシンプルな鍋料理である。具材にはニンニク、鶏肉、砂肝、豚肉等が用いられる。  所在  広島県東広島市西条。


山口[編集]

  • ふく料理 所在  山口県下関市
  • 岩国寿司 — 山口県岩国市周辺で作られる押し寿司。アジ等の身をほぐし混ぜ込んだ酢飯に、青菜、蓮根、椎茸、錦糸卵等をのせる。これを何層にも重ね、上から押して作る。岩国城内で食べられていた事から、殿様寿司とも呼ばれている。  所在  山口県岩国市
  • 瓦そば — 熱く焼いた瓦で茶そばと肉と卵を焼いたもの。  所在  下関市。


四国[編集]

香川県[編集]

骨付鳥
  • 讃岐うどん — 香川県の郷土料理。県内には800軒以上の讃岐うどん店があるといわれている。詳細は「讃岐うどん食べ歩き」参照。  所在  香川県
  • 骨付鳥 (ほねつきどり) — 特製のタレをつけ焼いた骨付きもも肉。一般的に食用にされる若い鶏(ひなどり)だけでなく、歯ごたえのある親どりも供される。  所在  丸亀市
  • 和三盆 (わさんぼん) — 伝統的な製糖方法で作られる高級砂糖。  所在  東かがわ市
  • オリーブ — 日本ではじめて小豆島で栽培に成功した。  所在  小豆島
  • 小豆島手延べそうめん — ゴマ油を用いた手延べ製法でつくられる。  所在  小豆島


徳島県[編集]

御所のたらいうどん
  • 徳島ラーメン — 豚骨醤油スープにネギや豚バラ肉、生卵がトッピングされているご当地ラーメン。スープの色が提供するお店によって異なり、濃口しょうゆで味付けされている「茶(もしくは黒)」系、薄口醤油で味付けされている「白」系、清湯(チンタン:塩や酒などで味付けされた澄んだスープ)で作られる「黄」系の3種類があり、見た目のインパクトが異なるのが特徴。  所在  徳島市など。
  • たらいうどん — 香川県境に近い御所地区の名物。  所在  阿波市
  • スダチ — 徳島県原産の柑橘類。果汁をふんだんに用いたリキュール「すだち酎」も愛飲されている。  所在  徳島市、阿南市など。
  • 鳴門鯛 — 渦潮で有名な鳴門海峡の速い潮流にもまれたマダイ。刺身や塩焼き、鯛めしなどで楽しめる。  所在  鳴門市
  • 鳴門わかめ — 鳴門の渦潮でもまれたわかめは歯ごたえが良い。地元では灰をまぶした「灰干しわかめ」が有名。  所在  鳴門市
  • なると金時 — 強い甘みとホクホクの食感で知られる、サツマイモの有名ブランド。  所在  鳴門市、松茂町など。
  • フィッシュカツ — 魚肉にカレー粉を混ぜ揚げたカツ。県東部で親しまれている食べ物。  所在  徳島市、小松島市など。
  • そば米 (そばごめ) — ソバの実を塩茹でし殻を剥いて乾燥させたもの。もともと祖谷(いや)地方の郷土料理だったそば米雑炊やそば米汁が、現在では県下で親しまれている。  所在  三好市など。
  • 「つまもの」の葉っぱ — 日本料理などで彩りをつけるために添えられる葉っぱ「つまもの」を、高齢のおばあちゃんたちが採取・販売するビジネスモデルで全国的に有名。  所在  上勝町


高知県[編集]

  • 皿鉢料理 (さわちりょうり) — 高知県の郷土料理で、大皿の大きさは90㎝以上あるものもあり、その上に小鉢などをたくさんのせ、おかずからデザートまでなんでものっている。宴会などでよく食べられる。  所在  高知県
  • 鰹のたたき — 高知県全域では漁業が盛んで、浜では3枚におろした鰹をわらで表面だけ焼き、切り身にする。薬味はにんにく、しょうがなど好みのものを使う。上述の「皿鉢料理」にも使用される。  所在  高知県の海岸一帯。


愛媛県[編集]

