何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

宇佐市

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
宇佐市

Default Banner.jpg

全国の八幡宮の総本社である宇佐神宮

宇佐市 (うさし) は、大分県北部にある市である。宇佐市役所


分かる[編集]

2005年3月に、以前からつながりの深かった宇佐市、院内(いんない)町、安心院(あじむ)町が合併して宇佐市となった。人口およそ5万6千人。

宇佐市観光協会 所在  宇佐市南宇佐2179-3。  電話  (0978) 37-0202  WEB  宇佐市観光協会


着く[編集]

飛行機で[編集]

大分空港または新北九州空港を利用。

  • 大分空港から大分交通が快速リムジンバスを運行している。大分交通
    • 宇佐八幡まで約55分、¥1,500。
    • 宇佐市役所まで1時間、¥1,500。
    • 宇佐駅へは岩崎で下車(徒歩5分)。市中心部へは法鏡寺または勤労青少年ホーム前で下車。
  • 北九州空港から西鉄バスとJRの普通列車を乗り継いで約90分。

列車で[編集]

日豊本線を走っている特急「ソニック」号で宇佐駅または柳ヶ浦駅下車。

  • 博多駅(福岡市)から特急で約90分。
  • 小倉駅(北九州市)から特急で約50分、普通列車で約1時間半。
  • 大分駅(大分市)から特急で40分、普通列車で約1時間。

船で[編集]

市内を発着する航路はない。

近隣では周南市徳山港~国東市竹田津港を結ぶスオーナダフェリーが利用できる。

バスで[編集]

夜行高速バス「ぶんご」号(名古屋~大分線)で、名古屋名鉄バスセンターから宇佐法鏡寺まで約10時間15分。運賃は大人片道¥10,400、往復¥18,600。

車で[編集]


動く[編集]

列車で[編集]

  • 日豊本線:(中津市 今津駅) - 天津駅 - 豊前善光寺駅 - 柳ヶ浦駅 - 豊前長洲駅 - 宇佐駅 - 西屋敷駅 - (杵築市 立石駅)

バスで[編集]

大分交通の子会社である大交北部バスが路線バスを運行している。主な路線は以下の通り。四日市~法鏡寺付近が宇佐市の中心市街地となっている。大分交通

  • 四日市~法鏡寺~宇佐八幡~宇佐駅~豊後高田
  • 四日市~法鏡寺~柳ヶ浦駅~長洲駅~豊後高田
  • 四日市~善光寺駅
  • 中津駅~四日市~法鏡寺~上副~安心院

足で[編集]


観る[編集]

宇佐神宮 地図  
全国の八幡宮の総本社であり、本殿は国宝に指定されている。“片参り”にならないよう上宮・下宮とも参拝したい。毎年3月18日に例祭(宇佐祭)がとりおこなわれる他、10年に一度の「勅使祭」がある(直近では2015年10月に斎行)。
 所在  宇佐市南宇佐字亀山2859(宇佐駅から大交北部バス8分、¥230)。  電話  (0978) 37-0001  WEB  [1]
 開場時間  5:30~21:00(上宮の開門時間・10~3月は6:00開門)。  料金  
宇佐神宮


西椎屋の景 (にししいや) 地図  
「宇佐のマチュピチュ」と紹介される景色。国道387号線から少し道を入ったところに展望所がある。
 WEB  [2]
西椎屋の景


双葉の里 地図  
第35代横綱双葉山定次の生家。初代「昭和の大横綱」双葉山の行跡をたどり、数多くの貴重な資料を展示している。
 所在  宇佐市大字下庄269番地。  電話  (0978) 33-5255  WEB  [3]
 開場時間  9:00~17:00、第3月曜日・年末年始休業  料金  無料


遊ぶ[編集]

アフリカンサファリ  
動物園だが、放し飼いの動物の中を檻状のバスで見る。自家用車乗り入れも可。
 所在  別府駅からアフリカンサファリ行き亀の井バス。  電話  (0978) 48-2331  WEB  リンク先音量注意
 営業時間  10:00~16:00。  料金  ¥2,300。
アフリカンサファリ


買う[編集]

天下とり (来々軒) 地図  
からあげ専門店発祥の店とされる。はじめて唐揚げを提供したという中華料理店「来々軒」に併設される形で持ち帰り専門店「天下とり」が営業。揚げる油にこだわりを持つ。唐揚げは持ち帰りだけでなく来々軒でも味わえる。国道10号線「宇佐市四日市」交差点を南へすぐ。
 所在  宇佐市四日市72  電話  080-5800-0144  WEB  [4]
 営業時間  11:30~19:30(天下とり、火曜定休)、11:30~15:00/18:00~21:00(来々軒)。  値段  骨なし(モモ肉) ¥200(100g)。
天下とり (来々軒)


