何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

嬉野市

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
嬉野市

Default Banner.jpg

嬉野市(うれしのし)は佐賀県南西部にある市。


分かる[編集]

嬉野温泉で有名。嬉野温泉は美肌の湯として知られ、歴史も古く、長崎街道の宿場町として武雄市の武雄温泉とともにシーボルトも入浴した。

観光案内[編集]

  • 嬉野温泉観光協会 所在  嬉野市嬉野町大字下宿乙2202-55-1。  電話  (0954) 43-0137  WEB  [1]  e-mail  [2]

着く[編集]

飛行機で[編集]

  • 佐賀空港利用の場合は、佐賀空港から発着しているリムジンタクシー(事前予約制:佐賀空港HP参照)を利用する。大人片道2,000円。佐賀駅へ行き、下記の列車・バス利用する方法もある。
  • 福岡空港利用の場合は、福岡空港経由の九州急行バスを利用する。国際線ターミナルに発着するので、国内線利用者は無料バスで国際線に移動する必要がある。

列車で[編集]

  • 佐世保線・武雄温泉駅または大村線・彼杵駅下車、ジェイアール九州バス。
  • 現在、長崎新幹線の建設工事中で、嬉野温泉駅ができる予定。

車で[編集]

  • 長崎自動車道・嬉野IC利用。

バスで[編集]

嬉野温泉バスセンター
  • 福岡市長崎市より九州急行バスで嬉野ICまたは嬉野温泉バスセンター下車。嬉野温泉バスセンター停車便は1日4本。
  • 武雄市の武雄温泉駅・東彼杵町の大村線・彼杵駅よりJR九州バスで嬉野温泉バスセンター。
  • 鹿島市の鹿島バスセンターより祐徳バスで嬉野温泉バスセンター。
  • 佐世保市の佐世保バスセンターより西肥バスで嬉野温泉バスセンター。

船で[編集]

動く[編集]

列車で[編集]

バスで[編集]

  • 九州急行バスの嬉野ICから徒歩12分の内野山バス停から西肥バスが嬉野バスセンターまで運行している。朝は9時台、最終は20時台で、接続ダイヤとなっていないので注意。

足で[編集]

  • 嬉野ICから嬉野温泉バスセンターまで歩くと約30分かかる。

観る[編集]

遊ぶ[編集]

シーボルトの湯  
嬉野温泉の公衆浴場。
 所在  嬉野市嬉野町下宿乙818-2 嬉野温泉バスセンター徒歩7分。  電話  (0954) 43-1426  WEB  [3]
 営業時間  6:00~22:00。  料金  大人¥400。
シーボルトの湯


うれしの源泉 百年の湯  
嬉野温泉の入浴施設。食堂や休憩室もある。
 所在  嬉野市嬉野町大字下宿乙2202-8 嬉野温泉バスセンター徒歩1分  電話  (0954) 20-2525  WEB  [4]
 営業時間  9:00~22:00  料金  ¥550


肥前夢街道  
嬉野温泉にある唯一のテーマパークであり、九州で唯一の忍者村。メインイベントは忍者屋敷で行なわれる「はがくれ忍者ショー」、その他にも大道芸(ガマの油売り・南京玉すだれ)、手裏剣道場や吹き矢道場、からくり屋敷やおばけ屋敷などのアトラクションがある。

毎週土日(祝)に開催される「ちびっこ忍者アカデミー」は、NARUTO人気もあり、毎週多くの子どもたちでにぎわっている。メインキャラクターの葉隠忍者頭目「剣源蔵」は、ギネス記録・空中りんご斬りの日本記録保持者であり、子ども達に直接指導を行なっている。

近年では「ゆるキャラ狩り」や「ギネス・空中りんご斬り」「D-1GrandPrix」「ローカルヒーロー決戦」と、特殊なイベントを開催しており、メディアへの露出も増えている。

 所在  嬉野市嬉野町大字下野甲716-1 嬉野温泉バスセンターからJR九州バスで「公会堂前」下車徒歩10分。嬉野温泉バスセンターから徒歩だと20分くらいかかる。  電話  (0954) 43-1990
 FAX  (0954) 43-1951
 WEB  [5]
 e-mail  [6]
 営業時間  9:00~17:00。  料金  入園料:大人・中高生¥1,100、小人¥600。忍者服レンタル¥1000

買う[編集]

うれしの お茶ちゃ村  
嬉野茶の直売所。様々なお茶を売っている。
 所在  嬉野市嬉野町大字岩屋川内乙3537  電話  (0954) 43-1188  WEB  [7]
 営業時間  8:20~18:00  値段  釜炒り茶100g¥648など


井手酒造  
銘酒「虎の児」を製造・直販している。
 所在  嬉野市嬉野町大字下宿乙806番地1 嬉野温泉バスセンター徒歩5分  電話  (0954) 43-0001  WEB  [8]
 営業時間  8:30~18:00 日曜休  値段  虎の児しぼりたて原酒720ml¥1500など

食べる[編集]

温泉湯豆腐  
嬉野温泉の湯を使った湯豆腐。温泉の成分で豆腐がとろりとなり、程よく塩分があるので調味料はいらない。
 WEB  [9]
温泉湯豆腐

安食堂[編集]

中級[編集]

佐嘉 平川屋  
豆腐の店。
 所在  嬉野市嬉野町大字下宿乙1463  電話  0954-43-1241  WEB  [10]
 営業時間  9:00~18:00  予算  温泉湯豆腐¥1350など


