何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

旅先でのスマートフォン活用術 (海外編)

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
旅先でのスマートフォン活用術 (海外編)

Default Banner.jpg

これは「お役立ち情報」の記事です。

この記事では、特に海外旅行の際の、渡航先でのスマートフォン活用術について紹介している。なお、国内旅行でのスマホ活用術については、旅先でのスマートフォン活用術 (国内編)を参照のこと。


概要[編集]

日本でも急速に普及が進み、もはや日常生活のあらゆる場面で登場するスマートフォン。海外旅行でもこれを旅先に携帯する人は多く、空港や機内などでスマホの画面に向かって端末を熱心に操作している光景をよく見かけるようになった。

ところで、スマホには、よく使われている電話機やインターネット端末、カメラなどの機能のほかにも、実にいろいろな機能が装備されている。従来は、それらのスマホで利用可能な機能を旅先で使おうと思ったら、それぞれの機器類や冊子などの道具を別個に持っていく必要があった(その分荷物もかさばった)が、スマホ1台あれば、それらが全て1台でこなせてしまう(つまり重い機器類の携行を劇的に減らすことができる)時代になった。その意味では、備わっている機能を十二分に使いこなすことができるのであれば、スマホというのは国内旅行以上に海外でとてつもなく有効なガジェットになりうる可能性を秘めていると言っても過言ではなかろう。

この記事では、電話やメール、インターネットなど、国内でも普通に用いているスマホの機能を海外で使う場合の使い方に加え、普段はあるのすら忘れているような、スマホに備わっている各種機能を特に海外の旅行先でどのように生かすことができるのかに焦点を当てて紹介してみたい(ここで紹介した機能は現地で咄嗟に思い浮かばない場合もあるので、ある種の備忘録としてこの記事を現地にプリントアウトして持っていけば、いざというとき、きっと何がしかの役に立つ)。

電話機として[編集]

スマホに期待される最もベーシックな機能の一つがこれであるが、海外ローミング契約をしておくことで、手持ちのスマホを海外に持ち出してそのまま日本との通話やメール送受信といった通信手段に使える。これは、国内の大手通信事業者(オペレータ)が海外各国の大手オペレータと提携し、比較的低廉な料金で国外の旅先と日本との通話を提供できるようにしているためである。このサービスを用いれば、空港で海外専用の携帯電話を別途レンタルする手間が省ける上、日本から連絡を取ろうとする場合、国内で用いている番号にかけさえすれば、海外でもそのまま電話が通じるのでとても便利である(ただし、海外の通信事業者との提携の状況により、使用できる環境はオペレータによって多少異なる)。

国内各社が提供する海外でのパケット定額サービスを利用する場合、一定額のサービス利用料が別途発生する。また日本国内でパケット定額サービスに加入する必要があるなど条件がある。

auの3G/GSM対応機種やソフトバンクの電話機でパケット定額サービスを用いる場合、手動で接続先の提携オペレータの設定をする必要がある。手動で提携オペレータを設定しない場合、端末が自動的に接続するオペレータを選択するが、仮にこれが提携先のオペレータでない場合、帰国後に法外な利用料金を請求される場合もありうるので、必ず手動で接続するオペレータを設定すること。また、ヨーロッパなど、複数の国を訪れる場合、国を移動するごとに設定を変える必要がある。定額対象外の国との国境付近では、定額対象外の事業者と接続しないよう手動で設定する方が良い。

Android系端末での設定
海外の目的地に着いて、スマホを機内モードから通常モードに切り替えてしばらくすると、日本の通信事業者がその地域で提携しているオペレータ名がSMSで送られてくるので、メニュー画面から「設定」→「その他の設定」→「ネットワーク設定」→「モバイルネットワーク設定」→「通信事業者」とメニューを選択する。通信事業者の画面でそのエリアで利用可能なオペレータが自動検索され、結果が表示されるので、そのリストの中からSMSで届いた事業者を選択する(メールで複数の事業者名が送られてきたときは、その中からいずれか一つを選択すればよい)。
iPhoneでの設定

なお、海外での電話利用について、詳細は各通信事業者のホームページ等を参照のこと。

インターネット端末として[編集]

スマホの設定を変えることで、海外での旅先でも、日本でインターネットを利用するのと同じような感覚で、ブラウザーでの情報検索やインターネットメールの利用が行える。

Wi-Fi経由[編集]

