何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

堺市/堺区

提供: ウィキトラベル
堺市 : 堺区
移動先: 案内検索
堺市/堺区

Default Banner.jpg

旧堺燈台

堺区(さかいく)は堺市にある区である。中世以来の環濠都市であった旧堺市街地を含み、市役所、裁判所などの官庁やホテル、商店、またシャープ工場やアミューズメントスポットを擁する堺浜、市のシンボルである仁徳天皇陵などが集積している堺市の中心部である。


着く[編集]

阪堺線・大小路駅

飛行機で[編集]

列車で[編集]

大阪市方面から

  • 南海本線、七道駅 - 堺駅 - 湊駅。
  • 高野線、浅香山駅 - 堺東駅 - 三国ヶ丘駅- 百舌鳥八幡駅。
  • JR阪和線、浅香駅 - 堺市駅 - 三国ヶ丘駅 - 百舌鳥駅 。
  • 阪堺電気軌道阪堺線、大和川駅 - 高須神社駅 - 綾ノ町駅 - 神明町駅 - 妙国寺前駅 - 花田口駅 - 大小路駅 - 宿院駅 - 寺地町駅 - 御陵前駅 - 東湊駅。


車で[編集]

バスで[編集]

船で[編集]


動く[編集]

百舌鳥耳原(もずのみみはら)の地名由来

仁徳天皇が御陵の場所を決め、造営が始まると勢いよく鹿が走ってきて、急に倒れて死んでしまった。不思議に思って調べてみると、鹿の耳からモズが飛び去った。鹿の耳の中は、すっかりモズに食い裂かれていた。この小さなモズの勇ましい働きを称えて、この地を百舌鳥耳原と呼ぶことにしたと言う。ちなみに、モズは大阪府の「府鳥」となっている。

堺の観光の中心は、会合衆と呼ばれる商人が街を環濠で囲い自治都市として栄えた旧堺港・環濠都市エリア(市域が拡大したことにより現在は「旧市街地」と呼ばれている)と仁徳天皇陵、大仙公園を擁する百舌鳥古墳群エリアに分かれる。

旧市街地は、駐車場が少ないことが現在課題とされている上に、観光名所となっている地域は狭い道が多いので、無理ではないが車での観光に適さない。旧市街地中央の紀州街道を阪堺電気軌道(路面電車)が走っており、西区の浜寺エリアにも向かうことができ、大小路駅でシャトルバスに乗り換えて南海本線堺駅、高野線堺東駅にも行くことが出来るので観光に最適である。

百舌鳥古墳群エリアには南海バスの路線があり、堺浜へはシャトルバスが運行されているので「南海バス・阪堺線」の1日フリーパスで、ほぼ全て回れる。また坂が少ない堺市の中でも最も坂の無いエリアなのでレンタサイクルが有効。堺浜で1日過ごすのなら大型の無料駐車場完備である。


タクシーで[編集]

バスで[編集]

  • 南海本線・堺駅~阪堺の電停~堺東駅や堺東駅~JR堺市駅~地下鉄新金岡駅には南海バスが多数運行されている。堺市東西には鉄道がないので必然的にバス移動となる。交通系ICカード利用可。南海バス

足で[編集]

てくてくろーど
てくてくろーど — 堺区内にある名所旧跡などを歩いて楽しみながら観光できるコース。スタート地点は南海本線七道駅で路面に埋め込まれたサイコロの指示に従って進む。てくてくろーどは全長7km、名所旧跡などが全部で67か所(神社6、寺院34、史跡等27)あるので全部廻ると約4時間程度かかる。

観る[編集]

百舌鳥古墳群エリア[編集]

百舌鳥古墳群を見るために・・・


堺市市役所

現在の展望スポットは高野線堺東駅前の堺市役所21階展望ロビーである。しかし、それなりに迫力はあるが、教科書に載っている様な仁徳天皇陵を見るところは未だに無く、南区のハーベストの丘からボランティアがヘリを飛ばしたり、堺浜に発着場を建設して世界最大の飛行船を飛ばすプラン(実験で飛ばして市民を驚かせている)等、様々な研究が行われている。

4世紀末から6世紀後半頃に築造された巨大古墳が分布する。


堺市役所21F展望ロビー  
堺市役所最上階にある360度の展望スポット。堺市内や百舌鳥古墳群、天気が良ければ大阪城や関空も見える。観光ボランティアの定点ガイドがあるので気軽に質問できる。喫茶コーナー「ミエール」もあるのでお茶も楽しめる。
 所在  南海高野線「堺東駅」下車、西口すぐ。  電話    WEB  
 開場時間  9:00~21:00。年中無休。  料金  無料。
堺市役所21F展望ロビー


大小路 (おおしょうじ)  
本線堺駅と高野線堺東駅を結ぶ道。かつて摂津国と和泉国の国境であったことから「シンボルロード」という愛称が付いている。堺まつりでは大パレードが行われ、12月から1月頃にイルミネーションが飾られライトアップされる。堺東駅の開業当時の駅名は大小路駅だった。
 所在  南海本線堺駅、南海高野線堺東駅、阪堺線大小路駅下車。
大小路


堺市立文化館  
堺出身の情熱の歌人「与謝野晶子」の生涯や直筆資料や出版物等を紹介している与謝野晶子文芸館とアール・ヌーヴォーの代表的画家アルフォンス・ミュシャの作品を紹介するアルフォンス・ミュシャ館がある。
 所在  堺区田出井町1-2-200、ベルマージュ堺弐番館2F~4F。JR阪和線堺市駅下車。  電話  (072) 222-5533  WEB  [1]
 開場時間    料金  