宗庵 よこ長  
温泉湯豆腐の発祥の店。
 所在  嬉野市嬉野町下宿乙2190 嬉野温泉バスセンター徒歩3分  電話  (0954) 42-0563  WEB  [11]
 営業時間  10:00~21:00 水曜休  予算  湯どうふ定食¥850など
宗庵 よこ長


KiHaKo  
気軽なレストラン。
 所在  嬉野市嬉野町大字岩屋川内甲379  電話  (0954) 42-0026  WEB  [12]
 営業時間  11:30~14:00/18:00~20:30  予算  ランチコースA¥1500、ランチコースB¥2700、ディナーコースA¥3000、ディナーコースB¥5000
 

高級[編集]

飲む[編集]

嬉野茶  
日本茶の発祥。釜煎り茶が高級品として伝統。

泊まる[編集]

  • 嬉野温泉旅館組合 — 旅館組合にて、組合加盟の宿泊施設の紹介を行なっている。  所在  嬉野市嬉野町大字下宿乙2202-55-1。  電話  (0954) 42-0240  WEB  [13]  e-mail  [14]

安宿[編集]

中級[編集]

入船荘  
「日本三大美肌の湯」と謳われる嬉野温泉の中でも屈指の泉質と評判の温泉です。料金はリーズナブルな素泊まりプランなどがあり、平日は旅館でありながらもビジネス客が多く、休前日は肥前夢街道から大道芸人や忍者が出没しファミリー客でにぎわっている。旅館では珍しく、全室LAN配線・無線LANを完備しており、無料で遊べる卓球も人気。

系列の「肥前夢街道」とのセットプランなど観光も充実。温泉街にも程近く、街の散策も楽しめる宿。

 所在  嬉野市嬉野町下宿乙2330 嬉野バスセンター徒歩1分  電話  (0954) 43-1230
 FAX  (0954) 43-1229
 WEB  [15]
 e-mail  [16]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  -


山水グローバルイン  
アートと温泉が融合したスマートホテル。
 所在  嬉野市嬉野町下宿丙28。  電話  (0954) 42-4020  WEB  [17]
 時間    料金  


湯快リゾート 嬉野温泉 嬉野館  
嬉野でも手軽な温泉宿。
 所在  嬉野市嬉野町下宿乙2091  電話  0570-550-480  WEB  [18]
 時間    料金  ¥8250~

高級[編集]

和多屋別荘  
嬉野温泉のみならず、西九州を代表する温泉宿。歴史は長いが近代的設備が整い、団体旅行から個人客まで幅広く対応している宿である。黒川紀章氏設計の「タワー館」をはじめ天皇陛下がお泊りになった「水明荘」、「花鳥苑」「みやび館」と目的、予算に応じた利用が可能である。部屋はスタンダードなタワー館をはじめ、担当の仲居さんが付き、離れ高級旅館を思わせる「水明荘」など幅広い。西日本高速の長崎道嬉野ICに近く、福岡都市圏から約1時間とアクセスが良いため、週末は予約が取れないこともある。

温泉は「日本三大美肌の湯」にふさわしく、加水せずに循環冷却し、適温に保っている。温泉そのものの成分が薄まっておらず、重曹泉のツルツルとした肌触り良いお湯が楽しめる。なかでも平成17年に数億円かけて完成した「心晶」はオススメ。水明荘宿泊客が中心であるが、1日100名以内限定で「タワー館」など他の宿泊者も¥1,000、外来入浴は¥2,000にて利用可能。桧造りの内湯はその香りと良質の温泉に癒される。湯布院御三家の風情を感じさせる高級感、モダンな造りは贅沢な気分にさせてくれる。大浴場「御影殿」は嬉野川のせせらぎを楽しみながら入浴できる露天風呂、タワー館設計の黒川紀章氏設計の直線基調デザインの大浴場である。お茶エキスのボディソープを備え、お茶で有名な嬉野を風呂でも味わえる。

料理はプランによって異なるが、佐賀牛や近海の幸の懐石。館内居酒屋で豚骨ラーメンや温泉湯豆腐も楽しめる。また、平成19年秋には、佐賀牛専門の食事処「佐賀牛賓館」がオープンした。

3万坪の広大な敷地内に嬉野側が流れるなど広大な庭園散策、系列の肥前夢街道など観光も充実。温泉街にも程近く、街の散策も楽しめる宿である。 。

 所在  嬉野市嬉野町下宿乙738 嬉野バスセンター徒歩10分。  電話  (0954) 42-0210
 FAX  (0954) 42-0222
 WEB  [19]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  ¥14040~


大正屋 湯宿 清流  
温泉旅館。
 所在  嬉野市嬉野町下宿乙2314。  電話  (0954) 42-0130  WEB  [20]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 12:00   料金  和室平日¥14,700、洋室平日¥13,650など。


旅館 大正屋  
嬉野温泉の中心に位置する老舗宿。
 所在  嬉野市嬉野町下宿乙2276-1。  電話  (0954) 42-1170  WEB  [21]
 時間    料金  ¥17280~


旅館 椎葉山荘  
嬉野温泉街より少し外れた渓流沿いの一軒宿。
 所在  嬉野市嬉野町岩屋川内字椎葉。  電話  (0954) 42-3600  WEB  [22]
 時間    料金  


茶心の宿 和楽園  
露天風呂には嬉野茶を浸している。
 所在  嬉野市嬉野町下野甲33。  電話  (0954) 43-3181  WEB  [23]
 時間    料金  


萬象閣 敷島 (ばんしょうかく しきしま)  
露天風呂が自慢。
 所在  嬉野市嬉野町岩屋川内甲114-1  電話  (0954) 43-3135  WEB  [24]
 時間    料金  

出かける[編集]


Wikitravel Shared Logo 嬉野市に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「嬉野市」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。