何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

川俣町

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
川俣町

Default Banner.jpg

川俣町(かわまたまち)は、福島県中通り県北地方にある町である。 川俣町ホームページ


着く[編集]

飛行機で[編集]

列車で[編集]

車で[編集]

バスで[編集]

JR福島駅東口から川俣高校前までジェイアールバス東北が路線バスを運行している。町内まで所要およそ45分。 JRバス東北 福島-川俣

JR東北本線・松川駅からは福島市と川俣町が共同運航する自治体バスが運行されている。松川駅から所要およそ30分。 川俣松川線・川俣飯野線

船で[編集]

動く[編集]

列車で[編集]

バスで[編集]

町内の移動にはバス、デマンドタクシーが利用できる。 川俣町の生活交通

足で[編集]

観る[編集]

かわまた織物展示館 地図  
「道の駅川俣シルクピア」にある、当地名産の絹織物に関する展示施設。
 所在  川俣町大字鶴沢字東13-1  電話  024-565-4889  WEB  [1]
 開場時間  9:00~17:00(月曜・年末年始休館)。  料金  大人 ¥150。

遊ぶ[編集]

買う[編集]

川俣シルク  
薄手の絹織物の産地として古くから知られていた川俣町。明治期に日本の主要輸出品だった絹製品のなかでも人気でスカーフの世界シェア8割を占めたこともある「横浜スカーフ」は、その多くが当地の生地を用いていた。東日本大震災翌年の2012年に、町内に本社を置く齋栄織物が開発した「フェアリー・フェザー」は、世界一薄く軽いとされ海外の有名ブランドでも使われている。絹製品は「道の駅川俣シルクピア」にある「かわまた銘品館シルクピア」で販売されている。
 WEB  [2]


かわまた銘品館シルクピア 地図  
川俣シルクや川俣シャモなど当地の名産品が揃った販売店。「道の駅川俣シルクピア」内。
 所在  川俣町大字鶴沢字東13-1  電話  024-566-5253  WEB  [3]
 営業時間  9:00~18:00(大晦日の15:00~元日休業)。  値段  

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

高級[編集]

出かける[編集]

この記事「川俣町」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。