何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

小浜島

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
小浜島

Default Banner.jpg

丘から見た港の眺め

小浜島(こはまじま)は、沖縄県八重山郡竹富町に属し、八重山諸島の島々のひとつである。竹富町役場


分かる[編集]

島の5分の1ほどが高級リゾート施設「はいぶるむし」、ユニマットプレシャスが運営する「ホテルアラマンダ小浜島」及び日本最南端のゴルフ場である小浜島カントリークラブで占められている。

NHKの朝の連続ドラマ「ちゅらさん」やテレビ東京の昼の連続ドラマ「かりゆし先生ちばる! 」の舞台となった島である。NHKの連続ドラマでははいむるぶしが撮影隊のベースとなった。

またドラマ“かりゆし先生ちばる! ”でリゾート開発の舞台となったのはホテルアラマンダ小浜島である。

島内ではダイビングやシュノーケリング、マリンスポーツなどのマリンスポーツを除けば、大きな観光地があるわけではなく、宿泊施設でゆっくりすごしたり、居酒屋で酒を片手にゆっくりと沖縄のゆっくりとした時間の流れを楽しむのがいいと思う。西表島との間にあるヨナラ水道は、マンタが見られるダイビングスポットとして有名。はいむるぶしにはカイトサーフィンの愛好者もいるため、カイトサーフィンを楽しみに来る人が多い。また、ホテルアラマンダ小浜島はゴルフ場を併設しているため、ゴルフ客も多い(はいむるぶしからでも送迎がある)。サトウキビの収穫の時期(目安として2-4月くらい)には、休暇ついでにボランティアでサトウキビの収穫を楽しむ人が、民宿やリゾートホテルに宿泊する客も少数ながらいる。

観光案内[編集]

  • 竹富町観光協会 — 小浜島ではなく、石垣島に設けられているので注意が必要である。  所在  石垣市美崎町1-5。  電話  (0980) 82-5445  FAX  (0980) 82-5472  WEB  [1]  e-mail  [2]

着く[編集]

飛行機で石垣空港へ到着した後、石垣島離島ターミナルに移動(タクシーや巡回バスを利用)し、小浜島行きのフェリーに乗り換える。

飛行機で[編集]

石垣空港(いしがきくうこうIATA: ISG)を利用。タクシーで約30分、バスで約45分ほどで、石垣島離島ターミナルへ到着する。石垣港から高速船または客貨船に乗船する。石垣空港には羽田空港中部国際空港関西国際空港・神戸空港・福岡空港・那覇空港・宮古空港・与那国空港からの便がある。

船で[編集]

高速船が3社により、毎日運行されている。船賃は片道¥1,190(うち¥160は燃料油価格変動調整金(燃油サーチャージ))。往復で割り引き有り。2011年4月より、八重山観光フェリーと安栄観光フェリーで、相互利用のきく乗船チケットとなる(燃料費高騰のための減便の対処として)。

  • 安栄観光 TEL (0980) 83-0055 によって6便(八重山観光フェリーとの共通乗船券により12便分)
  • 客貨船は石垣島ドリーム観光が日・水以外の曜日に各1便運航している。

石垣島~小浜島間は合計で20~22便/日が往復している。また、小浜島から竹富島へは3便/日(石垣島経由を含む)、竹富島から小浜島へは2便/日(石垣島経由を含む)、小浜島から西表島大原港へは1便/日、大原港から小浜島へは2便/日が運航されている。予約が必要な便もあるので、利用には注意が必要である。

動く[編集]

タクシー会社は無い。それ故、島内での移動は、その他での移動となる。はいむるぶしやホテルアラマンダ小浜島へのリゾートに宿泊するのであれば、島内観光を行っているコハマ交通を利用し島内観光をして、各リゾートに行くのがいいかもしれない。小浜港近くやはいむるぶし、ホテルアラマンダ小浜島などでレンタル自転車やレンタル電動自転車、レンタルスクーターなどもある。島は起伏があり、また風の強い日が多いので、自転車でのツーリングは注意が必要。

車で[編集]

レンタカー会社が小浜港近くに2件ある。小浜レンタカーとレンタカー結の2社があり、両社ともに軽自動車で1時間¥1,500+ガソリン代として¥1,000~。各リゾートなどの宿泊施設間の送迎も行っている。島内にはガソリンスタンドが1カ所しかなく、しかも路地の狭い集落内にあるほか、ガソリンスタンドの備蓄量も限られるため、レンタカーの返却は通常の満タン返しではなく、レンタカー会社での表示金額となる。また、ニラカナイでもレンタカーを貸し出している。

