何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

旅行会社の活用 (日本)

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
旅行会社の活用 (日本)

Default Banner.jpg

この項目では、日本国内を旅行する上で旅行会社を活用する方法について考えていきたい。

総論[編集]

どこかしこにある旅行会社。商店街やデパート・ショッピングセンターなどで目にする機会も多いものである。

しかし、旅行会社を使う上で知っておきたいことも多いものである。

JRの乗車券を売る旅行会社[編集]

原則として、JR券のみで手数料を徴収する例はない。

  • 日本旅行(JR西日本の駅などにも出店している。JR系。)
  • JTB(古くからの旅行会社)
  • 近畿日本ツーリスト(近鉄系)
  • 西鉄旅行(西鉄系)

などがある。

JRが経営する旅行会社には、

  • ツインクルプラザ(北海道)
  • びゅうプラザ(東日本)
  • JR東海ツアーズ(東海)
  • ワープ(四国)
  • JR九州旅行(九州)

がある。

私鉄・バス・フェリー・航空券などを買う場合[編集]

原則として手数料を徴収する。JTBの場合は私鉄・バス・フェリーは1枚当たり¥540(税込み)程度必要。

たとえば近鉄のしまかぜを購入する場合は乗車券・特急券・しまかぜ特別車両券に手数料がかかり、大きな損失になるが、近鉄沿線でない限りは1ヶ月前の発売日にあわせて買うには、提携の旅行会社しか方法がない。

バスはコンビニ、フェリーは電話やネット予約で港で支払いなどの方法があるので、こちらも考慮すること。

ツアー旅行[編集]

ツアーといって思い浮かべるものは、添乗員が旗を振って、ぞろぞろと観光地を歩き回るものと考えてしまうが、新幹線や飛行機とホテルの宿泊などだけで添乗員なしのプランもある。安く宿泊旅行したい場合はこれを利用したいものである。

新幹線・飛行機と宿泊施設のセット[編集]

新幹線や飛行機に安く乗るには、特定便と特定ホテルを一緒に買うと安く上がる例が結構ある。特に沖縄県京都市広島市などで顕著である。野球やお好み焼きの食事券、福岡市では屋台の割引券などもセットである。

旅館・ホテル[編集]

提携の宿泊施設と契約し、クーポンを発行するもの。宿泊に慣れなければ利用したいが、ネットでの予約が安いので旅慣れればあまり使うことも減るだろう。

ギフトカード[編集]

JTBや日本旅行には、旅行代金の支払いに使えるギフトカードがある。旅行好きの人にプレゼントもよかろう。また、プレゼントされたら旅行会社で切符を買うのに利用できる。ただし回数券は買えないなど制限もある。また、きっぷを買った場合はスタンプを押され、払い戻しが発行箇所以外でできないなど制限もある(運休や遅れの払い戻しは鉄道が現金で払う)。

JTBにはギフトカードがある。クレジットのJCBと提携していて、土産物を買うときにデパートや駅ビルで使える。使える店の詳細は付属の注意書きを読むこと。

旅行会社の活用のこつ[編集]

障害者の場合[編集]

障害を持つ人の旅も参照

障害者は、駅や施設の利用でも時間がかかる場合が多い。事前に旅行会社できっぷやクーポンを買っておくと、現地で手間がかからずスムーズである。

ヘビーユーザーになる[編集]

好みの旅行会社があれば、営業所も決めておき、窓口係員に感じのいい、手早くまじめな人がいれば、仲良くなっておくと良い。顔を覚えてもらっておくと、便宜までは図ってもらえないが、相談も面倒くさいことにならず、細かい注文やトラブルのときに役に立つ場合がある。

この記事「旅行会社の活用 (日本)」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。