方違神社 (ほうちがいじんじゃ)  
崇神天皇の勅願によって崇神8年(紀元前90年)に創建されたと伝えられる。北側の「長尾街道」、東側の「熊野街道」の交差点に位置し、摂津、和泉、河内の国境の「何処の国にも属さず方位さえもない清地」三国山(三国ヶ丘)の上にある。方角には吉凶があるため、悪い方角に出掛ける場合などに一旦違う方角に進んでから目的地に向かう、陰陽道に基づく「方違え(かたたがえ)」と呼ばれる風習が平安時代に生まれた。そのため方位がない、この神社に立ち寄って方災を祓い全ての方角を「吉」に変えて、熊野詣の安全を祈願したと言う。現在も旅行や転居の時に参拝する人が多いので、堺を訪れた時はここで方災除けをして巡って欲しい。参拝者用駐車場有り。
 所在  堺区北三国ヶ丘町2-2-1。南海高野線堺東駅またはJR阪和線堺市駅下車。  電話  (072) 232-1216  WEB  [2]
 開場時間    料金  
方違神社


百舌鳥古墳群 (もずこふんぐん)  
堺区、西区北区中区、一帯の市街地に東西、南北それぞれ約4kmの範囲に分布する47基(かつては100基以上だった)からなる大古墳群である。数で言えば河内地方にある他の古墳群の方が多いが、百舌鳥古墳群は巨大な陵墓を擁することで有名である。古墳群は市街地の中にあり、景観やヒートアイランド現象抑止に一役買っている。藤井寺市羽曳野市の古市古墳群とともに世界遺産の国内暫定リストに追加されている。
 所在  JR阪和線上野芝駅、百舌鳥駅、三国ヶ丘駅または南海高野線堺東駅、三国ヶ丘駅、百舌鳥八幡駅、中百舌鳥駅、白鷺駅下車。


大仙陵古墳 (仁徳天皇陵)  
陵号は百舌鳥耳原中陵(もずのみみはらのなかのみささぎ)。全長486m、前方部の幅305m、後円部の直径249m、周濠を含めた東西の長さ660m、南北の長さ840m、高さ約35m、周囲約2.7km、面積約46.5haの世界最大の面積を誇る前方後円墳で、地元では親しみを込めて「仁徳さん」と呼ばれている。大仙公園と隣接している。参拝者用駐車場あり。
 所在  堺区大仙町。JR阪和線百舌鳥駅、三国ヶ丘駅または南海高野線三国ヶ丘駅下車。
大仙陵古墳


田出井山古墳 (たでいやまこふん)  
全長約148mの前方後円墳。反正天皇陵に比定されているが、被葬者は不明。北側に方違神社が隣接している。
 所在  堺市堺区北三国ヶ丘町2丁。堺東駅東側すぐ。
田出井山古墳


大仙公園 (だいせんこうえん)  
堺市のシンボルパーク。仁徳天皇陵、上石津ミサンザイ古墳に挟まれており、園内にも古墳が点在しているので、百舌鳥古墳群を間近で見るのならこの公園である。緑豊かで、桜の名所としても知られており、仁徳天皇陵と共に大阪みどりの百選に選ばれている。

堺まつり当日は、三千家が一堂に会する茶の湯の街・堺らしいイベント堺大茶会や毎年11月23日に堺市農業祭などが催される。有料駐車場有り。

 所在  堺区百舌鳥夕雲町2丁142-1。JR阪和線百舌鳥駅下車または南海バス田園線「堺市博物館前」停留所下車。  電話  (072) 245-6201  WEB  [3]
 開場時間    料金  入場無料。
大仙公園


堺市博物館  
百舌鳥古墳群からの出土品や堺の都市資料、千利休、与謝野晶子をはじめとする芸術家の資料などを展示している。
 所在  大仙公園内。  電話  (072) 245-6201  WEB  [4]
 開場時間    料金  常設展覧物 大人¥200、学生¥100、小中学生¥50。


茶室・伸庵と黄梅庵  
茶室「黄梅庵」は内部非公開であるが、「伸庵」の方は多人数の茶事を催すことができる。また一般の人が作法を気にせず気軽にお茶が楽しめるように、立礼席(約25席)が設けてある。
 所在  大仙公園内。  電話    WEB  [5]
 開場時間  10:00~16:00。  料金  干菓子付一服¥300。
茶室・伸庵と黄梅庵


日本庭園  
各種呈茶メニューがあり美しい庭園を眺めながらお茶が楽しめる。
 所在  大仙公園内。  電話  (072) 247-3670  WEB  [6]
 開場時間    料金  大人¥200、小中学生¥100。
日本庭園


自転車博物館  
日本で唯一の自転車博物館。
 所在  大仙公園内。  電話  (072) 243-3196  WEB  [7]
 開場時間    料金  大人¥300、中高生¥200、3歳~小学生・65歳以上¥100。
自転車博物館


堺市中央図書館  
堺の郷土資料が豊富にある。
 所在  大仙公園内。  電話  (072) 244-3811  WEB  [8]
 開場時間  10:00~19:30、土日は17:00まで。  料金  


旧天王貯水池  
明治43年(1910年)から50年間、堺市の上水道配水池の役割を担ってきた煉瓦造りの建物。国の登録有形文化財。
 所在  堺区中三国ヶ丘町3丁78。
旧天王貯水池


浅香山浄水場  
約2,300本のツツジの名所として有名。大阪みどりの百選に選ばれている。
 所在  堺区香ヶ丘町5丁1-80。JR阪和線浅香駅又は南海高野線浅香山駅下車。  WEB  [9]

旧堺港エリア[編集]

旧堺港  
 所在  南海本線堺駅下車、西口から約200m。
旧堺港


旧堺燈台  
港町・堺のシンボル。明治10年イギリス人技師ビグルストンの設計により建造された高さ11.3mの木造洋式灯台で、建設当時と同じ場所に立っているものとしては日本最古。建設費は市民の寄附などにより賄われた。国の史跡に指定されている。
 所在  堺区大浜北町5-49。南海本線堺駅下車、西口から約200mの旧堺港内。
旧堺燈台


大浜公園  
明治12年、黒船来港に際しての台場跡地に開園の堺市最古の市営公園。明治36年内国勧業博覧会場にもなり、かつては堺水族館も設置され、東洋一の水族館とはやされた。現在は野球場・プール・体育館・相撲場や明治天皇も登山した、標高6.9mの日本一低い一等三角点(地図を作成するときの基準点となる地点)を持つ山として知られる蘇鉄山があり、堺駅前にある神明神社で、登山記念証を発行してくれる。また、名物は餌を与えられすぎた、猿山の「メタボ猿」で、テレビでも取り上げられたことがある。
 所在  堺区大浜北町4・5丁。南海本線 堺駅下車。旧堺港の南側に隣接。  電話  (072) 232-1489  WEB  
 開場時間    料金  入場無料。
大浜公園