現地の公共施設(空港など)やホテルなどに備え付けられた無線LANのネットワークを利用する方法で、Wi-Fi環境に接続さえできれば、無料でインターネットサービスを利用することができる。また、日本国内でレンタルモバイルルーターを貸し出して海外で利用できるサービスがある。これを利用すると安くどこでもインターネットに接続できる。

Android系端末での設定
メニュー画面から「設定」→「Wi-Fi設定」を選択し、画面右上に表示されるスイッチを「ON」に変更すると、その地点で利用可能なWi-Fiネットワークの一覧が表示されるので、その中から一つを選択する。
iPhoneでの設定

Wi-Fi経由でのインターネット利用の場合、ネットワークによっては、利用規約への同意を求められたり(空港などの公共施設に設置されたWi-Fiを利用する場合、初期画面でこのような同意の画面が表示されることが多い。この場合は「同意する」のチェックボックスにチェックを入れさえすれば、大抵の場合そのまま利用可能になる)、あるいはパスワードの入力を求められたりすることがある(ホテルなどのWi-Fiを利用しようとする場合、初回の接続のみこのようなパスワードを求められることがある。パスワードはチェックイン時にフロントから情報を書いた紙を渡されることが多い)。

また、接続できる無線LANが用意されていないと、そもそも端末をインターネットにつなぐこと自体ができないので、下記に述べる現地オペレータ経由の場合より利用環境がかなり限定される。また、Wi-Fiに接続できる場合であっても、電波が弱いなどの理由で利用が不安定になったり、あるいは利用できないケースもあるので注意。

現地のオペレータ経由[編集]

上に紹介した、定額の海外パケットサービスを利用し現地の提携オペレータに接続することで、インターネットを利用する方法。上記Wi-Fi経由でのインターネット接続よりも確実にインターネットに接続できるが、別途利用料金(定額の場合でも1日につき¥2,980前後)が発生する。日本時間を基準として定額料金を計算するサービスの場合、ほとんど使用しなくても日本の日付が変われば二日分課金されるので注意。

設定方法は以下のとおり。

Android系端末での設定
メニュー画面から「設定」→「その他の設定」→「ネットワーク設定」→「モバイルネットワーク設定」とメニューを選択し、そこに出てくる「データローミング」の項目にあるチェックボックスにチェックを入れることで利用可能になる。なお、データローミングにチェックを入れたままにしておくと、例えば国をまたぐような移動の際などは、移動の度ごとに端末が提携先のオペレータかどうかなど関係なく、一番つながりやすいローミング先を勝手に選択して接続してしまい、それが後になって法外な額の請求につながったりする可能性があるので、利用が終わったら、一旦チェックボックスをオフにしておくように。
iPhoneでの設定


現地SIMを購入する[編集]

端末とオペレータの周波数帯の確認が必要、SIMロックの確認・解除が必要、ある程度のの現地語または英語力が求められるなどハードルは高いが、現地の携帯電話と全く同等の料金で利用できるため最も安上がりとなる。またEU圏内のローミング料金が廃止されたため、EUのどこかの国で購入したSIMはEU圏内であればどの国に行っても同じ料金で利用できる。利用価値は十分にあると言えよう。

端末の通信方式および対応周波数を確認し、現地のキャリア店または家電量販店や駅キオスクなどでプリペイドSIMを購入し、手持ちのスマートフォンに装着する。設定方法はスタッフの説明を聞くか、パッケージを参照する。

また、日本国内からでもAmazonやebayで購入可能なものもあるので、調べてみるとよい。

地図帳として[編集]

旅先で最も役に立つ使い道はこれであろう。インターネットに接続可能な環境下で、例えばグーグルマップなどにアクセスすれば、地図帳としてスマホを使うこともできる。また、他にレンタカーを利用する際日本語のカーナビを利用する、電車やバスの時刻表を利用するといった使い方もある。

またGPSはインターネット接続がなくても利用可能であるため、ある程度の範囲までは地図のキャッシュが生きているので圏外であっても結構使えることがある。

メール端末として[編集]

上記参照。なお、MMS・SMSの利用に当たっては別途料金が発生するので、これを節約したい場合は、Gmail等インターネットメールやLINEなどメッセージアプリを利用した方がよい。


交通機関の搭乗券として[編集]

おサイフケータイやEdyなどの電子マネーや、スマホ間でデータのやり取りを行うためのAndroidビームなど、端末をかざして通信を行う「NFC」という通信規格が用いられる。ANAやJALなどの航空会社ではNFCの一種である「FeliCa」を用いて、スマホ端末を搭乗券として扱えるアプリが提供されている。

