何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

川越市

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
小江戸川越のシンボル「時の鐘」

川越市(かわごえし)は埼玉県西部にある都市である。市街地の北側に江戸時代の雰囲気をそのまま残した蔵造りの町並みが残されていることから「小江戸」と呼ばれ、年間約600万人の観光客で賑わっている。 対して市街地南側は川越駅を中心に商業が栄えており、特にクレアモールは活気ある商店街としてしばしばメディアに取り上げられることがある。 [1]


分かる[編集]

概要[編集]

川越市は、観光でメディアに取り上げられるときは小江戸川越として、一番街の蔵造りの町並みが代表的存在としてフィーチャーされるが、そのそばに立っている埼玉りそな銀行川越支店の建物は、大正時代に建てられたものであり、当時の流行であった西洋建築が取り入れられた独特の建築技法を楽しむことができる。ゆえに、単に小江戸ばかりが川越でないことに注意すると、よりいっそう川越の歴史を楽しむことができる。 また大正に限って言えば、大正浪漫夢通りと呼ばれる大正の面影を残す商店街もあり、江戸(川越城や喜多院などの寺院)・明治(蔵作りの町並み)・大正(大正浪漫夢通り)・昭和(中央通り商店街)・そして平成(クレアモール・新富町商店街)と5つの時代を川越で楽しむ事ができる。

川越市はその面積の広さから市内に10の駅があって、行政区分も本庁地区・霞ヶ関(霞ヶ関北)地区・高階地区・芳野地区・山田地区・福原地区・古谷(南古谷)地区・名細地区と別れている。ゆえに川越市民でも住む地域によって感覚が違う。

旧市街地と呼ばれる地域があり、一般的には川越町時代の行政区域を指すが、その地域は太平洋戦争時に米軍による空襲を免れたために、江戸時代の城下町特有の狭い道が入り組んだ町割りがそのまま残り、その上早くから都市化した地域でもあるので土地区画整理事業も遅れがちであり、道路交通事情が良いとは言えない。川越市全体でも都市計画道路の施工率が4割程度であり、埼玉県の平均と殆ど同じではあるものの、早期の整備が望まれるところではある。

一番街に関しても、市内重要路線であるために、旅行者にとって意外と車の多い道路として認識されるようである。これを解決するために川越北環状線が整備中である。

2009年4月から9月まで放送されたNHK連続テレビ小説「つばさ」の舞台にもなった。

観光案内所[編集]

  • 小江戸川越観光協会 所在  川越市元町1-13-1。  電話  (049) 227-8233  FAX  (049) 227-8236  時間  8:30~17:30。年始年末休業。  WEB  [2]  e-mail  [3]
  • 川越駅観光案内所 所在  川越市脇田町24-9。JR・東武川越駅構内。  電話  (049) 222-5556  FAX  (049) 222-5051  時間  9:00~16:30。年中無休。
  • 幸町観光案内所 所在  川越市幸町7-9。  時間  9:00~16:30。月曜・第4金曜・年始年末定休。

着く[編集]

川越市の位置

列車で[編集]

本川越駅

JR川越線は川越駅、東武東上線は川越市駅、西武新宿線は本川越駅が市街地への最寄り駅。

  • 大宮方面から - 大宮からJR川越線で川越まで17分。
  • 所沢方面から - 所沢から西武新宿線で20分。西武新宿から特急で43分、快速急行で56分、急行で58分(高田馬場~西武新宿:2分)。
  • 池袋方面から - 池袋から東武東上線の「TJライナー」または快速急行で26分、急行で31分。西武池袋線の場合は所沢乗換えとなり、池袋から所沢まで特急で21分、急行で23分。
  • 八王子方面から - 八王子からJR川越線で74分、高麗川から23分。

※上記は平均所要時間を表しており、通過待ちや交換待ちなどの時間は含まない。

車で[編集]

関越自動車道川越ICから市街地まで国道16号線を経由し、約3Km。

圏央道川島ICから市街地まで国道254号線を経由し、約6Km。


高速道路[編集]