神明神社 (しんめいじんじゃ)  
天照大御神を祀る神社で「堺のお伊勢さん」と親しまれている。当社が蘇鉄山の登山口で、神主さんが蘇鉄山山岳会の会長を努められている。神主さんに登山認定証を発行してもらうのだが、不在だった場合は賽銭をしてセルフサービスで発行できる。
 所在  堺区栄橋町2-1-22。南海本線堺駅下車。  電話  (072) 238-6955(蘇鉄山山岳会の電話番号でもある)  WEB  
 開場時間    料金  

堺環濠都市エリア[編集]

「東洋のベニス」は自称ではない

「○○のベニス」と自称する都市は多くあるが、堺はイエスズ会の宣教師ガスパル・ヴィレラの書簡に「この町はベネチアの如く執政官により治められる。堺と称するこの町は、甚だ大きく且つ富み、守り堅固にして諸国に戦乱あるも、この地に来れば相敵する者も友人の如く談話往来し、この地に於て戦ふを得ず。この故に堺は、未だ破壊せらるることなく、黄金の中に日日を過ごせり」やガスパル・ヴィレラの後継宣教師のルイス・フロイスの「日本史」に堺を「東洋のベニス」と典拠があり自称ではない。

堺の町は、室町時代後半から江戸時代初期にかけて南北約3km、東西約1km周囲に環濠を築き、貿易港として自治都市、自由都市として繁栄した。


鉄砲鍛治屋敷  
種子島に伝来した鉄砲の製法を橘屋又三郎などが、刀鍛冶の町であった堺に伝えたことから、堺は日本一の鉄砲生産地となった。この屋敷は第二次世界大戦時の堺大空襲を免れ、唯一現存する鉄砲鍛治屋敷である。江戸時代の町屋建築として日本最古の部類に入る貴重な建物であるが、現在も居宅として使用されているので外部からの見学のみ(内部非公開)。ちなみに、鉄砲製造の技術は現在、自転車製造や金属パイプ加工などに活かされ、国内産自転車シェア40%である。
 所在  堺区北旅籠町西1丁3-22。阪堺線高須神社駅下車。
鉄砲鍛治屋敷


堺市立町家歴史館・山口家住宅  
1615年頃に建てられた国内最古級の町家建築物で国指定重要文化財。「京の着倒れ、大坂の食い倒れ、堺の建て倒れ」と称された、堺独特の贅を凝らした豪商建築物として貴重な建物である。以前は外部からの見学のみであったが、堺市が購入し改修工事を終え、平成21年10月26日に開館。
 所在  堺区錦之町東1丁2-31。  電話  (072) 228-7198  WEB  [10]
 開場時間  10:00~16:00、休館日火曜日。  料金  一般¥200、中学生以下無料。


西本願寺堺別院  
別名北の御坊と呼ばれており、明治10年(1877年)に明治天皇が関西地方行幸の折、この地を訪れている。堺最大の木造建築物で、かつて14年間だけ存在した堺県の県庁跡。境内には与謝野晶子の歌碑もある。参拝者用駐車場有り。
 所在  堺区神明町東3丁1-10。阪堺線 神明町駅下車。  電話  (072) 232-4417  WEB  [11]
 開場時間    料金  拝観自由。
西本願寺堺別院


覚応寺 (かくおうじ)  
当時このお寺の住職であった河野鉄南が与謝野鉄幹と晶子を引き合わせた人物。毎年晶子の命日(5月29日)に与謝野晶子を偲ぶ文学忌として白桜忌が行われる。境内には与謝野晶子の歌碑がある。
 所在  堺区九間町東3丁1-49。阪堺電軌阪堺線神明町駅下車。  電話  (072) 238-6835  WEB  
 開場時間    料金  


妙国寺 (みょうこくじ)  
永禄5年(1562年)日蓮宗の学僧日珖が開基と伝わる。国の天然記念物に指定されている樹齢1,100年の蘇鉄にはユニークな伝説があり、織田信長の所望で安土城に移植されたものの、毎夜「堺に帰りたい」と泣いたために流石の信長も気味悪がり再び返されたという。また堺事件でフランス水兵に斬りつけた土佐11烈士切腹の地としても有名で、森鴎外の小説「堺事件」の舞台になっている。
 所在  堺区材木町東4丁1-4。阪堺線 妙国寺前駅下車。  電話  (072) 233-0369  WEB  
 開場時間    料金  要予約、¥400。


堺HAMONOミュージアム (堺刃物伝統産業会館)  
古代から連綿と受け継ぐ伝統的な金属加工の街が産み出した「堺刃物」を紹介する施設で、体験もできる。堺包丁は、手入れが容易なステンレス包丁が全盛の現代では全国シェア10%程度であるが、料理人が使うプロ包丁としては90%のシェアを誇る。
 所在  堺市堺区材木町西1丁1-30。阪堺線妙国寺前駅から南西へ徒歩3分。  電話  (072) 227-1001  WEB  [12]
 開場時間  10:00~17:00。  料金  入館無料。
堺HAMONOミュージアム


河井刃物内エミリエ刃物館  
刃物メーカーのギャラリー。
 所在  堺区宿屋町西2-2-22。  電話  (072) 233-2403  WEB  [13]
 開場時間  9:00~18:00、要予約。  料金  


ザビエル公園  
天文19年(1550年)にフランシスコ・ザビエルが来日した時、厚くもてなした豪商日比屋了慶の屋敷跡。昭和24年(1949年)のザビエル来航400年を記念し「ザビエル公園」と命名され、記念碑が建てられている。
 所在  堺区櫛屋町西1丁。阪堺線花田口駅下車。


菅原神社 (すがわらじんじゃ)  
長徳3年(997年)創建。地元では「天神さん」と親しまれており、大阪府下において数少ない楼門建築として貴重で「随身門」は大阪府指定有形文化財に指定されている。

