何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

新居浜市

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
新居浜市

Default Banner.jpg

深山にたたずむ別子銅山の遺構

新居浜市 (にいはまし) は、四国地方の愛媛県の東予地方に位置する都市。愛媛県で松山市、今治市に次いで、3番目に人口の多い工業都市である。

新居浜物語(新居浜公式ホームページ)


分かる[編集]

新居浜市は、四国屈指の工業都市である。300年以上前に開坑され、世界的な採掘量を誇った別子銅山(べっしどうざん)は、住友グループの礎となった(1973年に閉山)。人口は11万8160人(2015/10/1/推計)で面積は234.46km2と、東予地方の都市の中では最も小さい。人口密度は503.97人/km2と香川県の人口密度より少し低い程である。(面積は2014年10月1日の国土交通省国土地理院「全国都道府県市区町村別面積調」によるもの)

新居浜市役所 — 運輸観光課  所在  新居浜市一宮町一丁目5番1号 庁舎4階。  電話  (0897) 65-1261  FAX  (0897) 65-1276  WEB  [1]  e-mail  [2]

新居浜市観光協会 所在  新居浜市坂井町二丁目3-17。  電話  (0897) 32-4028  WEB  [3]


着く[編集]

飛行機で[編集]

最寄り空港は、松山空港高松空港の2つ。

松山空港から
松山空港リムジンバスにてJR松山駅まで向かい、そこからは予讃線で新居浜駅まで。松山空港リムジンバス
また空港と新居浜市内を直結する乗合タクシー(予約制)も利用できる。片道3,500円。乗合シャトル
所要時間:1時間30分~2時間30分(接続によりまちまち)、車利用の場合は約1時間10分。
高松空港から
高松空港リムジンバスにて高松駅前まで向かい、そこからは予讃線で新居浜駅まで。高松空港リムジンバス
丸亀・坂出・空港リムジンバスにて坂出駅・宇多津駅・丸亀駅のいずれかまで向かい、そこからは予讃線で新居浜駅まで。丸亀・坂出・空港リムジンバス
所要時間:2時間10分~3時間10分(接続によりまちまち)、車利用の場合は約1時間20分。

列車で[編集]

新居浜駅
本州方面から

特急「しおかぜ」が便利。岡山駅 から新居浜駅まで所要時間は約1時間40分。

四国内から
高松から特急「いしづち」、松山宇和島から特急「しおかぜ」「いしづち」が便利。高松駅から新居浜駅まで所要時間は約1時間30分。
松山駅から新居浜駅まで所要時間は約1時間10分
宇和島駅から新居浜駅まで所要時間は約2時間40分

船で[編集]

阪神方面から
四国オレンジフェリーが六甲アイランドフェリーターミナル(神戸市)と新居浜東港フェリーターミナル間に運航されている。所要時間は約7時間で1日1往復だが、週末などは運休する。貨物メインのフェリーのため神戸に深夜到着・出発となる。
新居浜東港より市街地まで約20分(タクシー利用)
大阪南港フェリーターミナル(大阪市)と西条市の東予港間も同社により運航。所要約8時間, 1日1往復。四国オレンジフェリー
東予港発着便は新居浜駅との間で、連絡するバス路線があり、路線バスとフェリー送迎バスを兼ねている。フェリー利用客は運賃無料で、フェリーを利用しない旅客や地元民も路線バスとして乗降できる。新居浜駅~小松総合支所間でせとうちバス周桑マイントピア線、今治線と同じ停留所で乗降できる便のほか、下り(大阪発東予着)便のみ住友病院前、新居浜駅前停車の直行便が運転される。

バスで[編集]

バスが到着する主なターミナルは、新居浜駅バスのりば住友病院前バスのりば(新居浜市)の2つ。

東京方面から
パイレーツ号(夜行便)が直行便。せとうちバス・京浜急行バスが共同運行しており、1日に1便。所要時間は約11時間。せとうちバス京浜急行バス
阪神方面から
いしづちライナー(昼行便)が直行便。せとうちバス・阪神電鉄バスが共同運行しており、1日に8往復。所要時間:大阪梅田より約4時間30分、神戸三宮より約3時間40分。このほか夜行便が1日1往復運行。せとうちバス阪神電鉄バス
松山市から
せとうちバス、伊予鉄バスにより松山市駅・JR松山駅から新居浜駅までの都市間連絡(特急)バス路線が運行されている。運賃は大人¥1,540(小児・障がい者は半額)。ダイヤなどはせとうちバス公式サイトを参照されたい。瀬戸内運輸株式会社