カメラとして[編集]

スマホに搭載されているデジカメ機能は、かつての携帯電話に付いていたカメラ機能に比べて格段にスペックが向上しており、最近の機種であれば、デジタルカメラの代替機、あるいは予備機としても遜色ない使い方ができる。旅先でのカメラの故障や紛失、盗難などに備えてカメラの予備機を持っていく場合、例えそれがコンパクトデジタルカメラであったとしても、それなりにかさばるし荷物にもなるが、それをスマホで代替すればその分の荷物を減らすことができて便利である。

ただし、スマホのカメラの場合、画像の縦横比が通常のそれより大きくなる傾向があるので、撮影した画像をウィキトラベルにアップする場合は、そのままアップするのではなく、一旦PCに取り込んだ上で画像編集機能を用いて縦横比を3:4などの割合に修正してからアップした方がよい(特に縦長の画像を記事に取り込む際、スマホの縦横比のまま画像をアップしてしまうと、その分余計な空白が増えてしまい、プリント版を作る際などに記事が読みづらくなる)。

旅行ガイドブックとして[編集]

インターネットが接続できる環境下であれば、ウィキトラベルやその国の政府観光局のページなどにアクセスすることで、旅行ガイドとしてスマホを用いることもできる。

なお、クレジットカードのサービスとして、現地の旅行ガイドブックをスマホにて提供しているところがある。

時計として[編集]

後述するような電源容量の問題があるので、これだけに頼るのは得策とは言えないが、スマホの時計機能もうまく利用すれば便利である。

世界時計機能[編集]

例えば時差の異なるいくつかの地点を旅行する場合、世界時計の機能を用いてあらかじめ日本や他の時間帯の都市を設定しておけば、スマホ1台で各地点の時刻が参照できるので、現地から日本に連絡を入れる際の時刻の確認などに便利である(なお、渡航先へ到着後、現地の提携オペレータに設定を変更した時点で、スマホの待ち受け画面の時刻表示は、現地の時刻に自動的に切り替わる)。

一度切り替わった後は、電池の節約のために時刻の自動補正機能をOFFにしたほうがいいだろう。特に海外の交通機関は数分から数十分の遅れが当たり前なのだ。

アラーム[編集]

宿泊先のホテルで目覚まし時計が見当たらない場合や、早朝のフライトを利用するため確実に起きたい場合の目覚まし時計の予備などとして、スマホのアラーム機能が役に立つ。ただしアラーム時刻の設定にあたっては、その時点でスマホの時計がどの時間帯に設定されているかに注意。

wi-fiのネット環境でのみ使用するつもりで、海外滞在中にスマホを機内モードにしたままだと、スマホの時計が自動的に現地時間に修正されず、日本標準時のまま時を刻み続けることとなる。このため、日本と現地の時差を踏まえた上でアラーム設定をしないと、アラームとして全く意味をなさない。

辞書として[編集]

プリインストールされた辞書アプリを利用したり、フリーの辞書サイトにアクセスしたり、あるいはWeb版辞書ソフトをダウンロードしたりすることで、旅先での英和辞典や和英辞典、英英辞典などの外国語辞書として端末を利用することができる。

最低でも渡航先で話される言語の辞書を用意するのが望ましい。現地の料理名やメニューに書かれた単語の意味を知りたいときに重宝する。

計算機として[編集]

メニューから計算機機能を選択することで、電卓として使用することができる。スマホさえあれば、別途ポケット電卓を持っていく必要がなくなるので便利である。為替の二国間換算としても使える。

単位換算器として[編集]

あらかじめ、単位換算のページをブックマークなどに登録しておけば、それを開くことで例えばポンドから㎏への換算、摂氏から華氏への換算(特にアメリカでは温度の単位が異なる為、この機能は重宝する)、円からドルへのレート換算など単位換算器として使えるので便利である。

旅先で使えそうな単位換算のページとして、例えば以下のようなものがあるので、ウィキトラベルのリンクから一旦それらのページを開いてスマホのブックマークに登録しておくとよい。

ラジオとして[編集]

