何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

奈半利町

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
奈半利町

Default Banner.jpg

奈半利町(なはりちょう)は、高知県の東部にある町である。 奈半利町 ::なはりちょうホームページにようこそ:: 奈半利町役場


分かる[編集]

奈半利町役場 — 地域振興課 観光担当  所在  奈半利町乙1659-1 庁舎1階。  電話  (0887) 38-8182  WEB  [1]

町並みガイド — なはり浦の会  電話  090-1570-2225 森さん  料金  ¥2,000~。  WEB  [2]


着く[編集]

飛行機で[編集]

高知空港を利用する。空港からタクシーで土佐くろしお鉄道 ごめん・なはり線のいち駅に向かい、同線で奈半利駅下車。

列車で[編集]

土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線の奈半利駅下車。高知駅からの直通列車が12本、所要1時間10分から30分、運賃¥1,300。別に後免始発が3本、安芸始発が4本ある。土佐くろしお鉄道[3] 奈半利駅(8:30~17:00) TEL (0887) 38-3500

車で[編集]

国道55号が通っている。高知から約55km。

バスで[編集]

安芸と甲浦を結ぶ路線バスが国道55号を通っている。運行は高知東部交通 TEL (0887) 35-3148

船で[編集]

動く[編集]

列車で[編集]

町内には、土佐くろしお鉄道 阿佐線(愛称 ごめん・なはり線)の駅がある。 土佐くろしお鉄道

土佐くろしお鉄道 ごめん・なはり線[編集]

田野町 田野駅) ― 奈半利駅

バスで[編集]

国道を通る高知東部交通の路線バスが利用できる。

足で[編集]

四国霊場巡礼で遍路道を歩く。

レンタサイクル — 奈半利駅1階にある物産館無花果で貸出を行っている。  所在  奈半利町乙1305-6。  電話  (0887) 32-1288  時間  8:30~17:00。  料金  利用無料。

観る[編集]

奈半利の街並み  
中心市街地の立町、横町の路地には東山家住宅・竹崎家住宅(高田屋)・浜田家住宅(増田屋)・赤レンガの蔵・西尾家住宅など数々の風情のある建物が残されており、1時間程度で見て回ることができる。


藤村製絲  
大正時代に操業した製糸工場の施設を見学することができる。工場は2005年に操業停止になったが近代化遺産に認定された。
 所在  奈半利町乙2630、奈半利駅から徒歩20分。  電話  (0887) 38-4711  WEB  
 開場時間  9:00~17:00(工場見学は10:00~16:00)。  料金  


サンゴ遊覧船  
港の沖合約200m付近に設置した製離岸堤に珊瑚が成育している。要予約。受付は奈半利駅案内所。漁協荷捌き場から1時間毎に出航、乗船時間40分。
 所在  奈半利町乙、出航場所まで奈半利駅から徒歩5分。  電話  (0887) 38-6500  WEB  
 開場時間  9:00~16:00。  料金  大人¥800、小人¥400。


琵琶ヶ滝  
室戸市との境にある滝。落差15mほどだが段差ができていて風情がある。国道から東へおよそ0.2km川を遡った位置にある。
 所在  奈半利町加領郷。

四国霊場[編集]

弘法大師御霊跡  
番外霊場。弘法大師が修行した地とされる洞に祠が設けられている。国道55号沿いにある。
 所在  奈半利町加領郷。

四国三十三観音霊場[編集]

高祷山 正覚寺  
四国三十三観音霊場第九番札所(施薬観音)。高野山真言宗の寺院で本尊は弘法大師。神亀年間に行基菩薩によって開基されたと伝わる(第十番札所は香美市「高照寺」)。
 所在  奈半利町立町乙1718。  電話  (0887) 38-4462  WEB  [4]
 開場時間    料金  

遍照山 金剛寺 — 四国三十三観音霊場第十一番札所(徳王観音)。高野山真言宗の寺院で本尊は金剛界大日如来(第十二番札所は南国市「大徳寺」)。  所在  本山町寺家759。  電話  (0887) 82-0243  WEB  [5]