関越自動車道川越ICまでは、練馬から21.4Km(14分)、所沢から11Km(7分)、鶴ヶ島JCTから7Km(5分)、藤岡から57Km(35分)。

※上記は平均所要時間を表しており、信号待ちや渋滞などの時間は含まない。

一般道路[編集]

ふじみ野・和光・池袋方面、東松山方面からは国道254号線。狭山・入間・八王子方面、さいたま(大宮)・春日部・柏方面からは国道16号線。

バスで[編集]

高速バス[編集]

関越自動車道上に「川越的場」バス停が設置されており、埼玉県内と東京(池袋中心)と他都市とを結ぶ高速バスのバス停として利用されている。最寄り駅は、JR川越線的場駅(徒歩10分)である。最寄り路線バス停は、的場1丁目バス停である。

また、以下の高速バスが、川越駅のバス停を利用している。

  • 東京・さいたま~富山・金沢線 (日本中央バス) — 金沢富山から埼玉県内を通り、東京までを結ぶ、毎日1往復運行している夜行高速バスである。  所在  市内バス停 JR・東武川越駅西口。  電話  日本中央予約 (027) 287-4000  時間  金沢駅東口 21:30発、富山駅前 22:30発。  料金  金沢 大人片道¥6,500、往復¥11,700。富山 大人片道¥6,000、往復¥10,800。  WEB  [4]
  • 京都・大阪線 (国際十王交通) — 大阪(あべの橋近鉄なんば駅西口大阪駅前)・京都(名神大山崎、京都駅八条口)から埼玉県内までを結ぶ、毎日1往復運行している夜行高速バスである。3列シート車使用。飲料サービス、膝掛け常備。  所在  市内バス停 JR・東武川越駅西口。  電話  国際十王予約 (027) 287-4000  時間  あべの橋駅 21:05発、大阪駅前 21:45発、京都駅八条口 22:48発。  料金  大阪市内 片道大人¥8,900、子供¥4,450。京都 片道大人¥8,400、子供¥4,200。  WEB  [5]

動く[編集]

列車で[編集]

川越駅

川越市には、JR埼京線・川越線、東武東上線、西武新宿線が走っている。電車で川越市内全域を巡ることは難しいが、バスと組み合わせれば広範囲を移動できる。

JRで
(←大宮方面)南古谷駅・川越駅・西川越駅・的場駅・笠幡駅をJR線で移動できる。ただし川越から先、笠幡方面に向かう場合は、川越駅で乗り換える必要がある。隣の東上線と違って電車の本数は少なめなので、事前にダイヤを確認しておくとスムーズに移動できる。
東上線で
(←池袋方面)新河岸駅・川越駅・川越市駅・霞ヶ関駅・(鶴ヶ島駅)を東上線で移動できる。
西武線で
(←西武新宿方面)南大塚駅・本川越駅を移動できる。

車で[編集]

埼玉有数の観光地ということもあって、休日の市内(特に蔵造りの町並み周辺)は多くの人や車で混雑することがある。そして市内は駐車場が少なく、空車待ちの車が並ぶこともしばしばであるので、これにも注意しよう。

一般的に市の中心部(川越駅・本川越駅・川越市駅から国道16号線・254号線までの周辺)は元々城下町だった背景から入り組んだ道が多く、そして一方通行の道も多い。初めて走行する場合は交通規則がわかりにくい場合がある。また道幅が狭いところも多いので、車で通る際には歩行者に十分注意しよう。

バスで[編集]

バスは川越駅、本川越駅からの発車であることに注意しよう。川越市駅からバスの運行は無い。ただし、川越市駅で降りてしまった場合でも、本川越駅までは徒歩10分程度であり、そこからバスに乗車することができる。

市内観光用のバスと乗車券[編集]

