何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

旅先でのスマートフォン活用術 (国内編)

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
旅先でのスマートフォン活用術 (国内編)

Default Banner.jpg

これは「お役立ち情報」の記事です。

この記事では、特に国内旅行の際の、旅先でのスマートフォン活用術について紹介している。なお、海外旅行でのスマホ活用術については、旅先でのスマートフォン活用術 (海外編)を参照のこと。


概要[編集]

ここ数年で急速に普及が進み、もはや日常生活のあらゆる場面で登場するスマートフォン。街角や電車の中などいろいろな場所で、スマホの画面に向かって端末を熱心に操作している光景を見かける(あるいは自分自身がその光景の主役になる)のは、もはや誰にとってもありふれた日常の一コマになっているはず。また近頃ではコーヒーショップなどでも充電をしながら操作を楽しめるように、店の方がコンセント付きの座席を用意したり、地下鉄内でもスマホなどの携帯端末が使えるように基地局を整備したりと、スマホを使ったライフスタイルを前提にした社会インフラの整備がされるようにまでなってきている。

ところで、スマホには、よく使われている電話機やインターネット端末、カメラなどの機能のほかにも、実にいろいろな機能が装備されている。従来は、それらのスマホで利用可能な機能を旅先で使おうと思ったら、それぞれの機器類や冊子などの道具を別個に持っていく必要があった(その分荷物もかさばった)が、スマホ1台あれば、それらが全て1台でこなせてしまう(つまり重い機器類の携行を劇的に減らすことができる)時代になった。その意味では、備わっている機能を十二分に使いこなすことができるのであれば、スマホというのは、海外旅行はもちろんのこと、国内旅行でも極めて有効なガジェットになりうる可能性を秘めていると言っても過言ではなかろう。

この記事では、電話やメール、インターネットなど、日常生活でも普通に用いているスマホに加え、普段はあるのすら忘れているような、スマホに備わっている各種機能を特に国内の旅行先でどのように生かすことができるのかに焦点を当てて紹介してみたい(ここで紹介した機能は現地で咄嗟に思い浮かばない場合もあるので、ある種の備忘録としてこの記事を現地にプリントアウトして持っていけば、いざというとき、きっと何がしかの役に立つ)。

電話機として[編集]

旅先での連絡に。但し電話を多用すると充電池の減りも早くなるのと、周囲への注意も緩みがちなので注意されたし。

インターネット端末として[編集]

交通機関の搭乗券として[編集]

おサイフケータイやEdyなどの電子マネーや、スマホ間でデータのやり取りを行うためのAndroidビームなど、端末をかざして通信を行う「NFC」という通信規格が用いられる。ANAやJALなどの航空会社ではNFCの一種である「Felica」を用いて、スマホ端末を搭乗券として扱えるアプリが提供されている。また、JRでも同様に「モバイルSuica」としてスマホ端末がカードタイプのSuicaと同様にIC乗車券として利用ができる。

カメラとして[編集]

旅行ガイドブックとして[編集]

時計として[編集]

辞書として[編集]

方言の意味を理解するときに役立つと思われる。

計算機として[編集]

カーナビとして[編集]

ラジオとして[編集]

地図帳として[編集]

音楽プレイヤーとして[編集]

ゲーム機として[編集]

暇つぶしに。ただし、熱中するあまり旅行の思い出が薄れてしまい、旅行の目的が曖昧になる恐れがあるのでほどほどに・・・。(ゲームが大事か旅行の思い出が大事か)

簡易な方位磁石として[編集]

方位磁石機能を備えたスマホも存在する。また、方位磁石機能が使えるフリーソフトをダウンロードすることで使えるようにもなる。できれば、方位磁石の初期化(帯電をなくす)を行ってから方位を測定することをお勧めしたい。

鏡の代用品として[編集]

やや裏技的な使い方といえる。カメラの自撮りモードを起動させて画面を覗くと自分の顔が映し出されるので、それを鏡代わりに使うというもの。実際に旅先でそのような使い方をしてスマホの画面を見ながら化粧直しをしている観光客を見て「なるほど、こんな使い方もあるのか」と思ったので紹介した。ただし機種によっては画像の解像度が低い場合があるので、鏡のようなクリアな画面は期待しない方がよいかもしれない(一応鏡の代用品にもなるよ、といった程度と考えた方がよい)。

必携のアクセサリー類[編集]

充電機器類[編集]

いろいろと便利なスマホだが、致命的な欠点として、電池の持ちがガラケーと比べて悪いということがある。普通に使っている場合でも電源をONの状態にしている場合、1日か長くても数日でバッテリーが上がってしまう。旅先で何回か充電の必要が出てくるので、電源ケーブルやACアダプターなどの充電機器類は必携である。また、乾電池式の充電器も売られている。

この記事「旅先でのスマートフォン活用術 (国内編)」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。