何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

富田林市

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
富田林市

Default Banner.jpg


注意: このページ「富田林市」は保護ページの基本方針に基づき管理者およびユーザー登録者のみが編集できるよう設定 (半保護化) されています。ページ半保護についての議論や半保護解除依頼についてはこのページのノートを参照してください。

富田林寺内町・城之門筋

富田林市 (とんだばやしし) は、日本の近畿地方大阪府南東部にある市。堺市美原区羽曳野市河内長野市大阪狭山市、南河内郡太子町河南町千早赤阪村と接している。かつては宿場町や寺内町として栄え、現在でも寺内町には室町時代の町割り、江戸末期から大正時代の町並みが多く残っている。また甲子園常連校PL学園があることでも有名。 富田林市ウェブサイト



分かる

富田林観光案内所

観光案内所

  • 富田林市観光協会 所在  富田林市常盤町1-1 富田林市商工観光課内  電話  (071) 25-1000  WEB  [1]
  • 富田林観光案内所 所在  富田林市本町19-10  電話  (071) 24-5500  時間  9:00~16:00(12:00~13:00は昼休み)

イベント・行事

  • 富田林市民ふれあいまつり — 11月23日。ステージ、大鍋、模擬店、遊びコーナー ほか  所在  石川河川敷(川西グラウンド)  電話  (0721) 24-1519(富田林市民ふれあいまつり実行委員会)  時間  9:00 ~ 15:00  料金  無料  WEB  [2]
  • 富田林じない市 — 毎月第2土曜日  所在  富田林寺内町。  電話  (0721) 23-5564  時間  10:00 ~ 16:00  料金  無料  WEB  [3]



着く

飛行機で

関西国際空港からは、リムジンバスSorae(ソラエ)で河内長野駅に到着後、富田林市内各駅へ。

大阪国際空港からは、大阪空港交通のリムジンバスで難波へ。南海電鉄難波駅から高野山方面に乗車し北野田駅に到着後、近鉄バスで「富田林駅」へ。又はあべのゆきリムジンバスに乗り、近鉄大阪阿部野橋駅から富田林市の各駅へ。

富田林駅

列車で

大阪阿部野橋駅から
河内長野行き準急に乗るのが確実である。近鉄長野線の、喜志駅 - 富田林駅(中心駅) - 富田林西口駅 - 川西駅 - 滝谷不動駅が、市内にある駅。
南海難波駅から
南海高野線北野田駅に到着後、近鉄バスで富田林駅へ。または金剛駅に到着後、東口から出発する南海バスに乗ることで富田林市西部地域へと向かうことも出来る。

車で

国道170号、国道309号が市内を通行している。

動く

富田林寺内町・あてまげのみち

列車で

バスで

  • 近鉄長野線の喜志駅・富田林駅から金剛方面へ向かう路線バスがある。
  • 「レインボーバス」というコミュニティバスも運行されている。このバスで近鉄富田林駅前の「富田林駅前」バス停から乗車し、「金剛連絡所前」バス停にて降車。そして、北側の交差点を西方面へ渡ってまっすぐ歩いていけば、南海高野線の金剛駅に着く。下り坂なので楽である。このルートだと、大人100円で富田林から金剛駅へ向かうことが出来る。バス路線地図

自転車で

  • 近つ飛鳥レンタサイクル『かわっちりん』 — 近鉄と自治体が協力して2ヶ所の自転車駐車場を利用して行っているレンタサイクルである。旅行者は一時利用を利用することになる。身分証明書必須、乗り捨て不可なので注意が必要である。  時間  2ヶ所供、返却は翌朝10:00まで延長可能である。  料金  一般¥200、電動アシスト¥400。
    • 喜志駅地下自転車駐車場 所在  富田林市喜志町三丁目4-32。近鉄長野線喜志駅下車すぐ。  電話  (0721) 24-6293  時間  6:30~22:00。年末年始・8月1日定休。
    • 富田林駅自転車駐車場 所在  富田林市本町18-17。近鉄長野線富田林駅北改札口すぐ。  電話  (0721) 24-9479  時間  6:30~20:00。日祝祭日・年末年始・8月1日定休。

足で

観る

美具久留御魂神社 (みぐくるみたまじんじゃ) 地図  
崇神10年(紀元前88年)に支子(きし)の森からしばしば大蛇が現れて農民を悩ませていたので、天皇は自ら視察して「ここは大国主命の荒御魂の荒ぶなり宜しく祀るべし」として大国主命を祀ったのが始まりと伝わる。