  • 小江戸巡回バス — 川越駅西口から出ている市内の主な観光地を巡るレトロ調の循環バス。喜多院先回りと蔵の街先回りの2系統があり、それぞれ川越駅西口、本川越駅、喜多院、本丸御殿、蔵の街などの観光スポットや主要駅を結ぶ。料金は距離制で、1乗車あたり¥100~¥250。1日乗車券は¥500。  電話  (049) 226-0111(平日)、(049) 223-3711(土日・祝日)  時間  9:30頃~17:00頃  料金  1日乗車券大人¥500。  WEB  [6]
  • 小江戸名所めぐりバス 1日フリー乗車券 — 川越駅東口3番乗り場から出ている市内の名所を巡る循環バス。川越駅東口、喜多院、本丸御殿、蔵の街、川越市駅などの観光スポットや主要駅を結ぶ。こちらは通常の路線バスの車内にモニターを装着した車両を使っているが、その分1日乗車券の料金が若干安い。なお1日乗車券は小江戸名所めぐりバスの他に東武バスの一部路線の一部区間も利用できる。特に川越駅東口~札の辻間は本数が多く利用価値が高い。またこの区間の往復だけでも元が取れる。  電話  (049) 222-0671  時間  9:00頃~17:00頃  料金  1日フリー乗車券¥300。  WEB  [7]

自転車で[編集]

自転車で市内を走行する場合は、車道の狭さによって自転車が完全な邪魔者扱いされるケースがあるので、人・車の動きに充分注意すること。

川越駅

川越レンタサイクル店 — JR東日本系列のジェイアールバステックが行っている。  所在  川越市脇田本町25-6。川越駅から徒歩2分。  電話  (049) 249-0855‎  時間  10:00~16:30(夏時間もあり)。川越まつり開催日・年末年始は休み。  料金  1日¥800。半日¥400。(変速機つき)。  WEB  [8]

本川越駅

サイクルセンターしも — 貸出し時に身分証明書が必要。貸出しと返却は店頭のみ。電話予約可、予約客優先、受取り時間の1時間前以降の変更・取り消しには手数料が発生する。  所在  川越市中原町1-22-1。西武新宿線本川越駅から徒歩3分。  電話  (049) 222-3737‎  FAX  (049) 222-3737‎  時間  10:00~19:00、毎週水曜日と第2木曜日は休み。年末年始と夏の休業日有り。  料金  1日¥700(税込)。別途保険加入も可能。  WEB  [9] 地図

足で[編集]

徒歩で蔵造りの町並みを目指す場合には、JR・東武川越駅からだと意外と距離があることを覚えておくとよい。徒歩が不可能な距離ではないが、どちらかといえば東上線の川越市駅から向かうか、西武新宿線の本川越駅から目指した方が近い。なお市内の地図は川越駅構内の観光案内所でもらうことができる。

本川越駅・川越駅周辺は分離交差点や広めの歩道が整備されていて歩き易いが、対して川越市駅~本川越駅での乗り換えや、蔵造りの町並み(一番街)への道路は旧市街地だった影響で道路幅が狭く、歩道が狭い上に交通量が多いため、歩く際には車に充分気をつけること。とくに観光地、蔵造りの町並みは、想像以上に車の往来があるため、立ち止まって建物の写真を撮る際には充分注意すること。

観る[編集]

蔵造りの町並み 地図  
川越一番街・蔵のまちと呼ばれ、道路沿いに蔵を利用した店が多く立ち並ぶ。川越市のメインスポットであり、街の主要道路となっていることから交通量が多く、この風景を写真に撮ろうと思ってもなかなか車が途切れないためベストショットを押さえるのが難しい。無理して撮影しようとすると、車の通行を邪魔してしまい、クラクションを鳴らされるやもしれない。もし、街並みを撮影しようと思ったなら、早朝か日が暮れてからが落ち着いて撮れるとの話である。
 所在  連雀町交差点~札の辻交差点の間。
蔵造りの町並み


時の鐘 地図  
蔵造りの町並みからわき道に入った場所にある小江戸川越のシンボル。鐘の音は日本の音風景100選に選ばれている。現在でも一日4回鐘が鳴る。
 所在  川越市幸町15-2。
時の鐘