6月中旬に蛍鑑賞会が催され千利休の師である武野紹鴎が愛用した「椿の井戸」が拝観できる。秋には、ふとん太鼓「八朔祭」が行われる。摂社に明治40年に合祀された日本最古の薬祖神社と福を求めて多くの参拝客を集める「堺のえべっさん」堺戎神社が鎮座している。

 所在  堺区戎之町東二丁1-38。阪堺線大小路駅又は花田口駅下車。  電話    WEB  [14]
 開場時間    料金  拝観自由。
菅原神社


開口神社 (あぐちじんじゃ)  
神功皇后の勅願により創建。神社ではあるが、天平18年(746年)に聖武天皇の命によって行基がここに念仏寺を建立し、大同元年(806年)に空海が宝塔を建てたことにより地元では「大寺さん」の愛称で親しまれるようになった。堺の銘菓「大寺餅河合堂」はこの境内で創業。秋になると最古のふとん太鼓「八朔祭」が行われる。参拝者用駐車場有り。
 所在  堺区甲斐町東2丁1-29。阪堺線大小路駅又は宿院駅下車。  電話  (072) 221-0171  WEB  [15]
 開場時間    料金  拝観自由。
開口神社


顕本寺 (けんぽんじ)  
大永7年(1527年)から享禄5年(1532年)までのわずか5年余りの極めて短命であったが、この場所に堺幕府があった。
 所在  堺区宿院町東4丁1-30。阪堺線 宿院駅または高野線 堺東駅下車。  電話  (072) 232-3964  WEB  
 開場時間    料金  


与謝野晶子生家跡  
「情熱の歌人」与謝野晶子の生家跡。父が営む老舗和菓子屋の駿河屋に生まれ、23年間をここで過ごした。晶子の歌碑もある。また堺駅西側バスターミナルの一角に晶子の銅像と歌碑がある。
 所在  堺市堺区甲斐町西1-1。阪堺電軌阪堺線大小路駅または宿院駅。
与謝野晶子生家跡


千利休屋敷跡  
 所在  堺市堺区宿院町西1丁17-1。阪堺電軌阪堺線宿院駅下車。


宿院頓宮 (しゅくいんとんぐう)  
住吉大神と大鳥井瀬大神を祀る、堺の鎮守の神。二つの国の一宮の御旅所というのは他にはなく、国境の町・堺ならではと言える。

7月31日に和泉国一宮「大鳥大社」から8月1日に摂津国一宮「住吉大社」より神輿渡御が行われる。別名「御渡り」と言い住吉大社側からは神輿を担ぎながら大和川を渡る。以前は車に乗せて運んでいたのだが、平成17年に45年ぶりにかつぎ神輿が復活し、大和川の南北の河川敷から声援を受けながら川を渡る。宿院頓宮に到着したら飯匙堀(いいがいぼり)で「荒和大祓神事」が行われる。宿院駅のすぐ近くにあり、公衆トイレと交番が隣接している。

 所在  堺区宿院町東2-1-6。阪堺電軌阪堺線宿院駅下車。  電話    WEB  
 開場時間    料金  境内自由。
宿院頓宮


臨江寺 (りんこうじ)  
永応元年(1652年)、茶の湯三大宗匠(千利休、津田宗及)の一人で会合衆の実力者今井宗久の曽孫の今井兼続が開基。南宗寺第13世住職・清巌宗渭禅師が隠居所として入山して開山となった。境内には今井家累代の墓所や三大宗匠の師である茶聖武野紹鴎の墓碑、堺魚市場に重税を課した織田信長に逆らい処罰を受けた10人の町衆の霊を弔らった十王堂址、芭蕉の句碑などがある。
 所在  堺区南半町東2-1-3。阪堺線 御陵前駅下車。  電話    WEB  
 開場時間    料金  


大安寺  
本堂は堺の豪商、納屋助左右衛門の居宅を移築したものと伝えられている。納屋助左右衛門は呂宋助左衛門(るそん すけざえもん)の別名でも呼ばれた貿易商人で、1978年放送の堺を舞台にしたNHK大河ドラマ「黄金の日日」の主人公として松本幸四郎(当時6代目 市川染五郎)が演じている。
 所在  堺区南旅篭町東4-1-4。阪堺線 御陵前駅下車。  電話  (072) 238-1054  WEB  
 開場時間    料金  要予約、¥400。
大安寺


南宗寺 (なんしゅうじ)  
弘治3年(1557年)に三好長慶が建立。慶長20年(1615年)大坂夏の陣で焼失したが、宮本武蔵の作品によく登場する沢庵和尚により元和5年(1619年)に再建された。沢庵和尚は住職も努めていた。とんちの一休さんで有名な一休宗純ゆかりの地であり、千利休や武野紹鴎が禅の修行をした寺で大阪府下唯一の臨済宗専門道場である。

堺屈指の名刹だけあって、境内には国の名勝指定枯山水の庭、利休遺愛の手水鉢、坐雲亭、千家一門の供養塔、茶室・実相庵、狩野外記信政の筆による「八方睨龍」、徳川ゆかりの唐門、徳川家康伝説など見所が多い。毎年2月下旬には千利休を偲ぶ茶会である「利休忌」が催され、堺まつり当日は、大仙公園と共に「堺大茶会」の会場になる。

 所在  堺区南旅篭町東3-1-2。阪堺線 御陵前駅下車。  電話  (072) 232-1654  WEB  
 開場時間  9:00~16:00。  料金  ¥400。
南宗寺

遊ぶ[編集]

堺浜シーサイドステージ  
MOVIX堺(映画館)、ラウンドワン、スーパー銭湯、飲食店、その他商業施設が集積している。堺浜の西側先端には「海とのふれあい広場」があり、広大な芝生広場に遊具、バーベキュー広場、ドッグランがある。堺浜周辺は遊歩道があるので海の見えるデートスポットでもある。堺浜は道路も施設もこれから更に開発され、発展が非常に楽しみなスポット。ちなみに目の前にはシャープ工場があり、すぐ近くには「NOMOベースボールクラブ」がある。
 所在  堺東駅前、堺駅西口から南海バスが運行されている。  WEB  [16]


