何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

外国人街

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
外国人街

Default Banner.jpg

これは「旅のテーマと主な目的地」の記事です。
リベルダージ (サンパウロ)

このページでは、日本および世界各国においてその国から見た外国人が多く住み、独自の雰囲気のある地域を一覧する。


日本[編集]

北海道[編集]

東北[編集]

関東[編集]

東京都

  • 新大久保 - 職安通り沿いに韓国人街があり、韓国料理店が立ち並ぶ。また山手線の西側に多国籍の外国人街がある。
  • 麻布十番 - 韓国大使館があり、近くには韓国人経営の焼肉屋が多い。
  • 麻布・広尾 - 周辺にはいくつもの大使館が置かれ、外国人が多く高級スーパーや飲食店が並ぶ。
  • 上野 - 上野駅と御徒町駅の間には中国人や韓国人が多く住み、中華料理店や焼肉屋が立ち並ぶ。
  • 西葛西 - インド人が多く住んでいる。インド人街まではないがインド料理店が多い。
  • 谷根千 - アジア系や中東系の外国人が多くすむ。
  • 三河島駅付近 - コリアンが多い。プロ野球・横浜ベイスターズ所属の、コリアンと日本人のハーフである森本稀哲選手の実家である焼肉店がある。
  • 枝川 - コリアタウンがある。
  • 池袋 - 中華系やコリアンが多く住む。


神奈川県

  • 川崎市川崎区幸区 - 川崎駅周辺にコリアタウンがあり、韓国料理店が多い。
  • 横浜中華街 - 中華料理店が立ち並ぶ。中では台湾(中華民国)系と中華人民共和国系に別れ、学校や祭典などそれぞれ別々に運営されている。
  • 横浜韓国人街
  • 横浜タイ人街
  • 横浜市・元町
  • 横浜市・本牧
  • 横須賀市 - アメリカ海軍の影響の強い地域。

千葉県

  • 市川市行徳 - 多くの国籍の人が住む。エスニック料理店や食材店が多い。
  • 千葉市

埼玉県

中部[編集]

  • 浜松市 - ブラジル人が多く住む。

近畿[編集]

  • 神戸市 - 外港の町であるため、コリアン・中国人はじめヨーロッパ各国から商人が来る。多くは料理店を経営、中国人も「南京町」をつくる。
  • 大阪市生野区を中心とした地域 - 在日コリアンが人口の1/3を占める。鶴橋駅周辺はコリアンがマーケットの中心を占め、コリアンが経営する焼肉・ホルモン店が多い。
  • 大阪市大正区 - 現在は沖縄は本土復帰し日本であるが、昔アメリカ領であった頃から大正区に沖縄人が多く住んでいる。沖縄の文化が生き残っている。

中国[編集]

  • 広島県広島市 - 広島駅前(南区)や中区、西区などに多い。下関や博多経由で移住してきた人達が大半を占める。
  • 山口県下関市 - 下関駅北側一帯に在日韓国・朝鮮人、コリア系日本人が居住。下関駅の北向かい側のグリーンモール商店街には在日韓国・朝鮮人が経営する商店が並ぶ。古くから韓国航路があることが理由。
  • 山口県岩国市 - 在日米軍の町。岩国市の海岸を中心として多く住む。

四国[編集]

九州[編集]

  • 長崎市 - 長崎は外港であるため、ポルトガル、オランダ、中国の影響が大きい。ポルトガルはキリスト教弾圧で勢力は薄いが、オランダ、中国の影響は強い。路面電車・築町駅近くには「長崎新地中華街」があるほか、市内各地に西洋風の建物も多い。
  • 佐世保市 - アメリカ海軍の影響の強い地域。名物・佐世保バーガーはアメリカ海軍がレシピを地元に伝えたもの。ハウステンボスがある関係でオランダの影響もある。

沖縄[編集]

  • 沖縄本島の大部分 - 正確には外国人街ではないが、米軍の基地が多数を占める地域では、米軍の影響の大きい、いつもアメリカ人が歩く繁華街が成立する。特に沖縄市のコザ付近が有名。

世界各地[編集]

アジア[編集]

台湾[編集]


タイ[編集]

ヨーロッパ[編集]

北アメリカ[編集]

アメリカ合衆国[編集]

  • サンフランシスコ - 世界最大のチャイナタウンがある。市北西部には日本人街「ジャパンタウン」もある。
  • ロサンゼルス - 日本人街「リトル東京」がある。
  • ハワイ - 戦前に渡った日系人が多い。

カナダ[編集]

  • トロント - 中国・韓国・イタリア・インド・ギリシャ・イランなど小さな外国人街が随所にあって楽しめる。小さな日本人街は北東のMarkhamに。

南アメリカ[編集]

ブラジル[編集]

  • サンパウロ - 日本人街「リベルダージ」が有名。近年では、中国系や韓国系などの住民も増え、「東洋人街」の様相を呈している。

アフリカ[編集]

この記事「外国人街」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。