埼玉りそな銀行川越支店 (旧第八十五銀行本店)  
大正7年に第八十五銀行の本店として建てられた洋風建築物。国の登録有形文化財の指定を受けている。
 所在  川越市幸町4-1。  電話  (049) 222-2251  WEB  [10]
 開場時間    料金  
埼玉りそな銀行川越支店


川越城本丸御殿 地図  
河越城跡地に残る本丸御殿。現存するのは玄関部分と復元された家老詰所のみだが、河越藩時代の面影を楽しむことができる。日本100名城に選定。

近くの市立博物館内に復元模型が展示されている。2011年3月に保存修理工事が終了し、再公開

 所在  川越市郭町2-13-1  電話    WEB  [11]
 開場時間  9:00~17:00 月曜休館(休日の場合は翌日火曜)  料金  一般 ¥100、大学生・高校生 ¥50。
川越城本丸御殿


三芳野神社 地図  
童歌「とおりゃんせ」はこの神社の参道が舞台といわれる。平成4年(1992年)に改築。埼玉県指定文化財。
 所在  川越市郭町2-25-11。
三芳野神社


川越市立博物館 地図  
川越の歴史の全般を学ぶことができる。
 所在  川越市郭町2-30-1  電話  (049) 222-5399  WEB  [12]
 開場時間  9:00~17:00 月曜休館(休日の場合は翌日火曜)  料金  一般 ¥200、大学生・高校生 ¥100。
川越市立博物館


喜多院 地図  
だるま市(1月3日)で有名な喜多院は他に、家光誕生の間や春日局化粧の間が現存している寺。正月は初詣客で大変賑わう。
 所在  川越市小仙波町1-20-1。
喜多院


川越氷川神社 地図  
氷川神社の神幸祭は現在の川越祭りの原形であり、川越の総鎮守でもある神社である。ちなみに蔵造りの町並みからはやや距離がある。
 所在  川越市宮下町2-11-5。


川越八幡神社 地図  
川越駅から約6分、境内には縁結びイチョウの木がある。由来は雄株と雌株が寄り添って結びついたことから。
 所在  川越市南通町19-3。

遊ぶ[編集]

カラオケの鉄人  
一人カラオケ推奨店という珍しいお店。
 所在  川越市脇田町3-8。川越丸石ビル2階・3階。  電話  (049) 228-7010  WEB  [13]
 営業時間    料金  


カラオケ エスパシオ  
南国風の店内がユニーク。
 所在  川越市新富町1-19-4。本川越ASビル2階~5階。  電話  (049) 225-0282  WEB  [14]
 営業時間    料金  


小江戸はつかり温泉  
地下1,700mの温泉脈より汲み上げた天然温泉を使用したスーパー銭湯。
 所在  川越市渋井26-1。  電話  (049) 230-4126  WEB  [15]
 営業時間  8:00~25:00  料金  大人 平日 ¥650

買う[編集]

物価は比較的安価である。郊外型店舗の出店も増えており、山田地区にはヤオコーショッピングセンターが、南古谷地区にはUNICSがある。


アトレ川越  
駅前再開発ビル。複合テナントで構成されており、7階にはレストランがある。正式名称は丸広百貨店アトレ店で、アトレマルヒロとも称している。JR東日本グループのアトレとは無関係。
 所在  川越市脇田町105。  電話  (049) 226-1111  WEB  [16]
 営業時間  10:30~20:30。  値段  
アトレ川越


LUMINE川越  
JR川越駅改札を出て目の前。埼玉県で唯一のブックファーストが入居している。
 所在  川越市脇田本町39-19。  電話  (049) 240-6220  WEB  [17]
 営業時間  10:00~22:00。  値段  


川越Modi  
旧丸井川越店。東口から徒歩3分。
 所在  川越市脇田町4-2。  電話  (049) 227-5950  WEB  [18]
 営業時間  10:30~20:30。  値段  