MOVIX堺  
12スクリーン、2,413席のシネコン。
 所在  堺浜シーサイドステージ内。  電話    WEB  [17]
 営業時間    料金  一般¥1,800。


堺浜楽天温泉・祥福  
スーパー銭湯。
 所在  堺浜シーサイドステージ内。  電話  (072) 224-1126  WEB  [18]
 営業時間  9:00~2:00。  料金  中学生以上¥700。


堺の~んびりクルーズ  
自由都市として栄えた堺の象徴である環濠をめぐるツアー。現在は土居川・内川と呼ばれる二級河川。元々は環濠であるためにヘドロ化しやすく、車で通るときには窓も開けられない程の臭さだったので「どぶ川」と罵られる川だったのだが、水質改善の努力の甲斐あって魚や鳥などが集まる川へと甦っている。その為、この川でクルージングが出来ることは堺市民にとって非常に感慨深い。川沿いは遊歩道として整備されている。
 所在  南海本線堺駅前ロータリー横。  電話  (072) 229-8851  WEB  [19]
 営業時間  11:00~16:00、60~90分毎に出航。  料金  
堺の~んびりクルーズ


堺とれとれ市  
堺市漁業協同組合連合会が主催する市場。堺出島漁港で土日だけ開催される。鮮魚の販売だけでなく、バーベキューや漁船による無料のクルージングがある。毎年10月中旬の土曜日に、堺港まつりが催される。
 所在  堺区大浜西町24、堺出島漁港内。南海本線湊駅下車。  電話  (072) 221-7272  WEB  [20]
 営業時間  土日のみ開催。  料金  
堺とれとれ市

祭り・イベント[編集]

堺まつり  
毎年10月に開催され、約50万人の来場者を集める堺市最大の祭り。堺市民会館に芸能人を招いて行われる前夜祭、ザビエル公園内に様々なブースが並ぶなんばん市、大小路筋を歩行者天国にして行われる大パレード、大仙公園と南宗寺において同時開催される堺大茶会を軸にして盛大に行われる。火縄銃隊による模擬射撃は圧巻。
 所在  大小路筋と各会場。  電話  (072) 233-5258  WEB  [21]
 営業時間    料金  


堺大魚夜市  
毎年7月31日に催される鎌倉時代から続く夏の風物詩。神輿渡御の神輿の前に魚を奉納したのが起源と伝わる。魚のセリが一番の見所だが、指のサインで魚の取引を行う古式セリ、浴衣祭りやキャラクターショー、露店にフリマ、協賛企業のブースなど内容は満載で約30万人もの来場者で賑わう。堺魚市場でも鮮魚の販売がある。
 所在  大浜公園とその周辺。  電話  堺大魚夜市実行委員会事務局 (072) 232-2691  WEB  
 営業時間    料金  


堺シティマラソン  
昭和55年から毎年4月29日(昭和の日)に「歴史と文化と緑の仁徳御陵と大仙公園を走ろう!」をテーマに開催している恒例の行事。世界最大の古墳、仁徳天皇陵の外周を走る緑豊かで、歴史と文化を堪能できるコースになっている。種目は、健康マラソン (4.5km)・ファミリーマラソン (2.5km)・男女10kmマスターズ・男女10km一般の4種目で、距離が短いので気軽に参加できる。
 所在  大仙公園周辺。JR阪和線百舌鳥駅下車。  電話  産経新聞社事業局「堺シティマラソン」係 (06) 6633-9254  WEB  [22]
 営業時間    料金  参加料は各種目別に¥1,600~3,100。


堺市農業祭  
毎年11月23日の勤労感謝の日に行われる。市内でとれた新鮮な野菜・果物などを即売する「とれとれ市」、花市や農畜産物品評会、各種アトラクションが開かれる。
 所在  大仙公園。  電話    WEB  [23]
 営業時間    料金  

買う[編集]

堺タカシマヤ  
堺市の玄関口に位置する百貨店。
 所在  南海電鉄高野線堺東駅に併設。  電話  (072) 238-1101  WEB  [24]
 営業時間  10:00~19:30。  値段  


PLATPLAT (プラットプラット)  
堺駅併設の複合商業施設。
 所在  南海電鉄南海本線堺駅に併設。南海電鉄高野線堺東駅よりシャトルバスで10分。  電話  (072) 225-5500  WEB  [25]
 営業時間  物販店10:00~21:00、飲食店11:00~22:00。  値段  


堺の特産物[編集]

堺の代表的な土産品は堺刃物・和菓子・堺線香・昆布・手染めによる手拭いや浴衣などで、観光案内所でも販売されている。


小森商店  
茶道具全般を扱う専門店。中には茶室もある。
 所在  堺区熊野町東3-2-26。  電話  (072) 233-3530  WEB  
 営業時間  10:00~18:00。  値段  


松倉茶舗  
文政元年創業のお茶屋。堺の茶道家御用達のお店。
 所在  堺区熊野町東1-2-22。  電話  (072) 238-6188  WEB  
 営業時間  10:00~18:00。  値段  


つぼ市製茶本舗  
嘉永3年(1850年)創業の老舗お茶屋。ふわふわした食感から「無重力かき氷」と呼ばれているかき氷が人気。阪堺電車「神明町駅」より徒歩1分。
 所在  堺区九間町東1丁1-2。  電話  (072) 261-7181  WEB  [26]
 営業時間  11:00~18:00、定休日 火曜 (祝祭日の場合は営業)  値段  


宮竹昆布店  
昆布専門店。出し昆布、塩昆布、とろろ昆布等、各種取り揃えている。
 所在  堺区南旅篭町東2-1-23。  電話  (072) 232-0814  WEB  
 営業時間  9:00~18:30。  値段  


大醤株式会社 (だいしょう)  
寛政12年(1800年)創業の老舗醤油店。
 所在  堺区石津北町20。  電話  (072) 243-0184  WEB  [27]
 営業時間  8:30~17:00。  値段  