バスで[編集]

コハマ交通が小浜港より日に4便程度の観光バスを運行している(1名¥1,500)。主な乗り場は小浜港、はいむるぶし及びニラカナイなどである。(株)コハマ交通 ちゅら島交通は小浜港より1日4便(9:40 11:00 14:30 15:30)の島内1周定期観光バスツアーを運行するほか、国内外からの団体観光客も受け入れている。 その他、うるわし観光がある。ううわし観光はおもに団体観光客を対象に受け入れている。

足で[編集]

大きな島ではないので1日あれば歩いて巡ることができる。また集落の外は街灯が全くないため、夜間に集落からはずれている各リゾートに帰る場合は、懐中電灯を持って行った方がいい。

観る[編集]

ちゅらさん展望台  
小浜島北西部にある、島を見渡せる展望台。NHKの朝ドラ「ちゅらさん」で有名になった和也の木も見える。また、ここから、海上に見える石垣があり、これは魚垣とよばれ、昔に魚を捕らえるために作られた石垣である。私有地のため、時々閉鎖されていることがあるので注意。2012年2月より、保有者の希望(口蹄疫への心配)により、閉鎖されている。
 WEB  [3]


大岳 (うふたき)  
小浜島中央部、集落の北にある島の最高峰。登山口から10分程度で登れる標高99mの山頂からは、島の周囲がぐるっと見渡せ、八重山の8つの島々や、眼下に広がるマリンブルーの海の眺めを楽しむことができる。国の史跡となっている先島諸島火番盛がある。
大岳


小浜民俗資料館  
島の生活や歴史を紹介した私設の資料館。オフシーズンなどに訪れると、電気が消えて閉館しているように見えることが多いが、同じ敷地内にある右隣の民家に声をかけると開けてもらえる(ここが資料館のオーナーの家で、おばあさんが住んでいる)。オーナーのおばあさんはとても親切な方で、先方の都合がつけば館内の文物一つひとつについて丁寧に説明してもらえる。いろいろと興味深い話を聞かせていただけるので、時間があればそれらの説明をゆっくりと聞いてみるとよい。事前予約でみんさー織りの体験ができる。
 所在  島の集落内。  電話  (0980) 85-3465  WEB  
 開場時間  9:00~17:00(5月から10月は18:00まで)。  料金  大人¥300・小人¥100。
小浜民俗資料館


こはぐら荘  
平成13年上半期に放映されたNHKの連続テレビ小説シリーズ「ちゅらさん」とその続編で、民宿「こはぐら荘」として利用された民家。時折観光用のマイクロバスから降りてきた団体の観光客が建物の近くに群がっていたりもするが、現在も実際に人が住んでいるため内部に入ることはできず、外観のみの観光となっている。このため、放映当時ドラマを見ていた人やドラマのことを知っている人以外の人が来ても、ここが何故観光スポットになっているのか、にわかにはわからないかもしれない。建物自体は国の登録有形文化財にも指定されている。
 所在  島の集落内。
こはぐら荘


シュガーロード  
NHK朝ドラで通学路として利用された。シュガーロードの南には第二シュガーロードもある。サトウキビ畑と牧草畑、放牧地が交互に入り交じる。
 所在  島の集落東側。


ヒルギ自生区 (マングローブ群落)  
島の西部、石長田(いしなーた)海岸に広がるマングローブの群落。マングローブ林を間近で見ることができる。道と海岸の間には高さ1.5mほどのコンクリートの防護壁があるが、所々に階段が付いており、マングローブ林に降りていくことができる。また、近くには、付近の海が見渡せる展望台もある。
 所在  石長田海岸。
ヒルギ自生区

遊ぶ[編集]

細崎(くばさき)  
島の西端にあり、西表島が近くに見えて夕陽がきれいな岬。手前の海人公園にはエイの形をしたマンタ展望台がある。潮流が早いため遊泳はできない。


はいむるぶし  
¥1,000の入園料で、はいむるぶしビーチなどが利用可。遠浅のため干潮時の利用時は要注意。利用前に潮の状況を確認した方がいいかもしれない。
 所在  小浜2930。  電話  (0980) 85-3111(代表)  WEB  [4]
 営業時間    料金  ¥1,000。


ホテルアラマンダ小浜島 夕暮れわくわく体験 夜のドキドキ体験  
 所在  小浜東表2954。  WEB  [5]