Sofmap ギガストア川越店  
クレアモール内、川越駅から徒歩5分。
 所在  川越市新富町2-11-1。アネックスA館4階・5階。  電話  (049) 227-0200  WEB  [19]
 営業時間  平日:10:30~20:00、休日:10:00~20:00。  値段  


紀伊国屋書店川越店  
クレアモール内、川越駅から徒歩5分。
 所在  川越市新富町2-11-1。アネックスA館1階・2階。  電話  (049) 224-2573  WEB  [20]
 営業時間  平日:10:30~20:00、休日:10:00~20:00。  値段  


丸広百貨店川越店  
地元資本の百貨店。丸広百貨店の本店。
 所在  川越市新富町2-6-1。  電話  (049) 224-1111  WEB  [21]
 営業時間  10:00~19:30。  値段  
丸広百貨店川越店


菓子屋横丁 地図  
蔵造りの町並みそばにある駄菓子店街。昔ながらの駄菓子が多数そろえてあり、特に日本一長いとされる「ふがし」は旅行者に好評のようである。
 所在  川越市元町2-7。
菓子屋横丁


中市本店  
川越一番街商店街にある鰹節店。店頭で売られている「ねこまんま焼きおにぎり」が人気。
 所在  川越市幸町5-2。  電話  (049) 222-0126  WEB  [22]
 営業時間  10:00~19:00、定休日 水曜  値段  
中市本店


ロヂャース川越店 地図  
川越駅西口から徒歩約12分のところにあるディスカウントスーパー。激安弁当で有名。駅から離れたところにあるのが多いロヂャースのなかで、ここは駅から比較的近いところにあるので、川越駅周辺に宿泊する際の惣菜の調達に便利。焼きそばとスパゲティナポリタンはいずれも99円(税別)、のり弁当やミックスフライ弁当などがいずれも189円(税別)、カツ丼284円(税別)などが激安価格で販売している。店内に原島という巨乳の女の子のPOP広告が飾られているのが実に印象的。
 所在  川越市脇田新町11-11。川越駅西口から徒歩約12分、または川越駅西口からコミュニティバスの川越シャトル(西武バス運行)を利用、約4分の乗車で河岸街道で下車、徒歩約3分。川越駅西口から河岸街道までの運賃は180円(交通系ICカード利用は175円)。  電話  (049) 241-1234  WEB  [23]
 営業時間  月~土曜9:30~21:30、日曜9:00~21:30、無休  値段  


アイフーズ 本社工場店  
ドーナツの工場直売所。
 所在  川越市上松原184-3 アイフーズ本社・工場 敷地内。  電話  (049) 292-9942  WEB  [24]
 営業時間  9:00~18:00  値段  

食べる[編集]

安食堂[編集]

元町珈琲店 ちもと  
菓子屋横町の脇にある喫茶店。
 所在  川越市元町2-3-12。  電話  (049) 226-6969  WEB  [25]
 営業時間  11:00~17:30、定休日 月曜(祝日の場合は翌日休)  予算  芋ソフトクリーム ¥250


やきそばのみどりや  
川越高校の隣にある川越太麺焼きそばのお店。
 所在  川越市郭町2-1-3。  電話  (049) 224-0079  WEB  
 営業時間  11:00~18:30  予算  


小峰商店  
川越城本丸御殿の前にある川越太麺焼きそばのお店。
 所在  川越市郭町2-25-9。  電話  (049) 222-4410  WEB  
 営業時間  10:00~18:00、定休日 月曜  予算  


まことや 本店  
川越太麺焼きそばのお店。
 所在  川越市連雀町8-4。  電話  (049) 224-2915  WEB  
 営業時間  11:00~16:00、定休日 水曜・悪天候時  予算  
まことや 本店


甘味茶房 かすが  
蔵を改築した建物の甘味処。
 所在  川越市幸町6-1。  電話  (049) 226-2392  WEB  
 営業時間  10:30~20:00、定休日 金曜  予算  


