何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

新北市/平渓区

提供: ウィキトラベル
平渓郷から転送)
移動先: 案内検索
新北市/平渓区

Default Banner.jpg

平渓線 瑞芳駅にて

平渓区 (ピンシーチュ) は新北市の東部に位置する区。基隆瑞芳区の南にある。


分かる[編集]

  • 平渓郷を北東の瑞芳駅(瑞芳区)から南西の菁桐駅まで走るローカル線・平渓線にそって見所がある。平渓線は1921年に炭鉱列車として作られ、後に総督府に売却された。台湾で残っている鉄道支線は集集線・内湾線とこの平渓線の3つであり、いずれもローカル線として人気が高い。山の中を基隆河にそって縫うよう走る平渓線は平渓観光の一つの目玉であり、ほぼ唯一の移動手段なのでぜひとも使いたい。
  • 平渓線の1日週遊券が54元で瑞芳駅などで売られている。始点瑞芳から終点菁桐まで乗っても30元だが、このチケットを持っていると終日平渓線内乗り降り自由な上になぜか十分瀑布の入場料180元が100元になるので滝を見るならぜひ買っておきたい。
  • 台湾にもローカル線をたずねる鉄道マニアがいるようで、いくつかの駅や周辺にグッズをおいた店がある。
  • 一帯は鉱山地帯だったため、これにまつわる施設が設けられている。また美しい自然に恵まれている。
  • 瑞芳駅や十分瀑布入口の旅遊服務中心などで観光パンフレットをもらえる。ただ地図がいまひとつ詳しくないので、詳しい地図をあらかじめ用意していたほうがいいかもしれない。
  • 平渓区は天燈(気球のように飛ばすランタン)で有名になっている。旧正月15日には大きなイベントがあり、これ以外の日でも観光用にランタンが売られている。

着く[編集]

  • 見どころはローカル線の平渓線沿いに多いので、この鉄道にアクセスするのが一番よい。東部幹線の瑞芳駅で乗り換えるのが標準的だ。
  • あるいは台北市南部の木柵から平渓に行くバスがある。


列車で[編集]

台鉄台北駅から東回りにのって瑞芳駅まで1時間弱。基隆行きは瑞芳には行かない。一部の自強号は瑞芳に止まらないので注意する必要がある。

車で[編集]

バスで[編集]

動く[編集]

郷全体を歩いて動くことはとても無理。バスはごく一部が平渓から十分や野人谷まで行くが、ほとんど期待できない。タクシーは瑞芳で貸し切りタクシーを頼む以外に乗れそうにない。基本的な移動手段は平渓線である。

列車で[編集]

  • 平渓線はローカル線で平日は上り・下りとも16本・休日は18本ずつと少ない。時刻表を入手し参照しつつ旅行したい。

バスで[編集]

台北市南部の木柵からのバス(木柵平溪野人谷路線)が郷の西側の平渓まで来て、その一部は東側の十分や野人谷まで行く。ただし本数が非常に少なく、ほとんど期待できない。


足で[編集]

平渓線に乗りつつ、十分駅周辺・平渓駅周辺・菁桐駅周辺を歩くのが一番よいだろう。

観る[編集]

十分瀑布  
台湾のナイアガラなどと呼ばれる見事な滝。最寄り駅は大華駅だが、ここからだと線路の上を歩いてしかもトンネルを抜けなければならない。禁止されているにもかかわらず多くの人がその道を通っている。安全な道を選ぶなら十分駅から歩いて30分ほどで途中に観光案内所がある。
 所在  平渓区南山村乾坑路10号  電話  02-24958531  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  180元、平渓線週遊券があれば100元
十分瀑布


台灣煤礦博物館  
廃坑跡に作られた博物館でトロッコ乗車などの体験ができる。
 所在  平溪区新寮村(十分寮)頂寮子5號  電話  TEL: (02)24958680  WEB  [1]
 開場時間  9:00~17:00・入場は16:00まで  料金  200元


観音巌  
平渓の高台にある寺。寺の隣に石窟や日本統治時代の防空壕があり中に入れる。
 所在  -  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  無料
観音巌


皇太子賓館  
後に昭和天皇になった裕仁皇太子のために建てられたが、結局一度も宿泊することはなかった。
 所在    電話    WEB  
 開場時間    料金  


菁桐駅舎  
80年の歴史を持つ、台湾ではもはや数少ない日本時代からの木造駅舎。


菁桐鉱業生活館  
平渓の自然や文化また鉱業の歴史などを簡単に展示している。
 所在  菁桐駅前  電話  -  WEB  [2]
 開場時間  5時まで  料金  無料
菁桐鉱業生活館

遊ぶ[編集]

十分老街  
平渓線の両側につづく街。線路から2~3メートルのところに店舗があり、人々は線路を道路代わりにしている。
 所在  十分駅すぐ
十分老街


平渓老街  
他の二つの老街に比べると観光客よりむしろ地元の人向けに見える街。
 所在  平渓駅すぐ
平渓老街


菁桐老街  
 所在  菁桐駅すぐ


天燈(天灯)  
油紙で作った半身ほどの大きさの簡易な熱気球。筆で願い事を書き、燃料を入れて飛ばす。100~120元程度。
天燈(天灯)

買う[編集]

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

高級[編集]

出かける[編集]

外部リンク[編集]

この記事「新北市/平渓区」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。