小浜島カントリークラブ (旧リゾナーレ小浜島CC)  
ホテルアラマンダ小浜島に併設された、日本最南端&最西端のホールがあるアメリカンスタイルの本格派リゾートコース。西表石垣国立公園の豊かな自然に包まれたコースをガイドと一緒にカートに乗って探検する。マガモやクジャクやゴルフ場に生息する生き物たちを至近距離で見ることができる人気のアクティビティ。
 所在    電話  0980-84-6314  WEB  [6]
 営業時間  7:30~18:00  料金  季節やステータスにより異なる。詳細はクラブのHP参照。

買う[編集]

くば屋ぁ  
港の待合室にあり、細崎地区の主婦グループが始めた店。島の食材を使った手作り商品が並んでいるほか、Tシャツやアクセサリーなども置いている。
 所在  小浜港桟橋待合所内。  電話  (0980) 85-3616  WEB  
 営業時間  8:00~17:45。  値段  
くば屋ぁ


大石商店  
日用品からお土産までいろいろ扱っているお店。
 所在  小浜23 集落中央。  電話  (0980) 85-3344  WEB  
 営業時間  7:00~20:00。  値段  

食べる[編集]

おすすめ[編集]

小浜バーガー  
小浜島産の黒糖を使って作られたテリヤキソースが自慢のバーガー。黒糖の風味が味わい深いおすすめの一品だが、注文を受けてから作り始めるので、出てくるまでに15分くらいかかることもある。なので、帰りの船の時間が迫っている人は要注意(それを計算に入れておかないと、船を乗り逃がすことになりかねない)。
 所在  BOB's Caféで。
小浜バーガー

安食堂[編集]

中級[編集]

ヤシの木 (Yashi-no-ki)  
港から集落へ向かうメインストリート沿いにある、黒糖オーレや黒糖サンデーが名物の喫茶店。コーヒーなどのほか、パスタなどの軽食もやっている。洒落た雰囲気の店で、店の一画に、島にちなんだオリジナルデザインの手ぬぐいやTシャツなどを展示販売するコーナー(右画像)もある。
 所在  小浜2584 港から徒歩18分。  電話  (0980) 85-3253  WEB  [7]
 営業時間  11:00~17:00。  予算  
ヤシの木


軽食&喫茶 シーサイド  
八重山そばや定食などが食べられる店。
 所在  小浜2565 港から徒歩18分 小中学校そば。  電話  (0980) 85-3124  WEB  
 営業時間  10:00~14:00 17:00~21:00。  予算  


カフェレストランパパイヤ  
細崎港の近くにあるレストラン。
 所在  小浜1500。  電話  (0980) 85-3980  WEB  
 営業時間    予算  
カフェレストランパパイヤ

高級[編集]

飲む[編集]

さとうきび  
小浜の製糖工場に隣接。宿泊施設から送迎有り。
 所在    電話    WEB  
 営業時間    料金  
さとうきび


BOB's Cafe  
小浜港近く。宿泊施設から送迎有り。小浜バーガーが評判。フェリーターミナルから至近距離にあるので、船の待ち時間などに利用するとよいだろう。
 所在  小浜3400−38。  電話  (0980) 85-3970  WEB  
 営業時間    料金  
BOB's Cafe


結花  
小浜港近く。宿泊施設から送迎有り。
 所在    電話    WEB  
 営業時間    料金  


sanufa  
後述の別荘型リゾート「南十字星」近く。創作居酒屋。宿泊施設から送迎有り。
 所在  小浜758-1 コーラルアイランドリゾート跡地内  電話  (0980) 85-3280  WEB  [8]
 営業時間  18:00~26:00(毎週水曜定休日)。  料金  ¥600くらいから。


居酒屋やらます  
地元の人が多く集まる店。石垣牛の刺身や握りが食べられる。
 所在  小浜3208-11 港から徒歩25分。  電話  (0980) 85-3838  WEB  
 営業時間  18:00~。  料金  石垣牛握り¥1,200・刺身盛り合わせ¥1,500など。


島人ぬ居酒屋あーじゅ  
家の座敷を改装したお店。屋形船もある。
 所在  小浜43 港から徒歩25分。  電話  (0980) 85-3271  WEB  
 営業時間  18:30~24:30(ラストオーダー22:00)。  料金  単品¥500程度。
島人ぬ居酒屋あーじゅ

泊まる[編集]

安宿[編集]