  • 伊予柑 — 名前にも「伊予」が付く愛媛県の特産品。たくさんのブランドがあり、スーパーでも同じ伊予柑が何種類もに分けられて並んでいる。厚い皮がある。  所在  愛媛県
  • じゃこ天 — 「じゃこ天ぷら」の略。宇和海では魚が豊富で、伊達氏がいた時代にはじまったといわれる。現在は、うどんやカレーなどの中にも入れられている。  所在  愛媛県宇和島市
  • いもたき — 大洲市で始まったといわれ、現在では愛媛県内に広まっている。「いもだき」と呼ばれることもある。  所在  愛媛県大洲市



九州・沖縄[編集]

福岡[編集]

とんこつラーメン
  • 焼きカレー — もとは料理店のまかない。余ったカレーにチーズと玉子を乗せ、グラタン風に焼いたところ美味だったので門司名物になった。現在は30店舗程度の店で提供されている。  所在  北九州市/門司区
  • ちゃんらー — 麺料理。出汁でちゃんぽん麺を煮込み、キャベツやもやしを炒める  所在  北九州市/門司区
  • 水炊き — 鶏肉を水から煮込み、最初にスープを味わい、鶏肉を食べた後に野菜を食べ、最後に雑炊を作る。  所在  福岡市
  • じんだ煮 — いわしや鯖などを糠みそで煮たもの。  所在  北九州市
  • おきゅうと — 海藻を煮出して細長く固めたもの。新潟県の「いごねり」との関連性が注目されている。  所在  福岡市
  • からしめんたいこ 所在  福岡市を筆頭に福岡県各地
  • もつ鍋 所在  福岡県福岡市。
  • ごまさば — 鯖の刺身をごま醤油に漬け込んだもの。そのまま酒のつまみに、あるいは茶漬けにする。鯖の刺身は福岡なら食あたりしないとされる。  所在  福岡県の海沿いの地域
  • 八幡ぎょうざ — 製鉄など重労働の地域であるため、にんにくを利かせた焼きぎょうざが人気。北九州市/八幡西区の黒崎駅近くで鉄のなべで焼いた状態で出る「鉄なべぎょうざ」はじめ、さまざまなぎょうざが存在する。  所在  北九州市/八幡西区北九州市/八幡東区
  • とんこつラーメン — 福岡の代表的な食べ物(ラーメン)で、乳白色の豚骨スープが食欲をそそる。ゴマ・紅しょうが・辛子高菜を自由に盛ることができる。麺の量がやや少なめであるが、「替玉(かえだま)」で腹を満たすことができる。  所在  福岡市一帯。
  • かしわめし — 鶏肉のだしで炊いたご飯に鶏肉を入れたもの。  所在  福岡県各地
  • 鰻のせいろ蒸し — 鰻の蒲焼をたれをまぶした飯を敷いた蒸篭の上に乗せ、蒸しあげたもの。  所在  柳川市

佐賀[編集]

  • くんち料理 — 唐津くんちの際に供されるアラと言う高級魚を中心にした豪華な料理群。以前は比較的簡単に食べられたが、最近は祭り関係者の知り合いでないとありつくのは難しい。  所在  唐津市
  • シシリアンライス — いわゆるご当地グルメ。飯の上にレタスやトマト、きゅうりなどの生野菜を盛り付け、さらに甘辛いタレで炒めた薄切り肉と玉ねぎを乗せ、その上に仕上げにマヨネーズを網かけした料理である。  所在  佐賀県佐賀市
  • たろめん — 大町町の名物。生姜の効いた牛骨スープにうどん麺を入れその上にチャンポンのように野菜を載せた麺料理。提供店の閉店により長らく途絶えていたが、各方面の努力により復活した。  所在  大町町
  • 牡蠣・竹崎かに — 有明海の名物。産地ではあぶって食べる牡蠣小屋が多くあり、シーズンになると牡蠣小屋からは牡蠣を焼く美味しそうな匂いをのせた煙が漂っている。一方、竹崎かには大き目のガザミのことで丸ごと一杯を茹でたものや、カニ飯、カニ汁といったカニ尽くし料理でもてなしてくれ、その濃厚なミソや卵の味にファンになる人も少なくない。  所在  太良町
  • いかしゅうまい — 唐津市の名物。イカのすり身を固めて蒸したもの。  所在  唐津市呼子。
  • 温泉湯豆腐 — 温泉の湯で煮込んだ湯豆腐。温泉の成分によって豆腐が溶けプルプルに柔らかくなり、お湯には溶けだした豆腐により白濁し、通常の湯豆腐とは全く違った味わいの料理になる。  所在  嬉野市
  • 須古(すこ)寿司 — 白石町の名物。押し寿司の上にムツゴロウのかば焼きを初めとした色とりどりの具材を載せたもの。  所在  白石町
  • 前海物を使った魚料理 — 前海(まえうみ)とは地元で有明海のことであり、通常の海でとれる魚介類とは異なりムツゴロウ、ワラスボ、メカジャ、アゲマキなど様々な個性的な魚介類がとれる。これらは独自の味わいがあり、これらを食せば旅の良い思い出になるだろう。  所在  有明海沿岸
  • 白石レンコン — 白石町の特産品。一般のシャキシャキした歯触りのレンコンとは全く異なり、煮るとホクホクモチモチとした里芋のような歯触りになるレンコン。  所在  白石町