南北朝時代には楠木正成が、上水分社(建水分神社・千早赤坂村鎮座)と共に当社を下水分社と称し氏神として信仰してきたので、戦乱の間にも参拝し社殿を造営している。本殿の裏山には4基からなる古墳群が神体山となっており、大阪府の保護樹林に指定されている。参拝者用駐車場有り。

 所在  富田林市宮町3丁目2053。近鉄南大阪線喜志駅より西に700m。  電話  (0721) 23-3007  WEB  
 開場時間  9:00~17:30  料金  拝観料無料
美具久留御魂神社


錦織神社 (にしきおりじんじゃ)  
古代に錦部郷と呼ばれたこの地の守護神を祀ったとされる神社。本殿は唐破風と千鳥破風を合わせた独特の建築様式になっており、国の重要文化財に指定されている。
 所在  富田林市宮甲田町9-46
錦織神社


瀧谷不動明王寺 地図  
空海によって開かれたとされる寺院で、日本三不動の一つ。宗派は真言宗智山派。不動明王及び二童子立像は国の重要文化財。地元では滝谷不動又は滝谷不動尊と親しまれている。

交通安全祈願が人気のお寺で、南大阪を走っていると当寺のステッカーを貼った車をよく見かけ、中には10枚以上張っている人も居る。毎月28日不動明王御縁日は近鉄長野線滝谷不動駅から当寺までの1kmの参道は参拝者の為の歩行者天国となり、露店も出て賑わう。参拝者用駐車場有り。

 所在  富田林市彼方1762。近鉄長野線 滝谷不動駅から東へ徒歩約15分。  電話  (0721) 34-0028  WEB  [4]
 開場時間  6:00~16:30  料金  拝観自由。
瀧谷不動明王寺


龍泉寺 地図  
推古天皇2年(595年)、勅命により蘇我馬子が創建。弘仁14年(823年)空海が中興。南北朝時代には、楠木正成が嶽山山頂に龍泉寺城を築いたことにより、戦乱に巻き込まれる。戦国時代には、畠山義就と畠山政長の家督争いによる争乱のために再び戦火に遭うなど、25あった堂宇は、仁王門(国の重要文化財)を除き焼失。江戸時代にかつての規模を取り戻せないものの再興。桜、ツツジ、モミジの名所として有名で、四季を通じて楽しめる。
 所在  富田林市龍泉888。  電話  (072) 134-3134  WEB  
 開場時間  8:00~17:00  料金  拝観料¥300


目白不動願昭寺 (めじろふどうがんしょうじ) 地図  
八宗兼学真修教の総本山で、信者手作りの寺として有名である。本尊の不動尊像は樹齢八百年の原木を彫り上げた楠の一刀彫である。梅の名所としても有名。
 所在  富田林市伏見堂953  電話  (072) 135-5751  WEB  
 開場時間    料金  


楠妣庵観音寺 (なんぴあんかんのんじ) 地図  
河内西国霊場第二十番札所。楠木正行(楠木正成の嫡男)が、後醍醐天皇崩御後、ここ峰篠山の一角に一殿を建立し、同天皇の念持仏であった千手観音を安置し「峰篠山観音殿」と称したのに始まる。正平3年(1348年)正行が四條畷の合戦で討ち死した後、母である楠公夫人久子は故郷の甘南備に隠棲し敗鏡尼と称し、正成をはじめ一族郎党の菩提を弔った。敗鏡尼の没後、正行の弟正儀が観音殿を改め観音寺とし、楠一族の菩提寺とした。臨済宗妙心寺派の寺院。
 所在  富田林市大字甘南備1103。近鉄長野線富田林駅下車。金剛バス東条線甘南備下車すぐ。  電話  (072) 135-5161  WEB  
 開場時間  9:00~17:00  料金  入山料・大人¥200、子供¥100
楠妣庵観音寺

富田林寺内町

富田林寺内町  
永禄3年(1560年)、西本願寺派興正寺第14世・証秀上人が「富田の芝」と呼ばれる荒芝地を銭百貫文で購入し、町衆と共に整備した、東西約400m、南北約350mの寺内町である。大阪府内で唯一の重要伝統的建造物群保存地区。南北に通る6本の筋のうち、城之門筋が日本の道100選に選ばれており、富田林寺内町の代表的な景観となっている。