リーガロイヤルホテル堺 テイクアウトショップ・メリッサ  
堺や泉州に因んだ商品も揃えている。
 所在  堺区戎島町4丁45番地の1。南海本線堺駅下車。  電話  (072) 224-1121  WEB  [28]
 営業時間  10:00~20:00。  値段  

堺刃物[編集]

600年もの伝統が息づく町で産まれた、多くのプロが愛用している堺刃物[29]


水野鍛錬所  
世界遺産・法隆寺五重塔の魔除け鎌を手がけた確かな技術から産み出された商品を扱っている。
 所在  堺区桜之町西1-1-27。阪堺線綾ノ町下車。  電話  (072) 229-3253  WEB  [30]
 営業時間  9:00~18:00。土日祝日定休日。  値段  


芦刃物製作所  
 所在  堺区並松町14番地。  電話  (072) 229-4920  WEB  [31]
 営業時間  9:00~18:00。  値段  


實光 (じっこう)  
 所在  堺区柳之町西1丁1-8。阪堺線神明町駅下車。  電話  (072) 229-2244  WEB  [32]
 営業時間  9:00〜19:00。  値段  


池上刃物産業  
 所在  堺区桜之町東1-3-2。  電話  (072) 232-0057  WEB  [33]
 営業時間  8:30~12:00、13:00~17:00。  値段  


和泉利器製作所  
 所在  堺区九間町東1-1-5。阪堺線神明町駅下車。  電話  (072) 238-0888  WEB  [34]
 営業時間  9:00~18:00。  値段  


左海金物産業  
 所在  堺区錦之町東1-1-8。  電話  (072) 232-3032  WEB  
 営業時間  9:00~18:00。  値段  


ダイキチ  
 所在  堺区材木町西1-2-18。  電話  (072) 228-3711  WEB  
 営業時間  9:00~19:00。  値段  


岡本刃物製作所  
 所在  堺区錦之町西1-2-27。  電話  (072) 233-5304  WEB  
 営業時間  8:00~21:00。  値段  


青木刃物製作所  
 所在  堺区材木町西1-2-28。  電話  (072) 229-3737  WEB  [35]
 営業時間  10:00~17:00。  値段  


山脇刃物製作所  
 所在  堺区宿屋町西1-2-21。  電話  (072) 228-3335  WEB  
 営業時間  9:00~18:00。日曜定休日。  値段  


藤井刃物製作所  
 所在  堺区北旅籠町西1-2-21。  電話  (072) 232-4097  WEB  
 営業時間  9:00~18:00。日曜定休日。  値段  

堺線香[編集]

堺は日本の線香発祥の地で、16世紀に中国から製法が伝わっている。線香の生命である香料の調合は、室町時代に発展した香道、茶道の影響を受け、大いに発展した。生産量は全盛期に比べれば減ったが、今も伝統技法で造られており供養するお線香から、香りを楽しむお香まで様々な製品を生み出している。 [36]


薫主堂 (くんしゅどう)  
明治20年創業の伝統的技法の線香づくりで営まれている老舗。店舗は江戸時代の建物でNHKの与謝野晶子のドラマで、生家「駿河屋」として撮影されたことがある。
 所在  堺区北半町西2-1。南海本線七道駅下車又は阪堺線高須神社駅下車。  電話  (072) 232-2549  WEB  [37]
 営業時間  9:00~18:00。日曜日定休日。  値段  


奥野晴明堂  
享保元年(1716年)創業。老舗でありながらアロマテラピーシリーズなど新しい商品開発をしている。
 所在  堺区市之町東6-2-15。南海高野線堺東駅下車。  電話  (072) 232-0405  WEB  [38]
 営業時間  9:00~17:00。日曜・祝日定休日。  値段  


敷島線香  
 所在  堺区香ヶ丘町3-3-6。南海高野線浅香山駅下車。  電話  (072) 221-3223  WEB  [39]
 営業時間  9:00~17:00。日曜・祝日定休日。  値段  


梅栄堂  
 所在  堺区車之町東1-1-4。  電話  (072) 229-4545  WEB  [40]
 営業時間  9:00~17:00。土、日曜・祝日定休日。  値段  

堺和菓子[編集]

堺市は茶聖千利休生誕の地で「茶の湯」の街である。そのため数多くの老舗和菓子屋があり、区内を走るチンチン電車での和菓子屋巡りが定番の観光でもある。


おかよし味匠庵 (みしょうあん)  
手焼きにこだわる栗三笠が名物。
 所在  堺区香ケ丘町1-14-13。高野線浅香山駅下車。  電話  (072) 229-6518  WEB  [41]
 営業時間  9:00~19:00。  値段  


朝日堂菓子舗  
大正10年創業の老舗和菓子店。
 所在  堺区北旅籠町西1-1-19。阪堺線高須神社駅下車。  電話  (072) 232-4865  WEB  
 営業時間  9:00~19:00。  値段  


曽呂利・本店 (そろり)  
堺の伝説的な刀鞘師「曽呂利新左衛門」にちなんだ店名の和菓子店。白餡がたっぷりと入った直径9cmの「大鏡」が名物。
 所在  堺区宿屋町西1-1-1。阪堺線妙国寺駅下車。  電話  (072) 238-6504  WEB  
 営業時間  8:30~19:00。  値段  大鏡1個¥210。


八百源来弘堂本店  
肉桂(シナモン)を練り込んだ肉桂餅が名物。元禄時代創業の老舗和菓子店であるが、その製法で作り出されるロールケーキの「南蛮ロール」も絶品。
 所在  堺区車之町東2丁1-11。阪堺線花田口駅下車。  電話  (072) 232-3835  WEB  [42]
 営業時間  9:00~17:00。  値段  肉桂餅5個入り¥1,150。
八百源来弘堂本店


御菓子司・天神餅  
和菓子を洋風にアレンジした商品が人気の店。
 所在  堺区車之町東3丁1-1。阪堺線花田口駅下車。  電話  (072) 233-0987  WEB  [43]
 営業時間  9:00~19:30。  値段  


