何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

後志

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
後志

Default Banner.jpg

後志地方(しりべしちほう)は北海道の道央地方西部にある地方。石狩地方胆振地方渡島地方檜山地方と接し、日本海に面している。 [1]


地域[編集]

  • ニセコ・ルスツ
  • 小樽・余市
  • 積丹
  • 南部

市町村[編集]

ニセコ・ルスツ

小樽・余市

積丹

南部

その他の旅行先[編集]

分かる[編集]

後志の総面積は4,305平方kmで山梨県より100平方km大きい。

西側を日本海に面し積丹半島が大きく突き出す形となっている。日本海の荒波にもまれた海岸線には景勝地が多い。中央部に後方羊蹄山やニセコアンヌプリなどの山々があり、登山やスキー、温泉客で賑わう。また最東部には小樽市がある。羊蹄山が支笏洞爺国立公園に、小樽から西の日本海沿岸やニセコがニセコ積丹小樽海岸国定公園に、檜山にかけての地区が狩場茂津多道立自然公園に指定されている。

  • しりべしiネット (しりべしiシステム協議会) —  WEB  [2]

着く[編集]

飛行機は、この地域に空港がないので新千歳空港を利用する。小樽駅までは新千歳空港駅から直通列車がある。

列車は、函館本線が黒松内町、蘭越町、ニセコ町、倶知安町、仁木町、余市町、小樽市を通っているがすべて普通列車で、札幌・小樽間には頻繁に列車があるがそれ以外の本数は多くない。

道路は、函館・札幌を結ぶ国道5号が函館本線にほぼ沿って通っている。日本海沿いには江差・小樽を結ぶ国道229号が島牧村、寿都町、黒松内町、蘭越町、岩内町、共和町、泊村、神恵内村、積丹町、古平町、余市町を通っている。札幌・洞爺間の国道230号が喜茂別町、留寿都村を、千歳・倶知安間の国道276号が喜茂別町、京極町を、赤井川村には小樽市から国道393号が通っている。真狩村は道道66号、97号が通っている。

バスは、札幌・小樽間、札幌から小樽・余市・仁木・共和を経由する岩内行きおよび札幌から余市、倶知安を経由するニセコ行きの都市間バスがある。夏季と冬季の季節運行で新千歳空港からニセコへの直行バスがある。

路線バスでは、長万部から黒松内・寿都まで、伊達市から喜茂別経由で倶知安まで、洞爺湖温泉から留寿都村(ルスツリゾート)までの路線がある。

船は、小樽港に舞鶴、新潟からのフェリーがある。

動く[編集]

列車は函館本線が移動に使えるが、すべて普通列車で列車本数が少ないので計画的に利用する必要がある。

バスは、余市から古平、積丹行き、小樽から余市、仁木、倶知安、ニセコ行き、岩内から共和、泊、神恵内(夏季は神威岬まで)行き、岩内から寿都行き、寿都から島牧行き、倶知安から共和・岩内行き、倶知安から京極・留寿都行き、倶知安から喜茂別・共和行き、倶知安からニセコ・真狩・留寿都行きなどがある。

観る[編集]

  • 小川原脩記念美術館(倶知安町)
  • 貝の館(蘭越町)
  • 小樽運河(小樽市)
  • ニッカウヰスキー余市蒸留所(余市町)
  • 余市宇宙記念館(余市町)
  • フゴッペ洞窟(余市町)
  • 旧下ヨイチ運上家(余市町)
  • 旧余市福原漁場(余市町)
  • 神威岬(積丹町)
  • 積丹岬(積丹町)
  • 黄金岬(積丹町)
  • 荒井記念美術館(岩内町)
  • 木田金次郎美術館(岩内町)
  • 雷電海岸(岩内町)
  • 賀老ブナ原生林、賀老の滝(島牧村)
  • 鰊御殿、カクジュウ佐藤家(寿都町)
  • 歌才湿原(黒松内町)

遊ぶ[編集]

  • ニセコアンヌプリ・ニセコモイワ・旧東山の各スキー場(ニセコ町)
  • ニセコ比羅夫・ニセコワイススキー場(倶知安町)
  • 後方羊蹄山の登山(倶知安町)
  • ニセコ温泉郷(蘭越町、ニセコ町)
  • フルーツ狩り(仁木町)
  • 盃温泉(泊村)
  • 神仙沼自然休養林の散策(共和町)
  • 大平山の登山(島牧村)
  • 歌才ブナ林の散策(黒松内町)

食べる[編集]

飲む[編集]

気を付ける[編集]

出かける[編集]

Create category

Wikitravel Shared Logo 後志地方に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「後志」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。