からあげ太閤 地図  
宇佐からあげの人気店。国道10号線「宇佐市石田」交差点を南へ約500m。住宅地の中に立地しているため、専用駐車場以外に車を駐車したりすることは避けたい。
 所在  宇佐市閤492-3  電話  0978-33-3766  WEB  [5]
 営業時間  10:00~19:00(月曜定休、祝日の場合は翌日休)。  値段  骨付きからあげ ¥180(100g)。
からあげ太閤


ぜん 地図  
唐揚げの持ち帰り専門店。安心院高校の正門すぐ隣にあり、地元の人が多く立ち寄る。
 所在  宇佐市安心院町折敷田69-3  電話  0978-44-1156  WEB  
 営業時間  10:30~19:30(火曜定休)。  値段  骨なし ¥210(100g)。
ぜん


食べる[編集]

すっぽん料理  
宇佐市安心院(あじむ)ではすっぽんの養殖が盛んである、そのため、すっぽん料理店も多い。


宇佐からあげ  
「からあげ専門店発祥の地」を名乗り、お隣の中津市とともに持ち帰り唐揚げ専門店がとても多い宇佐市。醤油やニンニクで下味をつけ揚げているのが特徴。地元の人たちはキロ単位で買い求め食卓に並べられるという。2014年には映画「カラアゲ☆USA」が公開された。「宇佐からあげ」は宇佐からあげ協会の登録商標。「宇佐からあげ合衆国」が監修した「宇佐からあげマップ」には60店舗以上が掲載されている。市内の持ち帰りからあげ店については、上記「#買う」の項目を参照。
 WEB  [6]

安食堂[編集]

葱屋本舗 神宮店  
宇佐八幡宮表参道にあるねぎ焼き専門店。
 所在  宇佐市南宇佐2212-1 宇佐神宮仲見世通り。  電話  (080) 1539-2686  WEB  
 営業時間  11:00~17:30  予算  

中級[編集]

ワイナリーレストラン朝霧の庄  
安心院名物スッポン料理を提供。
 所在  宇佐市安心院町下毛828-2。  電話  (0978) 44-1236  WEB  [7]
 営業時間  8:30~17:00 (12月~2月 9:00~16:00)  予算  特上すっぽん定食 ¥3,780


来々軒  
中華料理店。宇佐名物からあげ発祥の店。(上記「#買う」も参照されたい。)
 所在  宇佐市四日市72  電話  (0978) 32-0556  WEB  
 営業時間  11:30~14:30/18:00~20:30 火曜休  予算  からあげ¥600など

高級[編集]

本家活宝 安心院亭  
安心院名物すっぽんの専門店。
 所在  宇佐市安心院町新原59-4。  電話  (0978) 44-2118  WEB  [8]
 営業時間  11:00~21:00。  予算  水炊きコース¥3,990など。


やまさ旅館  
すっぽん料理の名店。
 所在  宇佐市安心院町下毛1785。  電話  (0978) 44-0002  WEB  [9]
 営業時間  11:00~15:00 17:00~22:00  予算  


飲む[編集]

安心院葡萄酒工房 地図  
安心院ワインの製造工程やブドウ畑の見学が可能(予約不要)。20種ほどの試飲が無料でできる直販所を併設(無料Wi-Fiも利用可)。焼酎「いいちこ」で知られる三和酒類が運営。
 所在  宇佐市安心院町下毛798。  電話  (0978) 34-2210  WEB  [10]
 営業時間  9:00~16:00 火曜休。  料金  無料。
安心院葡萄酒工房


泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

HOTEL AZ 大分安心院店  
安心院ICより車で5分。
 所在  宇佐市安心院町大字下毛1046-1。  電話  (0978) 44-1850  WEB  [11]
 時間    料金  

高級[編集]

やまさ旅館  
宇佐市#食べる参照。
 所在    電話    WEB  
 時間    料金  


出かける[編集]

  • 中津市 - 黒田官兵衛や福沢諭吉ゆかりの地。
  • 豊後高田市 - 市の中心部を昭和30年代をイメージした体感施設や商店街がある「昭和の町」としてまちおこし。平安時代の寺院や磨崖仏も多く残る。
  • 由布市 - 人気の温泉地・湯布院がある。
  • 玖珠町 - 国の登録有形文化財に指定された豊後森機関庫があり、また「童話の里」としてまちづくりに取り組む。


この記事「宇佐市」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。