車で[編集]

松山自動車道 新居浜インターチェンジ

関西方面から
神戸淡路鳴門自動車道 ~板野インターチェンジ ⇒ 県道1号 ⇒ 藍住インターチェンジ ~徳島自動車道 ~川之江東ジャンクション~ 高知自動車道 ~川之江ジャンクション~ 松山自動車道 ~新居浜インターチェンジ
所要時間:大阪市内から約3時間30分
岡山方面から
瀬戸大橋 ~坂出インターチェンジ~坂出ジャンクション~ 高松自動車道 ~川之江ジャンクション~ 松山自動車道 ~新居浜インターチェンジ
所要時間:岡山ICから約1時間30分
広島方面から
しまなみ海道 ~今治インターチェンジ ⇒ 国道196号 ⇒ 今治湯ノ浦インターチェンジ~ 今治小松道路 ~伊予小松ジャンクション~ 松山自動車道 ~新居浜インターチェンジ
所要時間:広島市内から約3時間30分

動く[編集]

列車で[編集]

市内の海岸付近をJR 予讃線が運行している。 JR四国<四国旅客鉄道株式会社>

JR 予讃線
四国中央市 関川駅) ― 多喜浜駅 ― 新居浜駅 ― 中萩駅 ― (西条市 伊予西条駅)

市の中心駅は新居浜駅

多喜浜駅
市東部にある無人駅で普通列車のみ停車。
せとうちバスの黒島行き・住友病院前行き、住友病院前経由広瀬公園行きが発着。
新居浜駅
市内中心部にある有人駅で特急停車、みどりの窓口がある。
せとうちバスが多数発着。
中萩駅
市西部にある無人駅で普通列車のみ停車。
せとうちバスの西条(済生会病院前)行き、住友病院前行きが国道11号線のバス停から発着。

運行状況[編集]

普通列車は1時間1~2本程度。この為、市内の移動はバスやタクシーのほうが小回りがきく。

普通列車
日中の普通列車は多度津・観音寺~伊予西条の折返し運転が基本で高松方面は観音寺または多度津で、松山方面は伊予西条のりかえ。早朝・深夜に高松発松山行きや、今治発高松行きなどの長距離普通列車も運行される。
特急
  • 高松行き「いしづち」
  • 岡山行き「しおかぜ」
  • 松山方面行き「しおかぜ」「いしづち」
新居浜市内では新居浜駅のみ停車
早朝から深夜まで1時間に1本程度運行。「いしづち」「しおかぜ」は併結運転が多く、高松・岡山方面は宇多津駅で切り離され、それぞれの方向に向かうため、乗車時に注意を要する。また、松山方面「しおかぜ」「いしづち」の一部は宇和島に直行するものもある。
深夜特急
深夜に区間運転される特急で、新居浜市内は新居浜駅のみ停車。
  • 松山発「ミッドナイトEXP松山」
  • 高松発「ミッドナイトEXP高松」

バスで[編集]

市内では瀬戸内運輸の路線バスがある。しかしながら便数が少ないため観光には不便である。瀬戸内運輸(せとうちバス)

別子銅山跡(マイントピア別子)へは、上記のせとうちバスの路線が平日7便・日祝5便(同社サイトで路線・時間を検索できる)運行されているほか、新居浜市運営のコミュニティバス[4]が2~3便、新居浜市街から運行されている。コミュニティバスは、予約をしていなくても乗車できるが、満員であったり、あるいは運転手に気づかれずに通り過ぎられてしまう恐れもあるので、事前予約しておくことをおすすめする。

車で[編集]

観光にはタクシーか、免許があるならばレンタカーを利用するのがよいだろう。

足で[編集]

四国霊場巡礼で遍路道を歩く

観る[編集]

マイントピア別子 端出場ゾーン (はてばぞーん)  
別子銅山の産業遺産を利用したアミューズメント施設。採鉱シーンを人形模型で再現した「鉱山観光」や、かつての山岳鉄道を復元した「鉱山鉄道」、砂金採り体験パークなどからなる。本館4階の入浴施設で温泉が楽しめる。新居浜駅から別市山方面へ車で約15分(タクシー利用で2千円)、路線バス1日5~7便(上記の「動く・バスで」を参照)。
 所在  新居浜市立川町707-3。  電話  (0897) 43-1801  WEB  [5]
 開場時間  9:00~18:00(季節により異なる)。2月の一時期を除いては年中無休。  料金  観光坑道・鉱山鉄道 大人¥1,200、中・高校生¥800、3歳以上¥600。
砂金採り 中学生以上¥500、小学生¥400。
入浴施設 高校生以上¥800、小・中学生¥400、3歳以上¥200。
マイントピア別子 端出場ゾーン


