何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

尾瀬国立公園

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
尾瀬国立公園

Default Banner.jpg

尾瀬ヶ原

尾瀬国立公園 (おぜこくりつこうえん) は福島県栃木県群馬県新潟県の4県2市1町2村にまたがる37,200ヘクタールにおよぶる国立公園。位置的には日光国立公園の西側に位置する。単に「尾瀬」を呼ばれる尾瀬地域は古くからミズバショウなどの貴重な植物群落などがあることで知られている。 尾瀬国立公園(環境省自然環境局)



分かる[編集]

歴史[編集]

  • 1934年(昭和9年)12月 – 尾瀬地域を含む「日光国立公園」が指定される。
  • 2007年(平成19年)8月30日 – 日光国立公園の尾瀬地域分割と周辺地域編入により国立公園として新設される。

風景[編集]

尾瀬といえば湿原が有名で、各湿原には「○○田代」と名付けられていることが多い。特に上田代、中田代、下田代からなる尾瀬ヶ原は日本最大級の高層湿原である。湿原内には池糖(ちとう)と呼ばれる大小の池沼もあり、浮島が浮かぶものもある。尾瀬ヶ原の西側には標高2,228mの至仏山、東側には標高2,356mの燧ケ岳、会津駒ヶ岳2,132.4mがそびえる。燧ケ岳の南側には尾瀬沼がある。

動植物[編集]

ミズバショウ

春から初夏にかけてはミズバショウ、夏にはニッコウキスゲが湿原一帯に咲き誇り、池糖ではヒツジグサやオゼコウホネが見られるなど、高山植物の種類が豊富である。


気候[編集]

  • 標高1,400mにあり、気温は東京などの平野部と比べて約10℃の差がある。昼間は気温が高くても夕方になると急激に気温が下がる場合もあるので、上着などをいくつか持って行ったほうが安全。初雪も10月には観測され、雪解けも5月に入ってからとなる。

関係市町村[編集]

着く[編集]

  • 尾瀬地域
    • 入山口は主に群馬県片品村と福島県檜枝岐村からの2通りである。
    • 福島県檜枝岐村からは沼山峠が入山口となっている。ただ、沼山峠へ通じる道路は1年を通じてマイカーの乗り入れが禁止されている。マイカーで入山する際は、ふもとの御池地区に車を置き、そこからバスに乗り換えていくことになる。
    • 群馬県片品村からは鳩待峠、大清水が入山口となっている。ただ、季節によってマイカーの乗り入れが規制されており、マイカーで入山する場合、ふもとの戸倉地区に車を置き、そこからバスに乗り換えていくことになる。

飛行機で[編集]

  • 羽田空港を利用する。空港連絡バスで高崎駅、上越線に乗り換え沼田駅からバスで戸倉、鳩待峠か大清水より入山。または、京浜急行・都営地下鉄・東武鉄道・野岩鉄道を利用して会津高原駅からバスで桧枝岐、沼山峠から入山。 
  • 新潟空港 (IATA: KIJ) を利用する。[1] ・魚沼から行く尾瀬 [2]

料金/許可[編集]

  • 尾瀬地域への入山は無料である。

動く[編集]

木道を歩く登山者
  • 尾瀬地域
    • 自然保護地区のため移動手段は徒歩のみ。遊歩道が整備されている。遊歩道は湿原の中を通る比較的平坦なルートから急斜面を行く登山ルートまでとさまざまなコースがある。


観る[編集]

尾瀬沼ビジターセンター・尾瀬山の鼻ビジターセンター  
尾瀬ヶ原と尾瀬沼にそれぞれ尾瀬の成型が具体的な展示でわかるビジターセンターがある。
 所在  福島県(尾瀬沼畔)  電話  (027) 220-4431  WEB  [3]
 開場時間  HP参照  料金  入館・無料、車両乗り入れが出来ないので徒歩で。


尾瀬ヶ原  
「夏の思い出」で全国的に有名な湿地帯。雪解けから冠雪まで多くのハイカーで賑わう。


尾瀬沼  
尾瀬ヶ原と同じくラムサール条約重要湿地に登録された湖、福島県側の入り口の一つでもある。


三条の滝  
高さ約100m、尾瀬沼の水が大量に流れ落ちる。日本の滝百選に選ばれている。
  • 大江湿原
  • 菅沼(すげぬま)
  • 丸沼
  • 田代山湿原

遊ぶ[編集]

買う[編集]

  • いくつか売店がある。

食べる[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

宿泊所[編集]

  • 尾瀬地域には宿泊が可能な山小屋が数十箇所にある。ただ、全ての山小屋は完全予約制となっており、あらかじめ予約をしないと宿泊できない。また、山小屋の浴場は自然保護のため、石鹸、シャンプーなどの使用ができない。
  • 山小屋の詳細は福島県側山小屋または群馬県側山小屋を参照

キャンプ[編集]

野宿[編集]

気を付ける[編集]

  • 天候の急変に注意
    • 尾瀬地域では急に雨が降るなど天候が急変することもあるので注意。
  • 必ず敷設されている木道を歩き、ゴミは持ち帰ること。
  • 山奥に位置するためクマ出没の可能性もある。音が鳴るもの(鈴など)を携帯しておくとよい。

出かける[編集]

Wikitravel Shared Logo 尾瀬国立公園に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「尾瀬国立公園」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。