NHKワールド(NHKラジオの海外向け日本語放送)やBBCなど、世界各国の主要なラジオ局のインターネットラジオに接続することで、短波ラジオを持っていなくても、海外にいながらにして日本のラジオ放送や海外のラジオ放送を聞くことができる(放送時間に合わせてラジオ放送を聞く、オンデマンド放送を聞くなどが可能)。また、放送時間に合わせてラジオを聞かなくても、単に情報収集のためだけなら、それら放送局のホームページから、テキストベースのニュースを閲覧することもできる。

なお、インターネットラジオの音声放送を聞きたい場合、放送局ごとに別途アプリケーションをあらかじめインストールしておく必要があることもある。この点について、詳細は、各ラジオ局のHPを参照(※)。

※日本国内で、スマホから国内向けラジオ放送を聞くためのアプリケーションの代表的なものとしてRadikoがあるが、通常の状態では、このアプリは海外から利用することができない。海外からこのアプリを利用するためには、一旦日本国内のVPNサーバーに接続するといった作業が必要になる(VPNサーバーへの接続サービスはいくつかの会社が提供しているが、いずれも有料で、30日間で¥1,000前後の料金が別途必要となる)。

音楽プレイヤーとして[編集]

スマホのマイクロSDカードにMP3ファイルなどに変換されたアルバムをダウンロードすることで、スマホの端末を音楽プレイヤーとして用いることができる。あらかじめ自分のお気に入りの楽曲をダウンロードしておけば、例えば機内サービスで提供されている音楽のメニューで聞きたいものがない場合などの暇つぶし道具などとしてスマホを使用することができる。

なお、スマホの端末を機内で用いる場合は、航空機の運行の支障とならないように、必ず機内モードに設定しておくこと。また、周囲の迷惑にならないように、ヘッドフォンの使用も心がけたい。

ゲーム機として[編集]

スマホにゲームのアプリケーションをインストールしておくことで、スマホの端末をゲーム機として用いることができる。音楽プレイヤーとして使う場合同様、あらかじめ自分のお気に入りのゲームをダウンロードしておけば、例えば機内サービスで提供されているゲームのメニューがイマイチのときなどに暇つぶし道具などとしてスマホを使用することができる。

なお、こちらも音楽プレイヤーとして使用する場合同様、スマホの端末を機内で用いる場合は、航空機の運行の支障とならないように、必ず機内モードに設定しておくこと。また、音の出るゲームであれば、使う場所に応じ周囲の迷惑にならないように、ヘッドフォンの使用も心がけたい。

繁華街などではゲームに夢中になってスリにあわないように注意されたし。またソーシャルゲームは当然ながらインターネット接続が必要である。データ通信の使いすぎにはくれぐれも注意すること。

簡易な方位磁石として[編集]

方位磁石機能を備えたスマホも存在する。また、方位磁石機能が使えるフリーソフトをダウンロードすることで使えるようにもなる。Google Mapsにも方位表示機能がついている。できれば、方位磁石の初期化(帯電をなくす)を行ってから方位を測定することをお勧めしたい。

鏡の代用品として[編集]

やや裏技的な使い方といえる。カメラの自撮りモードを起動させて画面を覗くと自分の顔が映し出されるので、それを鏡代わりに使うというもの。実際に旅先でそのような使い方をしてスマホの画面を見ながら化粧直しをしている観光客を見て「なるほど、こんな使い方もあるのか」と思ったので紹介した。ただし機種によっては画像の解像度が低い場合があるので、鏡のようなクリアな画面は期待しない方がよいかもしれない(一応鏡の代用品にもなるよ、といった程度と考えた方がよい)。

懐中電灯として[編集]

ネットからあらかじめ懐中電灯アプリをインストールしておくことで(ネットで検索すると、無料のアプリが何種類もヒットする)、スマホをちょっとした懐中電灯として利用することもできる。利用方法は簡単で、アイコンをクリックすると、カメラレンズの横にある白色LEDの発光体が点灯するしくみになっている。高輝度のLEDを用いているのか、思った以上に周囲を明るく照らし出してくれ、(平べったいスマホを懐中電灯として持つ故のグリップの悪さを除けば)結構使い勝手がよい。

途上国の田舎道など、ろくに街灯もなくそれこそ手探りで歩かないと歩けないような夜道にも結構出くわすことがあるし、計画停電でいきなり宿の照明が落ちたりするなどということもある。ある程度本格的な懐中電灯を用意しておくに越したことはないのだが、途上国の旅行の際には、スマホに懐中電灯アプリをインストールしておくと懐中電灯の代用品として結構いろいろな場面で役に立つはずだ。

