何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

大川市

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
大川市

Default Banner.jpg

大川市(おおかわし)は福岡県南西部にある市である。 大川市


分かる[編集]

家具の生産が盛んで「インテリアシティおおかわ」と呼んでいる。

  • 大川観光協会 所在  大川市大字酒見256-1。大川市インテリア課内。  電話  (0944) 87-2101  FAX  (0944) 88-1776  WEB  [1]

着く[編集]

飛行機で[編集]

最寄の空港は福岡空港または佐賀空港

列車で[編集]

市内には鉄道が走っていない。最寄り駅は市中心部並びに南部は西鉄柳川駅、市東部は八丁牟田駅、市北部は大善寺駅となる。

車で[編集]

九州自動車道八女ICからは国道442号線を利用、東脊振ICからは国道385号線→国道442号線利用となる。

バスで[編集]

大川市役所の最寄バス停までの所要時間と運賃は以下の通り。

  • 西鉄柳川駅から中原高木病院前まで約19分、¥300。本数が最も多く便利。
  • JR羽犬塚駅前から大川市役所まで約29分、¥450。
  • 西鉄八丁牟田駅から大川市役所まで約15分、¥290。
  • 佐賀駅バスセンターから中原高木病院前まで約29分、¥480。


動く[編集]

バスで[編集]

市内のバス路線情報はこちら。大川市 市内バス路線案内

主なバス路線は、

  1. 西鉄柳川駅~佐賀駅
  2. 西鉄柳川駅~大野島~早津江(沖新線)
  3. 大川橋~城島~大善寺駅~JR久留米駅
  4. 大野島農協前~八丁牟田駅~羽犬塚駅

この5路線である。

ダイヤ情報は、以下のとおり。

  • 国道208号線沿いには西鉄柳川駅~佐賀へ向かうバスが30分間隔で運行。
  • 国道442号線沿いにはJR羽犬塚駅~西鉄八丁牟田駅~大野島農協前へ向かうバスが1時間に1本程度で運行。
  • 筑後川昇開橋からは西鉄柳川駅ゆきのバスが1時間間隔程度で運行。
  • 市南部からは西鉄柳川駅ゆきのバスが1時間間隔程度で運行。

足で[編集]

観る[編集]

筑後川昇開橋 地図  
橋の中心部が上下に動く可動橋。国鉄佐賀線の廃線後、残った鉄橋を遊歩道として整備されており、橋の両側には公園が作られている。1時間のうち30分間のみ通行可能である。自転車で通行する際は自転車を押していく必要がある。
 所在  大川市若津。西鉄柳川駅より『筑後川昇開橋』行きバスで約20分。  電話    WEB  
 開場時間  月曜日以外の9:00~17:00の指定された時間。  料金  無料。
筑後川昇開橋


若波酒造 地図  
銘酒「若波(わかなみ)」を醸造。1日1組限定で蔵見学が可能(要予約、1組の人数は制限なし)。見学者だけが入ることのできる利き酒処があり、オリジナルラベルを作ることもできる。
 所在  大川市大字鐘ヶ江752  電話  0944-88-1225  WEB  [2]
 開場時間  蔵見学は年中開催(1日1組限定)。  料金  

遊ぶ[編集]

買う[編集]

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

三川屋  
創業明治9年の老舗料亭。
 所在  大川市向島2222。  電話  (0944) 87-3155  WEB  [3]
 営業時間  11:00~22:00  予算  天然うなぎ蒲焼き定食 ¥4,200

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

三川屋  
明治初期の木造建築が残っている由緒ある建物の旅館。
 所在  大川市向島2222。  電話  (0944) 87-3155
 FAX  (0944) 87-2925
 WEB  [4]
 e-mail  [5]
 時間    料金  

高級[編集]

出かける[編集]



この記事「大川市」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。