マイントピア別子 東平ゾーン (とうなるぞーん)  
かつて4000人の鉱山関係者が暮らし、学校や病院などがある街だった深い山中の産業遺産。作家・荒俣宏が「インカ帝国のよう」と表現したことから、近年「東洋のマチュピチュ」とうたいアピールしている。歴史資料館と体験工房が併設され、広い駐車場もあるが、ここまでの道がきわめて細く険しく、混雑時は交通規制がしかれるため、マイントピア別子の端出場ゾーンから運行されているガイド付き専用バスを利用することが推奨されている。標高が高く、新居浜の市街地との気温差が大きいので服装にも注意。
 所在  新居浜市立川町654-3。  電話  (0897) 36-1300  WEB  [6]
 開場時間  ガイド付きバスは端出場発11時(毎日)と13時(土日祝)で所要2時間弱。歴史資料館は10:00~17:00(月曜休)。冬季閉鎖。  料金  ガイド付きバスは中学生以上¥1,200(端出場ゾーンの観光施設利用とセットなら半額)、歴史資料館は無料。
マイントピア別子 東平ゾーン


旧別子エリア  
300年以上前に採掘が始まったころからの別子銅山の中心地だった跡。全盛期には1万人以上が暮らし、学校や病院、劇場などがあった。徒歩で山道を辿らなくては着けない。マイントピア別子端出場ゾーンから、さらに車で40分の場所にある日浦登山口(駐車場・トイレ有)から東平ゾーンまで、徒歩で片道1時間40分(往復3時間)。
 所在  新居浜市別子山。


愛媛県総合科学博物館  
あらゆる科学の知識を学ぶことのできる参加体験型の博物館。ドーム直径30m(世界一)の大型プラネタリウムや、大きく動く巨大な恐竜模型などの常設展示室からなる。新居浜駅から車で約15分 路線バス1日8便。
 所在    電話  (0897) 40-4100  WEB  [7]
 開場時間  9:00~17:00(入館は16:30まで)毎週月曜日・年末年始休館。  料金  常設展示室・プラネタリウム 各大人¥500、中学生以下無料 65歳以上¥250。

四国霊場[編集]

四国曼荼羅霊場[編集]

龍宝山 明正寺  
四国曼荼羅霊場第二十九番札所。真言宗善通寺派の寺院で本尊は聖観世音菩薩。728年に越智玉澄によって開基。
 所在  新居浜市黒島136。  電話  (0897) 46-3039  WEB  [8]
 開場時間    料金  


白王山 萩生寺  
四国曼荼羅霊場第三十番札所。高野山真言宗の寺院で本尊は阿弥陀如来。大同年間に弘法大師によって開基。(第三十一番札所は西条市「王至森寺」)
 所在  新居浜市萩生2635。  電話  (0896) 74-3178  WEB  [9]
 開場時間    料金  

四国三十六不動霊場[編集]

鳴鐘山 隆徳寺  
四国三十六不動霊場第二十四番札所(鳴鐘不動)。高野山真言宗の寺院で本尊は不動明王。法守護童子を祀る。(第二十五番札所は四国中央市「法律寺」)
 所在  新居浜市外山町7-9。

遍路道[編集]

萩生から関ノ戸へ  
自動車道のインターチェンジへの入り口を横断して5分ほど歩くと、コンビニエンスストアの手前で西条市から新居浜市に入る。少し歩くと国道の道幅が半分に減って渦井川橋を渡り、橋の先で右斜めに分岐する旧讃岐街道に入る。国道に沿っているがわずかに高い位置を通っているこの道は、昔ながらの民家が並び、商店が点在する旧街道らしい道である。萩生保育園から10分ほど歩いた所より右の路地を入っていくと、佛眼の付けられた多宝塔や地下霊場がある萩生寺があるので参拝していくと良い。

 萩生から2kmほど進むと一昔前の雰囲気を残している喜光地商店街に入るが、シャッターが下りたままの店が多く、アーケードが立派なだけに寂しさを感じる。この商店街の途中には広い公園があって休憩によいし、日曜日には朝市が開かれている。国領橋を渡ってしばらく歩くと旧道は国道に合流してしまう。右に池田池の堰堤が見えると、道は谷に入りやや上り坂となる。長野の旧道を過ぎると山にへばりつくように少しずつ高度をあげて行き、峠の関ノ戸を越えると四国中央市土居町である。第六十五番札所まではあと23.5kmである。