緊急時の現地住民に対する意思疎通手段として[編集]

Safety tips」という外国人旅行者向けプッシュ型情報発信アプリを観光庁が作成、公開している。元々は外国から日本国へ観光しにきた外国人旅行者の旅行中に大地震 ( Earthquake Early Warning ) または大津波 ( Tsunami Warning ) が発生した際にその情報を知らせる為と、日本人へ助けを求める為のコミュニケーションカードが文章5カ国語表示されて意思疎通出来るようにしたアプリである。その5カ国語は、日本語・英語・繁体中国語・簡体中国語・韓国語。

実はこのアプリが優秀なもので、逆に日本人が外国旅行時に天災に遭遇した際にこのアプリを操作しコミュニケーションカードを表示させることで、現地住民との意思疎通することも出来るのだ。ただし、外国人が日本国内での使用を想定したアプリである為、外国における緊急地震速報及び津波警報の通知には対応していないのと、全てのメニューが英語表示となっているので海外での使用には注意されたし。 Android 版iPhone 版

必携のアクセサリー類[編集]

充電機器類[編集]

いろいろと便利なスマホだが、致命的な欠点として、電池の持ちが悪いということがある。国内で普通に使っている場合でも電源をONの状態にしている場合、1日か長くても数日でバッテリーが上がってしまう。海外旅行中も、旅先で何回か充電の必要が出てくるので、電源ケーブルやACアダプターなどの充電機器類は必携である。

これらについては、海外用のものを別途買い求める必要はなく、普段用いているものをそのまま海外に持ち出せばよい(ただし、ACアダプターについては、海外の電圧にも対応できるタイプのものか確認のこと)。

なお、電源ケーブルについては、片方の端子がスマホの機器に対応した形状、もう片方の端子がUSBコネクターの形状となっているものを用意しておくと、飛行機や長距離バスの座席に備え付けのUSB端子や宿泊先のPCなどから直接給電できるので便利である(現在売られいるスマートフォンに付属のものは大半がこのタイプである)。

その先の端子については、ホームセンターなどに売っている普通の変換器と普段利用しているアダプタ(大抵が全電圧対応しているが一応確認しておくこと)を併用することとなるが、いくつも電子機器を持っていると変換器が足りない、複数持っていくとかさばる、不格好で抜けやすいといった悩みが出てくる。そこでお勧めしたいのが現地調達である。とりあえず変換器は持っていくが、現地についたら空港のキオスクや家電量販店で現地プラグ→USBのアダプタを購入する。PCの電源ケーブルも(特に高電圧に対応していない場合)一緒に買っておくとよい。現地で売っているものであればプラグの形状さえ合っていれば確実に利用できるという安心感がある。手に入った時点で日本のものはスーツケースにしまっておけばかさばることはない。

プラグ変換器[編集]

意外と盲点なのがこれ。普段用いているACアダプターでも、海外の電圧に対応したものはトランスをかませることなくそのまま電圧が変換できるが、プラグの形状まで変えることはできない。そのため、海外(特に日本で用いられているA型やB型以外の形状を用いている国)にスマホを持っていく場合は、電圧変換機能のついたACアダプターに加えて、プラグ変換器も必携である(上述のようにプラグアダプタを現地調達するのも一法であるが、プラグの形状が違う国を数か国渡り歩く場合には、国境を越えるたびに違う形状のアダプタを調達しなければならないし、万一現地で調達できなかった場合は目も当てられない)。

日本で使われているA型のプラグと現地のプラグの形状に変換するためのもので、それぞれの型ごとにアダプターを分けたものも売られているが、もし新たに用意するのであれば、付属のパーツを組み替えることで世界各地のコンセントに対応できる万能タイプのものをおすすめしたい。現地でどのような型のコンセントが使われているかわからないこともあるし、第一違うアダプターを一通り用意するのは荷物にもなるからだ。「万能タイプ」といってもそれほど高価なものではなく、大手家電量販店やホームセンター、空港の売店などで、2,000円前後で売られている。

ヘッドホン[編集]

機内やレストランなど、人が大勢いる場所で音楽や音付きのゲームを楽しむ場合などは必携のアイテム。情報収集や旅先での暇つぶしなど、海外に出かけたときにも何かと重宝なスマホだが、使用に当たっては周囲の人に迷惑をかけないよう、やはり最低限のマナーは守りたいものだ。


この記事「旅先でのスマートフォン活用術 (海外編)」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。