丸市菓子舗  
利休の茶碗にちなんだ和菓子などを販売している。
 所在  堺区市之町東1丁2-26。阪堺線大小路駅下車。  電話  (072) 233-0101  WEB  
 営業時間  9:00~19:00。  値段  斗々屋1個¥1,600。


本家小嶋  
天文元年(1532年)に創業した老舗の和菓子店。千利休が絶賛した芥子餅が名物。
 所在  堺区大町西1-2-21。阪堺線宿院駅下車。  電話  (072) 232-1876  WEB  
 営業時間  9:00~18:00。  値段  芥子餅1個¥115。


小嶋屋  
延宝年間(1673~1681年)に創業した老舗の和菓子店。芥子餅が名物。
 所在  堺区宿院町東1-1-23。阪堺線宿院駅下車。  電話  (072) 232-0313  WEB  [44]
 営業時間  8:30~18:00。  値段  


青山盛月堂  
昭和元年創業。甘納豆が名物。
 所在  堺区宿院町東1-2-9。阪堺線宿院駅下車。  電話  (072) 232-4865  WEB  [45]
 営業時間  平日9:00~18:30、日・祝9:00~17:00。  値段  


河井堂・河井慶長  
和菓子店であるが「コーヒーわらび」など変わった商品もある。
 所在  堺区中之町東 4-3-8。阪堺線宿院駅又は高野線堺東駅下車。  電話  (072) 238-2339  WEB  
 営業時間    値段  


かん袋  
元徳元年(1329年)に創業した老舗の和菓子屋。くるみ餅が名物。屋号は豊臣秀吉が付けたという。
 所在  堺区新在家町東1-2-1。阪堺線寺地町駅下車。  電話  (072) 233-1218  WEB  [46]
 営業時間  10:00~17:00。定休日は火曜日と水曜日であるが、祝日の場合は営業(他の日に振替えて休業)。  値段  くるみ餅・氷くるみ餅は1人前(シングル)¥336、2人前(ダブル)¥672。持ち帰り用は2人前ポット入り¥798~。


深井屋甚兵衛  
元禄年間創業の老舗の和菓子店。笹の葉に包まれた生麩まんじゅうが名物。
 所在  堺区宿院町東1-2-22。阪堺線宿院駅下車。  電話  (072) 232-1276  WEB  [47]
 営業時間  9:00~17:00。  値段  生麩まんじゅう風庵、1個¥210。


大寺餅河合堂  
慶長元年(1596年)に創業した、餅をこしあんで包んだ素朴なあんころ餅「大寺餅」が名物の老舗の和菓子屋。和菓子屋の娘であった与謝野晶子も好きだったという。
 所在  堺区少林寺町西4-1-27。阪堺線寺地町駅下車。  電話  (072) 222-1223  WEB  [48]
 営業時間  9:00~18:00。  値段  


南曜堂  
大正末期創業の最中専門の老舗和菓子店。
 所在  堺区南旅篭町東1丁2-7。阪堺線御陵前駅下車。  電話  (072) 233-1513  WEB  
 営業時間  8:30~19:00。  値段  


菓庵・さとや  
昭和初期創業。名物は阪神タイガースの優勝を記念して作られた「とらやき」。
 所在  堺区永代町6-2-17。高野線堺東駅下車。  電話  (072) 232-4239  WEB  
 営業時間  平日10:00~19:00、日曜10:00~14:00。月曜定休日。  値段  銘菓とらやき、5個入り¥1,050。

食べる[編集]

安食堂[編集]

堺魚市場  
一般客への小売もしており、深夜から早朝にかけて店を開く天ぷら屋や寿司屋で新鮮な魚を味わうことが出来る。

毎月第2日曜日には「堺は海からアジアから」をテーマに飲食店や販売店のブースが並ぶ堺旧港観光市場が開催される。マグロの解体ショーや夜中にしか営業していない評判のお店の味が楽しめる。また、インドネシアとベトナムの領事館が大阪市から堺市へ移転したことに伴い、両国の物産店や飲食店が出店される。

 所在  堺区栄橋町2丁4-1。南海本線堺駅下車。  電話  (072) 223-7135  WEB  
 営業時間  3:30~9:00。  予算  入場無料。


天市 (てんいち)  
堺魚市場内にある、てんぷら屋。
 所在  堺区栄橋2丁4-28。  電話  (072) 228-9898  WEB  
 営業時間  21:00~9:00。月曜日定休日。  予算  てんぷら¥100~時価、貝汁¥300。


大吉  
深夜に営業するてんぷら屋。
 所在  堺区栄橋町2-4-28 堺魚市場内。  電話  (072) 233-8418  WEB  
 営業時間  [平日] 24:00~9:30、[土日祝] 23:00~9:30、定休日 月曜  予算  てんぷら¥100~、貝汁¥330


末広寿司  
創業百余年。低価格の寿司屋で、にぎり、巻き寿司、押し寿司や大阪名物の箱寿司、手まり寿司なども揃っている。
 所在  堺区北瓦町2-1-20。  電話  (072) 228-9898  WEB  
 営業時間  8:00~19:00。火曜日定休日。  予算  


深清鮓 (ふかせずし)  
創業50年の老舗あなご寿司専門店。
 所在  堺区出島町1-1-22。阪堺線御陵前駅下車。  電話  (072) 241-4593  WEB  
 営業時間  9:30~18:00。  予算  


プランタン工房  
1個¥8,000の夕張メロンをつかったクリームが入ったメロンパンが名物のパン屋。サクサクに揚げられた穴子フライを挟んだ、アナゴサンドパン(¥290)も美味い。
 所在  堺区櫛屋町東1-2-12。阪堺線花田口駅下車。  電話  (072) 224-0722  WEB  
 営業時間  7:00~19:00。火曜日定休。  予算  夕張メロンパン¥170。


モナミ  
サンドイッチが美味い。
 所在  堺市北瓦町2-1-1。南海高野線堺東駅下車。  電話  (072) 285-9404  WEB  
 営業時間  7:00~20:00。  予算  