頑者 (がんじゃ)  
つけめんの有名店。本川越駅から徒歩2分。
 所在  川越市新富町1-1-8。  電話  (049) 226-1194  WEB  [26]
 営業時間  11:30~16:20、定休日 日曜  予算  


吉野家川越クレアモール店  
川越駅側からクレアモール入ってすぐそば。
 所在  川越市脇田町7-1。  電話  (049) 228-1893  WEB  [27]
 営業時間  24時間。  予算  

中級[編集]

アトレ川越レストランスクエア  
アトレ川越の7階にあるレストラン街。テナントにはとんかつの和幸、うなぎのいちのや、和食のさがみなど。
 所在  川越市脇田町105。7階。  電話  (049) 226-1111  WEB  [28]
 営業時間  11:00~22:00。  予算  店により異なる。


岡野屋食堂  
さつまいもメニューが並ぶ食堂。
 所在  川越市元町2-7-5。  電話  (049) 222-3042  WEB  
 営業時間    予算  芋うどん ¥850


郷土ぐるめ 開運亭  
川越の郷土料理のお店。
 所在  川越市幸町2-11 白石藤兵衛商店 2F。  電話  (049) 223-3335  WEB  [29]
 営業時間  11:00~19:30、定休日 月曜 (祝日の場合、翌日休み)  予算  太麺やきそば御膳 ¥950

高級[編集]

いちのや  
うなぎの老舗店。アトレビルにもあるが、こちらが本店になる。
 所在  川越市松江町1-18-10。  電話  (049) 222-0354  WEB  [30]
 営業時間  11:30~21:00。  予算  


小川菊  
文化四年創業の鰻専門店。
 所在  川越市仲町3-22。  電話  (049) 222-0034  WEB  [31]
 営業時間  11:00~14:00 16:30~19:30、定休日 木曜(祝祭日を除く)  予算  

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

カプセルイン川越 地図  
カプセル数132室の男性専用のカプセルホテル。
 所在  川越市脇田町18-3。JR・東武川越駅東口、徒歩2分。  電話  (049) 223-3211
 FAX  (049) 223-3950
 WEB  [32]
 時間  チェックイン 17:00 チェックアウト 10:00   料金  ¥3,500~。

中級[編集]

川越第一ホテル 地図  
駅に近く、客室数154室、シングル主体のホテルである。全部屋に光通信整備を備える。
 所在  川越市菅原町7-34。JR・東武川越駅東口、徒歩4分。  電話  (049) 226-3711
 FAX  (049) 226-3716
 WEB  [33]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  シングル¥7,000~、ダブル¥12,000。


デイリーホテル小江戸川越店  
本川越駅より徒歩約6分。
 所在  川越市連雀町22-5。  電話  (049) 222-1100  WEB  [34]
 時間    料金  

高級[編集]

川越東武ホテル 地図  
クレアモール(商店街)に近い、客室数103室の東武グループのホテルである。全室ネット接続、温水洗浄トイレ完備。
 所在  川越市脇田町29-1。JR・東武川越駅東口、徒歩5分。  電話  (049) 225-0111
 FAX  (049) 225-0607
 WEB  [35]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 11:00   料金  シングル¥8,316~、ツイン¥15,592~、スイート¥34,650。


川越プリンスホテル 地図  
客室数110室のプリンスホテル系列のホテルである。蔵造りの町並みへは徒歩15分程度。
 所在  川越市新富町1-22。西武本川越駅に直結。  電話  (049) 227-1111  WEB  [36]
 時間  チェックイン 13:00 チェックアウト 11:00   料金  ツイン¥16,800~、ダブル¥16,200~。各種宿泊プランあり。


割烹旅館 佐久間  
明治二十七年創業の割烹旅館。
 所在  川越市松江町2丁目5-4。  電話  (049) 224-0012  WEB  [37]
 時間    料金  

出かける[編集]



Wikitravel Shared Logo 川越市に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。