遍路道[編集]

加領郷から奈半利へ  
室戸市から奈半利町に入って中山峠を下ると、小学校の先の国道沿いに番外霊場 弘法大師御霊跡の石碑がある。国道を4kmほど進むと奈半利の市街地に入る。ここも明治以降の古い民家などがいくつか残されている。時間が許せば路地に入って少し散策してみるとよいだろう。奈半利川橋を渡ると田野町となり、約2km市街地を進むと安田町に入る。第二十七番札所まであと約7kmである。

遊ぶ[編集]

野根山街道  
東洋町野根から奈半利までおよそ35kmを尾根伝いに結ぶ養老年間に始まった官道。幕末には中岡慎太郎ら志士達が脱藩のために通ったといわれ、歴史の道百選に選ばれている。奈半利町・北川村東洋町にまたがっている。
 WEB  [6]


海釣り (釣りいかだ)  
朝釣りと午後の出航があり、2名以上の予約で出航する。奈半利町漁協荷捌き場から出航。
 所在    電話  (0887) 38-6500  WEB  [7]
 営業時間  5:20集合・13:30集合。  料金  ¥3,500、小¥2,000。

買う[編集]

奈半利駅物産館 無花果  
農産品・海産物・加工品などの地場産品を販売している。奈半利駅構内。
 所在  奈半利町乙1305-6。  電話  (0887) 32-1288  WEB  [8]
 営業時間  8:30~17:00。  値段  

食べる[編集]

安食堂[編集]

ドライブインなぎさ  
国道55号沿いにあるドライブイン。奈半利駅から南へ2.5km。
 所在  奈半利町甲1905-1須川。  電話  (0887) 38-3986  WEB  
 営業時間  10:30~19:00、月曜定休。  予算  ラーメン¥550、みそラーメン¥650。焼きめし¥600、チキンライス¥700、オムライス¥800、カレーライス¥600。カツ丼¥800、親子丼¥600、牛丼¥700。


ホワイト  
奈半利駅近くにあるレトロな喫茶店。
 所在  奈半利町乙1311-1。  電話  (0887) 38-5043  WEB  
 営業時間  7:00~17:00。  予算  カルピスコーラ ¥350。

中級[編集]

豚福亭  
奈半利駅前にあるとんかつ店。高知市内から食べに来る人もいる有名店。
 所在  奈半利町乙4861-1。  電話  (0887) 38-3001  WEB  
 営業時間  11:00~14:00 / 17:00~20:00。  予算  とんかつ定食¥1,360、特製ヒレかつ定食¥1,890、海老フライとロースかつ定食¥1,360、特大海老フライとヒレかつ定食¥1,990、かつ丼¥890。


長門寿司割烹  
奈半利ですしを食べるならこの店。木曜定休。
 所在  奈半利町乙4847港町。  電話  (0887) 38-5084  WEB  
 営業時間  17:00~22:00。  予算  握り¥1,000~。


イタリア食堂トンノ  
奈半利駅の3Fにあるイタリアンレストラン。
 所在  奈半利町乙1305-6 奈半利駅3F。  電話  (0887) 38-5569  WEB  [9]
 営業時間  11:00~22:00、定休日 月曜(祝日の場合は翌日)  予算  

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

ホテルなはり  
町内で唯一の宿泊施設。本館(旧館)と新館があり、温泉ではないが檜の湯船の大浴場と露天風呂がある。奈半利駅から国道を室戸方面に約1km。
 所在  奈半利町乙593-1。  電話  (0887) 38-5111
 FAX  (0887) 38-5544
 WEB  [10]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  シングル¥4,300 ~。

中級[編集]

高級[編集]

出かける[編集]

  • 北川村 のモネの庭や中岡新太郎生家へは、奈半利駅より北川村営バスで約15分。


Wikitravel Shared Logo 奈半利町に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「奈半利町」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。