旧杉山家住宅以外は健在も居宅として使用されているので外部からの見学となるのでマナーを守ってタウンウォッチングをしてほしい。また、寺内町内には駐車場が一切無く、道が狭い上に寺内町特有の「あてまげの道」となっているので通行が困難である。富田林駅前の観光案内所で地図を入手後、徒歩かレンタサイクルによる散策が賢明。電車で到着後、徒歩の場合、富田林駅起点~富田林西口駅終点の散策ルートが設定されている。車の場合は寺内町の南の外れに市役所の駐車場がある。

 所在  富田林市富田林町。近鉄長野線富田林駅(観光案内所がある)南側、富田林西口駅東側一帯。
富田林寺内町


旧杉山家住宅  
明星派の歌人「石上露子」の生家。寺内町にある旧家の住宅で、南河内酒造業の肝煎り役を務めた豪商であった。煙出し付き本瓦葺き四層の大屋根を持つ、同地区のシンボル的存在で、現存する町屋の中では最古の建物。現在は市の所有物となり一般公開している。
 所在  富田林市富田林町14-31  電話    WEB  
 開場時間  10:00~17:00。冬季は10:00~16:00。休館日月曜。  料金  大人¥400、15歳以下¥200。
旧杉山家住宅

石上露子(いそのかみつゆこ)


石上露子

本名は杉山タカ。明治15年に杉山家で誕生。「富田林の酒屋の娘、大和・河内にない器量」と俗謡で歌われ、与謝野晶子の夫である与謝野鉄幹に見出された明星派の歌人。美人であり、時代の矛盾に正面からむきあった孤高の人柄であったと言う。


富田林市中央図書館  
石上露子に関する資料は富田林市中央図書館に特別コーナーが設けられている。本町公園に歌碑がある。
 所在  富田林市本町16-28。近鉄南大阪線「富田林駅」下車南へ徒歩3分  電話  (0721) 25-4921  WEB  [5]
 開場時間  10:00~18:00。休館日・毎週月曜、第4火曜、祝日。  料金  


寺内町センター  
寺内町の展示歴史と文化の紹介や商いの道具、店の看板などの展示施設。休憩所がある。旧杉山家住宅と隣接。
 所在  富田林市富田林町15番4号。  電話  (0721) 25-1000(富田林市役所文化財課)  WEB  
 開場時間  10:00~17:00。休館日月曜。  料金  無料。
寺内町センター


じないまち交流館  
来訪者用の案内・休息施設。
 所在  富田林市富田林町9-29  電話  (0721) 26-0110  WEB  
 開場時間  10:00~17:00。休館日月曜。  料金  無料。
じないまち交流館


興正寺別院 (こうしょうじべついん)  
正式名は「興隆正法寺」と言い、京都の山科にあったが、天文元年(1532年)に焼失後、蓮教の子である蓮秀が天満別院を興正寺とした。蓮秀の子が証秀であったことから、この寺を別院と称した。寺内町の中核寺院。門は伏見城の門を移築したもの。
興正寺別院


妙慶寺  
慶長3年(1598年)柳渓の開基と伝えられる。
妙慶寺


上野家住宅  
現「上野呉服店」。
上野家住宅


仲村家住宅  
当家の屋号は「佐渡屋」。酒造業を営んでいた。代々徳兵衛を名乗り、寺内町八人衆を努めたと伝えられる。この座敷には文人墨客が数多く訪れ、幕末には吉田松陰が約20日間滞在したと伝わる。
仲村家住宅


木口家住宅  
当家の屋号は「木綿庄」で始めは木綿商を営んでいたが、四代目より瀬戸物商に転じている。
木口家住宅


東高野街道の道標  
この道標は、京の都から高野山に通じる「東高野街道」の道標として建てられたものである。刻字から宝暦元年(1751年)11月の建立。
東高野街道の道標


中井家住宅  
当家は屋号を「布屋」と称し、呉服商を営んでいた。城之門筋南側付近の景観上、重要な点景となっている。
中井家住宅


越井家住宅  
屋号「平尾屋」。材木商を営んでいた。安政年間には庄屋を努めた家柄である。主屋は明治末期の建築で、長大な米蔵がある。
越井家住宅


越井家住宅(北)  
越井家住宅(北)


