何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

大多喜町

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
大多喜町

Default Banner.jpg

ファイル:YoroKeikoku Boso.JPG
秋の養老渓谷(粟又の滝 遊歩道)

大多喜町(おおたきまち)は、千葉県南東部にある町。 大多喜町HP


分かる[編集]

大多喜町のゆるキャラ「おたっきー」
 
  • 養老渓谷温泉郷 — 養老渓谷に立地する温泉街。  所在  県道81号線に沿って宿が立地  WEB  [1]
  • 養老渓谷観光協会 WEB  [2]


着く[編集]

飛行機で[編集]

列車で[編集]

いすみ鉄道の大多喜駅で下車。いすみ鉄道では週末を中心に観光急行列車が運行されている。時間を合わせて利用してみるとよい。

東京から
JR外房線の大原駅にていすみ鉄道乗り換え。または、JR内房線の五井駅にて小湊鉄道乗り換えで終点の上総中野(かずさなかの)駅まで。

車で[編集]

バスで[編集]

船で[編集]

動く[編集]

飛行機で[編集]

列車で[編集]

町内にある鉄道路線は、小湊鐵道といすみ鉄道の2つである。小湊鐵道いすみ鉄道株式会社

上総中野駅 - 西畑駅 - 総元(ふさもと)駅 - 三育学院大学久我原駅 - 東総元駅 - 小谷松駅 - デンタルサポート大多喜駅

車で[編集]

  • 房総半島の山林部にある地域なので、狭くて曲がりくねったような道を移動することになる。スピードの出しすぎに注意。
  • 紅葉シーズンともなると、養老渓谷を訪れるバスや乗用車の観光客が大勢押し寄せる。
    • 訪れる際は、なるべく午前中早めの時間に訪れるのがよい。午前10時ころには有料駐車場に入るの待ちの車による渋滞が発生し始める。
    • 養老渓谷界隈には有料駐車場しかない。有料駐車場でもすぐに満車になるので、無料で停まれる駐車場を探しているとそれだけ時間をロストすることになる。

バスで[編集]

足で[編集]

観る[編集]

大多喜城 (千葉県立中央博物館大多喜城分館)  
史跡「上総大多喜城本丸跡」に1975年、城郭様式の博物館として開館。戦国時代から明治までの房総の城郭に関する常設展と企画展が行われている。桜の名所であり、毎年「大多喜城さくらまつり」が開かれる。
 所在  大多喜町大多喜481。JR外房線大原駅からいすみ鉄道で大多喜駅下車、徒歩約15分。  電話  (0470) 82-3007  WEB  [3]
 開場時間  9:00~16:30 月曜休館。(休日の場合は翌火曜)。  料金  一般・・・¥200 高・大学生・・・¥100。
大多喜城


養老渓谷  
大多喜町から市原市に流れる養老川沿いに形成された渓谷。100mの高さの滑り台のような緩やかな岩肌を流れ落ちる養老の滝(通称:粟又の滝)は絶景スポットの一つであり、渓谷沿いの各所に紅葉の絶景スポットがある。

市原市の五井駅から発着する小湊鉄道に乗車し、上総中野駅で下車。ひとつ前の駅が養老渓谷駅となっているが、こちらは養老川支流域の梅ヶ瀬渓谷の最寄駅である。

 所在  最寄駅は小湊鉄道「上総中野駅」。上総中野駅から粟又間の探勝バスが運行している。


大多喜お城まつり  
9月下旬か10月上旬の週末に開催される祭り。前夜祭で「光アート展」や「ちば越中おわら節」が開催され、本番当日は昼過ぎから大多喜城からお祭り広場(大多喜小学校の運動場)に向かって「武者行列」が移動し、お神輿や姫行列と合流して商店街を練り歩く「パレード」がある。途中で謎の敵が襲
 所在  大多喜小学校運動場と周辺の商店街。  電話    WEB  [4]
 開場時間  9月下旬か10月上旬の土日。  料金  無料。
 


総元駅 (ふさもとえき)  
桜と菜の花の撮影スポット。
 所在  大多喜町三又218-2。  WEB  [5]

遊ぶ[編集]

大多喜ハーブガーデン  
全天候型のハーブ園。
 所在  大多喜町小土呂2423。  電話  (0470) 82-2556  WEB  [6]
 営業時間  10:00~17:00、定休日 火曜  料金  

買う[編集]

食べる[編集]

安食堂[編集]

番所  
大多喜駅前にある食堂。
 所在  大多喜町大多喜256。  電話  (0470) 80-1110  WEB  [7]
 営業時間  11:30~22:00、定休日 水。  予算  


焙煎香房 抱 (HUG)  
隠れ家的喫茶店。
 所在  大多喜町堀之内407。  電話  (090) 6007-5969  WEB  [8]
 営業時間  12:00~17:00 (日曜 ~19:00)、定休日 月~水、第3日曜  予算  

中級[編集]

養老茶屋  
養老の滝を見おろす滝見展望台にある茶屋。
 所在  大多喜町小沢又793-5。  電話  (0470) 85-0212  WEB  [9]
 営業時間  毎週土、日に営業。  予算  


清恵  
養老渓谷にある老舗食堂。
 所在  大多喜町葛藤578-3。  電話  (0470) 85-0820  WEB  [10]
 営業時間  11:00~15:00 17:00~20:30、定休日 月曜(祝日の場合は翌日)  予算  麦とろ御膳(11月上旬から12月下旬まで) ¥1,944

高級[編集]

竹仙郷  
完全予約制の隠れ家レストラン。
 所在  大多喜町平沢1598。  電話  (0470) 84-0343  WEB  [11]
 営業時間  11:00~応相談、定休日 月曜。  予算  

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

貸別荘 中野屋  
古民家を貸別荘として提供。
 所在  大多喜町小土呂197。  電話  090-5197-4360  WEB  [12]
 時間    料金  

中級[編集]

大屋旅館  
国の登録有形文化財でもある旅館。江戸時代から旅籠として営業している。
 所在  大多喜町新丁64。  電話  (0470) 82-2020  WEB  [13]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  

高級[編集]

渓谷別庭もちの木  
養老渓谷温泉郷にある味覚と湯が自慢の宿。
 所在  大多喜町大田代105-1。  電話  (0470) 80-9000  WEB  [14]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 11:00   料金  


渓流の宿 福水  
養老渓谷を望む宿。
 所在  大多喜町小田代618。  電話  (0470) 85-0116  WEB  [15]
 時間    料金  


まるがやつ  
一棟貸しの体験型宿泊施設。
 所在  大多喜町下大多喜1530。  電話    WEB  [16]
 時間    料金  

出かける[編集]


この記事「大多喜町」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。