長崎[編集]

長崎ちゃんぽん
  • トルコライス — ピラフ、ナポリタン、とんかつ、にカレーかドミグラスソースを掛けた料理。洋食屋などで提供される。トルコの料理ではなく、関連性も不明である。  所在  長崎県
  • ちゃんぽん — 肉・野菜・魚介類をラードで炒め、豚骨と鶏がらで取ったスープと中華麺を入れて煮込む麺料理。  所在  長崎市雲仙市小浜など。
  • 皿うどん — 2種類あり、肉・野菜・魚介類を炒めて片栗粉でとろみをつけた具は一緒だが、ちゃんぽん麺を焼いたものや細い麺を揚げたものに具をかける。  所在  長崎県。
  • 卓袱料理 (しっぽくりょうり) — 日本・中国・南蛮料理の要素を取り入れた、長崎の郷土料理。長崎市の老舗旅館や料亭などで食べることができる。豚の角煮などが有名。  所在  長崎市内各地。
  • ハトシ — 海老などの摺り身を食パンに挟んで揚げた物。  所在  長崎市内各地。
  • 具雑煮 — 島原の乱のとき天草四郎率いる一揆軍が食べたであろう雑煮を模したもの。  所在  島原市
  • 大村寿司 — 大村藩伝統の押しずし。  所在  大村市
  • 六兵衛 — 島原半島および対馬で食される、さつまいもの麺。真っ黒で短い麺だが、独特の味である。出汁を工夫して食べる。  所在  対馬市・島原半島


熊本[編集]

馬刺
  • 馬刺 — 馬肉を生で食べる料理。おろし生姜などの薬味に醤油をつけて食べる。熊本は本場として有名。
  • からし蓮根 — 熊本県の郷土料理である。蓮根の穴に和辛子粉を混ぜた麦味噌を詰め、麦粉・空豆粉・卵の黄身の衣をつけて菜種油で揚げて作る。
  • 太平燕(タイピーエン) — 春雨ヌードルに卵や野菜が入ったもの。熊本市内の中華料理店に多い。


大分[編集]

だご汁
  • 地獄蒸し — 魚や野菜などを別府の温泉の蒸気で蒸す。栄養分が逃げず、温泉の成分も含まれる料理になる。  所在  別府市
  • とり天 — 鶏肉にてんぷらのような衣をつけて揚げたもの。天つゆとからしで食べる。  所在  大分市別府市
  • 別府冷麺 — そば粉で作った麺に冷たい汁をかけたもの。専門店系(キャベツのキムチが特徴)と焼肉店系(韓国系冷麺に近い)がある。  所在  別府市
  • 中津聖地から揚げ — 中津市ではから揚げの人気が高く、店によって隠し味が異なる。  所在  中津市宇佐市
  • ごまだしうどん — 魚のすり身に味をつけて薬味としたもの。  所在  佐伯市
  • りゅうきゅう — 鰤の刺身を醤油だれにつけて乗せた丼。  所在  佐伯市周辺など大分県南部
  • だご汁 — 味噌汁の中に小麦粉を練った団子を入れた汁。  所在  大分県南部・熊本県
  • 鶏汁 — 鶏肉・ごぼう・しいたけを炊き出した田舎汁。豊後おがたん鶏汁  所在  大分県南部