本町公園  
石上露子の歌碑と「夫婦善哉」などの作品で昭和20年前後に活躍した文豪、織田作之助の記念碑がある。
本町公園


浄谷寺  
浄谷寺は融通念仏宗大念仏寺の末寺。弘安9年(1286年)の創立で天正2年(1574年)に現地に移転。
浄谷寺


西方寺  
西方寺

遊ぶ

錦織公園 (にしこおりこうえん)  
面積65.7haの羽曳野丘陵の地形や自然を生かした大阪府営公園。子供達のための遊具が揃った「やんちゃの里」や農村風景を再現した「河内の里」などがあり、大人から子供まで楽しむことができ、売店もある。大阪みどりの百選にも選定されている。
 所在  富田林市錦織1560番地(公園管理事務所)。  電話  (072) 124-1506  WEB  [6]
 営業時間    料金  駐車場¥600
錦織公園


やまびこ園  
みかん、芋掘り、栗拾いなどの味覚狩りやバーベキューを楽しむことが出来る。遊具や宴会場も用意されている。無料駐車場完備。
 所在  富田林市龍泉747-5。  電話  (072) 134-3234  WEB  [7]
 営業時間  10:00~16:00  料金  


城山オレンヂ園  
味覚狩りの他、バーベキュー、ザリガニ釣りやパターゴルフ等が楽しめる。無料駐車場完備。
 所在  富田林市伏見堂1003。  電話  (072) 135-6943  WEB  [8]
 営業時間  10:00~17:00  料金  
城山オレンヂ園


富田林市農業公園・サバーファーム  
約20haの園内で様々な味覚狩り、花摘みが楽しめる。園内には植物類が植えられた「果樹・薬樹展示園」、ハーブガーデンとバラ園が広がる「香りの園」、四季の花が観賞できる「花畑」、アスレチック遊具が並ぶ「ぼうけん砦」、ボール遊びなどができる「芝生広場」、他にはレストランやバーベキューハウス等がある。園内に入らなくても地元の農産物直売所の「にこにこ市場」が利用できる。
 所在  富田林市甘南備2300  電話  (072) 135-3500  WEB  [9]
 営業時間    料金  
富田林市農業公園・サバーファーム

イベント・祭り

教祖祭PL花火芸術  
市内に本部を置く「パーフェクト リバティー教団」(PL)の宗教行事で、2万発(2008年、数えようによっては10~12万発)の花火が打ち上げられる関西随一の花火イベントである。
 所在  光丘カントリー倶楽部。  電話    WEB  [10]
 営業時間  毎年8月1日。  料金  有料観覧場所あり。

買う

Ecoll-Rose (えこーるろぜ)  
ジャスコがキーテナントのショッピングセンター。
 所在  富田林市向陽台3丁目1-1  電話  (0721) 28-4110(代表)  WEB  [11]
 営業時間    値段  


にこにこ市場  
サバーファーム入口横にある農産物直売所。WEBリンク先にの左下辺りに「にこにこ市場」のリンクがあるので参照されたい。
 所在    電話    WEB  [12]
 営業時間    値段  
にこにこ市場


じないまちギャラリーterra  
雑貨屋。
 所在  富田林市富田林町9-36  電話  (0721) 24-1454  WEB  
 営業時間    値段  
じないまちギャラリーterra


パン工房 泰 (ヤス)  
四角いクリームパンが人気のパン屋。近鉄富田林駅から徒歩6分。
 所在  富田林市富田林町10-12。  電話  (0721) 25-8026  WEB  [13]
 営業時間  8:00~17:00、定休日 月曜 (祝日の際は翌火曜日)  値段  

食べる

安食堂

八町茶屋  
寺内町の蕎麦、甘味処。
 所在  じないまち交流館向かい。  電話    WEB  
 営業時間    予算  
八町茶屋

中級

高級

飲む

泊まる

安宿

中級

かんぽの宿 富田林  
宿泊だけでなく、日帰り休憩も利用可能である。宿泊料金はシーズンごとに異なる。詳しくは、かんぽの宿公式サイトを閲覧されたい。なお、近鉄富田林駅(北出口)から左へ約150mにある送迎バス待合所から無料送迎バス(1日5便)があり、時刻は、10:00、11:00、13:00、14:30、16:30となっている。タクシー利用が確実かつ早く着く。
 所在  大阪府富田林市龍泉880-1  電話  (0721) 33-0700
 FAX  (0721) 33-2435
 WEB  [14]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  時期により異なる 公式サイトにて確認するのが確実

高級

出かける


Wikitravel Shared Logo 富田林市に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「富田林市」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。