もず野  
大仙公園北側有料駐車場の一角にあるカフェレストラン。地穴子のかきあげうどんが名物であるが洋食も旨い。店舗の一部が観光案内所になっている。
 所在  堺区百舌鳥夕雲町2-160。  電話  (072) 244-5013  WEB  [49]
 営業時間  10:00~16:00。  予算  


洋食専門・とん助  
老舗洋食屋。
 所在  堺区仲之町東1-2-1。阪堺線宿院駅下車。  電話  (072) 223-0193  WEB  
 営業時間  11:00~14:30、17:00~22:00(日・祝日11:00~22:00)。水曜日定休。  予算  サービスランチ¥740。


KAANAPALI (かあなぱり)  
ドライカレーに卵とトンカツをのせて、たっぷりのデミグラスソースをかけた「トルコライス」が名物の洋食店。駐車場有り。
 所在  堺区南田出井町4-1-25。  電話  (072) 229-6332  WEB  
 営業時間  10:00~22:00。定休日水曜日。  予算  トルコライス¥850。


浪花亭 (なにわてい)  
昭和20年創業の老舗洋食店。
 所在  堺区大町東2-1-7。阪堺線宿院駅下車。  電話  (072) 232-0720  WEB  
 営業時間  11:30~14:30、17:00~19:30。定休日木曜日。  予算  

中級[編集]

利久 (りきゅう)  
うどんちりと蕎麦の店。名物が3階広間で2ヶ月に1回開かれる「利久寄席」という非常にユニークなお店。桂米朝一門の寄席が間近で見られるということで人気が高い。
 所在  堺市堺区北瓦町2-1-26。駅前銀座通り商店街内。高野線堺東駅下車。  電話  (072) 232-0777  WEB  
 営業時間  11:00~21:00。月曜日定休。  予算  


美々卯 堺店 (みみう)  
堺で200年の歴史を刻んだ高級料亭「耳卯楼」が前身。大正13年から麺専門店「美々卯」としてオープンした、うどんすき発祥のお店。
 所在  堺市堺区中之町東1丁1-12。阪堺線宿院駅南東。  電話  (072) 232-2059  WEB  [50]
 営業時間    予算  


民芸肉料理 はや 総本店  
堺で創業の焼肉チェーン店の本店。店の横にSLが展示してある。
 所在  堺市堺区向陵西町4-3-3。南海高野線三国ヶ丘駅下車。  電話  (072) 221-3500  WEB  
 営業時間  11:30~翌1:00。  予算  


銀シャリ屋 ゲコ亭  
「伝説の米炊き名人」がいる定食屋。
 所在  堺区新在家町西1-1-30。  電話  (072) 238-0934  WEB  [51]
 営業時間  8:30~14:00、定休日 火曜・水曜  予算  


お食事処 花茶碗  
アットホームな食事処。
 所在  堺区百舌鳥夕雲町2-265。  電話  (072) 244-8725  WEB  [52]
 営業時間  11:00~19:00  予算  古墳カレー ¥1000

高級[編集]

南海グリル 中店  
堺で創業55年のビフテキのお店。
 所在  堺市堺区車之町西1-25-2。  電話  (072) 222-0128  WEB  [53]
 営業時間    予算  

飲む[編集]

パンゲア  
旧堺港に面する倉庫を改造したオープンテラスのあるコミュニティカフェ。2階にはギャラリーを併設。
 所在  堺市堺区戎島町5-9。南海本線堺駅西口から徒歩。  電話  (072) 222-0024  WEB  [54]
 営業時間  平日15:00~23:00、土曜日12:00~23:00、日曜日12:00~22:00、月曜日休み。  料金  飲み物¥400~、ランチ¥1,000程度。

泊まる[編集]

安宿[編集]

ホテル123堺イン  
ホテル周辺は神社仏閣、名所が多い。
 所在  堺区大町東4-2-30。堺東駅下車。  電話  (072) 223-0077  WEB  [55]
 時間    料金  


ビジネスホテルニュー大浜  
大浜公園が近い。
 所在  堺区大浜北町3-11-3。南海本線堺駅より徒歩8分。  電話  (072) 221-2515  WEB  [56]
 時間    料金  

中級[編集]

コンフォートホテル堺  
南海本線堺駅南口より徒歩3分にあるホテル。
 所在  堺区竜神橋町1-5-1。  電話  (072) 233-7111
 FAX  (072) 233-7137
 WEB  [57]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  シングル¥5,500~、ツイン¥9,500~、他。


シティホテルサンプラザ  
南海堺駅より徒歩5分。
 所在  堺区竜神橋町1-1-20。  電話  (072) 222-6633
 FAX  (072) 221-8291
 WEB  [58]
 時間    料金  


ホテルサンルート堺  
市内観光に便利である。
 所在  堺区少林寺町西1-1-1。  電話  (072) 232-0303  WEB  [59]
 時間    料金  


ホテル第一堺  
高野線堺東駅より徒歩5~7分にあるホテル。宿泊プランが多岐に渡り、部屋もピンキリ。
 所在  堺区南向陽町2丁目2番25号。  電話  (072) 222-8000
 FAX  (072) 222-8497
 WEB  [60]
 e-mail  [61]
 時間    料金  最低が¥6,000のスタンダードプランで、最高が¥279,510のラグジュアリースイート「ベクェーム」(定員4名)。


東横イン堺東駅  
 所在  堺市堺区市之町東6-2-14。  電話  (072) 282-1045
 FAX  (072) 282-1046
 WEB  [62]
 時間  チェックイン 16:00 チェックアウト 10:00   料金  

高級[編集]

リーガロイヤルホテル堺  
大阪を代表してきた高級ホテルの老舗。堺駅西口から関西国際空港へと行くことも出来る。
 所在  南海本線堺駅西口に直結。  電話  (072) 224-1121  WEB  [63]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 12:00 年中無休。  料金  ¥14,000~¥15,000(税金・サービス料除く)。
リーガロイヤルホテル堺


ホテルリバティプラザ  
 所在  堺区翁橋町1-99。  電話  (072) 232-2211  WEB  [64]
 時間    料金  シングル:¥9,240~¥11,550(税サ込)。

連絡する[編集]