宮崎[編集]

チキン南蛮
  • 冷や汁 — 家庭料理なので作り方は様々であるが、飛魚や鯵の身と麦味噌混ぜて焼いた物を、豆腐を入れただし汁に入れ、冷えたらきゅうりとご飯を入れて食べる、食欲の無い夏でもさっぱりと食べられる料理。郷土料理ともされている。
  • 地鶏炭火焼 — もも肉を炭火で焼き、塩を振ったもの。歯ごたえのある地鶏の風味がビールや焼酎に最適。
  • チキン南蛮 — 鶏肉に衣をつけて揚げ、甘酢に漬け、タルタルソースをかけたもの。延岡市内の食堂が発祥とされる。近年では定食屋や弁当チェーンのメニューとして全国的に知られるようになった。
  • レタス巻き — レタスと海老などをマヨネーズであえて巻き寿司にしたもの。宮崎市内の寿司店が発祥とされる。
  • 肉巻きおにぎり — 俵型のおにぎりに、醤油ベースの特製タレに漬け込んだ豚肉を巻き、オーブンで焼き上げたもの。


鹿児島[編集]

白くま
  • 薩摩揚げ — 魚肉のすり身の揚げ物。揚げ蒲鉾である。軽く焼いてショウガ醤油やからし醤油などで食べる。薩摩地方が発祥と言われている。  所在  鹿児島県
  • 白くま — 鹿児島の氷菓。かき氷の上に果物を盛り付け、その上に練乳、餡を載せたもの。  所在  鹿児島県鹿児島市
  • 酒ずし — 酢の代わりに酒をかけて作ったちらしずし。
  • 両棒餅 (ぢゃんぼもち) — 楕円状の団子に短い竹串を二本刺して焼き、みたらしダレで食べる餅。鹿児島市内の仙巌園茶屋や仙巌園周辺の茶店で販売している。  所在  鹿児島県鹿児島市


沖縄[編集]

沖縄そば
  • 沖縄そば — 沖縄の郷土料理の一つ。小麦粉のみで作られる太めの麺に、スープは豚ベースの醤油味、具には三枚肉や紅しょうがを使用する。  所在  沖縄県。
  • チャンプルー — 沖縄の郷土料理の一つ。チャンプルーとは「混ぜる」という意味であり、要するに炒めものの事である。一般的には、混ぜる材料を頭に冠して呼び、ニガウリの場合はゴーヤーチャンプルー、ヘチマの場合はナーベーラーチャンプルー、車麩の場合はフーチャンプルーの様に呼ぶ。  所在  沖縄県。
  • 島豆腐 所在  沖縄県。
  • 豆腐よう — 沖縄の郷土料理の一つ。島豆腐を米麹、紅麹、泡盛によって発酵・熟成させた発酵食品で、チーズのような独特の風味がある。食べる時は、一口で食べるのではなく楊枝か箸で少しずつ削ぎ落とすようにしながら少しずつ味わう。  所在  沖縄県。
  • ラフテー — 沖縄の郷土料理の一つ。豚肉の三枚肉を使用した角煮の一種。  所在  沖縄県。
  • ポーク玉子 — ポークランチョンミートと卵を使った料理。沖縄の大衆食堂の定番メニューである。  所在  沖縄県。
  • イラブー汁 — エラブウミヘビで出汁を取った汁。高級料理である。  所在  沖縄県。
  • サーターアンダギー 所在  沖縄県。
  • ヒラヤーチー — 小麦粉を水で溶いたものに、ツナ缶やニラ・小ねぎなどあり合わせの材料を混ぜて焼いた料理。好みで醤油やソースを掛けて食べる。沖縄版お好み焼きの様な存在である。  所在  沖縄県。


この記事「日本の名物料理・郷土料理」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。