  • 民宿には備え付けのタオルがないこともあるので、タオル類を各自持参した方がよい(頼めば貸してはくれるが、基本的に宿の家族用のものを借りる形になってしまう)。
  • 喫茶店のように朝食のみを取れる店というのは基本的にないので、島内に宿泊する場合、前日にあらかじめ島内の商店などでパン類などの食料を調達しておくか、もしくは民宿を朝食付きで泊まるようにするかのどちらかにした方がよい。


民宿おもしろ荘  
素泊り専門の宿で食堂を併設している。
 所在  字小浜2538 港から徒歩25分。  電話  (0980) 85-3312  WEB  
 時間    料金  ¥3,000。
民宿おもしろ荘


民宿うぶたき荘  
集落の中心部にある民宿。部屋はやや狭いが清潔で冷暖房完備。トイレとバス(シャワーのみ)は男女共用になっている(トイレは2つあるが、シャワー室の方は1つだけなので(ただしカランは2つある)、家族での利用とかを除き、基本的に誰かが利用している間は使えない)。チェックイン時に、サービスとしてウエルカムドリンクと店のご主人の手作りのサーターアンダーギーが出てくる。
 所在  小浜52 港から徒歩25分。  電話  (0980) 85-3243  WEB  [9]
 時間  チェックアウト 10:00   料金  素泊まり¥4,000~。
民宿うぶたき荘


民宿だいく家  
 所在  小浜73番地。  電話  (0980) 85-3352
 FAX  (0980) 85-3352
 WEB  
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  ¥6,000~。
民宿だいく家

中級[編集]

高級[編集]

沖縄では先駆け的なリゾートである「はいむるぶし」、ゴルフ場を併設した「ホテルアラマンダ小浜島」、リゾートコテージ「南十字星」がある。南十字星は会員制(入会金 ¥300,000、年会費 ¥21,000。ハイシーズンで10泊まで、その他の季節(11月~3月)は月単位で利用可)であるが、お試しでの宿泊も可。(1泊¥30,000より)南十字星

「はいむるぶし」および「ホテルアラマンダ小浜島」にはプライベート・ビーチ的な施設(ビーチへのアクセスに園内を通過する必要あり)が付属しており、両施設ともにマリン・アクティビティが楽しめる。

「はいむるぶし」は沖縄風を求めている方向けでオールマイティー(特に家族向け、オーシャン・ビュー・スイートやオーシャン・プレミアはカップル向け)な感じ、ホテルアラマンダ小浜島はアジアン・テイストかつ豪華さを求めている人向け、南十字星は別荘的なリゾートを求めている人向け。


はいぶるむし  
全国的にも有名で、沖縄では老舗的なリゾートホテル(三井不動産リゾート(旧ヤマハ)・グループによる運営。ちなみに、はいむるぶしの名称は「南群星」を意味する八重山方言に由来する。)。最上級のオーシャン・ビュー・スイート(20室)、上級のオーシャン・プレミア(20室)、中級のスーペリア(60室)、スタンダード(10室。絨毯)の3タイプがある。オーシャン・ビュー・スイートは海まで50mほどの距離で、ゴルフ・カート(レンタル・カートと呼んでいる)が付く他、朝食のルームサービス有り。スタンダードやスーペリアの部屋でも、当日に部屋に空きがあれば、追加料金で利用可。沖縄を意識した作りとなっており、園内にはリゾートには珍しい水牛やヤギ、ウサギなどが飼育されている。スタッフはフレンドリーな感じ。アロマサロンや大浴場などを併設。ペット可(スタンダードに限る)。
 所在  小浜2930 港から送迎バスで5分。  電話  (0980) 85-3111(代表)
 FAX  (0980) 84-6001
 WEB  [10]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 11:00   料金  朝食付1名(2名利用)\8,000程度から。予約経路、人数・客室の差によって異なる。


ホテルアラマンダ小浜島  
旅人をやさしく癒す島の“ラグジュアリーRetreat Resort”「ホテルアラマンダ小浜島」2018年10月にブラッシュアップして再始動。ヴィラタイプのスイート(60室)オーシャンスイート(2室)スーペリアルーム、デラックスルーム(100室) 。癒しの島に佇む優雅なリゾート。広大な敷地内にマリンスポーツが楽しめるビーチやプール、ゴルフ場、スパ棟、ラグーンに沿ってヴィラなどが立ち並ぶ。
 所在  小浜東表2954 港から送迎バスで約5分。  電話  (0980) 87-5112(予約センター)  WEB  [11]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 11:00   料金  朝食付1名(2名利用)¥24,000から。

出かける[編集]

  • 小浜港から西表島大原港と竹富港への船が一日1~2便運航されている。


この記事「小浜島」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。