遊ぶ[編集]

新居浜太鼓祭り  
毎年10月16~18日の3日間で行われる勇壮な男祭り。歴史は古く、その起源は平安時代や鎌倉時代ともいわれている。「太鼓台」と呼ばれる金糸銀糸刺繍の幕によって豪華に飾けられた重さ約3tの巨大な山車が町中を練り歩く。総勢150人前後の「担き夫」と呼ばれる担ぎ手たちによって太鼓台を担ぎ上げる「かきくらべ」は圧巻。一宮神社、大江浜、八幡神社、多喜浜駅前、山根グラウンドなど市内各所。問合せは新居浜市観光協会 (0897) 32-4028
 WEB  [10]


マリンパーク新居浜  
四国最大の人工海浜公園。人工ビーチと芝生のキャンプ場で海水浴やビーチバレー、バーベキューが楽しめる。また、会員制でボート・ヨット・時間制エンジン付き和船のレンタルを行っている(ボート免許取得者)他、手こぎボート(ボート免許不要)のレンタルなどでマリンレジャーを楽しめる。更衣室・シャワー室、レストラン、キャンプ場、炊事場完備。新居浜駅から新居浜東港方面へ車で約15分。
 所在  新居浜市垣生3丁目乙324番地。  電話  (0897) 46-4100  WEB  [11]
 営業時間  8:30~18:30 シーズン中は無休。  料金  
マリンパーク新居浜

買う[編集]

元祖 驢馬 (ろば)  
当地で「ざんき」と呼ばれる、鶏の唐揚げの有名店。
 所在  新居浜市喜光地町2-1967-2(バリュー喜光地店内)、新居浜市寿町12-70(フレッシュバリュー新居浜店内)。  電話  喜光地店:(0897) 40-4168、松原店:(0897) 43-3968  WEB  
 営業時間    値段  

食べる[編集]

ふぐざく  
ふぐの切り身と皮、ねぎ、カワハギの肝に薬味を加えてポン酢で味付けをしたもので新居浜独特の料理。


新居のいもだき  
里いもを中心にかしわ、しめじ、厚揚げ、ごぼう、魚肉団子、ホタテ、こんにゃく、ねぎ、もやし、うどんを煮込んだ料理を振る舞う。8月下旬から9月末まで敷島橋南の市民体育館前河川敷で実施される。

安食堂[編集]

カレー&コーヒー アフリカ  
カレーライス一杯100円の激安カフェ。
 所在  新居浜市郷4-24-7。  電話  (0897) 32-8466  WEB  
 営業時間  11:00~23:00。  予算  

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

ビジネスホテルMISSORA  
国道11号国領大橋の近くにある宿。
 所在  新居浜市外山町18-12。  電話  (0897) 41-7822
 FAX  (0897) 41-7823
 WEB  
 時間  チェックイン 16:00 チェックアウト 10:00   料金  シングル¥4,200。


ビジネスホテルにいはま  
 所在  新居浜市坂井町二丁目4-21、新居浜駅から徒歩1分。  電話  (0897) 33-1777  WEB  [12]
 e-mail  [13]
 時間  チェックイン 16:00 チェックアウト 10:00   料金  シングル・アウトバス¥4,000~。


銅山の里自然の家  
新居浜市が運営する研修施設。マイントピア別子(東平ゾーン)と同じ敷地の、かつて中学校だった跡に建つ。月曜・冬季は休館。
 所在  新居浜市立川町654-3。  電話  (0897) 32-1300  WEB  [14]
 時間    料金  ¥1,050(高校生以上・一般)。

中級[編集]

スーパーホテル新居浜  
JR「新居浜駅」から車で約3分。
 所在  新居浜市高木町3-7。  電話  (0897) 32-9000  WEB  [15]
 時間    料金  


ホテルアルファーワン新居浜  
JR「新居浜駅」から車で約3分。
 所在  新居浜市久保田町3-2-5。  電話  (0897) 37-5000  WEB  [16]
 時間    料金  

高級[編集]

リーガロイヤルホテル新居浜  
 所在  新居浜市前田町6番9号  電話  (0897)37-1121
 FAX  (0897)37-1446
 WEB  [17]
 e-mail  [18]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 12:00   料金  シングル¥14,000(オフシーズン)、¥17,000(オンシーズン)。

出かける[編集]


Wikitravel Shared Logo 新居浜市に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「新居浜市」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。